【メッツァ続報】「ムーミンバレーパーク」エリアのオープンが2019年3月に決定~! ムーミン一家のあの家や、おさびし山が再現されてるよ〜

Pouch でたびたびお伝えしている、埼玉県飯能市にオープン予定のムーミンのテーマパーク「メッツァ」

「メッツァ」はいくつかのエリアに分かれており、入場無料エリア「メッツァビレッジ」の開業日は2018年11月と先日発表されましたが、このたび有料エリア「ムーミンバレーパーク」が2019年3月にオープンすることが発表されました。

【「ムーミン屋敷」は行っとかないと☆】

自然豊かな土地に位置する「ムーミンバレーパーク」は、言うなれば “ムーミン谷” 。

こちらのランドマークとなるのが、ムーミン一家が暮らす「ムーミン屋敷」。空へとまっすぐ伸びた青い壁面と真っ赤な三角屋根のあのお家は、きっとあなたも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

「ムーミン屋敷」は、地上3階と屋根裏部屋、さらには地下室という構成。

地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋。そして3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパの書斎となっています。……というか、ミイの部屋があるのか! そこが1番ビックリ!

ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じることができるよう、原作を忠実に再現しているという「ムーミン屋敷」は、真っ先に訪れたい場所のひとつといえるでしょう。

【楽しげなアトラクションがいっぱいです】

もうひとつの大きなお楽しみと言えば、やはりアトラクション

ムーミンたちと船に乗って冒険に出かける「海のオーケストラ号」に、ムーミン谷の仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」

そして物語を体感できる “冒険と思索の山” こと「おさびし山」には、自然を活かしたアスレチックやツリーハウスが点在。頂上にはおさびし山のシンボルとなる天文台がそびえ立っていて、湖を横断飛行するジップラインのスタート地点もあるんですって♪

【丸1日遊べますね!】

そのほか、エントランスにはムーミンの物語が書かれた「本」のゲートをくぐり抜けたり、パンケーキを堪能できるレストランがあったり、キュートなグッズが販売されていたりとお楽しみがいっぱいな施設も。

また、世界最大級の品ぞろえとなるショップがあったり、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンの作品展示や映像上映があったりと、これまた楽しいお店やスペースがそろっている、地上3階建ての展示施設

さらには水浴び小屋や灯台など、ムーミンの世界を再現した絶好のフォトスポットまであって、朝から晩まで思いっきり遊べそう! 来年3月のオープンまで待ちきれないですね♪

参照元:プレスリリースメッツァFacebookInstagram@moominvalleypark
画像=© Moomin Characters TM
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

絶頂睡眠の秘密は「21の手技」だった! 日本一予約が取れない「悟空のきもち原宿神宮前店」で超快感マッサージを体験してきました


眠りたいのに、なかなか寝付けない。眠れない理由を考え始めると、ますます眠れない……という悪循環に。

そんな寝つきの悪い人やストレスを抱えている人にオススメしたいのが、日本初の頭の専門店「悟空のきもち」。施術開始から10分程度で、脳内を絶頂に導き、一気に寝落ちさせる技術で大人気のお店です。その人気具合はすさまじく、日本一予約が取りにくいのであります!

悟空のきもちが「アトラクション睡眠」をテーマにした、アミューズメントパークのようなコンセプト店「悟空のきもち原宿神宮前店」を2018年1月上旬にオープン。リラックスとは真逆のアトラクション睡眠ってなに!? 興奮しすぎて眠れなくなりそうなんですけど!! そこで、実際に体験してみることにしました。

【テーマパークのような楽しい空間】

お店のとびらを開けると、流れてくるのはスター・ウォーズのテーマ曲。そして、宇宙未来的な巨大オブジェがお目見えします。「あれ? 原宿じゃなくて舞浜に来ちゃったかな?」と、夢の国が大好きな私は大興奮!

受付を済ませ、案内されたのは「眠るタイムマシン」をモチーフにした、癒し系BGMが流れるフロア。施術室に表示されているデジタル時計や神秘的なライティングなど、時空を超えた雰囲気に「これはもしや、施術室がスペース・マウンテンなのでは!?」と、またしても大興奮。R2-D2とC3POはどこ?

