【こりゃ便利】キャンメイクの「黒いアイシャドウ下地」は手持ちのアイシャドウをスモーキーカラーに変える万能アイテムだよ

2018年10月1日、キャンメイクから発売された新製品の見た目に、私は度肝を抜かれました。だってアイシャドウ下地なのに、その見た目が、あまりにも真っ黒だったから……!

アイシャドウ下地「キャンメイク アイシャドウベース」の新色となる「BV ブラックヴェール」(500円 / 以下すべて税抜き)は、手持ちのアイシャドウを今流行中の “くすみカラー” にチェンジしてくれるアイテム、とのこと。

アイシャドウ下地本来の役割である「手持ちのアイシャドウの発色と持ちをアップして、ヨレやラメ落ちも防止する」という効果も兼ね備えているそうで、1つあったら絶対に便利なやつじゃ~~~ん!

【新色のアイシャドウをベースに使ってみた】

いてもたってもいられなくなったので、さっそく試してみるべく実物をゲット。

そしてせっかくなので、同日に新発売されたキャンメイクのアイシャドウ「パーフェクトスタイリストアイズ」の新色「No.18 ビタースウィートメモリー」(780円)もあわせてゲット。5色が入ったこちらをベースにして、実際のところはどうなのかチェックしてみることにしました。

【使い方は普通のアイシャドウ下地と一緒】

「BV ブラックヴェール」の使い方は一般的なアイシャドウ下地とおんなじで、ベースメイクを済ませたあとに、アイホール全体に伸ばすだけ。その後アイシャドウを塗布するだけで、 “スモーキーな目もと” が完成するそうなんです。

【実際はそんなに黒くない!】

メイクの前にまず「キャンメイク アイシャドウベース」を指につけてみると、さほど黒くないことに気がつきます。言い方はアレですが、指先に「ちょっとだけ煤(すす)がついてしまった」ような感じ、かも?

続いてアイホールに伸ばしてみたのですが、ほんのり暗くなったくらいで、何もつけない状態と大差はなかったんですよね。

【アイシャドウを塗ると違いがよくわかります】

しかし、アイシャドウをそのまま塗布した目もとと左右で見比べてみると、その差は明らか!(向かって右側がアイシャドウ下地あり)

「No.18 ビタースウィートメモリー 」自体もともとスモーキーな質感ではあるのですが、ボルドーカラーのシャドウを選ぶと、グッと華やかになるんです。

しかしベースを「BV ブラックヴェール」にした途端に色味が抑えられて、よりいっそう落ち着いた印象にチェンジ。これさえあれば、1商品で2度楽しめるということを、身をもって確認いたしました……!

【1つ持っておくといろいろ遊べそうです】

手持ちのアイシャドウで色々試してみれば、メイクの可能性がさらに広がっていくはず。ワンコインで購入できるので冒険しやすいし、みなさんもさっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして繰り返しになってしまいますが、実際に塗ると見た目より黒くならないので、ぜひチャレンジしてみてください~!

参照元:キャンメイク
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【必見】資生堂が夏のアイメイクが崩れない裏技テクを伝授! 「マロ眉」「パンダ目」「つけまヒゲ」を防止する方法とは?

暑~い夏、世の女性たちをユウウツにさせるのは、メイク崩れ。朝せっかくバッチリきめても、時間が経つごと、汗や皮脂がどんどん出てくるから厄介です。

特に目もとのメイク崩れは大きな課題! いつの間にか眉がなくなって “マロ眉” になっていたり。アイラインやマスカラが取れて “パンダ目” になっていたり。さらにはつけまつげがいつの間にか取れて、 “ヒゲ” みたいになっていたり……。

きっとみなさんも、こういった体験を少なからずしているのではないでしょうか。

【資生堂がメイクテクを教えてくれています】

目もとメイク崩れの救世主となってくれそうなのが、資生堂がYouTubeに公開している3本の動画「崩れない夏メイク」シリーズ。

「マロ眉」「パンダEYE」「つけまヒゲ」 と3つのテーマに分けて、誰でも簡単にできる対処法を紹介してくれているんです。

【マロ眉防止テク:パウダーで挟む】

まずは1本目、「マロ眉にならない簡単プロテク」動画によれば、メイクのキーワードはずばり「パウダーで挟む」

眉メイクが崩れる原因は皮脂や油分なので、まずは眉の油分を抑えるべくフェイスパウダーをオン。

毛の流れに逆らうようにのせたら、リキッドタイプのペンで眉を描きます。最後にパウダータイプのアイブロウでふわっと仕上げたら、崩れない眉の完成で~す!

【パンダEYE防止テク:アイラインから引く】

「パンダEYE」にならないためのキーワードは、「アイシャドウより先にアイラインを引く」

アイメイクが滲んでしまうのも油分が原因なので、まずはメイクの前に目もとの油分をオフ。

アイラインを先に引いてから、スタンプを押すようにアイシャドウをのせていきます。この順番にすることで、アイシャドウがアイラインの油分を抑えてくれるそう。マスカラも下まつげから塗っていくと、滲みにくくなるそうですよ。

【つけまヒゲ防止テク:目のかたちに合わせる】

最後に紹介するのは、「つけまヒゲ」防止のキーワード、「目のかたちに合わせる」

つけまつげがはがれてしまう原因は “目のかたちに合っていない” ことなので、まずはつけまつげを自分の目のかたちに合わせて、ちょうどいいサイズにカット。両端までノリをつけてしっかり接着すれば、はがれにくいといいます。

それでもダメなら、つけまつげを3等分にカット。短くするとカーブに沿いやすくなるので、密着度が高まってはがれにくくなるんですって。

【夏は「パウダー」が欠かせないんですねぇ】

個人的に目からウロコだったのは、「パウダーで挟む」というアイディア。アイラインだってパウダー状のアイシャドウで抑えればいいわけだし、そういや夏のテカり肌防止にもパウダーは欠かせないしで、もうパウダーには足を向けて寝られませ~ん!

今すぐ取り入れられる3つのアイディアは、知っておいて損はないはず。メイク崩れに悩まされていたというみなさんは、さっそくお試しあれ☆

参照元:プレスリリース、資生堂、YouTube[1][2][3]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【マジ!?】今どき女子メイクの三種の神器はファンデ、リップ、そしてカラコン…? カラコンってやっぱり必須アイテムなの?


皆さんはもし「あなたのメイクの三種の神器は?」って聞かれたら、何を選ぶ? 私はファンデ、アイライナー、リップかなぁ? でもアイブロウもチークも大切かも……。うーん、悩む~!

ある調査によると、今どき女子メイクの三種の神器は「ファンデーション」「リップ」「カラーコンタクトレンズ」と判明したのだとか。

ファンデーション、わかる。リップ、わかる。でも、その次に来るのはカラコンとは! なんとも今の時代らしい回答といえそうです。

【今どき女性メイクの三種の神器】

双葉貿易株式会社がSNSを利用している女性を対象に実施した調査によると、メイクアイテムの中でなくてはならないものを聞いたところ「ファンデーション」「リップ」「カラーコンタクト」に関しては半数以上の女性がなくてはならないと回答したのだそう。

たぶん10年前なら、トップ3には入らなかったであろうカラコン。どうしてここまでカラコン人気が台頭したんでしょうか?

【カラコン人気のヒミツは?】

カラコンの魅力といえば、まずその手軽さつけるだけでアイメイク同様の効果を得ることができるというのは大きいかも。

とくにSNS女子にとっては自撮りの写真映えは超重! 写真を撮ったときもカラコンがあると、大きな黒目になれるので、一度使えば手放せなくなりそうです。たしかにタレントさんのインスタやブログでも「すっぴん失礼します」と言いながらカラコンだけは死守してること、よくありますものね……。

【いっぽうでは「宇宙人みたい」の声も……】

とはいえ、「すっぴん以上にカラコンしてないほうが恥ずかしい」と言う女子がいるいっぽうで、「宇宙人みたいで怖い」「やりすぎは不自然」という声も。色やサイズをどうするかもカラコン選びでは大切かもしれません。

今どき女子のメイクアイテムとして欠かせない存在となったカラーコンタクトレンズ。読者の皆さん的にはどう? やっぱり三種の神器に入りますか?

参照元:プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

インスタグラマー海外勢の中で「カラー眉」がキテる! 髪色とうまくマッチングさせるのがポイントです

眉毛をギザギザにしたり、ウェーブさせたり、羽の形にしてみたり。「眉毛の形をあれこれ変えて楽しむ」メイクは、これまでもたびたび流行してきました。

ここ最近、SNSを中心にじわじわと流行りつつあるのは、あざやかで超カラフルな眉! インスタグラムやツイッターで「#brightbrows」や「#coloreyebrows」というハッシュタグで検索すると、色とりどりの眉メイクにトライしている女性たちがたくさんいるようです。

【髪色と合わせる? それともあえてハズす?】

「カラー眉メイク」を行っているみなさんの多くは、髪の色とのマッチングを楽しんでいる様子。
Instagram Photo

同じカラーにする人もいれば、あえて異なるカラーにしてコーディネートを楽しんでいる人もいるようで、その多種多様さに思わず見入ってしまいます。

Instagram Photo

【コレなら気軽にトライできそう~】

赤にピンク、緑にブルー。単色もあれば、部分ごとに色を変えた「ユニコーン眉」なんてメイクもあって、華やかさと美しさにうっとり。

髪の色を派手なカラーに変えるには勇気もいるし、仕事上むずかしいという人もいるでしょう。

でも眉だけならメイクひとつで変えることができるので、気軽にイメチェンをはかれるのではないでしょうか? たとえば「黒髪とカラー眉」という組み合わせは、めちゃくちゃクールに見えますよ♪
Instagram Photo

【パーティーは目立ってナンボ】

パーティーや集まりがグンと増えるこれからのシーズン。みんなをあっと驚かせるオシャレがしたい! というみなさんは、挑戦してみるといいかもしれません。クラブなどの夜遊び、音楽フェスなどにおいてもよく映えると思うので、誰よりも目立ちたいという方はぜひお試しあれ。

参照元:Instagram #brightbrows#coloreyebrowsTwitter @kremedelakittyTwitter @xandria_08
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【24時間マラソン】ブルゾンちえみのメイクが全く落ちていないと話題 / 本人「メイクも体重も落ちない、逆におそろしいんですけどー!」

2017年8月26日から27日にかけて日本テレビ系で放送された、『24時間テレビ 愛は地球を救う』。今年のマラソンランナーに選ばれたのはブルゾンちえみさん。番組スタート直後にランナーが発表されたにもかかわらず、堂々とした走りで見事、放送時間内のゴールを達成しました。

ブルゾンさんが元陸上部だったこと、いつもの “キャリアウーマン” 姿からは想像もつかないほどの激走を見せてくれたことなど、意外性はたっぷり。

日頃から人気とあって、多くの人がブルゾンさんの24時間マラソンに注目していたようですが、おもに女性の間で話題になっていたのは、あの独特なアイメイクが全く崩れていなかったところ。

外はかなり暑く、汗もたっぷりかいていたはずなのに……一体どんなメイク用品を使っていたのか、気になりすぎるのですが~!?

【「顔に汗をほとんどかかなかった」&「メイク対策もバッチリ」だったらしい】

8月28日に放送されたテレビ番組『スッキリ!』(日本テレビ系)では、マラソン企画のトレーナー、坂本雄次さんの「天候に恵まれたこともあり、顔に汗をほとんどかかなかったから」というコメントが紹介されました。

また日本テレビ系『PON!』では、マラソンランナー発表前に撮影されたブルゾンさんへのインタビューを放送。動画の中で「選ばれても大丈夫なように落ちないメイクをしてきています」と話していたので、肌のコンディションや対策ともに「抜かりなし!」だったことが伺えます。
Instagram Photo

【ツイッターがザワめく事態に】

それにしたって、これだけ落ちないというのはやっぱりスゴイ。ツイッターには、走りよりもメイクに注目する人が急増。「90キロ近く走って目のメイク落ちないってすごくない!」「どうやったらあんな耐久メイクになるの」といったつぶやきが殺到していました。

その中で、わたしが目を奪われたのは「24時間走って顔に汗滴らない人間いるわけないじゃん!? 下地とファンデと粉おしろいが汗吸ったんだよ!」というツイートでした。

参考にすべきは、アイメイクではなくベースメイクかもしれないというのです。なるほど、それは盲点だったわ……!!

【「ブルゾンメイク」はプチプラコスメでできている!?】

今回のマラソンで使用したコスメについて、ブルゾンさんのコメントはないようですが、2017年1月18日には自身のツイッターで次のような発言をしています。

「(メイク用品は)普通に市販の使ってますよー! シャドウはRIMMELとかで、アイライナーは目上はメイベリンのリキッドで、目下はビボアイフルのペンシルライナー。リップはBeautyBakerieですー!」

RIMMELにメイベリンって……ぜ~んぶプチプラコスメですねぇ! 親近感ハンパないっ。

わたしもメイベリンのアイライナーはよく利用しているのですが、ウォータープルーフのものはたしかに落ちにくいので、夏フェスやライブに遊びに行くときはかならず使用していました。あれね、ホント優秀なんですよ。

ブルゾンさんは、「メイクも体重も落ちない、、、逆におそろしいんですけどー!」とツイートしていて、メイクが落ちなかったことに本人も驚いているみたいです。

【涙ぐんでも崩れない】

ちなみに28日夜、日本テレビ系で『完全密着 24時間マラソンドキュメント』が放送されていたのですが、番組に出演していたブルゾンさんが、坂本トレーナーに手紙を読んで涙ぐむシーンも。

このときにもアイメイクはほぼ崩れていなかったので、ブルゾンメイク、どうやら汗だけでなく涙にも強いようです。最強すぎか……!!

参照元:Instagram @buruzon333Twitter @buruzon333Twitter検索「ブルゾンちえみ メイク」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【即買い】KATEの歴代人気色を集めた「12色アイシャドウパレット」発売! これ、女子なら絶対欲しくなるやつー!!


1999年の発売以来、プチプラコスメブランドの代表格として人気を博してきた「KATE」ですが、5月1日に「ケイト ベストアイシャドウセレクション」なるアイテムが発売となります!

なんとこちら、歴代人気アイシャドウ12色をセットしたアイシャドウパレットなんですっ! これまでの人気アイシャドウがズラリと並ぶ様は圧巻。これ、女性なら絶対欲しくなるやつでしょーっ!!

【歴代12色がズラリ!】

12色のアイシャドウにはそれぞれ「2007」や「2009」といった数字が。これは使われているアイシャドウが発売された年を表していて、たとえばいちばん左上にあるアイシャドウは2007年発売の「グラムトリックアイズ」からの1色となっています。

そのほかにも「グラディカルアイズ」(2003年)、「フラッシュクラッシュ」(1999年)、「リフレクトミラーアイズ」(2009年)などこれまでのケイトのアイシャドウが勢ぞろいしていて、「うんうん、あの年、このアイシャドウ使ってたよなぁ……」なーんて名前を聞いただけで懐かしくなっちゃう女子も多いはず!

【12色で自由自在なアイメイクを】

もちろん、このパレットを使う際はそれぞれのアイシャドウを組み合わせることが可能。12色のうち、ハイライト2色(まぶたを明るく整えるカラー)、ミディアム4色(まぶたに影を落とすカラー)、ダーク3色(ふんだんな輝きを与えるカラー)、グリッター3色(目元を引き締めるカラー)に分かれているので、気分やTPOに合わせて自由自在なアイメイクを楽しめます。

【気になるお値段は?】

12色も入ってるということでお値段が気になるところですが……価格は2500円! さすがKATEならではのプチプラ価格!! これはもう内容的にもお値段的にも見つけた即買い間違いナシではないでしょうか。

なお、5月1日発売となっているものの、Twitterなどを見るとすでに入手している人もいる模様。気になる方はドラッグストアなどで探してみてね。

参照元:KATE
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら