【本日放送】マツコ・デラックスが “イタリアのマツコ” と夢の初対面 / 『アウト×デラックス』出演のために来日したんだって

Pouch で以前紹介した “イタリアのマツコ” ことプラティネット(Platinette)さんが、とうとうマツコ・デラックスさんとのご対面を果たしちゃったようなんです。

プラティネットさんは自身のツイッターやフェイスブックで来日した旨を伝えていて、2017年6月30日には「アウト×デラックス」と書かれた紙とともに撮影した写真を投稿しています。

そうなんです。実はプラティネットさんは、マツコさんが司会を務めるフジテレビ系番組『アウト×デラックス』に出演するために、日本にやってきたようなんですよ。フジテレビさんグッジョブ!

【注:放送時間がいつもより遅めです】

番組公式サイトによると、2人が対面する様子が放送されるのは7月13日(木)。こちらの番組、通常の放送時間は夜11時からですが、この日は11時15分スタートのようなのでお間違えのないようにねっ。

【プラ「わたしたちは生き別れの姉妹」】

また、番組収録の模様を報じた「スポーツ報知」によると、マツコさんはプラティネットさんを日本食などでおもてなし。親交を深めていき、最終的には「プラちゃん」と呼ぶようになっていたとのこと。

一方のプラティネットさんも、「(マツコさんとは)姉妹じゃないかと思っている。生まれた時に離ればなれになった姉妹です」「自分はマツコの10分前に生まれた」と話していたのだそうで、いやいやどんだけ運命感じてるんですか! 2人のやりとりの全貌が、非常に気になるところです。

【マツコさんそっくりの蝋人形とも対面】

ちなみにプラティネットさん、フジテレビの収録ついでにお台場の蝋人形館「マダムタッソー東京」にも遊びに行っていた模様。 “蝋人形マツコ” とも対面を果たし、 “マツコ尽くし” の来日は幕を閉じたようです。

プラティネットさんが日本を楽しんでいただけたようでなにより♪ またぜひぜひ、遊びにきてくださいね~。そして今夜の放送、心の底から楽しみにしております!

参照元:フジテレビFacebookTwitter @mauroplatiスポーツ報知
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

スガシカオさんがアウトデラックスで明かした「#かけすぎ部」の活動がヤバイ! 粉チーズに紅しょうが、七味…明らかにかけすぎ

1月12日に放送されたフジテレビ系『アウト×デラックス』。パスタには粉チーズ、牛丼には紅しょうがなどかけすぎないと気が済まないという歌手・スガシカオさんのアウトっぷりに、戦慄した方も多かったのではないでしょうか?

私も「粉チーズを食べるためにパスタを食べる」とか「パスタは粉チーズのトッピング」とかいう名言(迷言)の連続にちょっとした狂気を感じとった次第です。

そこでスガシカオさんがSNS上で展開しているという「#かけすぎ部」を検索してみると……うわあぁぁっ!! 山盛りというレベルを超越した“かけすぎてる画像”が出るわ出るわ……。皆さん的にはこれはアリ、それともアウト?

【どんなものを“かけすぎてる”の?】

ツイッター上で「#かけすぎ部」と検索してみるとわんさか出てくるのが、いろいろな料理の上にかけすぎてる画像。

たとえばラーメンにネギをかけすぎる、牛丼やうどんに七味をかけすぎる、カレーに福神漬けをかけすぎる、タイ料理にパクチーをかけすぎる、などなど……。どれも料理の上にトッピングをかけすぎてもとの料理が何なのかわからないほど! こ、これが「#かけすぎ部」なのか……!!

【ツイッターユーザーの反応は?】

ツイッターでは、スガシカオさんの番組出演時の様子に「すげー嬉しそうな顔してるけどその気持ちすげーわかるwww」「アウトデラックス見てスガシカオのこと普通から大好きになった」といった声が。

また、「#かけすぎ部」に対しては「テレビでやってた。かけすぎるのわかるわ! わかる人手あげて?」「私も、吉牛には七味かけないと美味しいと思えなくなっちゃって」「居場所見つけたかも」といったコメントが見られました。

中にはかけすぎ画像を投稿し、スガさんに「かけすぎ部、入部できますでしょうか?」「合格しますか……?」なんて質問をする人も。しかもスガさんが、「合」とか「合 #おれは無理」なんて返しているのからスゴい!!

ちなみに、スガシカオさんの公式ブログにも「#かけすぎ部」に関する投稿が。2014年の時点で「発足5年の全国的な組織」と書いていたので、実は歴史が古いのかも……?

【「#かけすぎ部」に入部してみる?】

私も最初は「かけすぎでしょ!」なんてツッコミを入れていましたが、画像を見ているうちにだんだんと「やってみたいかも……」なんて思えてきたのも事実。これだけ「#かけすぎ部」部員が多いことを考えても、「かけすぎ」には人の心をヤミツキにさせる何かが潜んでいるのかも。

まずは皆さんもツイッターの「#かけすぎ部」画像を見て、自分のかけすぎ願望がどこまであるか試してみてはいかが?

参照元:Twitter@shikaosugaスガシカオ オフィシャルブログ
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら