【ミスド新作】クレームブリュレドーナツが待望の復活! カスタード、アップルシナモン、マロン、全3種それぞれ食べ比べてみました


2016年、2017年と期間限定で発売され大好評を博したミスタードーナツの「クレームブリュレドーナツ」

2018年もこの季節に発売となり、すでにお店に並んでいますよ~! 人気のスイーツ”クリームブリュレ”の味わいをドーナツで再現したというこちらのメニュー。おいしさの秘密はなんといっても、キャラメリゼしたシュガーの香ばしさ

お店のキッチンでひとつずつあぶって仕上げてるというんだから……こんなのおいしいに決まってるーーーーっ!!

今年は「カスタード」「アップルシナモン」「マロン」の3種類がそろっているということで、全種類食べ比べてみることにしました!

【ひとつひとつ焼き色の違うキャラメリゼ】

香ばしそうな焦げ目のついたキャラメリゼ。ふんわりとした揚げシュー生地にカスタードクリームを絞り、シュガーをふりかけた後、表面をガスバーナーでひとつひとつ丁寧にあぶってあるのだとか。たしかにお店で見ても、一つひとつ焼き目が違うのがわかります。

【王道的味わい、カスタード】

では、まずは「カスタード」(160円+税)から。これは3種類の中でいちばんスタンダードといってよいでしょう。


お店でいただいたナイフで切ってみると、キャラメリゼの部分がパリパリッと崩れます。口に入れると、キャラメリゼの固さとホロ苦さ、そしてカスタードの甘さとクリーミーさが広がります。このコンビネーションこそ、クリームブリュレの魅力ですよね!


そして、土台がドーナツではなく揚げシューというのが意外でしたが、ふんわりした揚げシューはクリームブリュレとの相性よし、です。

【華やかな甘さが魅力のアップルシナモン】

続いては「アップルシナモン」(160円+税)。クリームブリュレ部分はカスタードにシナモンが香る甘酸っぱいリンゴのフィリングがトッピングされています。


想像していたとおり、アップルパイ的な味わいも加わってなんとも華やか。クリームブリュレにアップルパイ、そして揚げシュー生地。これひとつでいろんな味わいを楽しめる欲張りなメニューです。

【こっくりした秋の味わい、マロン】

そして「マロン」(160円+税)。クリームブリュレ部分にはカスタードにマロンフィリングをトッピング。マロンといっても栗のゴロゴロ感はまったくなし。栗あんとかマロンジャムのようなペースト状のフィリングです。


まったりとした秋らしい味わいで今の季節にピッタリ! カスタードクリームとも合わないわけがありませぬ。

【それぞれおいしいけれど、いちばん気に入ったのは……】

3種類それぞれのおいしさがありますが、クリームブリュレをとことん堪能するなら「カスタード」、華やかな甘さが好きなら「アップルシナモン」、秋らしいこっくりした味わいを求めるなら「マロン」でしょうか。

個人的にはクリームブリュレのパリパリ感とホロ苦さをシンプルに楽しめる「カスタード」がいちばん気に入りました。

ただ、どれもそうとう甘い……! 土台は穴の空いたドーナツではありますが、スイーツといえる一品です。あたたかいブラックコーヒーなどと一緒にいただくのがオススメかも。

「クレームブリュレドーナツ」の販売は12月下旬まで(順次販売終了予定)。ミスタードーナツ全店で並んでますので、期間限定のこの味わい、みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

参考:ミスタードーナツ
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら