【メッツァ続報】「ムーミンバレーパーク」エリアのオープンが2019年3月に決定~! ムーミン一家のあの家や、おさびし山が再現されてるよ〜

Pouch でたびたびお伝えしている、埼玉県飯能市にオープン予定のムーミンのテーマパーク「メッツァ」

「メッツァ」はいくつかのエリアに分かれており、入場無料エリア「メッツァビレッジ」の開業日は2018年11月と先日発表されましたが、このたび有料エリア「ムーミンバレーパーク」が2019年3月にオープンすることが発表されました。

【「ムーミン屋敷」は行っとかないと☆】

自然豊かな土地に位置する「ムーミンバレーパーク」は、言うなれば “ムーミン谷” 。

こちらのランドマークとなるのが、ムーミン一家が暮らす「ムーミン屋敷」。空へとまっすぐ伸びた青い壁面と真っ赤な三角屋根のあのお家は、きっとあなたも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「ムーミン屋敷」は、地上3階と屋根裏部屋、さらには地下室という構成。

地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋。そして3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパの書斎となっています。……というか、ミイの部屋があるのか! そこが1番ビックリ!

ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じることができるよう、原作を忠実に再現しているという「ムーミン屋敷」は、真っ先に訪れたい場所のひとつといえるでしょう。

【楽しげなアトラクションがいっぱいです】

もうひとつの大きなお楽しみと言えば、やはりアトラクション

ムーミンたちと船に乗って冒険に出かける「海のオーケストラ号」に、ムーミン谷の仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」

そして物語を体感できる “冒険と思索の山” こと「おさびし山」には、自然を活かしたアスレチックやツリーハウスが点在。頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえ立っていて、湖を横断飛行するジップラインのスタート地点もあるんですって♪

【丸1日遊べますね!】

そのほか、エントランスにはムーミンの物語が書かれた「本」のゲートをくぐり抜けたり、パンケーキを堪能できるレストランがあったり、キュートなグッズが販売されていたりとお楽しみがいっぱいな施設も。

また、世界最大級の品ぞろえとなるショップがあったり、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンの作品展示や映像上映があったりと、これまた楽しいお店やスペースがそろっている、地上3階建ての展示施設

さらには水浴び小屋や灯台など、ムーミンの世界を再現した絶好のフォトスポットまであって、朝から晩まで思いっきり遊べそう! 来年3月のオープンまで待ちきれないですね♪

参照元:プレスリリースメッツァFacebookInstagram@moominvalleypark
画像=© Moomin Characters TM
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

地上10mを「自転車で綱渡り」てヤバすぎる!! 51種類の遊びが楽しめる巨大アスレチック「エクストリーム アベンチャーズ 」が日本初上陸します

2001年にフランスで生まれ、世界15カ国156カ所で展開されている人気のアドベンチャー施設「Xtrem Aventures(エクストリーム アドベンチャーズ)」が、ついに日本初上陸! 2018年夏、長野県白馬山麓エリアにある栂池高原(つがいけこうげん)スキー場内にオープンします。

日本に登場する「Xtrem Aventures HAKUBA TSUGAIKE WOW! (エクストリーム アベンチャーズ ハクバ ツガイケ ワオ)」では、9種類のアクティビティ(遊具)で51種類のアスレチックを体験できるそう。

このアクティビティのレベルがなかなか高く、中には「自転車で綱渡りする」といった超エクストリームなものもあって、スリル満点なんですよね。

【こんなん絶対むりむりむり】

自転車綱渡り体験ができるのは、空中自転車綱渡り「コギダス」

地上10mの高さを自転車で空中散歩できるアクティビティで、白馬の山々を眺めながら、片道約140mの距離を往復します。利用に際しては「身長制限」そして「26インチ自転車に乗ることができること」が条件として設定されています。

【サーカス団員の気持ちを味わえそうです】

安全具とヘルメットはつけているものの、自転車で空を綱渡りするとか、まあフツーじゃありませんよね。トライしている人の写真を見てその常軌を逸した姿に大爆笑しちゃったのはココだけの話☆

「コギダス」の魅力は、「サーカス団員の気持ちを味わえそうなところ」でしょうか。勇気を出して挑戦しても早々に怖気づいちゃいそうですが、途中で止まってしまった場合はスタッフが引き寄せてくれるそうなので、どうか安心してくださいね~。

【3層から成るネット型アスレチック「アミダス」】

ついつい超ド級のインパクトがあるものから紹介しちゃいましたが、コレ以外のアクティビティも、子供から大人まで楽しめそうなものがそろっています。といってもやっぱりどれも、スリル満点なことに変わりはないのですが……。

1階から3階でフロアごとに異なる3種類のアクティビティが楽しめるネット型アドベンチャー「アミダス」は、アスレチック施設にあるようなネットを使った遊具の豪華バージョン。


45種類の障害を乗り越えて進むアトラクションとなっていて、3歳から遊ぶことが可能。各フロアにはセーフティネットがあるので安心ですし、たとえ落ちてもトランポリンのような網が体をキャッチしてくれるそうです。

【「トビダス」はちょい怖いけど、「ポチャダス」は楽しそうだな~】

ほかにはスライダージャンプやプチバンジージャンプ、クライミングなど4種類の飛び系&登り系アクティビティが楽しめる15mの複合型タワー「トビダス」

そして夏季限定、水上にプカプカ浮かびながら色々な障害を乗り越えて進むアクティビティ「ポチャダス」があって、全部が全部、攻めてる~!

ふと思ったのですが……コレ日頃運動不足気味になっている大人だけで参加したら、地獄絵図になりそうですね。きっと笑いすぎて、腹筋が崩壊してしまうわ。

参照元:プレスリリースYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら