【激ウマお取り寄せグルメ】抹茶の濃厚度マックス! 砂糖未使用の「お濃茶パイ」は白あんの甘さだけで作られた丁寧な美味しさでした


ほうじ茶など日本茶を使ったスイーツが続々を登場している昨今ですが、やっぱり王道は抹茶! アイスやチョコ、パフェなど洋ものとの相性もバツグンですよね。

今回ご紹介するのは、数ある抹茶スイーツのなかでも、とりわけ抹茶が濃~いケーキ。『にれい 手作りパイのファクトリー』の「お濃茶(おこいちゃ)パイ」です。

なんでもこのお濃茶パイは、雑誌「BRUTUS」(2017年2月1日号)の “日本一の「お取り寄せグランプリ。」” のパイ部門に掲載されたこともあるのだとか! 口が肥えていないわけがない、秋元康氏、酒井順子氏の票もゲットしたとあって、おいしい予感しかしません~!

【ふわふわクリームとお濃茶ペーストがマッチング】

さて、冷凍便で届いた包みをさっそく開くと、そこには目の覚めるようなグリーンに彩られたパイが鎮座。半解凍状態の方がカットしやすいとのことだったので、1時間ほど待ってからお味見してみました♪

いざ実食してみると、まず口の中になめらかに広がるのが、ふわっふわで超軽やかな食感の生クリーム。そこへ、白あんに抹茶を加えたお濃茶ペーストのほんのりとした苦みと甘みが続きます。

うれしい驚きだったのが、パイの食感です。冷凍パイにも関わらず、解凍した後もパリパリ&サクサク! 香ばしさとともに楽しめるんです♪

【抹茶の濃さが際立つ味わい】

ちなみに “お濃茶”とは、一般的にわたしたちが抹茶と聞いて思い浮かべるお茶の “薄茶(おうす)”に対し、泡立てないで練るようにして立てた、とろりとしたお茶。

このパイも、他の抹茶スイーツとは一線を画す、抹茶の濃さが際立っています。お濃茶パイというネーミングにも納得~~!

とはいえ、抹茶の濃さだけが前面に出ているわけではなく、全体的にすっきりした甘さ。お濃茶ペーストは白あんの甘みと、バターとクリームを少々加えているだけで、砂糖は使っていないそう。

添加物や保存料などを使っていないという雑味のない味わいに、抹茶の苦みが絶妙にマッチしています。

【年代を問わない美味しさ】

直径約21センチのパイは、かなり大きく切り分けても、ペロリと食べられちゃいます。あまりに美味しくて「もうちょっと、もうちょっと」とカットしながら食べているうちにあらっ……! ということになりかねませんのでご注意を☆

大人向けかと思いきや、こどももあっという間に平らげていたので、年代を問わずアピールするおいしさも魅力です。価格も2,940円(税込)と、ホールケーキにしてはお手頃なので、抹茶好きは試す価値大、ですよーー!

参照元:にれい 手作りパイのファクトリー
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

続きはこちら