【欲しい!!】漫画家・いくえみ綾さんとロペピクニックがコラボ / 描き下ろしのフラワー柄のスカートやワンピがオトナ可愛いっ!!


2017年にTBS系でドラマ化された『あなたのことはそれほど』の原作者として知られる漫画家・いくえみ綾さん

1979年のデビュー以来、コンスタントに作品を発表しつづけていて、性別や年代を問わずファンが多いいくえみ先生ですが、このたびアパレルブランド「ROPÉ PICNIC(ロペピクニック)」とのコラボが実現することに!

いくえみ先生が描き下ろした花々のテキスタイルを使ったワンピースやスカート、ブラウス、ブルゾンなどが現在予約受付中となっています。いくえみ先生らしい、さりげない中にも繊細さや女性らしさが詰まったデザインは、全女子のオシャレ心を高めてくれそうです♡

【春から夏に咲く花々のテキスタイル】

今回いくえみ先生が描き下ろしたのは、春から夏に咲くポピー、ヤグルマギク、ミックスフラワーをモチーフにした3種類のテキスタイル。イメージは「元気で前向きな女の子」だそうで、同コレクションのチュールスカートを着ている女性のイラストも公開されています。

このイラストがまた、そのままいくえみ先生のコミックスの表紙にできそうで美しいんですよね。

【大人女子にも着こなせそう!?】

アイテムは全5種類。ポピー柄ラッフルブルゾン(税抜6900円)、ポピー柄コンビネーションワンピ(税抜6900円)、ミックスフラワー柄コラボパワショルブラウス(税抜4400円)、ヤグルマギク柄チュールスカート(税抜4900円)、ポピー柄刺繍ウォレットショルダー(税抜4900円)というラインナップです。

ロペピクニックのアイテムは、適度にトレンド感があってプチプラなのが魅力。今回のいくえみ先生とのコラボコレクションは、フラワープリントで華やかながら各アイテムのディテール自体はシンプルなので、着こなしやすいものが多そう。

また、花柄も大人っぽいデザインや色使いのため、単に“可愛い”だけで終わらない印象です。このあたりはさすが、大人の恋愛ドラマもサラリと描き出すいくえみ先生ならではのセンスといえるかも!

【現在、予約受付中!】

というわけで、アラフォーど真ん中の私も欲しい気持ちがウズウズ。とくにイラストにも使われているヤグルマギク柄のチュールスカートは、買おうか本気で迷い中……。トップスを白や黒でシンプルにおさえれば素敵かも……なーんて妄想が止まりません♪

現在、どのアイテムも予約可能で、お届けは4月中旬予定とのこと。確実に手に入れたい方はオンラインストアで予約して購入するのがよさそうですよ。

参照元:ロペピクニック公式サイトJUN ONLINE
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

くらもちふさこ&いくえみ綾の原画展が開催されるよ~!いくえみ男子とくらもち男子の揃い踏みに “キュン死” 確定!?

軽妙洒脱な恋を描かせたら右に出るものはいないくらもちふさこ先生と、女子の永遠のあこがれ “いくえみ男子” を世に生み出したいくえみ綾先生。

少女漫画界の第一線を走り続けているおふたりにとって初の原画展「くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展『 “あたしの好きな人” へ』」が、2018年2月9日から2月25日までの17日間、東京・池袋パルコにあるパルコミュージアムで開催されます。

【ふたりは「尊敬しあう関係」】

1972年から漫画家としてのキャリアをスタート。『いつもポケットにショパン』や、映画化もされた『天然コケッコー』など数々の名作を世に生みだしてきた、くらもち先生。幼い頃、学生時代、そして大人になった今でも、くらもち先生の漫画が愛読書だという人は数多くいることでしょう。

『バラ色の明日』『潔く柔く』や話題となったTBSドラマ『あなたのことはそれほど』の原作者であるいくえみ先生は “くらもち作品” を愛してやまないようで、なんとくらもち先生に憧れて漫画家を志したのだとか!

お互いに尊敬しあっているというおふたりがこうしてタッグを組んだのは、必然だったのかもしれません。

【デビュー作から最新作までの原画200点超を展示】

会場には、デビュー当時の作品から代表作と言える作品、さらには最新作まで、200点を超えるカラー・モノクロ原画が展示されるよう。展覧会の公式グッズも販売されるらしく、この機会を逃したらおそらく、後悔の念で毎晩枕を濡らすことになります。

【ファンに原画展への思いを聞いてみた】

アラサーおよびアラフォー女性たちの心に深く影響を与え、「こんな恋がしてみたい……」とキュン死させてきた、くらもち先生といくえみ先生。Pouch 編集部の御花畑マリコもおふたりのファンらしく、原画展開催に対する熱い思いを語ってくれました。

「メインビジュアルが、おふたりが描く男性キャラだらけなのが “わかってる感” ハンパないです! 両先生の作品が大好きなので、原画なんか見たら会場でキュン死しそうで怖いです……」

【男性キャラを眺めてキュンキュンしよう】

たしかに、おふたりの作品を語るうえで欠かせないのが男性キャラの存在! くらもち作品に出てくる男性キャラは「かっこつけてないのに女性の扱いがうまい」というか、モテ男遺伝子がハンパないんです。確実に「惚れてまうやろ~!」案件なんです。

またいくえみさんが描く男性 “いくえみ男子” も、すこぶる魅力的。塩顔でスタイルがよく、オシャレなんだけどオシャレすぎない。一見草食なんじゃないかと思わせといて、実は肉食という……。ああもう、こっちはこっちで、絶対に惚れてまうやろ~!

参照元:プレスリリースパルコアート.comInstagram @kuramochixikuemi
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

くらもちふさこ&いくえみ綾の原画展が開催されるよ~!いくえみ男子とくらもち男子の揃い踏みに “キュン死” 確定!?

軽妙洒脱な恋を描かせたら右に出るものはいないくらもちふさこ先生と、女子の永遠のあこがれ “いくえみ男子” を世に生み出したいくえみ綾先生。

少女漫画界の第一線を走り続けているおふたりにとって初の原画展「くらもちふさこ・いくえみ綾 二人展『 “あたしの好きな人” へ』」が、2018年2月9日から2月25日までの17日間、東京・池袋パルコにあるパルコミュージアムで開催されます。

【ふたりは「尊敬しあう関係」】

1972年から漫画家としてのキャリアをスタート。『いつもポケットにショパン』や、映画化もされた『天然コケッコー』など数々の名作を世に生みだしてきた、くらもち先生。幼い頃、学生時代、そして大人になった今でも、くらもち先生の漫画が愛読書だという人は数多くいることでしょう。

『バラ色の明日』『潔く柔く』や話題となったTBSドラマ『あなたのことはそれほど』の原作者であるいくえみ先生は “くらもち作品” を愛してやまないようで、なんとくらもち先生に憧れて漫画家を志したのだとか!

お互いに尊敬しあっているというおふたりがこうしてタッグを組んだのは、必然だったのかもしれません。

【デビュー作から最新作までの原画200点超を展示】

会場には、デビュー当時の作品から代表作と言える作品、さらには最新作まで、200点を超えるカラー・モノクロ原画が展示されるよう。展覧会の公式グッズも販売されるらしく、この機会を逃したらおそらく、後悔の念で毎晩枕を濡らすことになります。

【ファンに原画展への思いを聞いてみた】

アラサーおよびアラフォー女性たちの心に深く影響を与え、「こんな恋がしてみたい……」とキュン死させてきた、くらもち先生といくえみ先生。Pouch 編集部の御花畑マリコもおふたりのファンらしく、原画展開催に対する熱い思いを語ってくれました。

「メインビジュアルが、おふたりが描く男性キャラだらけなのが “わかってる感” ハンパないです! 両先生の作品が大好きなので、原画なんか見たら会場でキュン死しそうで怖いです……」

【男性キャラを眺めてキュンキュンしよう】

たしかに、おふたりの作品を語るうえで欠かせないのが男性キャラの存在! くらもち作品に出てくる男性キャラは「かっこつけてないのに女性の扱いがうまい」というか、モテ男遺伝子がハンパないんです。確実に「惚れてまうやろ~!」案件なんです。

またいくえみさんが描く男性 “いくえみ男子” も、すこぶる魅力的。塩顔でスタイルがよく、オシャレなんだけどオシャレすぎない。一見草食なんじゃないかと思わせといて、実は肉食という……。ああもう、こっちはこっちで、絶対に惚れてまうやろ~!

参照元:プレスリリースパルコアート.comInstagram @kuramochixikuemi
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

恋の暴走機関車「シゲカヨ」が40代になって帰ってきた! 人気漫画『ハッピーマニア』のその後を描く『後ハッピーマニア』が連載で復活☆

1995年に連載スタートした、安野モヨコさん原作の漫画『ハッピーマニア』。90年代の女性たちにとっては恋愛のバイブル的な作品で、1998年には稲森いずみさん主演でドラマ化されました。

その『ハッピーマニア』が16年の時を経て帰ってきたというではありませんか……! 当時掲載されていた月刊漫画雑誌『フィール・ヤング(FEEL YOUNG)』(祥伝社)の26周年を記念し、2017年7月7日に発売の8月号にて待望のカムバック。

シゲタが、フクちゃんが、タカハシが、しっかり年取って40代に。『ハッピーマニア』のその後を描く『後ハッピーマニア』として、読み切りではなく連載で復活したんだってよーーー!!

【『ハッピーマニア』ってどんなお話なの?】

シゲタこと、シゲカヨ(重田加代子 / 95年当時は25歳)は “恋の暴走機関車” とでも言うべきキャラで、めくるめくような恋愛を求めて突っ走りまくる女の子。

ホントは甘~い恋がしたいのに、ついフィジカルな関係からスタートさせてしまうのが悪いクセで、いつだって2歳年上の親友・フクちゃん(福永ヒロミ / 仕事できるしイイ女だけどスッピンがやばい)に怒られ、呆れられつつ、最後は面倒をみてもらうはめに。

そんなシゲタのことを一途に想っていたのが、当時21歳で元同僚のタカハシ(高橋修一)。シゲタが何をしようが、どんなに振り回そうが、強い愛と謎の使命感によって大切にし続けるのです。とはいえ、タカハシは途中で記憶喪失に陥り、その間に知り合った女性とワチャワチャする時期も。

しかし紆余曲折を経て、最終回ではシゲタとの結婚に至ったのでした。

【『後ハッピーマニア』ではなんと、タカハシが…!!!】

何があってもシゲタを愛し続けてきたタカハシは、言うなれば、全乙女にとっての “理想のオトコ” 。誠実を絵に描いたような男性なのですが……誠実であるがゆえに、その真面目さから、『後ハッピーマニア』において事件を引き起こしてしまうのであります。

一途なオトコだから、浮気はしない。するのは、本気の恋だけ

40代半ばでタカハシからまさかの “宣告” をされてしまったシゲタは、これから一体どうなってしまうのでしょうか。安野さんも自身のツイッターで「七夕の日に掲載とはなんて皮肉な……」とつぶやいておられましたが、ホントそれ。

フクちゃんもフクちゃんで複雑な家庭の事情を抱えているみたいだし、これからひと波乱もふた波乱も起こりそうで、ワクワクするぞおおおおお!! あ、ちなみに『後ハッピーマニア』初回では、フクちゃんのスッピンも拝めますわよ。

【話題作『あなそれ』最終回も読めるよ~!】

『フィール・ヤング』8月号にはそのほか、ジョージ朝倉さんの『夫婦サファリ 外伝』や、いくえみ綾さんの『あなたのことはそれほど』の最終回も掲載されていて読み応え抜群です。これで500円ぽっきりって、めちゃ安~!

安野さんのツイッターによれば、『後ハッピーマニア』の続きが読めるのは「来年くらい」とのこと。別作品の執筆を終わらせ、単行本を出してから改めてスタートするようなので、首を長~くして待つことにいたしましょうね!

【前作もチェックしておきましょう】

『ハッピーマニア』を読んだことがないという平成生まれのあなた、そして「しばらく読んでないから内容忘れちゃった~」というあなた。新作を読む前に、前作を一読しておくことを強~くおススメしておきます。現在ウェブサイト『マンガZERO』において全巻無料で読むことができるので、ぜひともチェックを~☆

参照元:フィール・ヤングTwitter @FEELYOUNG_edTwitter @anno_moyocoマンガZERO
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら