ハーゲンダッツクリスピーサンドの新作は「アップルパイ 」! りんご果肉とウェハースのサクサク感でパイを再現してます

ハーゲンダッツのクリスピーサンドが初めて発売されたとき、わたしはその美味しさに衝撃を受けました。

パリパリのウエハースととろけるチョココーティング、そしてしっとりと冷たいアイスクリーム……。特に定番の「キャラメルクラシック」にはハマりにハマって、一時はコンビニに寄るたびに購入していたっけ。

そしてまたしても、クリスピーサンドにハマってしまう予感が……。というのも2018年9月4日から期間限定で発売される「アップルパイ ~バニラカスタード仕立て~」(希望小売価格 税込み294円)がめちゃくちゃ美味しそうだからなのです!

【カスタード×リンゴのハーモニー】

「アップルパイ ~バニラカスタード仕立て~」という名前からしてすでに “間違いない” 感じがビンビン伝わってくるこの新商品。

主役のアイスは濃厚でコクのあるバニラカスタード味で、中には甘酸っぱいリンゴの果肉が入っているといいます。

アイスを包み込むのは、バニラビーンズシードをちりばめたカスタードコーティング。これをサクサクとしたウエハースでサンドすることで、アップルパイの味わいを再現しているのだそうですよ。……なにこれ、絶対の絶対に美味しいやつじゃ~~~ん!

【早く食べたいよおおおおお】

アップルパイを再現するうえで大切なのは、もちろん味ですが、同じくらい欠かせないのは食感。サクサク食感を備えているクリスピーサンドとの相性は抜群なはずっ。果肉の存在感も手伝って、本格的な味わいを望めそうです。

もはや期待しかない「アップルパイ ~バニラカスタード仕立て~」の発売が、待ち遠しいかぎり。コーヒーや紅茶とあわせて、優雅に堪能してみたいものですね♡

参照元:ハーゲンダッツ ジャパン
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

斬新だけどアリ! パイが氷にが刺さったパイかき氷」が爆誕 / 氷のふわふわとパイのサクサクを同時に味わえちゃいます


Pouchではこれまでも「グラタンかき氷」やメレンゲの焼き目のついた「焼きたまご」これまでさまざまな進化系かき氷をご紹介してきましたが、今までになかったような進化系の組合せがまたまた新たに登場しちゃいました!

それが「Pie Holic(パイホリック)」横浜店で期間限定で販売される「パイかき氷」。そう、パイとかき氷が融合した”進化系かき氷”なんです。

真っ白なかき氷に割れたパイがザクザク刺さっているような見た目がなんとも豪快ですが、これまでにない新感覚の食感や味わいを楽しめそうでこれは要チェックでしょっ!

【かき氷のふわふわとパイのさくさくを同時に】

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」。その夏の新作スイーツとなるのが、人気のスイーツパイがかき氷として生まれ変わった「パイかき氷」なんです。

ウリはなんといっても、かき氷のふわふわとパイのサクサクの2種類の食感を楽しめるところ! これまでパイとかき氷を一緒に食べる機会なんてそうそうないだけに、どんなフュージョンが生まれるのか興味津々です。

【アップルパイかき氷】

種類は「アップルパイかき氷」「ヌテラバナナパイかき氷」の2種類です。


年間1万2000食売れるパイホリックのNo.1スイーツ「アップルパイ」がかき氷になった「アップルパイかき氷」。

ふわふわのかき氷の中には、シナモンの香りが豊かなリンゴ煮がふんだんに入っているそう。

外側には生クリームや特製のソースがたっぷり。さらにサクサクのパイをトッピングしていて、まるで冷たいアップルパイを食べているような感覚を味わえるとのこと。

【ヌテラバナナパイかき氷】

いっぽうの「ヌテラバナナパイかき氷」はチョコレート風味のスプレッド「ヌテラ」を贅沢に使った一品。


ヌテラは日本ではまだまだメジャーではありませんが、「最も世界で愛されている朝ごはん」としてギネス世界記録に選ばれているそうで、ヘーゼルナッツとチョコレートの甘さと、ビターなカカオの組み合わせがクセになる味わいなのだとか。

パンに塗るなどはおなじみですが、ヌテラをかき氷に……!? この斬新なメニューはまさに「進化系」といえるかも!

【夏だけの期間限定メニューです】

ド定番&王道ともいえるアップルパイのかき氷か、はたまたパイの本場・アメリカらしさを味わえるヌテラバナナパイか……選ぶのが悩まし~い!


お値段はどちらも税別650円。「Pie Holic」横浜店のイートインで7月1日~9月17日までの夏季限定販売となります。この時期のスペシャルなハイブリッドスイーツをぜひ皆さん召し上がれ♡

参照元:Pie Holicプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

【食べたい】サックサクのメロンパンとあつあつアップルパイが帽子になっちゃった!? おいしそうなパンをかぶってお出かけしよう


「あ、おいしそう♡」……思わずそんな声が出ちゃいそうな帽子を見つけちゃいました。だって、見た目が「パン」。あまりにリアルで、テーブルに置いてあったら食べてしまってもおかしくなさそう。

こんなアイテムを売ってくれるのは、やっぱりココしかないよね。インパクトありすぎるパン帽子は、他にはないユニーク雑貨でおなじみのヴィレッジヴァンガードオンラインストアの限定受注商品。ビビッと来た人はオーダーするしかない……!?

【メロンパンとアップルパイ、どっちが好き?】

クリエイターのKENT HATさんによるパンの帽子は2種類。まずは今焼きあがったかのようなこんがりメロンパンのボーラーハット「メロンパンハット」(税込15660円)。ビスケット生地部分がいかにもサックサクな感じで、かぶりつきたくなっちゃいます。

もうひとつはふんわりあつあつなアップルパイ型をした「アップルパイハット」(税込17280円)。カンカン帽のような雰囲気もあり、素敵にかぶれそうです。

【春のおしゃれにもバッチリ】

どちらも受注は2018年2月23日の〆切で、3月中旬~3月下旬発送予定とのこと。春のおしゃれにもじゅうぶん間に合う!

白シャツにジーンズなんてシンプルな装いにもかぶるだけで一気に個性を出してくれるパン帽子。皆さんのお気に入りの一品にぜひとも加えていただきたいところです♪ オーダーはヴィレッジヴァンガードオンラインストアからどうぞ!

参照元:ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【青森のお土産】ラグノオの「りんごスティック」は変幻自在のアップルパイ! そのまま・冷凍・温めどんな食べ方でもOKです / #地元民が本当にオススメするお土産選手権


本当に美味しい土産は、地元民が知っている!

旅行に行けば行くほど迷ってしまうもの……それはお土産! なんでこんなにお土産があるんだYO!! 雑誌のお土産ページが見開きで何ページもあるYO!!

そんな迷える子羊のためにあるのが、Pouchの「地元民が本当にオススメする土産シリーズ」なのだ★ 雑誌やテレビでもなく、手みやげの達人でもなく、地元民がガチで愛するお土産とは……?

今回ご紹介するのは青森県にあるラグノオの「パティシエのりんごスティック」です。

【推薦者:「地元ではド定番な菓子です」】

オススメ土産: ラグノオ 「パティシエのりんごスティック」
推薦者:青森出身 加藤さん
推薦文:ラグノオは、地元ではド定番な菓子メーカー。
「いのち」などの銘菓で知られる。りんごスティックは2013年、第26回全国菓子大博覧会にて金賞を受賞(とはいえ県外で知られるほど有名ではない)。 スポンジ生地と一緒にりんごをパイで包んでいるお菓子です。そのままはもちろん、冷凍庫に入れてアイスケーキにして食べるのがお気に入りの食べ方。

りんごスティックとはいったいどんなスイーツなのか? 春巻きで巻かれたチーズスティック的な? 早速取り寄せてみました。

【スティックと言いつつ…立派なアップルパイや!】

袋から取り出してみると、ずっしりと重く、スマホサイズくらいの大きさで、立派なアップルパイじゃありませんか! スティックっていうから、もっとボールペンみたいな細さなのかと思ったよ。

早速食べてみると……ほっとするような優しいリンゴの甘さが口に広がります。りんごのシャリシャリとした食感がしっかり感じられるくらい、身がゴロゴロ詰まっています。

しっとりしたパイ生地なので、移動中の車や新幹線の中で食べてもポロポロこぼれにくそうです。

【温めるとサックサクにも!】

常温で食べると、しっとりしたアップルパイ。トースターで温めるとサックサクに、さらに冷凍すればアイスケーキのような食感に……。なんて変幻自在な子なのかしら、愛おしいパイスイーツでした。

参考リンク:ラグノオ
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

★コチラもどうぞ→シリーズ「地元民が本当にオススメするお土産選手権」

続きはこちら

こんなパイ見たことある?シアトル大学の秘書さんが週末に作るお手製パイがとんでもなく芸術的な件

お手製のパイをInstagramにアップしている、シアトル在住のローレン・コー(@lokokitchen)さん。

パイといえば、パイ生地が交差した編み目のようになっているアップルパイを思い浮かべると思うんですが、ローレンさんの作るお手製パイはちょっと今までに見たことがないようなネクストレベルなんです。

【こんなパイ見たことないぞ!】

ローレンさんのお手製パイのひとつを見てみると、ひも状になっているそれぞれのパイ生地の端と端の場所を目でたどってみても、ん? これはどうなっているの??  どこがどうなっているのか、すぐにはわからない編み方になっています。

Instagram Photo

しかし、しばらく眺めていると不思議と穏やかな気持ちになってくるから不思議。チェリーパイは焼く前からすでに美味しそうです。

【ため息出ちゃう…アート作品のようなパイ】

洋ナシのパイは、もはやパイ生地を編み込むという凡人のレベルではありません。洋ナシやリンゴの皮の色を生かしたデザインはアート作品のレベル。
こんなのプレゼントされて、フォークを突き立てられる人はいるんでしょうか。私にはできそうにありません。
Instagram Photo

寄せ木細工のようなチョコレートパイも素敵です。表面の飾りが左右対称になっていて、どこから見ても同じ模様なパイもまた良いですよね。
Instagram Photo

【本業は学長秘書さん】

こんな超絶技巧を持つ天才お菓子職人さんは一体どこのお店で働いているかというと、実はローレンさんの本業はパティシエではなく、シアトル大学で学長秘書をしているそうです。

ローレンさんが「Mashable」に語った話によれば、このネクストレベルなお手製パイは、仕事が終わったあとの夜や週末に趣味で焼いているんだって……って、全然趣味で楽しんでるレベルじゃなくないっすか!!

【頭の中はいつもパイのアイデアでいっぱい!】

小さいことからおばあさんやお母さんと一緒にお菓子作りを楽しんできたローレンさん。ひとつのパイを完成させるのに4、5時間はかかるそうですが、まったく苦ではなく、いつも頭の中はパイの新しいアイデアでいっぱいなんだとか。

【見ているだけでうっとりしちゃう♪】

ローレンさんのInstagramでは、他にもたくさんのお手製パイの写真がアップされています。どのパイも食べるのもったいなさすぎ! ぜひ目の保養にご覧になってみて♪

参照元:Instagram @lokokitchenmashableAsia
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

カルディから今度は「りんごバッグ」が9月1日に発売! アップルパイ・りんごのお酒&シードルカップもついてるスペシャルセットだよ~

「カルディコーヒーファーム」のバッグといえば、2月22日の「猫の日」に発売される「ネコバッグ」。8月8日には「世界猫の日」にちなんだ保冷タイプも登場し、毎回争奪戦になるほどの人気ぶりだそうです!

そんな「ネコバッグ」に続いて、9月1日に数量限定発売されるのが「りんごバッグ」。りんごデザインのバッグの中に、アップルパイとりんごのお酒&カップがになった、まさにりんご尽くしのスペシャルなセットなんだって♪

【りんごがかわいいトートバッグ】

バッグは、真っ赤なりんごのイラストがあしらわれた白いトートバッグ。縦26cm×横33cmでマチがしっかりあって持ち手も長いので、ちょっとしたお出かけやお買い物から普段使いまで幅広く使えそう。そして、何よりとってもかわいいでーす!

【しっとり生地の「アップルパイ」】

そんなりんごバッグに詰め込まれているのは、まず、果肉入りのりんごジャムをしっとりと焼き上げたパイ生地で包んだという「オリジナル アップルパイ」。りんごバッグのためだけの限定品なんだとか。

【りんごのお酒&陶器製カップも】

それから、フランス・ブルターニュ産のりんごのお酒「ヴァル・ド・ランス シードル アルティザン ドゥー」も。厳選された3種類のりんごを使って、伝統的な技法でつくられた特別なシードルなんだって。新鮮なりんごの香りと味わいが楽しめるそうですよ~。

そんなシードルを味わうための「オリジナル シードルカップ」も入っています。白地に赤と青のラインが入ったフランスカラーでとってもおしゃれ! 実はシードルの本場・ブルターニュ地方では、このような陶器製のカップに注いで飲むのが伝統的なスタイルなんだそう。

ひと足早く秋の訪れを感じる「りんごバッグ」。お値段は税込み1800円。数量限定でなくなり次第終了となるので、欲しい人は早めに「カルディ」のオンラインサイトか、お店までGO!です。

参照元:カルディ
執筆=シナモン (c)Pouch

続きはこちら

ウソじゃなくって本当です! 「特大いちご大福」に「540円のワイシャツ」などウソみたいな商品が大丸東京に登場したよ


今日は4月1日、エイプリルフール。ウソのイタズラにまんまと引っかかってしまった皆さんも多いことでしょう。

でも、今回ご紹介するのはウソみたいな本当の商品。4月1日から4月4日にかけて大丸東京店では「ウソみたいな大きさ、量、金額」の商品と面白グッズが20点以上をそろえた「エイプリルフールフェア」が開催されるんです!

いったいどんなアイテムが集まるのか、ここでちょっとのぞいてみない?

【通常の10個分サイズのいちご大福】

直径約13cm! 通常の10個分の大きさがあるという赤坂青野の「特大いちご大福」(2700円)。いちご大福ってふつうは愛らしいビジュアルをしているはずなのに、まったくもって可愛さがない!  なんだかボコボコしていてオバケのようです。いちご大福の中にもっといちごが入ってたらハッピーなのに……と思うけど、実際作るとこんな感じになっちゃうんですね……。

【神楽坂五十番の「ギガ肉まん」】


続きましては、ウソのような大きさをした「ギガ肉まん」(1080円)! 通常220gの肉まんがその2.5倍、550gのサイズで登場です。神楽坂五十番のものなので味はお墨付き。肉まん好きにとっては夢のような一品ですね!

【超ロングなロールケーキ】


京橋千疋屋からは長さ35cmというこれまた信じられないような長さの「ロングフルーツロール」(5400円)がお目見え! 大人数のパーティーなどに持っていって切り分けたら盛り上がりそう。各日3本限定なので買い逃しなく!

【百貨店なのにワイシャツが540円!?】


食べ物ばかりじゃありません。百貨店品質でありながら1枚540円という破格値のワイシャツも! こちらは4月1日2日の14時~15時の販売で各日先着100名、ひとり10点まで。これは争奪戦になりそう……!?

【ほかにもウソみたいな面白グッズがいろいろ】

このほか、通常の4倍サイズの「スペシャルマスクメロンパフェ」(10800円、各日3食限り/千疋屋フルーツパーラー)やリンゴ15個を使った直径26cmの「特大アップルパイ」(5724円、各日1台限り/マミーズアンスリール)なども。

大丸東京店全館をあげての催しとなる「エイプリルフールフェア」。各階をゆっくりとまわりながら楽しみたいですね! 詳細は参照元でご確認を。

参照元:大丸東京店プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

ウソじゃなくって本当です! 「特大いちご大福」に「540円のワイシャツ」などウソみたいな商品が大丸東京に登場したよ


今日は4月1日、エイプリルフール。ウソのイタズラにまんまと引っかかってしまった皆さんも多いことでしょう。

でも、今回ご紹介するのはウソみたいな本当の商品。4月1日から4月4日にかけて大丸東京店では「ウソみたいな大きさ、量、金額」の商品と面白グッズが20点以上をそろえた「エイプリルフールフェア」が開催されるんです!

いったいどんなアイテムが集まるのか、ここでちょっとのぞいてみない?

【通常の10個分サイズのいちご大福】

直径約13cm! 通常の10個分の大きさがあるという赤坂青野の「特大いちご大福」(2700円)。いちご大福ってふつうは愛らしいビジュアルをしているはずなのに、まったくもって可愛さがない!  なんだかボコボコしていてオバケのようです。いちご大福の中にもっといちごが入ってたらハッピーなのに……と思うけど、実際作るとこんな感じになっちゃうんですね……。

【神楽坂五十番の「ギガ肉まん」】


続きましては、ウソのような大きさをした「ギガ肉まん」(1080円)! 通常220gの肉まんがその2.5倍、550gのサイズで登場です。神楽坂五十番のものなので味はお墨付き。肉まん好きにとっては夢のような一品ですね!

【超ロングなロールケーキ】


京橋千疋屋からは長さ35cmというこれまた信じられないような長さの「ロングフルーツロール」(5400円)がお目見え! 大人数のパーティーなどに持っていって切り分けたら盛り上がりそう。各日3本限定なので買い逃しなく!

【百貨店なのにワイシャツが540円!?】


食べ物ばかりじゃありません。百貨店品質でありながら1枚540円という破格値のワイシャツも! こちらは4月1日2日の14時~15時の販売で各日先着100名、ひとり10点まで。これは争奪戦になりそう……!?

【ほかにもウソみたいな面白グッズがいろいろ】

このほか、通常の4倍サイズの「スペシャルマスクメロンパフェ」(10800円、各日3食限り/千疋屋フルーツパーラー)やリンゴ15個を使った直径26cmの「特大アップルパイ」(5724円、各日1台限り/マミーズアンスリール)なども。

大丸東京店全館をあげての催しとなる「エイプリルフールフェア」。各階をゆっくりとまわりながら楽しみたいですね! 詳細は参照元でご確認を。

参照元:大丸東京店プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch