【さすがうどん県】要潤が外国人に “うどん屋の場所” を聞かれて道案内 「うどん屋知ってるっぽい雰囲気は国境を越えているのか。俺」

俳優としては、現在放送中のフジテレビ月9ドラマ『海月姫』に出演中。同時に「うどん県」の副知事としても活躍されている “キャナメ” こと要潤さんが、ツイッターで興味深いつぶやきをしています。

「新宿でロケしてたら、外国の人から、『うどん屋さんはドコデスカ?』って聞かれた」

話しかけられたとき、一瞬ドッキリかと思ったらしいのですが、Googleマップで地図まで見せられたためガチだと確信。道案内してあげた旨をつぶやいていた要さん。

【なぜ要さんに「うどん屋」の場所を尋ねたのか】

気さくに道を尋ねてくるということはおそらく、話に出てくる外国の方は要さんを知らなかったのでしょう。ということは間違いなく、要さんが「うどん県」の副知事だということも知らないはず……。

それなのに、ああ、それなのに。なぜ数多くいる通行人にはわき目も振らず、まっすぐ要さんのところへやってきたのでしょうか。要さんはこのエピソードについて、ツイッターで自ら分析されていました。

「うどん屋知ってるっぽい雰囲気は国境を越えているのか。俺」

【ツイッターで大いに話題に】

このあたりの真相は当事者である外国の方に聞いてみないことにはわかりませんが、長らくうどんに携わり、うどんのことを考える生活を送ってきたであろう要さんから、うどんを連想させる何らかのオーラが漂っていた可能性は否めません。

まさに、うどんのために生まれてきたといっても過言ではない男・要さん。「うどん県」の副知事にふさわしいこちらのつぶやきは、リツイート数1万6400超、「いいね」の数3万2100超と大人気に。

「さすがうどん県副知事ですね」
「うどんオーラでしょうか」
「外国の人『(この人から、うどん魂を感じる!)』」
「きっとスキャンされたんですよ(笑)全身から溢れ出るうどん愛、隠せませんね、副知事!」

といった具合に、コメントもたくさん寄せられていました。

【PRムービーも最高だから見て】

ちなみに……現在「うどん県」公式サイトおよびYouTubeでは、要さんが移動式カフェ「Café de UDON-KEN」のマスターに扮したPRムービーが公開されているので要チェックです。

丸メガネがよく似合う要さんは、柔らかな表情と語り口で、観光客の女性に極上の1杯を入れてくれています。入れてるのがコーヒーじゃなくて出汁ってとこに、「うどん県」のこだわりを感じるう!

こんなイケメンマスターに会えるのなら、旅するよりもむしろ、「うどん県」に移住したくなっちゃうよ……!

参照元:Twitter @kanamescafeうどん県YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【楽しい】生地を好きな太さや形にカットできる「讃岐うどん」が爆誕! ほうとう風やリボンみたいに結んでもOKなんだって


子どもも大人も大好き、讃岐うどん。スーパーなどで買ったものを家で作って食べる人も多いかと思いますが、このたびなんともユニークで斬新すぎる讃岐うどんが登場しちゃいました!

「包丁切りうどん」は、職人が丹精込めて作った讃岐うどんを好きな形にカットして楽しめちゃうんです! 太さもカタチもアレンジ次第で楽しみ方いろいろ。たしかにこんなうどん、これまでなかったよぉ~っ!!

【カタチも太さも自由自在!】


うどんを打つところからは難しくとも、讃岐うどんを好きな形にカットして、楽しく美味しく味わってもらおうというコンセプトのもとに生まれたという「包丁切りうどん」

細くしたり太くしたり、ほうとうのように平たくしたり。結んでリボンのようにしたってOK! 子どもと一緒に型抜きをしてもめちゃくちゃ盛り上がりそうです。

【讃岐うどんならではの本格的な味わい】

生地は厳選した小麦粉を使用し、熟練した職人が丁寧に打ったうどんを熟成させて作るそう。乾燥工程を加えていない生うどんだからこそ味わえる、もちもちの食感と小麦の香りは讃岐うどんならではだといいます。本場ならではのコシを家庭で簡単に味わえるのがうれしいですね!

【うわーん、四国地方限定販売ですって】

販売は四国地方の観光売店でのみ。オンラインショッピングサイトなどでの販売はないって残念すぎます……なんとかネット通販やアンテナショップでも買えるようにしてほしい~!

価格は税抜350円と手頃なので、四国に旅行に行く方は買ってみてはいかが? 周りの方へのおみやげにしても間違いなく喜んでもらえそうです!

参照元:アットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

香川はそうめん県だった…!? 讃岐うどん店「はなまるうどん」で「うどん県のそうめん」が登場するよ!


「はなまるうどん」といえば讃岐うどんのチェーン店。温かいのから冷たいの、つけだしにかけだし、バラエティ豊かなトッピングとさまざまなメニューがリーズナブルにそろいます。

が、それは「讃岐うどん」に限った話かと思いきや……2017年6月2日から登場するのはなんと「うどん県のそうめん」! いったいなぜ「はなまるうどん」であえて「そうめん」を売ろうというんでしょうか……!?

【香川県はそうめんも名産品】

「うどん県」といえば香川県のことであり、讃岐うどんが有名。これは誰もがよく知るところですが、実はそうめんも名産品のひとつなのだとか。

そこで、香川で昔から食べられていたシンプルなそうめんを味わってもらいたいという願いから「うどん県のそうめん」を販売する流れになったといいます。

【香川産そうめんに3種の薬味をトッピング】

商品名がとてもストレートでインパクトある「うどん県のそうめん」。麺はもちろん、香川県産のそうめんを使っているそう。つけだしは讃岐ならではの「いりこだし」のつゆに「煮切りみりん」を加え、甘みのあるつけつゆに仕上げてあります。

特製の薬味は3種類! 「蒸し鶏ほぐしの練り梅添え」「錦糸卵」「オクラの鯛味噌ゴマ和え」と、家ではちょっと作らないような付け合わせになっていて気が利いています。さらにフリートッピングのおろし生姜、ごまも合わせれば、いろいろと自由に味を変えてそうめんを楽しむことができそうです!

【数量限定販売だよ〜】

「うどん県のそうめん」のお値段は税込480円。一部店舗を除く全国の「はなまるうどん」にて数量限定での販売になります。

暑~い日につるつるとすする冷たいそうめんは、これからの時期ならではのごちそう! この夏は「はなまるうどん」に行ったら、うどんもいいけど、そうめんを頼むのもアリかも!?

参照元:はなまる
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら