アメリカ版『SASUKE』のためにランニングマシンを使ってトレーニング! でもこんな使い方…初めて見たんですけど!!!


鍛え抜かれたシックスパックがまぶしい女性アスリート、マギー・ソーン(Maggi Thorne)さんは3人の子供を持つママ。アメリカ版の『SASUKE』にあたる人気番組『Ninja Warrior』に参加するため、日夜トレーニングに励んでいるようなんです。

『SASUKE』と言えば、アクロバティックなコースの連続。「アスレチックを思いっきりハードモードにした」とでも言いましょうか、難関が次々とやってくることで知られていますよね。

そういった、通常ではありえない状況に立ち向かうためにはフツーのトレーニングでは事足りないのかも? ソーンさんの驚きの練習方法がインスタグラムに公開されていました。

【この方法は思いつかなかった!】

ソーンさんが公開していたのは、ランニングマシンを横に7つ並べて、次々と飛び乗っていく練習をとらえたシーン。

ずらっと並んで稼働中のランニングマシンの上を、ソーンさんは右から左に、お次は左から右へと、実に簡単そうに走り抜けていっています。

【マネしちゃダメです】

しかしこの技、どう考えても一般人には無理な芸当! 簡単そうに見えるのは、ソーンさんに優れたバランス力と敏捷性が備わっているから。下手にマネしたら転んで大ケガしそうです。というわけでみなさん、興味本位で行ってはいけませんよ~!

【並々ならぬ情熱を傾けているんですねぇ】

ソーンさんはそのほかにも、『Ninja Warrior』を想定した独自トレーニングをたくさん積んでいるようです。ピタゴラスイッチのような大掛かりなものもあって、熱意がビシバシ伝わってくるう! 興味のある方はソーンさんのインスタグラムをご覧になってみて!

それにしても『SASUKE』や『Ninja Warrior』がなぜ、人をここまで駆り立てるのか。ランニングマシンからランニングマシンへ飛び移っていくソーンさんを見ていると、ふとそんなことを考え始めてしまいますっ。

参照元:Instagram @nvr_gvup
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【迫力ヤバい】江戸時代にタイムスリップした現代の忍者「パルクーラー」の逃走動画がスゴ過ぎる! 軽々と登ったりジャンプする姿に圧倒されます

屋根から屋根へと飛び移り、縦横無尽に走り、ジャンプし、壁を駆け上がる! フランス発祥の「パルクール」は、人に秘められた身体能力をフル活用し、アクロバットな動きを通じて恐怖心を克服していくエクストリームスポーツです。

今回ご覧いただくのは、パルクールのトップアスリートとして知られるジェイソン・ポール(Jason Paul)さんが、栃木県の日光江戸村を舞台にパフォーマンスを繰り広げる作品『Jason Paul Goes Back in Time』。

この映像でポールさんは、現代から江戸時代へとタイムスリップ。武士や忍者に追いかけられながら、江戸の町を駆け抜けていく姿は “爽快” の一言なんです~!

【追っ手から逃げきれ!】

東京スカイツリーが間近に見える高層ビルの屋上で、仲間たちと一緒にパルクールを楽しんでいたポールさんは、ふとした瞬間に手を放して落下してしまいます。

このまま地面に叩きつけられる? と思いきや、落ちた先は江戸時代の将軍様(?)のお屋敷のなか。「曲者じゃ~!」という一言を合図に、逃走劇は幕を開けるのです。

【スゴ技の連続でまばたきするのも惜しい】

吉田兄弟による三味線の演奏をバックに、人を飛び越え、壁を伝って、どこまでも逃げていくポールさん。女性を乗せたカゴの中を潜り抜けたり、木をつかんで1回転し、追っ手の武士を川へ落としたり。目を見張るスゴ技を次々繰り出しながら、なんとか武士たちをまくと、今度は忍者が登場!

身軽で、パルクールに近い身体能力を持つ忍者たちは、武士たちよりもさらに手強い存在で、とうとう物見台まで追い詰められてしまうんです。

果たしてポールさんはどうなってしまうのでしょう? その先は、あなたがその目で確かめてみてくださいね♪

【忍者たちにも注目してみてね】

ちなみにレッドブルのウェブサイトによると、ポールさんを追い詰める忍者を演じているのは、日本屈指のパルクールチーム「monsterpk」のメンバーなんだそう。

YUUTAROUさん、ZENさん、898さん、KENICHIさんが扮した忍者たちの動きが、それはもう美しく見事なのです! ぜひ注目してみてくださいっ。

参照元:YouTubeRed Bull
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら