女優「のん」が中原淳一の世界観をカレンダーで表現! 衣装からヘアメイクまでこだわりぬいてますっ


女優としてだけでなく、モデルやアーティストとしても幅広い活躍を見せている、のんさん。そんな彼女が2019年のカレンダーで挑戦したのは……昭和初期に少⼥雑誌の⼈気画家として⼀世を風靡し、日本ファッション界の先駆者としても名をはせた中原淳一さんとのコラボ

中原さんデザインの洋服をのんさんが着用し、衣装やヘアメイクだけでなくエレガントな仕草にまでこだわった渾身のカレンダーに仕上がっているんです。

【中原さんデザインの復刻ワンピをまとって】

このたび公開されたのは、カレンダーの表紙写真。そこで着用しているのは、中原淳一さんデザインの復刻ワンピースとブラウス

わーん、白地に大きめの赤いドットが最高にキュート~!! 水玉って何度となくブームが再来しますが、いつの時代も乙女ゴコロを刺激してやまないモチーフなのかもしれません。

【完コピを目指したというメイクにも注目!】

この表紙では、衣装だけでなくヘアメイクもふくめ完コピを目指したというのんさん。メイクはバサバサの黒いまつ毛と目尻のキャットラインがレトロモダンな雰囲気を醸し出していて、これまた魅力的!

このキャットラインは以前にのんさんのインスタでも披露されており、

Instagram Photo

アイメイクでこんなに変わるとは。次の企画に向けて、メイクさんに研究してもらった時の。楽しみだな〜。早く見ていただきたい!

というコメントが一緒に添えられています。

【ふたりの個性が融合した世界観に期待】

このカレンダー発売報告に、インスタでは

めちゃくちゃかわいい
絶対買います!!
昭和っぽくレトロでおしゃれ
のんちゃんだからこその企画

といったファンからの声が集まっています。

のんさん自身も

「2019 年カレンダー、素敵なものが出来ました。衝撃的なものを作りたいと考えていたところ、中原淳⼀さんデザインのファッションとのコラボが実現して本当に嬉しいです」

と手ごたえと自信をのぞかせている「のん×中原淳⼀コラボカレンダー2019」。どんな世界観が広がっているのか、中面の各月、ボーナスページなど1枚1枚めくるのが楽しみですね! 一般販売は2018年11月24日から、価格は税込2700円です。

参照元:Instagram @non_kamo_neInstagram @jun_nak_official、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『この世界の片隅に』に新場面を追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の公開が決定 / すずが出会う遊郭の女性リンとの交流を描きます

2016年11月12日の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映を続けているアニメーション映画があります。

映画のタイトルは、『この世界の片隅に』

口コミで評判が広がってどんどん上映館を増やし、ついには日本のみならず世界各国で数々の賞を受賞するまでに。今年の夏も全国各地で再上映が決まっており、東京・大阪・神戸・広島・呉では、主人公・すずの声を務めたのんさんと片渕須直監督による舞台挨拶が予定されています。

そして2018年12月、この作品に新たな場面を約30分付け足した別バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が劇場公開されることが決定! 本日7月26日にサイトがオープンしたほか、YouTubeには特報映像も公開されています。

【前作で取り上げられなかったエピソードが登場】

実は原作の漫画には、前作の映画では取り上げられなかった魅力的なエピソードがたくさんあるんです。

そのひとつとして挙げられるのが、すずと、同世代の女性リンとの交流。不思議な縁に引き寄せられるようにして、遊郭で働くリンと出会ったすずは、話をするうちに、リンが自分の夫・周作となんらかのつながりがあることに気がつきます。

初めて原作を読んだときこの場面が非常に心に残っていたので、映画には取り上げられなかったことがちょっぴり残念でもありました(リンは登場するけど深くは掘り下げられなかった)。

でも今回の新バージョンでは、見ることができるっ。そう思うと嬉しさのあまり、しみじみしてしまいます。

【ほかにはどんなシーンが追加されるの?】

そのほかには、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹すみを案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されるようで、これまでの登場人物の別の側面なども描かれる模様。

より大人な印象のすずさんに、スクリーンで再会できるようです。

【ツイッターにも喜びの声が続々】

新作公開の発表に、ツイッターユーザーも喜びに沸いているようで

「やっぱリンさん! 待ってました♪」
「現行版『この世界の片隅に』で埋めきれなかった心のピースを、遂に見つけたような、そんな素晴らしいタイトルです」
「ドラマから知った人もきっと映画や原作の素晴らしさに気付くはず……楽しみにしてます」
「物語の始まる時期と同じ12月に公開って、この時点ですでに期待を裏切ってないことが分かる。うれしいの一言です」
「のんちゃんの声、すずさんの声、大好きです」

といった具合に、待ちきれない様子。そして最後の方のコメントにもありますが、新作のすずさんの声を担当するのも、のんさんです。もう1度言います、のんさんで~す!

【監督からのメッセージ】

「戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。そして、人には人生がある。それが戦争中であっても。明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の “世界の片隅” と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください」

こちらは片渕監督が発表したコメント。映画を通して、 “すずさんの中にあったほんとうのもの” を見つけてみたいものですね。改めて、新作公開、バンザーーーイ!

参照元:『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公式サイトYouTubeTwitter @konosekai_movie
画像=(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

のん『スーパーヒーローになりたい』のジャケット写真を公開し話題に! ゾンビメイクでライブも開催しました

レコードの日」のイメージキャラクターや、音楽イベント「WORLD HAPPINESS 2017」にスペシャルゲストとして出演するなど、活動の幅を広げている女優 “のん” さんが、歌手として本格デビュー!

第1弾シングルCD『スーパーヒーローになりたい』が、自身の音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」から2017年11月22日にリリースされます。

のんさんの公式サイトと公式インスタグラムではジャケット写真が公開されているのですが、ギターを片手に、スーパーヒーローさながらマントをはためかせている姿が、めちゃくちゃクールビューティー!

マントはレッド&ブルーのアメリカンなカラーで、着用している服やタイツは、目にもまぶしいゴールド。真っ黒なブーツは12cm以上もありそうなピンヒールで、パンクロック風なデザイン。意思のある大人の女性の雰囲気をも感じさせてくれます。

【インスタで大反響!】

のんさんの背後には惑星が浮かび、まるで月の上に立っているかのような背景も含めて、インパクトは抜群。

お店に並んでいたらぐっと惹きつけられそうなジャケット写真に、インスタグラムでは1万5000超もの「いいね!」が寄せられています。コメントは「素敵!!」「派手なヒーローの誕生、嬉しい!」「のんちゃんはスーパーヒーロー!」「かっこいい!!!」「キンキラキンやね(笑)」とみなさん絶賛!

Instagram Photo

【シングルに収録されているのは全4曲】

デビューシングル『スーパーヒーローになりたい』は、高野寛さん作詞・作曲によるオリジナル曲です。

CDにはのんさん自ら作詞・作曲を手がけた楽曲『へーんなのっ』、CD化の要望が多かったというRCサクセションのカバー曲『I LIKE YOU』、そして『タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)』が収録されているんですって。

のんさん曰く「歌うのもギターを弾くのも最高に楽しかったです」とのことですので、そのワクワクした気持ちが音に乗って伝わってくる作品に仕上がっているのかもしれませんね♪

【学園祭で初披露したんだって☆】

ちなみに、台風が最接近していた10月29日には、東京の女子美術大学・相模原キャンパスで行われた学園祭「2017女子美祭 てんやわんや」に出演。ガールズバンド「のんシガレッツ」のボーカルとして、デビュー曲を含めた全5曲を初披露したそうなんです。

あいにくの空模様で急きょライブ場所が変更になったりと、まさに “てんやわんや” だったようなのですが、会場は大いに盛り上がって、最高のパフォーマンスが繰り広げられたみたい。

アーティストとしての経験を着実に積んで、目指す場所へと1歩1歩確実に前進しているのんさんから、今後も目が離せませんね!

参照元:プレスリリース、のん 公式サイトInstagram @non_kamo_ne
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

女優のんと堀込泰行が「レコードの日」イメージキャラクターに! メインビジュアルでは「レコ屋の新人店員と常連さん」になりきってます

11月3日は「レコードの日」。2015年、「アナログレコードのもつ可能性や美しさを広めたい! 」という思いで立ち上げられてから、今年で3年目を迎えます。

毎年この日は、各レコードショップでいろいろなイベントや貴重盤の販売などが行われています。

その記念日に先がけ、10月12日には「レコードの日」オフィシャルサイトにてイメージキャラクターとメインビジュアルが公開されたのですが、イメージキャラクターとして選ばれていたのは女優の “のん” さん!

そして、元キリンジでミュージシャンの堀込泰行さんも、一緒にポスター写っているではありませんか~!

【のんさんが新人レコ屋店員に扮してます】

大量のレコードを胸いっぱいに抱えたのんさん。微笑みをたたえたその背後では、堀込さんがレコードを選りすぐっています。

メインビジュアルをツイッターで紹介していたココナッツディスク吉祥寺店によると、「新米レコ屋店員=のん レコードマニアの常連さん=堀込泰行 街のレコード屋=ココナッツディスク吉祥寺店 という布陣となっております。まじかよ!」とのことでして、のんさんが店員とか、まさしく「マジかよ」~~~!!!

そして堀込さんがレコードマニアの常連というのも妙に納得してしまうといいますか、「こういう人、レコ屋にいるいる!」とニヤニヤしてしまいますっ。

【こんなお店があったら通っちゃうよね】

「レコードの日」オフィシャルサイトでは、イメージキャラクターの2人に対するインタビューを公開。アナログレコードについて、さらには2人にとって思い入れのある楽曲『エイリアンズ』についても熱く語っていて、読みごたえがあるのでぜひともチェックを☆

のんさんが働いているレコードショップなら、お話したくて、たくさん通ってしまいそう。メインビジュアルを眺めているだけで、妄想がむくむく膨らんでくるわ~!

参照元:レコードの日 オフィシャルサイト [1] [2]Twitter @ccnd_kichijoji
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

女優のんが黒髪から金髪に! 風とともに髪をなびかせる姿が神々しすぎます…


黒髪ショートカットがトレードマークの女優・のんさんが金髪に!! これまでドラマやCMでも見ることがなかった新鮮すぎるショットを披露し、注目を集めています。

それにしても突如、金髪になったのはなぜ!? 心境の変化? それとも……?

【実はCM撮影のためでした~!】

実はこれ、のんさんが出演する「金色の風」という岩手県産米のCM撮影のため! 一面に広がる田園でひとり立つのんさん。金色の風の使者として華麗に舞うと、髪が黒色から金色に変わる……という内容のCMとなっています。

Instagram Photo

これまで凛とした清楚な黒髪美少女のイメージが強かったのんさんだけに、金髪姿はとっても新鮮! 彼女のインスタグラムにも「何処のお姫様かと思いました」「すっごい可愛い」「金髪も似合う~」といった声が殺到しています。

【ホントに金髪にしてるの?】

気になるのは、地毛をホントに染めてるのかどうか。答えは、実際にカラーリングしたわけじゃなくてウィッグなんだって! インスタグラムに「#ウィッグ」とハッシュタグが書かれていました。でもウィッグとはわからないぐらい、自然に馴染んでる!!

美しいを通り越して、もはや神々しくすらある、のんさんの金髪姿。その姿を見たいという方は、YouTubeの動画やのんさんの公式ブログをチェックしてね。

ちなみに岩手県産米「金色の風」は、県内では2017年10月8日から販売されていて、県外では10月16日からとのことですよ!

参照元:YouTubeInstagram @non_kamo_neのん 公式ブログ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

のんといっぱい会える予感! タワレコポスター、ファンクラブ開設、音楽レーベル発足、音楽イベント出演など嬉しいニュースでいっぱいだよ

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターはいつもスタイリッシュでカッコよく、店頭や店内で見かけるとつい、足を止めて見入ってしまいます。そういや昔、ミュージシャンを目指していた友人が「アレに載るのが夢!」とよく語っていたっけ……。

2017年8月4日から掲出されるタワレコポスターの最新版に起用されたのは、女優の “のん” さん。

頭の半分が盛り上がっているかのような不思議なヘアスタイルで佇むのんさんの後ろには、全く同じ髪型をした女の子の絵が飾ってあります。

【アーティスティックなポスターに目を奪われちゃう】

こちらはのんさんが尊敬しているという現代芸術家・奈良美智さんの『ブランキー』という作品。チョイスしたのは奈良さん本人だそう。

絵の女の子と同じように不機嫌そうな顔をして、浮き輪を体にぴったりとはめたのんさんは、存在そのものがアート作品のようです。このまま会場に飾られていてもおかしくないような姿に、女優魂、そしてアーティスト魂を感じさせます。

【新音楽レーベル発足&音楽イベント出演も決定!】

のんさんは “創作あーちすと” としての活動の場として、新音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD (カイワレ・コード)」を発足。この秋から随時作品をリリースしていく予定なのだそう。

また8月6日には東京・葛西臨海公園 汐風の広場で開催される音楽イベント「WORLD HAPPINESS 2017」にスペシャルゲストとして出演することも決定。

当日会場のタワーレコードブースで「KAIWA(RE)CORD」発足記念のオヒロメ・パック(税抜き2000円)を限定500部販売するらしく、購入のオリジナル特典としてのんさんをフィーチャーしたタワレコポスターがもらえるのだそうですよ。

【ファンクラブも開設されるんだって♪】

しかもイベント出演日には、ファン待望ののんさんオフィシャルファンクラブが開設されるらしく、ビッグニュースの連続~! 

のんさん自身がインスタグラムで「重大発表まであと○日」とカウントダウンしていたのは、これのことだったのねぇ。活躍の場をどんどん広げていくパワフルなのんさんから、今後も目が離せませんっ。

参照元:プレスリリースInstagram @non_kamo_ne
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

のんといっぱい会える予感! タワレコポスター、ファンクラブ開設、音楽レーベル発足、音楽イベント出演など嬉しいニュースでいっぱいだよ

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターはいつもスタイリッシュでカッコよく、店頭や店内で見かけるとつい、足を止めて見入ってしまいます。そういや昔、ミュージシャンを目指していた友人が「アレに載るのが夢!」とよく語っていたっけ……。

2017年8月4日から掲出されるタワレコポスターの最新版に起用されたのは、女優の “のん” さん。

頭の半分が盛り上がっているかのような不思議なヘアスタイルで佇むのんさんの後ろには、全く同じ髪型をした女の子の絵が飾ってあります。

【アーティスティックなポスターに目を奪われちゃう】

こちらはのんさんが尊敬しているという現代芸術家・奈良美智さんの『ブランキー』という作品。チョイスしたのは奈良さん本人だそう。

絵の女の子と同じように不機嫌そうな顔をして、浮き輪を体にぴったりとはめたのんさんは、存在そのものがアート作品のようです。このまま会場に飾られていてもおかしくないような姿に、女優魂、そしてアーティスト魂を感じさせます。

【新音楽レーベル発足&音楽イベント出演も決定!】

のんさんは “創作あーちすと” としての活動の場として、新音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD (カイワレ・コード)」を発足。この秋から随時作品をリリースしていく予定なのだそう。

また8月6日には東京・葛西臨海公園 汐風の広場で開催される音楽イベント「WORLD HAPPINESS 2017」にスペシャルゲストとして出演することも決定。

当日会場のタワーレコードブースで「KAIWA(RE)CORD」発足記念のオヒロメ・パック(税抜き2000円)を限定500部販売するらしく、購入のオリジナル特典としてのんさんをフィーチャーしたタワレコポスターがもらえるのだそうですよ。

【ファンクラブも開設されるんだって♪】

しかもイベント出演日には、ファン待望ののんさんオフィシャルファンクラブが開設されるらしく、ビッグニュースの連続~! 

のんさん自身がインスタグラムで「重大発表まであと○日」とカウントダウンしていたのは、これのことだったのねぇ。活躍の場をどんどん広げていくパワフルなのんさんから、今後も目が離せませんっ。

参照元:プレスリリースInstagram @non_kamo_ne
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

女優「のん」の透明感が爆発してます♪ スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’のコラボ曲「ミクロボーイとマクロガール」のMVがステキ

現在、好評配信中のスチャダラパーとEGO-WRAPPIN’のコラボ曲「ミクロボーイとマクロガール」のミュージックビデオが2017年6月7日より公開されています。

これに、女優ののんさんが出演しているのだけれど……その演技力と美しさにびっくり! 楽曲の魅力、そしてのんさんの魅力が合わさって、不思議にステキな世界観を作り出しているのです!

【ミクロとマクロを行き交うのんさん】

映像ディレクターの山岸聖太さんが監督を務めた「ミクロボーイとマクロガール」のミュージックビデオ。ミクロ(スマホ)とマクロ(宇宙、空、社会)の世界にいるスチャダラパーとEGO-WRAPPIN’の間をのんさん演じる主人公が行き来する、というストーリー仕立ての内容になっています。

【夕焼け×のんさんのシーンが最高すぎる】

のんさんが道路でスマホを拾うところから始まって、鼻血を出したり、写真アプリで顔を交換したり……とおもしろユニークなシーンをちらほら挟みつつ、クライマックスへと進みます。

どこかのビルの屋上で、夕陽を浴びながらのんさんが自撮りをしているかのような様子が映し出されるのですが、これがめちゃめちゃキレイ! スチャダラパーのラップ&ビートと、EGO-WRAPPIN’の艶のある歌声が混じり合う楽曲にのせて、のんさんの透明感とキラキラ感が大爆発!

特に目の輝きがハンパなくて、ぐんぐん引き込まれていく気がしました。表情だけでここまで表現できるものなのか……と、けっこう感動。スチャダラパーやEGO-WRAPPIN’、山岸聖太さんのファンはもちろん、のんさんのファンも必見の動画ですヨ!

参照元:YouTube
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら