キャンプ初心者女が「ソロキャンプ」デビューしてみた / 完全手ぶらOKの最高なキャンプ場だけど自然は甘くなかったヨ…

キャンプは簡単そうに見えて、実はそうとう奥深くて大変…というのは前回の無印キャンプ場で学びました。

道具の使い方にしろ、火の起こし方にしろ、なにかと専門知識が必要。自然を相手にするキャンプは、やり方を間違えれば事故に繋がることもありえなくない。……だけど、私はキャンプがしたい!  なのに誰も一緒にキャンプをしてくれない!

毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。Pouchでは担当ライターが体を張ってぼっちの限界に挑み、ぼっちの可能性を広げるべく、世の中のさまざまな場所でぼっちでも楽しく過ごせるかどうかを誠心誠意、検証しています!

今回は、「ソロキャンプ」です。

私みたいなキャンプ初心者でも楽しめて、道具はレンタルできて、車が無くても行けて、女性ひとりでも大丈夫なキャンプ場は無いのかな……と調べてみたら、全てをクリアする場所を見つけたのです!

それは千葉県にあるCamping GREEN(キャンピンググリーン)です。

【超初心者向けキャンプ場だよ!】

ここは今年の6月にできたばかりの新しいキャンプ場。テントは常設、必要な道具もついていて手ぶらOK、駅からの送迎あり、虫の駆除もしている、屈強で優しい男性スタッフが常任している、などなど至れり尽くせり。初心者には大変ありがたい環境が整っているのです。

念のため、女性ひとりの宿泊は可能なのか聞いてみると「大丈夫ですよ! なにかあったら直ぐ駆けつけますから!」と心強い返答が。すぐさま公式サイトから予約を入れ、簡単な食料と雨具(この日は夕方から雨予報)と着替えだけを持って、キャンプ場に向かいました。

【充実しすぎ、快適すぎ…!】

最寄り駅から送迎車に乗せてもらい、10分ほどで到着です。そんなキャンプ場「キャンピンググリーン」、これがもう、か、か、可愛すぎるぅう!

設備やサービスもさることながら、テントの上にはフラッグガーランドや、オシャレな照明が飾られて、可愛いフクロウなどのオブジェも置かれています。この圧倒的リア充感で、たったひとりでキャンプするなんて……! ある意味孤独が加速しそうだなって思ったのもの、偶然この日の客は、私ひとりだけでした。

【マジで手ぶらで大丈夫だった…!】

こ私が宿泊したテントは、このキャンプ場でいちばん小さい「LADYBUG」。しかし小さいといっても、アイテムの充実っぷりは凄まじい! テントの中は、カラフルでかわいいじゅうたんがしかれており、マットレス、毛布、枕、扇風機、照明、さらには電源など。快適すぎてついつい、リラックスしちゃいます!

BBQする時も、とっても楽チン♪ 火も起こしてくれた状態で「BBQグリル」を持ってきてくれて、調理アイテム以外にオシャレな紙皿まで揃っています。私はお米を炊きたかったので、クーラーボックスとステンレス鍋セットのみ有料レンタルしました。

自然に囲まれて読書をしたり、お酒を飲んだり、肉を焼いたり、ぼーっとしたりと、ひとり贅沢な時間をゆ〜っくり過ごす心地よさ。夜はライトアップされて、とびきり可愛い空間に!

来てよかった、そしてこんな贅沢な時間を独り占め! ありがとぉおお大自然!!!

……と大興奮すぎて、雨に気がついていなかった私。後々ニュースになるほどの局地的な雷雨が、わたしのキャンプ地を襲いかかるのです。

【テントの中がビショ濡れに…!】

雨が降ったものの「雨も良きかな」と完全に調子に乗っていた私。屋外のパラソルの下で、雨が次第に強くなっていく様子を眺めていました。飲み物を取りにテントへ向かうと、入口が開いててテント内も荷物もビショビショに。雷の音にビックリして水の溜まったトレーをひっくり返してしまい、ズボンと靴もビショビショに。

とりあえず、持ってきたレジャーシートをテント内の濡れた床に広げて応急処置。どんなに手軽でも、自然は舐めたらダメだよね…とテント内で反省していると、外から突然男性の声が……!!

「雷と雨がヤバイんで、ちょっと早いけどお風呂に行きますよー!」

【スタッフさん達と近くのスーパー銭湯へ】

キャンピンググリーンは、近くのスーパー銭湯「みどりの湯」にも無料で送迎してくれます。今回は、雷雨が激しかったので、お願いした時間よりも早めに向かいました。

雨で濡れて冷え切った心も体も天然温泉に癒されて復活! 屋根って偉大!考えた人すごい! と謎の感動をして、また激しい雨にさらされるテントに戻りました。

【夜通し激しい雨だけど、全く怖く感じない】

雨がテントに当たると、屋根と違って雨音も激しく感じるうえに、布1枚だけに守られているんだ、という現実をありありと感じます。だけど、怖いと思うことはまるでないのです。

それは、キャンピンググリーンは夜通し照明がついているため、夜でも明るいから。そして人工的なモノがあることで「ひとの気配」が感じられて、安心できるから。さらに用意してあったマットレスや寝袋の寝心地がよく、気がついたら家にいるときよりも爆睡していました。

【雨上がりの早朝に感動する】

朝起きると、昨日の雨がウソのように晴れていました。濡れた木々や葉っぱが太陽に反射してキラキラと光り、さわやかで気持ちのいい世界。

自然の心地よさをぞんぶんに感じながら、炭火で焼いたパンとハムとスープを堪能。

ゆーっくりと癒されて、東京に帰りました。ズボンは乾かなかったからカッパ姿で帰宅したけどね!

【まとめ:超初心者がソロキャンプするなら最高にオススメ】

気になる料金ですが、ひとり利用でも2名分の料金が必要になるので、23,000円(ハイシーズン金額)。とはいえキャンプ道具も調理道具も細かくそろっているから、これらを買うこと、またはもって来ることを考えると納得のおねだんです。

こんなに至れり尽くせりで、困ったらなんでも相談に乗ってくれて、おまけに「キャンプ用品買うならコレがオススメ」とアドバイスもくれて、本当に楽しく過ごすことができました。キャンプ始めたい!という人にはぜひオススメです!

最後にわたしからのアドバイス。雨が降ったらテントは閉めておくといいよ!(編集注:当たり前や!)

取材協力:Camping GREEN(キャンピンググリーン)
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

続きはこちら

千鳥ノブも絶賛したBBQ芸人「たけだバーベキュー」のレシピ動画が簡単おいしそうで超参考になります

気がつけば、夏休みも後半戦。

しかしまだまだアウトドアシーズンは終わりませんし、少し涼しくなった秋にこそ、お外でわいわいご飯を食べたりお酒を楽しんだりしたくなりますよね。

アウトドアの定番といえば、キャンプやBBQ。いつものBBQに飽きてしまったというみなさんは、日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんのレシピ動画を参考にしてみるといいかもしれません。

【たけだバーベキューさんってどんな人?】

たけだバーベキューさんのBBQ歴は10年以上。BBQのことだけを綴ったブログがきっかけでレシピ本が出版されると、これを機にメディアへの露出が激増しました。

キャンプインストラクターの資格やお肉検定1級、スパイス&ハーブ検定2級も取得するなどかなりの本格派で、冬場には “ハンターたけだ” となるべく狩猟免許と銃砲所持許可を所持。なぜかカナダのアルバータ州政府からは「カナダアルバータ州BBQ大使」に任命されているという、いわゆる “ガチ” の方なんです。

【美味しそうなYouTubeにチェックイン☆】

必見なのは、たけだバーベキューさんの公式YouTubeチャンネル。

アルミホイルだけで作れる「アクアパッツァ」「スペアリブトマト煮込み」、スキレットで作る「アヒージョ」、さらには超簡単に作れるという「イタリアントマト焼きそば」など、家でも挑戦したくなる珠玉のメニューが豊富にそろっています。

【今すぐトライしてみたい簡単「アクアパッツァ」】

個人的に挑戦してみたいと思ったのは、白身魚とアサリ、プチトマトとアスパラガスを使った「アクアパッツァ」。カットする必要があるのはアスパラだけなので、アウトドアでも手間いらずなんです。

広げたアルミホイルの上に、塩コショウした白身魚やアサリなどすべての材料を置いていって、白ワインやにんにくチューブ、アンチョビチューブを混ぜ合わせて作った調味液を回しかけたら準備は完了。しっかり包んだら、後は火にかけるだけ

たったこれだけの作業で、今すぐかぶりつきたくなるほど美味しそうな「アクアパッツァ」が完成するんですよ~!

【味は千鳥ノブさんのお墨付きです】

そのほかにも、東北人のソウルフード・芋煮をカレーうどんにアレンジしたレシピや、缶詰の焼き鳥で作る「焼き鳥缶のオニオンチーズ」など、美味しそうなメニューがいっぱい。

ちなみに、たけだバーベキューさんの料理の腕前については、千鳥のノブさんも太鼓判を押すほど。

Instagram Photo

「#この夏何回も会いたい #全部唸るくらい美味い #技術の塊」といった具合にインスタグラムで大絶賛しているので、きっと味は間違いないんじゃないかと思いますよぉ!

参照元:たけだバーベキューオフィシャルウェブサイトYouTubeInstagram @noboomanzaishi
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【これはすごい】大親友のワンコとニャンコ、家族といっしょに大冒険!! 迫力ある大自然と家族の絆を写し続けるインスタグラムが話題


ワンコのかたわらで、のんびりと寝そべるニャンコ。雪の残る山々を前にしたテントの中でも、雪の降り積もった山道の上でも、まるで自宅のように仲良くくつろいで過ごしています。

ワンコのヘンリー(Henry)とニャンコのバルー(Baloo)は、どこへ行くにも、どんなときにもいっしょの大大大親友。そんな2匹を連れて、大自然に抱かれるキャンプやハイキングなどのアウトドアを楽しんでいるのは、コロラド在住のシンシア(Cynthia)さんとアンドレ(Andre)さんです。

そんな一家の大冒険の毎日を、少しのぞいてみましょう。

【いつも一緒の2匹】

2匹と2人が大自然の中でアウトドア生活を満喫する様子が見られるのは、ヘンリーとバルーのインスタアカウント(@henrythecoloradodog)。フォロワー数は、なんと76万人以上!

Instagram Photo

バックパックを背負ってのハイキングや湖でのカヌーイングなど、アウトドアのアクティビティをこよなく愛するシンシアさん&アンドレさんの2人は、大切な家族であるヘンリー&バルーをいつも一緒に連れて行きます。

ワンコはともかく、ニャンコをアウトドアに連れて行くとなると、体力的な面など少し心配になりますが……大丈夫。小さなバルーが疲れたら、ヘンリーが背中にのせて歩くのです。

枯れた平原でも、乾いた砂漠でも、雪の残る山道でも、2匹が一緒にいればどこにだって行けちゃう!

Instagram Photo
Instagram Photo

ヘンリーの頭の上で、すっかりくつろいでるバルーが可愛いよ〜っ♡

【Henryと2人の出会い】

ヘンリーは、生後3ヶ月の頃に保護施設からシンシアさんとアンドレさんに引き取られました。出会ってすぐに、ひざの上に乗ってくるほど人懐こかったヘンリー。2人と1匹は、さっそく一緒にハイキングへと出かけます。

Instagram Photo

はじめての山道にもかかわらず、険しい岩山の上にも怖がらずに飛び乗って景色を楽しむヘンリー。その姿を見て、2人は「この子はずっと私たちが待ち望んでいた子だ」と、確信したのだそう。

以来、どこへ行くにもヘンリーは2人と一緒。出かけるたびに、アウトドアをどんどん好きになっていったそうです。

【子猫のBalooとご対面】

その後、ヘンリーにも友だちが必要だと考えたシンシアさんとアンドレさん。猫を家族に迎えようと決め、3ヶ月かけて探した末に出会ったのがバルーでした。

バルーとヘンリーの仲がうまくいくかどうかと、最初は心配もあったそうですが、2匹はあっという間に仲良くなりました。ヘンリーを散歩に連れて行くときは、バルーが自分も連れて行ってくれと鳴くほどなんですって。

Instagram Photo

ほどなくしてハイキングデビューしたバルー。道中、はじめて一緒に出かけるバルーの様子を、ヘンリーはずっと気にかけながら歩いていたんだそう。そのおかげか、バルーは驚くほどすんなりと冒険ファミリーの一員になったのでした。

ぴったり寄り添う2匹の写真を見ていると、絆の強さを感じますよね。

【これからも、ずっと一緒に】

この子たちと、ずっと一緒に冒険するのが私の夢」というシンシアさん。

Instagram Photo

もちろん、ワンコやニャンコの寿命は人間に比べるとうんと短いです。だからこそ、できるだけ長い時間を一緒に過ごしたい――アウトドアを楽しむ2匹と2人の姿は、ペットと人間の関係として、理想のうちのひとつかもしれません。

これからもたくさん冒険して、その風景や思い出を私たちに見せてほしいです!

参照元: Instagram @henrythecoloradodog, Our Wild Trails
執筆=森本マリ (c)Pouch

続きはこちら

「はらぺこあおむし」の本格的なアウトドアグッズがロゴスから登場! ワンタッチのサンシェードや保冷機能付きランチパックなど

夏はアウトドアの季節☆ 山に海にBBQにと、休日のたびにあちこちお出かけしているという人も少なくないかもしれません。

そういったアウトドアシーンにぴったりなのが、アウトドアブランドの「LOGOS(ロゴス)」が展開しているはらぺこあおむし』シリーズ

派手すぎず地味すぎない絶妙なデザインなので、うまく自然に溶け込むことは確実。子供はもちろん、大人のハートにもグッと刺さるアイテムばかりがそろっているんです。

【大人気絵本をフィーチャー】

『はらぺこあおむし』は、アメリカの絵本作家エリック・カールが1969年に出版した絵本。世界各国で累計1億2800万冊販売されている大人気絵本なので、きっとみなさんもご存知のことと思います。

お話自体も魅力的ですが、素朴なタッチの色鮮やかな絵も、多くの人を惹きつけて止まない要素。そんな『はらぺこあおむし』のオリジナルテキスタイルを使用しているというアウトドアグッズは言うまでもなくすこぶる可愛くって、ぜ~んぶ集めたくなること必至なんです。

【新商品3つをご紹介】

チェアにテーブル、防水シート、海などで日よけとして使えるポップアップサンシェード。

アウトドアブランドらしいツボを押さえたラインナップのなかに今回新たに加わったのは、「トートバッグ」(2900円)、「ランチバッグ」(2300円)、サンシェード「はらぺこあおむし Q-TOP フルシェード」(1万5500円 / すべて税別)の3商品です。

【トートバッグはタウンユースにも◎】

開口部が広くて使いやすいというトートバッグは、アウトドアシーンだけでなく、日常的にも使えるアイテム。

ジッパー付きで耐久性に優れた厚めの生地を使っているなど機能性もバッチリなので、子育て中のみなさんなら “マザーズバッグ” として使用するのもいいかもしれません。

【飲みものやお弁当を冷たく保ってくれるランチバッグ】

長時間保冷力を保つ断熱材を採用したソフトクーラーバッグも。中には保冷剤を入れるポケットまで付いているので至れり尽くせり、夏から秋にかけて大活躍してくれそうです。

【簡単組み立てのフルシェード】

最後にご紹介する「フルシェード」は、ワンタッチで設営と撤収ができる日よけ用のテント。ロゴス独自の “Q-TOPシステム” を取り入れているため、約30秒で組み立てることができるといいます。

入り口を全て閉めることができる “フルクローズタイプ” なので、着替えをしたいときなどにとっても便利なんです。持ち運びに便利な収納バッグも付いてくるのですが、これがまためちゃくちゃ可愛いのでぜひご注目を。

アウトドアブランドが取り扱っている品だから、機能性もバッチリ。『はらぺこあおむし』を愛してやまない人は、一目見たらきっと、恋に落ちてしまうこと必至ですよ~♡

参照元:プレスリリースLOGOS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

部屋でシャンプーできる!? 資生堂「ツバキ」から水のいらないシャンプーが登場するよ


今日1日頑張った身体の汚れと疲れ。毎日きちんとお風呂でリセットしてベッドに入りたい…けど、そうもいかない日ってありますよね。

どうしてもお風呂に入る体力が残ってないほど疲れてしまった時、外出先やジム帰りに髪の「べたつき」や「ニオイ」が気になる時。

そんな多忙な毎日を過ごす女子にとって重宝しそうなのが、水要らず&乾かし要らずで、簡単にどこでもシャンプーができる「お部屋でシャンプー」。資生堂のヘアケアブランド「TSUBAKI」から8月上旬より発売されます。

【水もドライヤーも要らないの?】

「水もドライヤーも要らずにシャンプーってできてしまうものなの?」と気になった方も多いのでは。「お部屋でシャンプー」の秘密は、美容ジェルと皮脂吸着パウダーの成分。


簡単に説明すると、美容成分と皮脂吸着成分を含んだジェルを塗布すると、ジェル構造が崩れ、まるで水のようにパシャっと液状に変化しみずみずしく広がります。


余分な水分はすぐに揮発して、皮脂吸着パウダーが頭皮や毛穴に留まっている皮脂を吸収してくれるので、ドライヤー要らずでさらさらな感触と毛の根もともふんわり感が復活するんですって。

【「お風呂めんどい」のはあなただけじゃない】

資生堂の調査によると、ヘアケアのアンケートに答えた女性の60%以上が「お風呂・洗髪が面倒」と感じている一方で、75%の女性が「お風呂やシャワーの時間以外で“髪を洗いたい、スッキリさせたい”と思うことがある」と回答したんだそう。

「お風呂めんどいけど、頭スッキリさせたい」というのは意外と多くの女子が思っていたみたいです。髪が長いとドライヤーも一苦労だもんね……。

【1本持っておくと安心かも】

もちろん病気や入院中で動けない時や、災害時断水時など、水が使えない状況の際にも重宝しそうです。

「お部屋でシャンプー」は8月上旬からAmazon、LOHACO、楽天(ケンコーコム、爽快ドラッグ)などのECサイトでの先行販売がスタートします。

参照元:資生堂
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

「無印良品キャンプ場」がとにかく画期的! 無印良品のお店、超充実のレンタルセット、大自然の絶景など、初心者でも100%楽しめる場所なのです

みんな大好き無印良品。美味しいレトルトカレーから生活に便利な家具に化粧品など、ふだんとってもお世話になっております!

さてさてその無印良品が、キャンプ場を運営しているって知っていましたか?

無印良品キャンプ場では、無印良品のお店があったり、超充実したキャンプ用品がレンタルできたり、長期休みはイベントが開催されたりと、手ぶらでも楽しめる環境が整っているのです♪

そこでキャンプ超初心者の私が友人といっしょに思い切ってキャンプデビューしてみましたぞ!

【日本で3箇所だけ!】

無印良品キャンプ場があるのは、新潟県の津南、岐阜県の南乗鞍、群馬県の嬬恋の3カ所です。

東京からいちばん近いのは、群馬県の嬬恋!……なのですが、クマの目撃情報(2018年6月21日時点)があり、一部エリア閉鎖中。なので今回は新潟県の津南キャンプ場へ行くことにしました。

利用には、MUJI.netメンバーへの会員登録と事前予約が必要です。キャンプ専用サイトから泊まりたいエリアとレンタル用品の予約をして当日現地に向かいます。

【レンタルセットが初心者に優しすぎる…】

新幹線とレンタカーで片道3時間をかけて、無事到着。受付(センターハウス)にいくと、キャンプ場の利用案内、地図、テント設営方法とレンタル用品を渡されました。

今回はベーシックセット(※1セット4名用)をチョイス!  中には、スノーピーク社のテント、タープ、テーブル、キッチンセット、ランタン、シュラフ(※寝袋)、アイスボックス、食器、まな板、包丁など……とにかく充実してる!

【無印商品の品ぞろえぶりは最低限!】

ガスや調味料など足りないアイテムは、キャンプ場内にあるセンターハウスで購入可能。ここには無印の商品の他に地元の名産品やキャンプ用品なども取り扱っています。

さて、無印商品はどれくらいあるのかというと……あるっちゃある! んが、種類的にはそんなに多くないです。

無印のカレー数種類、麺類、マシュマロ、ドリンク、そして着替え系やエチケット系など最低限あるのみでした。

【自然豊かなキャンプエリアに感動】

テントエリアはひとつひとつがとにかく広ーーい! おまけに隣のグループが見えないように、大きな草木が壁となってプライバシーを守っているの環境にも驚きました。

そして最も感動したのが景色! 私が選んだC45は、目の前に津南の絶景が広がり、凄まじい開放感なのです。あぁ〜ー気持ちがいいよーー!

【んが!キャンプはそんなに甘くなかった…】

シャワーはあるし、トイレはキレイだし、ゴミ捨て場もあるし、とにかく充実している無印良品のキャンプ場。しかし、キャンプはそんなに甘くなかった。

・山の天気がヤバかった

慣れないテント設営に必死になっていると、晴れていた空から「ゴロゴロ…」という不穏な音が。その瞬間、雷の鳴る豪雨に襲われ大混乱。慌てて車に避難したものの、キャンプ道具はびしょ濡れに……。今回のキャンプ中、晴れ・曇り・雨・雷・虹・猛暑・極寒を体験し大自然が身にしみました。

・キャンプグルメ、調子乗って失敗

「食事はレトルトじゃつまらん」と調子に乗ったのが地獄の始まり。えさ釣りでゲットした魚でパエリア、来る途中のスーパーでゲットした津南ポークで燻製、地元野菜と無印商品でスープ、無印のカレーでタンドリーチキン♪とかやっていたら、家と勝手が違って大混乱。ガスコンロを借りたものの風で火が消えたりと、いつもより時間がかかります……。

19時くらいから調理を始めたのに気がつけば深夜0時手前。キャンプ料理がこんなに大変だったなんて知らなかったヨ。シャワーに入る気力すらなく、素直に無印のレトルトカレーとごはんを食べときゃよかったと後悔しました。

・とにかく虫、虫、虫

ブヨ、蚊、ハエ、アブ、ハチ、謎の虫など、とにかく終始虫祭り。蚊取り線香も、虫除けスプレーも効果を感じず、超刺されまくります。おまけにテント内に侵入した蚊と慣れない寝袋のおかげで朝まで眠れませんでした。

【でも…無印のキャンプ場でヨカッタ】

人生初のキャンプ、正直に言って超大変だった。だけど「また行きたい!」と思っちゃう魅力がいっぱいだったのも事実。

雨が上がると綺麗な虹が伸び、夜空を見上げると、プラネタリウムみたいに満点な星空、満月が明るすぎて月の光で影ができる夜道と、景色は最高。時間はかかったけど、外で食べる食事の美味しさは格別だし、テント設営も意外と楽しいのです!

沢山の失敗に落ち込むのではなく、「次はこうしよう!」と再挑戦したくなるのは、無印が初心者に優しいキャンプを提供してくれたから。

「キャンプってのはな、そうじゃないんだよ! だから初心者はダメなんだ!」と厳しい目線一切なく、「キャンプ始めてなの? ゆっくりでいいから楽しんでいってね♪」というマリアのような優しさがココにはあるのです。

【気になるお値段は…!】

津南のオートキャンプエリアは大人(中学生以上)ひとり2160円。小学生は1080円。未就学は0円。そして私がレンタルしたベーシックセット(スノーピーク※1セット4名用)は15,120円です。

手ぶらでフラ〜と行ってもなんとか楽しめる無印良品キャンプ場。個人的には虫対策寝床対策を考えてぜひリベンジしたいと思っています!(誰か教えてください)

参考リンク:無印良品キャンプ場
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

続きはこちら

着るだけで虫よけできるってマジ!? 現役アスリートが作った “虫よけスポーツシャツ” が気になります

関東甲信越が、2018年6月29日にまさかの梅雨明け。日本気象協会のウェブサイトによれば、関東甲信越が6月中に梅雨明けするのは初めて(!)とのことで、平年より22日早く、昨年より7日早かったようです。

いよいよ夏本番を迎えるわけなのですが、ユウウツなのはアウトドアでの “虫刺され” 。どれだけ気をつけていても刺されてしまうから、楽しい気分も半減しちゃうんですよね……。

しかしみなさん、なんとこのたび “着るだけで虫よけ” してくれるスポーツシャツが発売されたようなんですよ。着るだけで虫刺されから守ってくれるって……それホンマかいな!?

【虫が嫌う天然成分が施されているそう】

一般社団法人アジア美容矯正協会がクラウドファンディングサイト「Makuake」で “原価” で販売しているのは、虫が苦手な現役アスリートが自分のために作った男女兼用スポーツシャツ「SKINFEEL(スキンフィール)」

素材には「熱帯地域の虫よけ」および「マラリア対策」として米国陸軍・海兵隊のユニフォームに採用されているという、虫よけ加工を施した高機能繊維を使用

なんでも、虫が嫌うキク科の植物に含まれる天然成分を、人工的に再現して生地に施しているそうなのですが、衣料品の風合いを変えることもないうえ、無色無臭だといいます。

【効果を発揮するのは蚊やハエなど小さな害虫】

効果を発揮するのは、蚊・アリ・ハエ・シラミ・ノミ・ダニ・バッタといった不快害虫。一方でハチやゴキブリなど大きな虫には効果を発揮しないそうなので、注意が必要です。

【虫よけ以外にも「嬉しい工夫」があるよ】

そして「スキンフィール」のいいところは、虫よけだけでなく、スポーツするのにも適している点。

自宅の洗濯機で普通に洗えるほか、速乾性があるから短時間でも乾きやすく、暑い日でもひんやり涼しく着られる。UV対策防臭加工もある……といった特長もあるようで、さすがアスリートが作っただけのことはあります~! ちなみに、虫よけ効果は70回ほど洗濯しても持続するそう。

【虫嫌いならトライしてみてもいいかも】

効果がどれくらいあるのかは着てみないことにはわかりませんが、価格は税込み3500円と比較的プチプラ。2枚セットで6600円というお得なコースもあるので、試してみる価値はあるかも?

「虫は苦手だけど、スポーツやアウトドアを思いっきり楽しみたい」という人にこそぜひ着てほしいという、「スキンフィール」。

サイズはS・M・L・XLの4種類。カラーは5種類がラインナップされておりますので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースMakuake日本気象協会
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【コレ便利】キャンプやフェスで手軽に洗濯できる! 衣類・水・洗剤を入れて上下左右に振るだけの「洗濯袋」が超優秀です

これからいよいよ夏本番。

夏といえばアウトドア、特にキャンプが楽しい季節ですが、唯一の難点は “汚れものを洗濯できないこと” ……。せめて毎日取り換える下着や靴下くらいはこまめに洗っておきたいし、そのほうが帰宅後もラクチンです。

キャンプで連泊するときに役立ちそうなのが、アウトドアブランド「LOGOS(ロゴス)」から今年発売された、「LOGOS シェイク洗濯袋」というアイテム。読んで字のごとく “洗濯できる袋” で、シェイクするだけで洗濯ができるそうなんですよ。

【振って、すすいで、丸めたら完了!】

洗濯の仕方は、人力ですがとっても簡単。

衣類と水と洗剤を袋へ入れたら、口を閉じ、両端をしっかりと持って上下左右に振るだけ。

袋の先端にあるバルブを緩めると水を抜くことができるので、数回すすいだら、あとは袋を丸めて脱水すれば作業完了~! 洗濯機よりは手間がかかるけど、なかなかいいでしょう?

【旅行や出張にも◎】

袋は丸めたり畳んだりするとカバンに収納できるほどコンパクトになるため、アウトドアシーンだけでなく、旅行先や出張先でも重宝しそう。

柔軟性に優れ、衝撃に強く傷がつきにくい素材を使用したことで、丈夫で長持ち

洗濯だけでなく衣類用の圧縮袋として使えるほか、防水性の高さから濡れた衣類を運搬するときにも役立つというのだから、キャンパーでなくとも持っておいて損はなさそうです。

ただし、キャンプ場によっては使える洗剤の種類が限られているので、そこだけ気をつけてくださいね。

【さすがアウトドアブランドやで】

アウトドアブランドが手がけただけに、とにかく機能性に優れているところが「LOGOS シェイク洗濯袋」最大の魅力! これからますます本格化するフェスシーズンの相棒としても、打ってつけなのではないでしょうか。

価格も税別3600円と、お財布に優しいので安心です。夏だけでなく春夏秋冬使えると思うので、アクティブなみなさんはぜひゲットを☆

参照元:プレスリリースLOGOS
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【これ便利】超小型エアポンプは空気を出すのも吸うのも大得意! 浮き輪を膨らます&衣類の圧縮パックもあっという間です

夏は海にプールにと、水遊びが楽しい季節です。

水遊びに欠かせないアイテムといえば浮き輪やアウトドア用のエアーベッドですが、膨らませるのはもちろん、空気を抜くのもなかなかの手間……。女子だけで遊びに行った日にゃあ、その作業だけで疲れきってしまうことも珍しくありません。

そんなときに便利なのが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場中のアウトドア用小型エアポンプ「マックス・パンプ・プラス(Max Pump Plus / 以下:MPP)」

【ちっちゃな手のひらサイズが◎】

空気を入れるのも抜くのもわずか10秒でやってくれるという優れもので、嬉しいのはカバンに入れても全く邪魔にならないサイズ感!

長方形のポンプは手のひらに収まるくらいの大きさなので、ポケットに入れることもできて持ち運びも楽々なんですよ~♪

缶ジュースより小さいMPPの重さは、たったの160g。充電式でコードもないので、かさばる心配もゼロ。これ1台あれば海でのレジャーはもちろん、自宅で子供用のプールを作るときやバランスボールを膨らませたいときなんかにも大活躍してくれそうです。

【衣類などを圧縮したいとき&隙間掃除にも大活躍!】

そして活躍の場は、 “なにかを膨らませたいとき” だけにあらず

出張や旅行の際、衣類を圧縮パックに詰めてMPPで空気を抜けば、あっという間にぺっちゃんこ! もちろん衣類だけでなく、布団を圧縮したいときにも使えますよ~。

さらにこちら、PCキーボードや網戸など、隙間の掃除するときにもエアダスターとしても重宝するんです。勢いよく飛び出してくる風の力で、手の届かなかったホコリまで一掃してくれるとか、どんだけコスパがいいんですか~~~!

【ちょ…高機能すぎません!?】

MPPは防水機能付き。なおかつ耐摩耗性と耐圧性、耐久性とマイナス30度の環境下にも耐えられる外殻を備えているので、アウトドアに持っていっても安心。

100%充電しておけば、「約50個の浮き輪の空気入れ」もしくは「10個のエアベッドと20個の収納袋の空気を抜く」ことができるというパワフルさも、最高でしかありませんっ。

申し込んだ時点で売買契約が成立する支援コースは、税込み2800円からとなっています。この夏の良き相棒として、さっそく申し込んでみてはいかがでしょうか♪

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【これ便利】超小型エアポンプは空気を出すのも吸うのも大得意! 浮き輪を膨らます&衣類の圧縮パックもあっという間です

夏は海にプールにと、水遊びが楽しい季節です。

水遊びに欠かせないアイテムといえば浮き輪やアウトドア用のエアーベッドですが、膨らませるのはもちろん、空気を抜くのもなかなかの手間……。女子だけで遊びに行った日にゃあ、その作業だけで疲れきってしまうことも珍しくありません。

そんなときに便利なのが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場中のアウトドア用小型エアポンプ「マックス・パンプ・プラス(Max Pump Plus / 以下:MPP)」

【ちっちゃな手のひらサイズが◎】

空気を入れるのも抜くのもわずか10秒でやってくれるという優れもので、嬉しいのはカバンに入れても全く邪魔にならないサイズ感!

長方形のポンプは手のひらに収まるくらいの大きさなので、ポケットに入れることもできて持ち運びも楽々なんですよ~♪

缶ジュースより小さいMPPの重さは、たったの160g。充電式でコードもないので、かさばる心配もゼロ。これ1台あれば海でのレジャーはもちろん、自宅で子供用のプールを作るときやバランスボールを膨らませたいときなんかにも大活躍してくれそうです。

【衣類などを圧縮したいとき&隙間掃除にも大活躍!】

そして活躍の場は、 “なにかを膨らませたいとき” だけにあらず

出張や旅行の際、衣類を圧縮パックに詰めてMPPで空気を抜けば、あっという間にぺっちゃんこ! もちろん衣類だけでなく、布団を圧縮したいときにも使えますよ~。

さらにこちら、PCキーボードや網戸など、隙間の掃除するときにもエアダスターとしても重宝するんです。勢いよく飛び出してくる風の力で、手の届かなかったホコリまで一掃してくれるとか、どんだけコスパがいいんですか~~~!

【ちょ…高機能すぎません!?】

MPPは防水機能付き。なおかつ耐摩耗性と耐圧性、耐久性とマイナス30度の環境下にも耐えられる外殻を備えているので、アウトドアに持っていっても安心。

100%充電しておけば、「約50個の浮き輪の空気入れ」もしくは「10個のエアベッドと20個の収納袋の空気を抜く」ことができるというパワフルさも、最高でしかありませんっ。

申し込んだ時点で売買契約が成立する支援コースは、税込み2800円からとなっています。この夏の良き相棒として、さっそく申し込んでみてはいかがでしょうか♪

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら