【マジで?】長野県民は実家の標高を言える!? というわけで実際に長野県民に聞いてみた / さらに驚きの「標高ネタあるある」が続出!!


数日前、ツイッターのタイムラインを眺めていたときに、目に飛び込んできたリツイート。その内容を、私は思わず二度見をしてしまいました。

それは「長野県出身者は誰もが実家の標高が言える」というもの……そうなの?

「長野県出身者は誰もが実家の標高が言えるので、知り合いの長野県出身者に試してみて」

とのこと。これは早速、試してみなければなるまい! ということで、編集部の長野県出身者、百村に「実家の標高って言えますか?」と質問してみたところ……。

【実家の標高……?】

目に止まったのは、ツイッターユーザーtera_sawaさんのツイート。そこにはこんなふうに書かれていたのです。

「上京してびっくりしたことのひとつが、東京人はだれも自分の住んでいるところの標高を把握していないこと」

いや、東京人に限らず大阪出身の私も自宅の標高は把握しておりません〜っっ! むしろ把握しているほうがびっくりなんですが……。

【長野県民・百村の答えは…?】

さて、気になる冒頭の質問に対する、百村からの返事ですが……。

「私は市部に住んでいたからパッと答えられないです。でも郡部に住んでいる人は答えられると思います

というものでした!! どうやら本当に、長野県民にとっては「実家の標高を把握している」ことはめずらしいことでも驚くべきことでもないらしいのです。

【さらに驚きの標高あるある】

さらには、おそらく長野県特有と思われる謎の「標高あるある」が続出。

・標高については徹底的に学校の地図で習う
・その際に使用するのは3Dで製作された立体地図
・小学校低学年の頃から登山させられる
・中学では標高3000m級の山への泊まり込み登山が決まっている
・自動車学校の訓練も当然山道で行う

などなど……。どうやら学校教育や普段の生活を通じて、自然に標高を意識するようになっているようなのです。

「標高高いからここは寒いね〜なんて会話することもあるけど、それは普通かな」と語ってくれましたが、全然普通じゃないと思います。少なくとも私の普通とはちょっと違いました……。

【女子の胸を山で表す!?】

そして極めつけに謎だったのが、学生時代は女子の胸の大きさを山で例える男子が多かったという話。

百村さんは旭山だね、とか言われたことあります。旭山は小学生のときに登る山なんですけど」

いや、わっかんないから! 失礼とかなんとか以前に、よくわからない!! 面白すぎて、逆に山に例えられてみたいです。すごいぞ長野県民……。

【その土地ならでは文化、面白い!】

日本一標高の高い駅や、日本一標高の高い小学校など、3000m級の山々に囲まれた長野県には「日本一標高の高い」スポットが数多くあります

そんな地元の特色を「あそこに見えるのは何山で」「ここはどのくらいの標高で」と、小さな頃から生活の中に感じつつ育った人が多い……ってことなのかも。

軽い気持ちでたずねてみた質問でしたが、同じ日本の中でもその土地に根ざしたいろんな文化があるんだと実感できて、すごく興味深かったです。ちょっと実家の標高、調べたくなっちゃいました。

ぜひぜひ、あなたの身近な長野県出身の方にもたずねてみてくださ〜いっ!

参照元: Twitter @tera_sawa
画像=pouch編集部
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

パッチリふたえに憧れて…アイプチあるある39連発 / 「二重幅を欲張ると失敗する」「人にバレると死にたくなる」ほか

ちっちゃな頃から一重まぶたの私。パッチリ二重に憧れて、中学に上がる頃にアイプチを始めました。その甲斐あってか中2で左目だけ二重になったものの、未だに右目は一重のまま……。

そんなこんなで、いまだにデートや撮影のときは二重まぶたにするべく「アイプチ」を使い続けておりまして、気づいたら使用歴20年の大ベテランです。まさか、35にしていまだにアイプチのお世話になってるなんて。

今回は、そんなアイプチのへヴィー古参ユーザーである私が感じる、「アイプチあるある」を紹介したいと思います!

【アイプチあるある34連発】

・アイプチを初めて買うときのドキドキ感は異常
・誰かに買うところ見つかったらどうしよう……
・初めて買ったアイプチはコージー本舗の「アイトーク」だ
・キャップを開けた瞬間、液のあまりの臭さにビビる
・サスマタみたいになったY字プッシャーを見て「誰がこんなの思いついたんだろう」と思う
・二重のガイドラインを作るが最初はなかなかうまくいかない
・二重の幅を欲張るとだいたい失敗する
・いざアイプチの液を塗り二重にすると、自分の顔が変貌してビックリする
・二重にはなったけど、なんか思ってたんとちゃう……
てか、誰?
・こんなの母親に絶対バレるやんけ
・クラスメイトにもバレるやんけ
・寝過ぎて目をこすったら二重になったとバレバレの嘘をつく
アイプチを人に指摘されると死にたくなる
・他人のアイプチには速攻気づく
・ある日アイプチしてる人がまぶたを閉じたり、薄目になったりするとまぶたが引き攣れてるのを発見する
・それを見てアイプチの要は「まぶたを閉じるときの自然さ」だということに気づいてしまう
・めんどくさいときは指に唾つけてまぶたをゴリゴリこすってアイプチを落とす
・アイプチ剥がした直後はしばらく二重のままで「お、このまま二重になっちゃう?」と期待
・翌朝、ふつうに一重に戻ってる
・付属のY字プッシャーはいつのまにか紛失する
・しかしプッシャーはヘアピンでも代用できるので特に問題ない
・慣れてくるとめっちゃ高いアイプチに興味が出てくる
・買ってみるけど安いのと大して変わらない……
メザイクが出たときは革命が起きたと思った
・でもメザイク、使うのめっちゃむずい……
・メザイクはまぶたにはさみを当てて、テープを切るのが怖すぎる
・絆創膏を切って使うのが一番自然らしいという噂を耳にする
・たしかに自然だけど絆創膏をいちいち切るのめんどくさい
・まぶたを閉じたときの自然さを追求した結果、片面アイテープに手を出す
化粧をすると油分でアイプチが剥がれるという問題に直面する
・しかしアイテープはアイテープで、うまくアイシャドウが乗らなくて悪目立ちする
・特にブラウン系以外のカラフルなアイシャドウを塗ったときの悪目立ち感がすごい
伏し目にしても自然で、化粧がちゃんと乗るアイプチはないのかよ!!!!!!!!
理想のアイプチ探しの旅は、ガンダーラを目指す西遊記のように果てしない
・大人になってもアイプチ使ってるって恥ずかしいな……
・開き直って周囲に「アイプチ使ってるんだけど」と自分から話す
・いっそプチ整形しようかな……と検索しては美容整形のHPをそっと閉じる
いつの日か完璧なアイプチが発売されることを信じている

いかがだったでしょうか。二重になるための我々の果てしない戦いと血の滲むような努力が伝わるとうれしいです。そして、誰かのアイプチに気づいても、これからは見てみぬふりをしてもらえるとありがたい……です……。

執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら

パッチリふたえに憧れて…アイプチあるある39連発 / 「二重幅を欲張ると失敗する」「人にバレると死にたくなる」ほか

ちっちゃな頃から一重まぶたの私。パッチリ二重に憧れて、中学に上がる頃にアイプチを始めました。その甲斐あってか中2で左目だけ二重になったものの、未だに右目は一重のまま……。

そんなこんなで、いまだにデートや撮影のときは二重まぶたにするべく「アイプチ」を使い続けておりまして、気づいたら使用歴20年の大ベテランです。まさか、35にしていまだにアイプチのお世話になってるなんて。

今回は、そんなアイプチのへヴィー古参ユーザーである私が感じる、「アイプチあるある」を紹介したいと思います!

【アイプチあるある34連発】

・アイプチを初めて買うときのドキドキ感は異常
・誰かに買うところ見つかったらどうしよう……
・初めて買ったアイプチはコージー本舗の「アイトーク」だ
・キャップを開けた瞬間、液のあまりの臭さにビビる
・サスマタみたいになったY字プッシャーを見て「誰がこんなの思いついたんだろう」と思う
・二重のガイドラインを作るが最初はなかなかうまくいかない
・二重の幅を欲張るとだいたい失敗する
・いざアイプチの液を塗り二重にすると、自分の顔が変貌してビックリする
・二重にはなったけど、なんか思ってたんとちゃう……
てか、誰?
・こんなの母親に絶対バレるやんけ
・クラスメイトにもバレるやんけ
・寝過ぎて目をこすったら二重になったとバレバレの嘘をつく
アイプチを人に指摘されると死にたくなる
・他人のアイプチには速攻気づく
・ある日アイプチしてる人がまぶたを閉じたり、薄目になったりするとまぶたが引き攣れてるのを発見する
・それを見てアイプチの要は「まぶたを閉じるときの自然さ」だということに気づいてしまう
・めんどくさいときは指に唾つけてまぶたをゴリゴリこすってアイプチを落とす
・アイプチ剥がした直後はしばらく二重のままで「お、このまま二重になっちゃう?」と期待
・翌朝、ふつうに一重に戻ってる
・付属のY字プッシャーはいつのまにか紛失する
・しかしプッシャーはヘアピンでも代用できるので特に問題ない
・慣れてくるとめっちゃ高いアイプチに興味が出てくる
・買ってみるけど安いのと大して変わらない……
メザイクが出たときは革命が起きたと思った
・でもメザイク、使うのめっちゃむずい……
・メザイクはまぶたにはさみを当てて、テープを切るのが怖すぎる
・絆創膏を切って使うのが一番自然らしいという噂を耳にする
・たしかに自然だけど絆創膏をいちいち切るのめんどくさい
・まぶたを閉じたときの自然さを追求した結果、片面アイテープに手を出す
化粧をすると油分でアイプチが剥がれるという問題に直面する
・しかしアイテープはアイテープで、うまくアイシャドウが乗らなくて悪目立ちする
・特にブラウン系以外のカラフルなアイシャドウを塗ったときの悪目立ち感がすごい
伏し目にしても自然で、化粧がちゃんと乗るアイプチはないのかよ!!!!!!!!
理想のアイプチ探しの旅は、ガンダーラを目指す西遊記のように果てしない
・大人になってもアイプチ使ってるって恥ずかしいな……
・開き直って周囲に「アイプチ使ってるんだけど」と自分から話す
・いっそプチ整形しようかな……と検索しては美容整形のHPをそっと閉じる
いつの日か完璧なアイプチが発売されることを信じている

いかがだったでしょうか。二重になるための我々の果てしない戦いと血の滲むような努力が伝わるとうれしいです。そして、誰かのアイプチに気づいても、これからは見てみぬふりをしてもらえるとありがたい……です……。

執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら

“お金立て替えあるある” 動画に納得の嵐! 「今、お金払えないから」を理由に調子に乗る部下や女友達の様子をご覧ください

「貸したものが返ってこない」ということは、ままあるもの。

「貸したほうはずっと覚えているにもかかわらず、借りたほうは忘れてしまうことが多い」というのも原因のひとつなのでしょうが、もしも自分が “貸したほう” だったらヤキモキしてしまいますよね。

そしてその “貸したもの” がお金だったとしたら、モヤモヤ感はさらに募ります。

LINEがYouTubeに公開している動画シリーズ『立て替えあるある』は、まさしくお金の貸し借りについて取り上げたもの。出てくる事例がことごとく既視感ありすぎて、「わかるわ~~~!」と声が漏れてしまうことウケアイなんです。

【お金の貸し借りというより、後輩くんの態度が気になる】

ちょっとしたお金の貸し借りが起こりがちな関係性といえば、職場の同僚、そして友人。

2018年2月5日に公開された『先輩・後輩篇』では、後輩が先輩にお金を貸してと連続おねだりをかましています。

「ジュースを買いたいけど小銭がないから貸してください」「券売機、1万円使えないからお金貸してください」と、矢継ぎ早に口にする後輩。

言葉こそ丁寧なものの、手のひらを差し出したりお札をもぎとったりと、ことごとく態度が悪いから余計に腹立つ~~~! ひそかに怒りを増長させている先輩に、深く同情せざるを得ませんっ。

【先輩、ついにブチ切れるの巻】

挙句の果てには、仕事中にもかかわらず「プラモデル買いたいからお金貸してください」とまで口にして、とうとう先輩をブチ切れさせてしまった後輩くん。

身から出た錆、とはまさにこのことかもしれませんねぇ。

【「旅行代金の立て替え」もあるある!】

一方2月12日に公開された『友人篇』の主人公は、友人の分の旅行代金を立て替えた女の子。

ケニアにいるため近くにATMがないという友人は、「(物理的に)今すぐお金は返せない」と女の子にLINE。どうにもならないケースなだけに、怒りが収まらない様子なんです。

【結論:借りたものはすぐ返そうね】

ちょっとした小銭の貸し借りも、旅行代金の立て替えも、両方ありがちなエピソード。ちなみに、動画の最後では現金がなくても、送金機能があるLINE PAYを使えばこうしたお金の建て替えトラブルは防げる……と紹介されています。

金額の大小にかかわらず、「借りたものはすぐ返す」を徹底すれば、みんな幸せになれるんですけどね……。世の中なかなか、うまくはいかないものだわ~!

参照元:YouTube[1][2]
画像=LINE,used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【あるある】ツイッターの「#名画で学ぶ主婦業」に共感の嵐! 「選挙カーの声で子供が目を覚ました」「レゴ踏んだら激痛」が古今東西の名画に…

主婦の皆さん、毎日おつかれさまです。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

休日といえども家事や子どもの世話に休みはないわけで、「連休とは……」という気分になっていた私の息抜きがこちら。

ツイッターの「#名画で学ぶ主婦業」。もうどれもこれもあまりに共感度が高すぎて、スマホを見ては「あるわー」「わかるわー」と爆笑しながらひとりごとを言うという、周りから見るとかなり危険な人状態に。

すでにネットでは話題となっている「#名画で学ぶ主婦業」ですが、いま初めて知る方もいるかもしれませんのであらためてここでご紹介しましょう。

【赤ちゃんの昼寝タイムに響く爆音】

ツイッターの「#名画で学ぶ主婦業」古今東西の名画に合わせた主婦あるあるをつぶやくというもの。たとえばこちら。

……赤ちゃんがようやく昼寝したところに聞こえてくる選挙カーの爆音。これはもはやテロのようなもの。「子育て世代応援するなら今は静かにしとけや」という心の声が、静かな殺意をたたえた殺し屋のような目つきから伝わってきます。

【レゴ踏んだらめっちゃ痛い】

続いてはこちら。誰もが一度は見たことあるミレーの名画「落ち穂拾い」も主婦業にあてはめるとこんなふうに。

わかるー! 我が家の4歳息子が今まさにレゴやプラレールにどハマりしてるんですが、部屋中に散乱。うっかり踏むとマジで痛いです。怒りと悲しみで脱力しながら床のレゴを拾い上げている図がまさにこれです。

【今日ぐらいはゆっくりしたかったよね】

こちらはナポレオンの姿を描いた有名画ですが……。

たまにの休みの日ぐらい、子どもを保育園にあずけてお母さんだってゆっくりしたい! 意気揚々と子どもを連れて行ったのはいいけど、ものの数時間で熱が出ましたのお迎えコール……。そりゃ全身からこんなショボーンなオーラも出ます

ちなみに夢に見たおひとりさま時間は消滅し、この後、子どもを小児科に連れて行く、嫌がる子どもに薬を飲ませる、家にこもって半日以上の子守りをするなどのミッションが待ちうけています。

【「ソーメンでいい」はヤバい】

子どもだけでなく夫に怒りがわくことだってあります。

この「ソーメン『で』いい」「で」ね! ソーメン作るのだって多少なりとも手間はかかっているわけで、この言い方ではそれを労るのではなく「簡単なもので我慢してあげてる」というふうに聞こえてしまうだけに、それなら自分で作ればいいだろうがぁぁーーーッ……!!

となるので、もしパートナーにお願いするときは「ありがとう。ソーメンがいいな」と伝えてあげてくださいね。「で」と「が」、一文字の違いだけど大事!

【どれも共感しかない!】

会社で働いている皆さんがそうであるように、主婦業だって毎日続けているなかで愚痴も出ればストレスも溜まる。悲観しようと思えばいくらでもネガティブになれるけれど、それをこんなふうに面白おかしく吐き出したというところが「#名画で学ぶ主婦業」の素敵なところだと思います。

だってどれを見ても、共感はすれど嫌な気持ちにならないし、むしろ笑えるってすごい。これを見て主婦じゃない方も「主婦業ってたいへんだけどみんながんばってるな」って自然と思えるのではないでしょうか。

まだまだ増え続けている「#名画で学ぶ主婦業」。皆さんもツイッターで見てみてくださいね。

また、このトレンドにともない「#名画で学ぶIT業界」「#名画で学ぶバンギャ 」「#名画で学ぶデザイナー」なども盛況なよう。こちらも関係者にとっては共感とともに笑い不可避なツイートが並んでいて要チェックです!

参照元:Twitter #名画で学ぶ主婦業
illustration:Wikimedia Commons
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

【話が違う】田舎で聞いていた「東京のイメージ」4選 / 「東京の人は冷たい」「チャック付きのバッグじゃないとスリに遭う」など


田舎で育ち、田舎から出なかった私や親戚にとって「東京」は未知の世界。

そのせいか、「東京の大学に進学し、一人暮らしすることになった」と伝えると、山が割れるんじゃないかってくらいビックリされてしまい、さらに「東京はいかに危険な街か」を徹底的に脳みそに叩き込まれました。おかげで上京した当日は熱を出して寝込んでしまったのがほろ苦い思い出です。

しかし、東京にきて10年が経ち……わかったことがあります。田舎で聞いていた「東京」のイメージ、合っているのもあったけど、間違っていたことも多い!

ということで今回は、「田舎で聞いていた東京のイメージ」をご紹介します。田舎から出てきて心細い乙女の参考になれば幸いです。

【田舎で聞いていた東京イメージ4選】

その01:スリにあうから肩掛けカバンじゃないと危険→関係ない

東京はとにかくスリが多いと言われていました。そのため普段使うカバンは肩掛けバッグ、しかもチャック付き。これ一択です。

信号待ちのときは、肩掛けカバンを両腕に抱えるのが鉄則。もしものためにポケットには防犯スプレーもINしていました。

しかし…ある日気がついたのです。東京の女の人、別にチャック付きの肩掛けバッグを使っていないなと。東京の高校生、肩掛けカバンじゃなくてリュックだなと。気が付いたその日に新しいカバンを買いに行きました。未だにスリにはあってません。

その02:東京の人は冷たい → 距離感が絶妙なのだと思う

田舎と都会の人間関係でもっとも違うのは、距離感が絶妙だなということ。

私の地元では「友達だから」「知り合いだから」を理由に、相手のことを考えずに用事を言いつけたり、無茶振りしてくる人が多い印象。「助け合いだから」と対応してきたけど、東京はこういう無茶振りが少ない。むしろ「親しき仲にも礼儀あり」を大切にしている人が多いなぁと感じます。アナタはアナタ、ワタシはワタシ、と多様性を受け入れてくれる人が多いなと感じました。

その03:みんな超絶カラフルでオシャレ→ シンプルな洋服な人もいる

田舎にいたときは「東京のオシャレ=カラフルで派手な服装」のイメージが強くありました。

なので、東京のオシャレ女子に負けないよう、ちょっと冒険した洋服を買ってオシャレで決めていたんですが、大火傷。ユニクロとか無印とか着ているひとが普通にいるのです。ウソでしょーー! もちろん超絶オシャレなひとも多いけど、普通にシンプルな洋服着ている人もいてビックリしました。

その04:ぶつかっても謝らない→人による

人にぶつかると「ごめんなさい」と謝るのが当たり前だと思っていました。ところが東京だとちょっと特殊。

ぶつかった後「ごめんなさい」というと、大半はスルーされます。むしろ何事もなかったようにスタスタスタとどっかへ行ってしまう人多し。なんだその技術、こっちは謝ったのに!!

東京出身の人に話すと「人が多いからいちいち対応していたらキリがない」と言われました。確かに……。でも10年たつと慣れちゃうもので、自分がぶつからっれても「謝れよ」とか思わなくなりました。むしろ頭に浮かぶのは「あ、ぶつかったな。それよりラーメン食べたいな」です。

上京したばかりで東京に恐れをなしている人たちにとって、少しでも参考になったでしょうか。それではみなさん、東京ライフをエンジョイしてください!

執筆:百村モモ (c)Pouch

続きはこちら

【全部アドリブ】ロバート秋山がちょいうざな「ヤリ手風ビジネスマン」を演じる / アドリブに耐えまくる役者さんの表情にも注目です

大人気の『クリエイターズ・ファイル』をきっかけに、 “憑依系芸人” としての揺るぎない地位を確立しているロバートの秋山竜次さん。

秋山さんは、現在放映中の日本生命のテレビCM「みらいのカタチ 『わかっちゃいるけど。』篇」に綾瀬はるかさんの同僚役として出演し、“健康的とはいえない生活習慣を綾瀬さんに心配される” という役を演じています。

そのCMのスピンオフ動画『オトナ定点観察』が、YouTubeで公開されました。テレビCMでは内容がコンパクトにまとめられていますが、新たに公開された動画では、秋山さんの驚異的ともいえる “アドリブ芸” が存分に披露されています。

「うわ~~~、こういう人いるいる~~~!」と叫ばずにはいられなくなる見事なキャラ設定に、惜しみない拍手を送らずにはいられないんですよ……。

【マジでこういう人いるよね】

今回のスピンオフ動画『オトナ定点観察』の主役は、ほかならぬ秋山さん。

秋山さんはどこにでもいそうなフツーのビジネスマンに扮し、大人なら身に覚えがありそうな「食べ過ぎ」「運動不足」「睡眠不足」「飲みすぎ」といった4つの “あるある” を、秋山さんならではの視点で表現しています。

【ヤリ手な営業マンって感じするわ~】

動画はビジネスマン・秋山さんの1日を順に追っていく形式。『紹介』篇、『デスクで昼食』篇、『取引先との打ち合わせ』篇、『社内会議』篇、『取引先との電話』篇。そして、すべての動画をまるっとまとめたダイジェスト版『メインムービー』の合計6本が公開されています。

秋山さんは、体全体から “ヤリ手感” がにじみ出ておりまして、後輩に注意を促すときには「とはいえ」を連呼。食事中であろうとも人材育成を怠りませんが、最終的には自分で何を言っているんだかわからなくなってしまうんです。

そのほかにも、取引先との名刺交換で調子に乗りすぎて腰をいわしたり。

会議中に襲い来る睡魔と必死に戦いながら、使い勝手のいいワード「極論」を使いまくったり。

さらには取引先との電話で、毎日飲みまくって睡眠不足だとアピールしたり……。こういう人、会社に1人や2人はいますよね。

【ぜーんぶ、秋山さんのアドリブなんです!】

動画を見て心底驚くのは、全編が秋山さんによる完全アドリブだという点です。鋭すぎる人間観察力と高すぎる再現力のたまものだと思いますが、改めて感服した次第。いやもうこの方、ガチで天才だと思います、ハイ。

参照元:プレスリリース、オトナ定点観察YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

夢中で頑張る君にエールを! 浪人生あるある52連発 / 多浪生がなぜかモテる、講師のファンクラブがあるなど

3月、それは卒業シーズン。春からの新生活に胸ふくらませる若者たちのなかで、春からの進路が決まらず暗い気持ちで過ごす人も……。

そう、浪人生です。希望する大学に落ちてしまった、もうワンランク上の大学を狙うことにした……。理由はさまざまだと思うけど、友達がキャンパスライフを謳歌する中、あと1年、勉強漬けの日々を送ることになるなんて。

でもね、大丈夫! 頑張ったぶん、次の春はなにより美しいから!

今回はそんな不安な若者たちへのエールをこめて、かつて浪人生であった私自身の体験から「浪人生あるある」を紹介したいと思います!

【浪人生あるある】

・現役時代は勉強しなくてもなんとかなると思っていた
・受験直前の模試がC判定でもなんとかなると思っていた
・過去問をやって全然解けなくてもなんとなかると思っていた
・受験本番、全く手応えなかったけどなんとかなると思っていた
なんとかならなかった……
・浪人の相談を親にするとき死にそうな気持ちになる
・勉強しとけばよかった……と死ぬほど思う
・大学に受かった友達が髪染めたりパーマかけたり家具を買いに行ったり旅行パンフレット見たりしてて死ぬほどうらやましい
・そんな自分が眺めるのは予備校のパンフレット
・進路が決まってる友達は卒業旅行とか行ってて温度差がすごい
・同じ高校で浪人することになった人と急速に仲良くなる
・今年こそ受かるぞ! と思って死ぬほど問題集とか参考書を買う
・しかもZ会が出してる難しい参考書を買いがち
・都会に出て大手予備校の寮に入る同級生がいて焦る
・予備校は高校と違って私服通学なのでちょっと浮かれる
・なんだかんだいって新しい出会いにテンションが上がる
・他校のかっこいい男子を探したりする
・意外と美男美女が多い
・2浪してる男子が、年上というだけでモテだす
・医学部目指して10浪くらいしてる「主」みたいな多浪生が必ずひとりはいる
・「主」は予備校の職員とか講師とやたら仲がいい
・「主」は特に成績がよくもなかったりして謎
・予備校の講師の授業と高校の教師の授業のあまりの違いにビビる
・異様にトークスキルの高い芸人みたいな講師がいる
謎にモテる講師がいて、しかもファンクラブまであったりする
・軽いジョークを挟んだ分かりやすい説明に、勉強って面白いんだと思う
最初っからこの人に教わってたら、浪人せずに済んだのでは? と思う
・4月の模試は判定がめちゃめちゃいい
・もうワンランク上狙えるんじゃない? と思いがち
・しかしここで油断すると間違いなく落ちる
・5月くらいになると予備校内でカップルができだす
・現役で受かった彼氏・彼女と浪人生のカップルがうまくいかなくなるのも5月あたりから
・夏は受験勉強の天王山! 夏休みで地元に帰ってきた同級生たちからの誘惑がやばい
・変わっちまった同級生を見て切なくなる
・このあたりで都会の予備校に行った同級生が音信不通になる
夏を過ぎると現役生の成績が伸び始め、模試の判定や偏差値が上がりづらくなる
・秋になると下がるモチベーション。厳しい戦いが始まる
・勉強してもしても偏差値が上がらない……
・気晴らしに遊んでも勉強のことが頭をよぎる
・ここで腐らずに努力し続けることが大事!!
・めっちゃ成績上がって東大とか受けることになるやつがたまにいる
・受験が近づくにつれ今年も落ちたらどうしよう……と不安になって眠れない
・記念受験とかすべり止めとか言って自分の志望校受ける人にピリっとする
・冬は風邪やインフルエンザに気をつけまくる
・ふと現役時代の模試の結果とか見てみる
この頃に比べたら成績上がってるじゃん!
・ボロボロになった参考書と単語帳が自信になる
・試験前の緊張感が現役時代の比じゃない
・試験の手応えが現役時代の比じゃない
合格したときの喜びも現役の比じゃない
・振り返ると人生であれほど勉強した期間はなかったなと思う

以上です! 私は一浪して志望校にどうにか合格できたのですが、個人的には、たくさんの問題集を解くより、1冊の参考書を何度も復習することが大事かなと思いました。

浪人が決まった学生さんたちは、目標に向かってがんばってくださいね。1年なんて長いようであっという間。来年の春にはきっと大きな花が咲くはずです!!

執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら

【王を称えよ】映画ファンを中心に人気沸騰中! インド映画『バーフバリ』あるある45選

2017年の年末あたりから、ツイッターを中心にじわじわ話題に。一部の層に絶大なる人気を博している映画、それがインド映画『バーフバリ』シリーズです。

バーフバリという男を主人公にした3代にわたる王家の物語の舞台は、古代インドの大国・マヒシュマティ王国。『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』の2作で完結する作品となっておりまして、ふたつあわせた上映時間は約5時間~!

「『バーフバリ』は『マッドマックス』と『アベンジャーズ』と『ラ・ラ・ランド』をあわせたような作品」といった感想をネットで見かけて以来、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』沼にハマりまくった身としては、いつか観に行かねばとずーっと気になっていたんです。

【「観ると体調がよくなる映画」らしい】

これに追い打ちをかけてきたのが、「『バーフバリ』を見たら体調がいい」「肌の調子がいい」「アンチエイジング効果がある気がする」といった声(どういうことなの……)。

すっかり心が決まったわたしは、王に導かれるかのように、2作両方が上映されている東京・大森にある映画館「キネカ大森」まで足を運んだのです。

あっけにとられたまま5時間という時を過ごしたわたしの身に起きたことは……これからお送りする「『バーフバリ』あるある45選」にすべてブッ込んどきました☆ ネタバレを含みますので、まだ観ていないというみなさんはご注意を。

【『バーフバリ』を観た人あるある45選】

1. スタート直後からいきなり全力。まばたきを忘れる。
2. 画力ありすぎて口を閉じるのを忘れる。
3. バーフバリのビジュアルを観てから年齢を知ると愕然とする。
4. 秒で恋に落ちるバーフバリ、かわいいかよ。
5. バーフバリ親子、2代にわたって強い女性大好きかよ。
6. 「滝に素手で登る」バーフバリが愛おしい。
7. バーフバリの身体能力とパワーがけた違いすぎて、自分まで無敵になった気がする。
8. 目に映るものすべてがデカくて、悩みなんてどうでもよくなる。
9. 突然歌い踊り始めることにも抵抗がなくなってくる。
10. ついさっきまで水上を走っていた船が突然空を飛ぼうとも、不思議だと思わなくなる。
11. バーフバリの育ての母・シヴァガミが亡くなったシーン(おもに最期の姿勢)に驚愕。そして敬服。
12. リンクの上に膝ついてシャーーー! って滑る羽生結弦選手が、最強剣士・カッタッパにしか見えなくなる。
13. 隣国の蛮族カーラケーヤとの戦闘シーンで、何度も漫画『キングダム』を思い出してしまう。
14. バーフバリと敵対する義兄・バラーラデーヴァの戦車をみると、『子連れ狼』の乳母車を思い出してしまう。
15. 蛮族カーラケーヤ『マッドマックス』に出てるよね?
16. 出てくる女性たちがみんな、強くて気高くて最高にイイ女。見習いたい。
17. でも強くて気高いがゆえに、嫁と姑の衝突も激しい。
18. 最強剣士カッタッパの境遇に涙。
19.暴君 バラーラデーヴァは超やな奴!→でも不遇で国民にまったく支持されてなくて、少し同情してしまう。
20. バーフバリの彼女・アヴァンティカみたいなタトゥー入れたい。
21. というか、自分もバーフバリにタトゥーを描いてほしい。
22. 一途なバーフバリに、1度でいいから愛されてみたいと願う。
23. 滝を登る途中で即席の弓矢を作ったり、デカい岩(?)を即席のソリにしたりする、バーフバリのDIY術よ……
24. 矢って、3本同時に放てるんだ~。そしてそのとき使う指は4本なんだね~。(感心モードへ突入)
25. 予告動画で観た「空前絶後」「常識破壊」「映画の面白さここに極まる」といった表現が、全く “盛っていない” という事実に愕然。
26. 『バーフバリ 伝説誕生』のラストシーンで、「えええええ!?」と声が出た。
27. 『バーフバリ 王の凱旋』冒頭で流れる「これまでのあらすじ」パートが超親切。昭和のドラマっぽくてほっこり。
28. もしもゾウに乗る機会があったら、バーフバリのようにお鼻から乗ってみたい。あと、ゾウの敬礼かわいい。
29. ヤシの木って、飛ぶための道具だったんかい!(そして盾の使い方よ)
30. 会議でなにか1つ決定するたびに「この宣誓を法と心得よ!」と叫びたくなる。
31. 登場人物の名前を、1回観ただけで大方覚えてしまうという不思議。
32. マシュマヒティ王国の歌が頭から離れない。なんなら口ずさんでしまう。
33. 歌詞を書いてくれている親切な人がいないか、ツイッターで探してしまう。
34. 観終わった後は「バーフバリ! バーフバリ!」しか言えない。語彙力の著しい低下。
35.バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!
36. エンドロールが秒で終わるので呆然とする。
37. なのでしばらく立ち上がれない。
38.そして腰が抜けていることに気がつく。
39. 劇場を出た後、なぜか背筋が伸びる(バーフバリの姿勢がいいから?)。
40. 運動したあとみたいな心地よい疲労感。
41. 明るい気分になって足取りも軽い→栄養ドリンクのような効果を感じる。
42. 好きな男の条件に「もりもりとした筋肉」「バカみたいに強い」が加わる。
43. 気がつけば、出演していた俳優さん情報をググってしまう。
44. 1日に1度は王を称えずにはいられない。
45. 絶対「おかわり」しようと誓う。

【「映画のいいとこ全部乗せ!」って感じ】

観終わってみれば、冒頭で触れた「『バーフバリ』は『マッドマックス』と『アベンジャーズ』と『ラ・ラ・ランド』をあわせたような作品」という表現がよくわかりました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でみられる“奪還” そして “家に帰る” という要素、『アベンジャーズ』でみられるオールスター感と激しいバトル、そして『ラ・ラ・ランド』でみられる歌とダンス……。牛丼の「すき屋」でいう “トッピング全部乗せ” みたいな映画でしたよホント。

まるでジェットコースターに乗ったかのようなワクワクとドキドキと爽快感を味わえるのが、『バーフバリ』シリーズ。世界観にドハマりした結果マヒシュマティ王国の民と化したファンたちは、あの感覚にまた浸りたくて何度でも劇場へ足を運んでしまうのでしょう。

『バーフバリ 伝説誕生』のほうはすでにDVDとブルーレイが発売されているけれど、やっぱりこの作品は、劇場で観るからこそ、よりいっそう輝くと思うので……!

【日本公開版とは別にフルバージョンにがあるらしい】

ちなみに、今回紹介したどちらの作品も日本公開版。本国で上映されたものから幾つかシーンをカットしたバージョンらしく、フルバージョンも観てみたいものです。

さあ、今からでも遅くありません。あなたも一緒に王を称えましょう。バーフバリ! バーフバリ!  バーフバリ! バーフバリ!  バーフバリ!

参照元:映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト映画『バーフバリ 王の凱旋』公式サイトYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

友人とのルームシェアあるある40連発! 一緒に暮らしてはみたものの…生活スタイルの違いが思わぬところに?


新生活を迎える春、ひとり暮らしを始める人も多いでしょう。家賃をなるべく抑えたくてルームシェアを検討している人もいるのでは?

今から15年くらい前、私はルームシェアをしていました。その頃はまだ「シェアハウス物件」が一般的ではなかったので、大家さんに相談して、アパートや一軒家を借りて住んでいました。運よくシェアできる物件が見つかり、生活が始まったのですが……住んでみないとわからないことっていろいろあるんですね!

今回は、やってみたいけどいろいろな疑問が多い「友人とのルームシェアあるある40連発」を紹介します。

【友人とのルームシェアあるある40連発】

・初めのうちはうれしくて夜中じゅうお喋り →うるさくして怒られる
・漫画やCD、ゲームの貸し借りが楽しい
・間違って食べてしまうので、冷蔵庫のヨーグルトには必ず名前を書く
・鍋やタコパができて楽しい
・雨の日は、お菓子を買って映画会をする
・新しいネイルを見せあったり、いろんなメイクの練習会をする
・時には女だけでAV鑑賞会
・衣替えのたびに「これ着てみない?」「似合う〜♪」と自分の服を友人に着せて楽しむ
・掃除やゴミ捨て、日常のいろいろをジャンケンで決めがち
・ジャンケンは不平等ということで、掃除当番表を作る
・家にシェア友がいるので、なんとなく1人で遊びに行かなくなる
シェア友の友達は自分の友達、友人が増えていく
・シェア友が引っ越すと、自分も引っ越したくなる
・家賃の穴埋めのため、無理して気が合わないシェア友を入れがち
シェア友の知らなかった一面を見てしまい、胸にそっとしまう
・シェア友とケンカしたときの気まずさは地獄
・意地を張ってしまい、なかなか謝れない時のつらさよ
・シェア友とうまく仲直りできた時の喜びは、彼氏との仲直り以上!
汚くても平気な場所が合うとうまくいくけど、その逆は悲劇
・キッチンやお風呂など、共有スペースの使い方はもめやすい
・脱いだ靴はすぐ下駄箱にしまいたい派? きれいに揃えて置く派?
・流し台にコップ1個だけ置き去り → 長く続くとムカついてくる
・洗濯機を使いたい時間が被る
・風呂場は人数分のシャンプーとリンスでごった返している
・お風呂にゆっくり入りたいけど、他にも入る人がいるので我慢
・外出から早めに戻ったら、友人が彼氏と一緒にお風呂に入っていて目が泳ぐ
・寒い朝、出勤時はお互いに励まし合う
家賃以外のお金をどうワリカンするか決める会議がとっても大事
・ワリカンの内容を定期的に見直さないと不満がたまる
・白飯は毎日食べるので、炊飯器でキープしたい派? 冷凍しておいてレンジで都度温める派?
・お米を買いに行かない件で怒られる
・灯油を買いに行かない件で怒られる
・トイレットペーパーを替えたり、洗い物をこまめにしてカバーする
・シェア友の実家から送られてくる果物や野菜がうらやましい
・めずらしいローカルお菓子をもらえると嬉しい
外で辛いことがあったときに話せるシェア友がいるのはありがたい
・生活でつらいことがあっても、家にシェア友がいれば笑い話になる
・だけど、いつでも悩みを聞いてもらえるわけではない
・いつか別々の暮らしになるんだなと思うと寂しくなる、それがルームシェア
年老いて1人になったら、またルームシェアをしてみたい

以上「ルームシェアあるある40連発」でした。今思えば、同居している友人に甘えてばかりだったルームシェア。私もその後1人暮らしをして、自分でお米や灯油を買える大人になり、生活の術を学びました。あの頃お世話になった友人のみなさん、本当にありがとうございました。

画像・執筆=はちやまみどり(c)Pouch

続きはこちら