【本当に絶頂睡眠は体験できるのか】

スペース・マウンテンを期待しながら、施術室へ入ると……。当然ながらそんなものなどはなく、セラピストさんが待機していました。着替えずにイスに着席すると間もなくイスが倒され、準備万端。

今回は、悟空のきもちで一番人気の「本流頭 揉みほぐし スタンダードコース60分」(6,200円)を体験します。絶頂睡眠とは、頭のコリをほぐしながら脳の快感を頂点に高め、まるでジェットコースターが急降下するかのように、一気に寝落ちさせるもの。脳がスッキリするのと同時に日々の眠りも良くなり、そのような状態が1週間程度持続するのが特徴なのだとか。

でも施設が楽しすぎて興奮が収まらないというのに、本当に絶頂睡眠なんて、体験できるの?

【気持ちよすぎる!! 頭の絶頂体験】

頭にタオルがかかると同時に、施術がスタート。セラピストさんの指で頭を押される刺激がとても心地よく、早くも脳がリラックスしてきました。

筋膜をストレッチしながら、頭のコリをほぐす独特の手の動き。これは「21の手技」というもので、悟空のきもちの代表者の方が考案したものだそう。不眠やストレスなどで疲れている頭を癒すための、安全で効果的な手業なんだとか。


セラピストさんの手に身を委ねていると……あるときを境に、タイムトラベルをしているかのように一気に記憶が飛んで、夢のような映像が脳内を駆け巡りました。

例えるなら、レム睡眠のときにすっごい気持ちのよい夢を見ている感じ。でもレム睡眠のときと違うのは、夢の中なのに頭の施術が続いているのは分かること。不思議すぎる!

施術が終わって、起こされたあとはものすごく時間が経つのが早く感じました。これまでマッサージを受けたあとは、心も体もリラックスしすぎて、仕事ができなくなってしまうこともあったのですが、こちらのもみほぐしは、施術後の方がむしろ頭スッキリ、仕事もガチではかどりました。すごい、すごすぎるッ!!

【予約を取る方法…リピーターになることだ!】

冒頭でもチラリと触れたように、悟空のきもちは日本一予約の取れないお店。これは日本全国に5店舗展開しているどこのお店でも同じだそうです。

ただ「原宿神宮店はそのなかでも、座席数が多いので比較的取りやすい」(石田さん)とのことで、予約の取り方としては「LINEのキャンセル待ち」か「お店のHPを見てキャンセル待ちを確認」する方法があります。


1度施術を受けると、お店の受付にあるiPadで次回の予約が可能。また、HPにはリピート会員予約専用のページもあります。ということで、まずは初回の予約をゲットすれば今後はずっと頭の絶頂体験ができるってことみたい!

ちなみに悟空のきもち原宿店は3月中を目処に拡張予定。各階ごとにコンセプトが異なるらしく、来店時に「◯◯のフロアで施術希望」と伝えれば、空いている場合は、そのフロアの施術ルームで眠りのタイムマシンを体験することができるそうですよ。全フロア制覇できるよう、睡眠のアトラクションを楽しみたいですね!

取材協力:悟空のきもち
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

さすが夢の国の住人!? 首がもげてブラ~ンと垂れ下がっても歌い続けた『リトル・マーメイド』のアースラさん

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムにある「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク」で、悲劇的な事件(?)が起きていたようなんです。

その様子をとらえたのは、ツイッターユーザー @dizzzymissyさんが投稿した動画。首がちぎれてブラ~ン状態となった『リトル・マーメイド』のヴィランズ、アースラの姿が映っています。こ、こんなことってあるの……?

【首がもげても歌い続けるアースラ】

リトルマーメイドをテーマにしたアトラクション「アリエルのアンダーシー・アドベンチャー」内で起きたと思われる、見るも無残なハプニング。ツイッターには他にも目撃情報が寄せられていて、どの写真のアースラも、気の毒としか言いようがない姿です。

しかし、そこは “夢の国” の心意気なのでしょうか。たとえ首が垂れ下がっていようとも、アースラは自身の楽曲『Poor Unfortunate Souls』を歌い続けているのであります。なんというサービス精神、そしてなんという根性……!

【アースラ……不運だし不憫】

首はぶら下がり、中の配線はむき出し。しかしお客さんが来ているのだから、歌をやめるわけにはいかないのです……もう、涙なしには見られないよ!

夢の国の一員として任務をまっとうするアースラをとらえた動画に、ついた「いいね」は1万900超。「怖い……」「鳥肌」「これがアースラの最終形態なのかも」といった具合に、コメントもたくさん集まっておりましたよ。

【そのとき「カリブの海賊」でも事件が起きていた!】

ちなみに……ツイッターユーザーの@HOPAJULさんのつぶやきによると、この日、同じ園内にある別のアトラクション「カリブの海賊」でも、「首ブラ~ン事件」が起こっていたようなんですよね。

投稿された写真を見ると、アースラ同様に、海賊の首が今にも取れそうにぶら下がっていることが見てとれます。2カ所で首が取れてしまうなんて、奇妙な偶然の一致です。ちょっぴり背筋が寒くなっちゃいますね……!

参照元:Twitter @dizzzymissy @christier0408 @HOPAJUL
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ありがとう「スタージェット」 ラストミッションを記念したスペシャルケーキセットがいただけるよ


2017年10月10日でラストフライトとなる、東京ディズニーランドのアトラクション「スタージェット」

このラストミッションを記念したスペシャルケーキセットがディズニーアンバサダーホテルのロビーラウンジ「ハイピリオン・ラウンジ」で提供中です。

私たちを34年間もの間楽しませてくれたあのロケットがイメージされていて、スタージェットの最後を飾るにふさわしい一品となっています。

【スタージェットをイメージしたスペシャルケーキ】

トゥモローランドでひと際目立つロケットと、周りを旋回するジェットをイメージしたというスペシャルケーキ。栗の甘みを楽しめるマロンのカップケーキに、アクセントでオレンジ風味のクリームとラズベリージャムが加えられています。

ディズニーアンバサダーホテルらしい上品さとスタージェットへの思いが感じられて、とっても素敵ですよね。セットの飲み物はコーヒーまたは紅茶から選べるそう。

【ケーキとともに思い出に浸って】

約5000万人(2017年6月30日時点)もが体験したという人気アトラクション「スタージェット」。きっと皆さんの心にもさまざまな思い出があるはず。ホテルのロビーラウンジでスペシャルセットをいただきながら、その思い出にゆっくりと浸ってみてはいかが?

販売は10月10日までで価格は1700円。1日の販売数に限りがあり、なくなり次第終了となるのでご注意を。

参照元:東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【シーでたまらん体験】新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」はニモと一緒に海を泳げてキュンキュンします♡


2017年5月12日、東京ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がグランドオープン! 場所は、惜しまれつつも2016年5月に終了した「ストームライダー」のあったところです。

オープンに先駆け本日5月8日、報道陣向けにお披露目されました。Pouch を代表して、私がひと足お先に体験してきましたよ〜っ。

【絶叫系ではありません】

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は映像とライドシステムの動きが融合してているタイプのアトラクション。舞台は、人気のディズニーピクサー映画『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』の世界です。

外観自体はストームライダーとあまり変わらない印象。だけど、海には魚型の潜水艇が浮かび、壁には大きな魚の群れのイラストが描かれています。

ニモやみんなの銅像もあるので記念写真にオススメですよ★

【施設の中に入るとそこには…】

大きな水槽らしきものが……!

水槽の中の模型は、ピンク色の魚型の潜水艇「シーライダー」です。

この「シーライダー」。海にいる魚を研究するべく開発されたもので、魚サイズに小さく縮む上に、「人工フィッシュ機能」が搭載され、操縦士がいなくても本物の魚のように動くという画期的な潜水艇なのですよ!

【いざ、海の世界へダーーーーイブ!! 】

海の中に突入すると…広がる世界がため息がでるくらい美しい。あちこちで魚が泳ぎ回り、たゆたう海藻……眺めているだけでとっても気持ちいいっ。

そしてニモやドリーと同じ、魚サイズになったことに気づきます。その光景は、人生初の「魚目線」の世界なのであります!

映画で見たニモやドリーなど数多くの仲間に話しかけられ、いっしょに泳ぎ、どんどんどんどん引き込まれていきます……。

何よりキューンとくるのが、ニモや亀のスクワート、そしてラッコのみんなとおでこをぶつけ合うこと。

ニモやみんなの可愛い顔を画面いっぱいに見れて、キュンキュンしちゃうのです! それに、魚の表面や動物の毛並みのリアル感がすんごいよ! さすがディズニーピクサーだよ☆

しかしここで事件が……

 

【続きはアトラクションでね!】

最近、海で泳いでいないけど、「きっとこっちが現実だ……! 魚はしゃべるものだ!」と、終わった瞬間、現実とニモとドリーの世界の境目で迷子になるくらい引き込まれてしまいました。

体験時間は5分。絶叫アトラクションが苦手な人や子供でも、臨場感のある海の世界を楽しめると思います。

幅広く愛される人気アトラクションになりそうな「ニモ&フレンズ・シーライダー」。私もまたあの世界に戻りたいよ〜っ!

取材協力:東京ディズニーリゾート
参考リンク:ニモ&フレンズ・シーライダー
取材・撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

続きはこちら