映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を4DXと2Dで見比べてみた! 4DXなら恐竜の足音や追いかけられる臨場感を体験できます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは絶賛公開中の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年7月13日公開)です。公開4日間で、動員145万3,273人、興収21億677万円。前作は公開7日目で達成した20億円突破を、この連休で突破するという快挙を成し遂げ、まさに恐竜の如く他者を寄せ付けない圧倒的強さを見せつけました!!!

そんな話題の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。今回は2Dと4DXの両方で鑑賞して見比べてきました! どれくらいの差があるのでしょうか? ではまず物語から。

【物語】

人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は恐竜たちの暴走により閉園しましたが、恐竜たちは島で生き続けていました。しかし、その島の休火山が活動を始め、このままでは噴火し、島は燃え、恐竜は絶滅してしまうという危機に……!

パークの元運営責任者のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、ロックウッド財団から、恐竜たちを救い出し、他の島の保護区に移してほしいという依頼を受け、元彼で恐竜の飼育係オーウェン(クリス・プラット)と共に島へ向かいます。オーウェンは、かつて自身が育てたヴィロキラプトルのブルーと再会を果たしますが、そのとき想像もしないことが起こるのです。

【4DXは恐竜の足音を感じる!】

4DXが最も本領発揮したのは、主人公たちが恐竜の島へ渡ったときから。シトシト降る雨のシーンでは顔にミストがシュッとかかりますし、暗がりで登場人物にライトがあたると、観客席も一瞬ピカっと閃光します。恐竜がドスドスと近づいてくるときの振動は、そのまま体感できるので恐怖度がアップ。また恐竜と人間が逃げまどうシーンでは、椅子ごと左右に振られるので「誰か止めて~!」と叫びたくなりました。

とにかく4DXは、観客をめっちゃ振り回すので、アトラクション感覚で楽しめると思います。ただ、あまりに振り回されるので「次はいつ揺れる?」と身構えてしまい、物語に没頭できないと感じる瞬間もありました。酔いやすい人&物語を楽しみたい人は、2Dで見る方がいいかもしれませんね。2Dでも恐竜の迫力は十分に味わえます!

【可哀想で切なくて涙が出ました】

映像は進化し、恐竜たちの暴れっぷりも迫力が増し、パワーアップが止まらないこのシリーズですが、正直、第1作目の『ジュラシック・パーク』から、物語の方向性は変わりません。バイオテクノロジーによって誕生した恐竜たちを人間がコントロールできなくなり、パニックが起こるという人間VS恐竜の物語を貫いています。

本作が他の『ジュラシック~』シリーズと違うのは、泣けることです。人間たちに翻弄された恐竜たちに、おもわず感情移入してしまうようなストーリーになっているのです。

とくに泣けるのが、火山が噴火し溶岩が襲う島で、ブラキオサウルスが1頭だけ残されてしまうシーン。人間と数頭の恐竜は船に乗って逃げ切ったものの、ブラキオサウルスだけは、船に向かって叫び続けます。だけど、助けることができない。そんな悲しい最後を映画では丁寧に丁寧に描いています。

【この物語には続きがあるかも…? ラストに注目!】

ラストでは、恐るべき真実が明らかになったり、続編に繋がるかもしれないシーンがあったり、とにかく怒涛の連続のエンディングになっています。個人的には、続編があったら、かなり恐ろしい展開になりそうな気配を感じました。もしかしたら人類の危機に直面するかも……!?

とはいえ、テーマパークのアトラクション気分でキャーキャー楽しめる映画なので、お友だちとぜひ! 4DXで見る方は、ガンガン振り回されるので、満腹状態で映画鑑賞をすると気持ち悪くなる可能性がありますから、気を付けてくださいね!

執筆=斎藤香 (c)Pouch

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
(2018年7月13日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:J・A・バヨナ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェフ・ゴールドブラム、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、レイフ・スポールほか
© Universal Pictures

続きはこちら

超話題作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は最初から大ピンチ!? 度肝抜かれるアクションシーンと壮大な物語は初心者の方にもみて欲しい作品です【本音レビュー】

【最新公開シネマ批評】

映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはGWの超話題作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日公開)です。

本作は、前作までの『アベンジャーズ』よりもヒーローが増えており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ブラックパンサー』、『ドクター・ストレンジ』の面々も登場。正直「こんなに増えちゃってどうまとめるんだろう」と見る前はちょっと不安でした。全員「俺が! 俺が!」の自分オシのヒーローばかりですから。

でも映画を見たら、そんな不安は吹っ飛びました。もうファーストシーンから凄すぎて呆気にとられてしまったのです!

【物語】

6つ全てを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を持つと言われる“インフィニティ・ストーン”。これをを狙っているのが、アベンジャーズにとって最強の敵と言われるサノス(ジョシュ・ブローリン)。サノスが石をすべて手に入れたら、人類は滅ぼされ、支配されてしまうのです。

アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ハルク(マーク・ラファロ)など、アベンジャーズの面々は「打倒サノス!」と、全員であの手この手でサノスに闘いを挑みます。しかし、サノスは想像以上に強く、ストーンをめぐる闘いで苦戦を強いられるのです……。

【最初から最後までトップスピードで走り抜けた傑作!】

とにかくファーストシーンからアベンジャーズがピンチなんですよ! サノスの攻撃によって、ソーとロキ(トム・ヒドルストン)がズタズタにやられ、インフィニティ・ストーンのひとつが奪われそうになる……という展開で、最初から映画のハイライトが来たようなレベル。私は心の準備のないまま、いきなりソーとロキがズタボロにされているシーンを見せられて、もうショックでショックで……。

その後、次々とアベンジャーズが登場します。銀河の星でのバトルシーンの後、いきなり現代のニューヨークへ飛び、再び銀河の星へと飛び……と様々な星でアベンジャーズたちがストーンを守ろうと必死で戦います。サノスはまるで極悪ストーカーのように、ストーンを嗅ぎ付けては追いかけてきて、手中に収めようとアベンジャーズを次々襲うのです。

サノスは超強くて憎たらしいのですが、やっぱり、この手の映画は敵が強いと面白い! アベンジャーズが束になってかかっても、ビクともしない相手だからこそ、バトルも白熱するのです!

【宇宙、空、陸で繰り広げられる壮大なアクションシーンで度肝を抜く】

改めて『アベンジャーズ』シリーズの凄さを見せつけられたような本作。アクの強いヒーローたち、それぞれの見せ場をしっかり用意して魅せる演出はもう拍手喝采ものです。ハンマー、魔術、盾、念動力など彼らの武器を駆使したド派手なアクションシーンは、どでかい花火をバンバン打ち上げているように華やかでかっこいい!

「ハリウッド大作にはかなわないな~」と思うのはこういうところですね。出し惜しみせず、徹底してド派手ですから! 派手でナンボみたいな心意気を感じます。

とくに、後半に登場するブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)とワカンダ王国軍&アベンジャーズ VS サノスの大群との地球での合戦シーンは圧巻。巨大な宇宙船まで参戦し、ものすごいスピードで繰り広げられる陸上バトルは、まさに壮絶な戦争といった感じ。臨場感がハンパなくて「後ろに気を付けて」とか「キャー、でかい宇宙船が襲ってくる!」とか、私も心の中で一緒に闘っていたので、すごい疲れました……。

【マーベル映画初心者こそGWに見るべし!】

今までマーベル映画を見たことがない人は「この映画を見ても、ヒーローが多すぎて何が何だかわからないかも」と不安かもしれません。でも全然大丈夫です! 先に書いたように、ストーリーは単純明快で「アベンジャーズ VS サノスの石を巡る銀河の闘い」だし、個々のヒーローたちの武器や関係性がわからなくても「この人は魔術師なんだ」とか「この人は盾が武器なんだ」と、すぐわかるようになっています。各自が武器を駆使するシーンは、”アベンジャーズのショータイム”みたいですごく楽しいです!

ちょっとした小ネタわかるとさらに面白いので、そこは予習が必要かも。というわけで、GW中にマーベル映画を見てみるのもオススメです。全作は無理でも『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の2作品から見てみるといいかも。余力があれば続けて『アイアンマン』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』シリーズを見れば、大方わかると思います。

またこの手の映画は男性ファンが多いので、彼氏と観に行けば、大いに『アベンジャーズ』のウンチクを語ってくれるかもしれませんよ。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
(2018年4月27日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソンほか
(c)Marvel Studios 2018

続きはこちら

【ネタバレあり】 話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』15分に1回は大興奮! アクションと残虐シーンがパワーアップしています


【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)です。

2014年の『キングスマン』の続編で、演出は前作同様にマシュー・ヴォーン監督。高級テイラー「キングスマン」の裏の顔はスパイ組織という設定と、スパイ・ガジェットを駆使したアクションが新鮮だった前作。続編は、ポップな音楽と映像とキレッキレのアクションが前作以上というか、エグさ倍増です。

ここからは、ネタバレありつつの本音レビューです。まずは物語からいってみましょう。

【物語】

イギリスのスパイ組織「キングスマン」が襲撃されて全滅! 助かったのはエグジー(タロン・エガートン)とマーリン(マーク・ストロング)の2人だけ。

彼らを襲ったのは新たな敵「ゴールデン・サークル」。そのボスは、残酷でクレイジーな美女ポピー(ジュリアン・ムーア)。彼女は世界中の麻薬常習者を人質にして、恐ろしい計画を実行に移そうとしていました。

その計画を阻止しようと、エグジーとマーリンが手を組んだのはアメリカのスパイ組織「ステイツマン」。エレガントなイギリスのスパイと、ワイルドなアメリカのスパイが「ゴールデン・サークル」に闘いを挑むのですが……。

【前作『キングスマン』のおさらい:ネタバレあり】

エグジーはスパイ組織「キングスマン」のハリー(コリン・ファース)に厳しく訓練されて、敏腕のスパイへと成長しました。そしてエグジーはハリーや仲間と共に、世界規模のテロ組織のボス(サミュエル・L・ジャクソン)を倒すことに成功。

ところがそのミッションの最中、ハリーは命を落としてしまうのです……というのが前作の物語でした。

続編では敵が変わり、今度の敵は女性麻薬王ポピー。前作の悪役同様にかなりクレイジーで、いちばんイカれたキャラ。やることなすこと、えげつないのです。

演じるのはアカデミー賞女優のジュリアン・ムーア。セレブ妻みたいなルックスで、残酷な行為をうれしそうに成し遂げていく姿は不気味すぎです。

【よりグレードアップしたアクションと残酷シーンの数々】

このシリーズの魅力はポップでスピーディなアクションシーンですが、同時に殺人シーンは容赦ありません。

ノリノリのロックに乗せて、人がどんどん死んでいくのですから、正直、前作を見たとき「命が軽すぎじゃないか」とド真面目なことを思ったりしました。

でも、このシリーズについて、それを言うのはすごい野暮なのかも。だって今回はエグさがグレードアップしていますからね。もはやそれが売り! みたいな印象。なかでも、いちばんギョっとしたのは人間ミンチ! ちょっと見ていられませんでしたよ、私は。

【15分に1回はアクションの見せ場あり】

しかしアクションの見せ場を次々と繰り出していく技は見事で、15分に1回は壮絶アクションシーンがあったんじゃないでしょうか。

スパイ・ガジェットを駆使した「キングスマン」のアクションは継続。スーツケース銃、銃を撃ちまくりつつ防御もできる傘などは前作も出ていたと思いますが、やっぱり楽しくてコレコレ、これがなくちゃ! と大興奮。アフターシェーブ・ローションまで武器にするところがオシャレ!

アメリカ側のスパイ組織「ステイツマン」のエース、ウィスキー(ペドロ・パスカル)のレーザー投げ縄もいいですね。光る投げ縄をヒュンヒュン飛ばして、バンバン敵を倒していくシーンはカッコよすぎて笑っちゃいますよ。イギリスらしさとアメリカらしさが交錯するアクションは、本作最大の見せ場です。

また、タロン・エガートン演じるエグジーの身体能力の高さにも注目。冒頭、プリンスの「Let’s Go Crazy」に乗って繰り出されるカーアクションは、何度でも見たくなるカッコ良さ。アクションと音楽がピタリとマッチしているので、カタルシスがハンパないのです。

【007に匹敵するイギリスのヒーローに!】

前作にも登場した「キングスマン」の仲間たちがトラブルに見舞われ、大変な目にあっていく姿は「え~」と思ったりしましたが、「ステイツマン」もこれで終わりとは思えないし、パート3を期待させてくれる『キングスマン』シリーズ。これから「007」に匹敵するスパイになっていくのかも?

本作から見ても楽しめますが、できれば前作の『キングスマン』を見てからの方が、より楽しめると思いますよ。




執筆=斎藤 香(c)Pouch

『キングスマン:ゴールデン・サークル』
(2018年1月5日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、チャニング・テイタム、ペドロ・パスカルほか
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

続きはこちら

佐藤健VS綾野剛の鍛えたボディに釘付けになる! 話題作『亜人』は原作を知らなくても楽しめるのかみてきた結果…


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回は、9月30日から公開中の映画『亜人』をピックアップします。劇場3部作とテレビシリーズでアニメ化された、桜井画門の人気コミック「亜人」を実写化した作品。初登場で第1位を記録し、翌週『アウトレイジ 最終章』にトップの座を明け渡しましたが、引き続き注目されています。

佐藤健と綾野剛の共演にソソられまして、劇場で観てきました! まずはサクっと物語から。

【物語】

病気の妹(浜辺美波)を救うために医者を目指していた永井(佐藤健)。

彼は交通事故で命を落としたものの、一瞬で生き返ったことから、絶対に死なない「亜人」であることが明らかになります。永井は政府機関に捕えられ、亜人実験のモルモットとして、何度も殺されては生き返ります。

そんな中、亜人の中でもテロリストとして人間の殺戮を繰り返してきた佐藤(綾野剛)とその一味は、亜人実験を繰り返す政府機関を破壊し、大量殺戮を企んでいました。

佐藤に救われた永井は、これまで政府に残酷な目に合わされてきたものの、佐藤の狂気じみた行いはどうしても許せず、敵対する関係になるのです。

【見たことのある世界】

私は原作もアニメも未読で、何も知らない状態で映画『亜人』を楽しめるか? というスタンスで見ました。

「亜人」の死んでも生き返る能力や、戦いの場に召喚する “黒い粒子” 、強靭なIBM(インビジブル・ブラック・マター → 黒いミイラみたいなヴィジュアル)など、こういう世界観を持つ映画は、前にも見たと思いました。

何度も生き返る設定は、日本のライトノベルを映画化したトム・クルーズの主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(時間のループで逆戻りして生き返る)、特殊能力で召喚するIBMは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のスタンド、人間界で生きる特殊生物の苦悩は『東京喰種 トーキョーグール』を思い出しました。

上記の映画より映画化が遅かったせいか、申し訳ないのですが、初めて見たのにフレッシュな印象がなかった。こういうのって早いもの勝ちですね。

【亜人たちの苦悩や悲しみ】

それでも、亜人たちの苦しみには目を見張るものがありました。彼らの辿る運命が、この物語の核となっています。

亜人だったせいで、政府機関に捕えられ何度も殺されては生き返り、常に体は包帯グルグル巻きで、血まみれ。また、腕や脚がないこともあり、実験台の上で、ミイラのような姿から目だけがギョロギョロ動き、血の涙を流しているのです。

彼らがどんなに苦しい人生を歩んできたか、人体実験を行う人間がどんなに残酷であるのかは、想像すると身震いするほど恐ろしかったです。

その苦しみから脱した佐藤は人間の殺戮に走るのですが、永井は、そんなクレイジーな佐藤を嫌悪します。同じ残酷な実験の餌食になっていた二人なのに、それに対する感情が全く違うのは興味深かったですね。

佐藤は感情のかけらもなく、何でも殺しに走るのに対し、永井は佐藤に対抗し、平穏な生活を求めて人間側につくのですから。

【悪として描かれる佐藤の方が共感度が高い】

映画では殺戮を繰り返す佐藤が悪、止めようとする永井が善のように描かれているのですが、残酷な人体実験の餌食になっていた佐藤が政府機関を憎む気持ちの方が、どちらかといえば理解できると感じました。

佐藤は罪のない人を殺しすぎではあるのですが、同じような人体実験を受けていながら恨みを持たず、平穏な暮らしを目指す永井の心のほうが謎でした。憎み続けるよりも、もう忘れたい苦しみってことなのでしょうか?

そのあたりの掘り下げがないまま、佐藤VS永井のバトルに突入していくため、見た目はアクションが派手で見応えはあるのですが、正直気持ちは置いて行かれたままでした。

【佐藤健と綾野剛のサービスカット】

全体的に男性向けのアクション大作という作りなのですが、鍛え抜かれたボディを持つ佐藤健と綾野剛はカッコ良いですし、何より二人が脱ぐシーンがあります! これは女性向けのサービスカット? なかなかの厚い胸板と筋肉質の腕など「おおお!」とファンはきっと前のめりで見てしまうでしょう。私も「ハっ!」としましたから。

主演の二人は女性をトリコにし、アクションシーンは男性をトリコにするので、意外とデートムービー向きかもしれませんね。

執筆=斎藤 香(c)Pouch

『亜人』
(2017年9月30日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:本広克行
出演:佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、綾野剛
(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社

続きはこちら