【ゴールデンウィーク】色とりどりの藤の花が咲き乱れる「あしかがフラワーパーク」が圧巻の美しさ…今年は駅も新設してさらにアクセス便利に♪

いよいよGW突入。「どこかへ遊びに行きたいけど、どこへ行ったらいいのやら……」という人におススメしたいのが、栃木県にある「あしかがフラワーパーク」

以前 Pouch でも紹介しておりますが、こちらは藤の花の名所。樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤のトンネルなど350本以上の藤が咲き誇っているんです。

今年は暖かい日が続き、例年より10日も早く藤の花が開花を迎えたことを受け、春の一大イベント「ふじのはな物語~大藤まつり2018~」の日程を繰り上げて開催中です。

会期は2018年5月20日までで、4月21日から5月13日までの期間は夜間のライトアップも行われているんです(21時まで)。

【花の色によって咲く順番が異なります】

「あしかがフラワーパーク」によれば、咲く藤色の順番は、うす紅、紫、白、黄色。この順番で約1ヶ月間楽しめるといいます。

それぞれの色の例年の見ごろ時期は「うす紅藤」(さくら色の目映い藤)が、4月中旬から4月下旬。栃木県指定天然記念物で紫色の「大藤」が、4月下旬から5月上旬。これまた栃木県指定天然記念物である「白藤」が、5月上旬。そして黄色い「きばな藤」が、5月上旬から5月中旬となっています。

ホームぺージでは「花の状況」と題して最新情報が更新されているのですが、4月21日の時点で「うす紅藤」が満開に。そして「大藤」が見ごろを迎えたようで、今後の天候次第では花芽の進みが非常に早くなる可能性もあるんです。

というわけで、思い立ったが吉日! 時間が許すならば今すぐにでも、栃木県まで足を伸ばしてみるといいかもしれません。

【見どころは「藤の花」だけじゃないっ!】

「あしかがフラワーパーク」は、映画『アバター』の魂の木のような幻想的な光景が広がると称賛され、2014年にはCNNによって「世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれた場所としても知られています。

また藤の花だけでなく、園内では5000株以上のツツジをはじめとする、さまざまな種類の花を見ることができるんです。

4月1日には栃木県内では35年ぶりだというJRの新駅「あしかがフラワーパーク駅」も開業。駅から「あしかがフラワーパーク」までの距離は徒歩1分(!)と、アクセスもとっても便利になりました。足利市駅からはシャトルバスも運行しているので、ぜひ利用してみてくださいね~!

参照元:プレスリリースあしかがフラワーパーク
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

あしかがフラワーパーク名物「藤の花」の360度VR動画が別世界のような美しさ / CNNの「世界の夢の旅行先10カ所」にも選ばれた絶景です

栃木県にある「あしかがフラワーパーク」は、四季折々の花々を愛でることができる、花のテーマパーク。もっとも有名なのは350本以上の藤の花で、見ごろは4月末から5月中旬なのだそうです。

1日に7万人が見物にやってくるという、美しい藤の花。一度は訪れてみたいですが「実際に出かけたくても、栃木は遠い……」と思っている方も少なくないはず。

そんなみなさんに打ってつけなのが、絶景を独り占めできるVR動画「一生に一度は見たい絶景 〜世界が認めた藤の花2017〜」です。

【開園前と開園後に撮影】

2017年6月1日より、360度VR動画専用配信サービス「360Channel」で配信開始。特別に許可をもらい、開園前と閉園後に撮影したという映像は、「ぜいたく」の一言に尽きます。

一般客がいない時間に撮影しているため、気分は貸し切り。日中と夜、異なる顔を見せる藤の花を、思う存分堪能できちゃうの!

【名物「大藤の藤棚」にうっとり】

パーク内最大の見どころは、広さ2000㎡にもおよぶ、樹齢150年の大藤の藤棚。関係者だけが入ることができる場所から特別に撮影したという、貴重な映像を時間を忘れて眺めることができます。

【見どころ満載&癒し要素たっぷり】

そのほかにも、白い花を咲かせる白藤や、ブドウの房のような八重藤。池の水面に映り込む藤など、藤の花の魅力をとことん味わい尽くす約5分間。360度方向からVRで体感できるので、得られる満足感はかなりのものです。

CNNの「世界の夢の旅行先10カ所」に選出され、世界も絶賛する「あしかがフラワーパーク」の藤の花。さっそくチェックインして、ちょっとした旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、360Channel
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら