【全部アドリブ】ロバート秋山がちょいうざな「ヤリ手風ビジネスマン」を演じる / アドリブに耐えまくる役者さんの表情にも注目です

大人気の『クリエイターズ・ファイル』をきっかけに、 “憑依系芸人” としての揺るぎない地位を確立しているロバートの秋山竜次さん。

秋山さんは、現在放映中の日本生命のテレビCM「みらいのカタチ 『わかっちゃいるけど。』篇」に綾瀬はるかさんの同僚役として出演し、“健康的とはいえない生活習慣を綾瀬さんに心配される” という役を演じています。

そのCMのスピンオフ動画『オトナ定点観察』が、YouTubeで公開されました。テレビCMでは内容がコンパクトにまとめられていますが、新たに公開された動画では、秋山さんの驚異的ともいえる “アドリブ芸” が存分に披露されています。

「うわ~~~、こういう人いるいる~~~!」と叫ばずにはいられなくなる見事なキャラ設定に、惜しみない拍手を送らずにはいられないんですよ……。

【マジでこういう人いるよね】

今回のスピンオフ動画『オトナ定点観察』の主役は、ほかならぬ秋山さん。

秋山さんはどこにでもいそうなフツーのビジネスマンに扮し、大人なら身に覚えがありそうな「食べ過ぎ」「運動不足」「睡眠不足」「飲みすぎ」といった4つの “あるある” を、秋山さんならではの視点で表現しています。

【ヤリ手な営業マンって感じするわ~】

動画はビジネスマン・秋山さんの1日を順に追っていく形式。『紹介』篇、『デスクで昼食』篇、『取引先との打ち合わせ』篇、『社内会議』篇、『取引先との電話』篇。そして、すべての動画をまるっとまとめたダイジェスト版『メインムービー』の合計6本が公開されています。

秋山さんは、体全体から “ヤリ手感” がにじみ出ておりまして、後輩に注意を促すときには「とはいえ」を連呼。食事中であろうとも人材育成を怠りませんが、最終的には自分で何を言っているんだかわからなくなってしまうんです。

そのほかにも、取引先との名刺交換で調子に乗りすぎて腰をいわしたり。

会議中に襲い来る睡魔と必死に戦いながら、使い勝手のいいワード「極論」を使いまくったり。

さらには取引先との電話で、毎日飲みまくって睡眠不足だとアピールしたり……。こういう人、会社に1人や2人はいますよね。

【ぜーんぶ、秋山さんのアドリブなんです!】

動画を見て心底驚くのは、全編が秋山さんによる完全アドリブだという点です。鋭すぎる人間観察力と高すぎる再現力のたまものだと思いますが、改めて感服した次第。いやもうこの方、ガチで天才だと思います、ハイ。

参照元:プレスリリース、オトナ定点観察YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【板Phone!?】新三太郎CMはかぐちゃんのアドリブが炸裂! 桃・浦・鬼ちゃんの息ピッタリなアドリブ対応をご覧あれ


先日Pouchで紹介した、auの “三太郎シリーズ” CM新作「笑おう」篇。  それに続き、またまた新しいCM「半額屋」篇が公開されました!

神社の出店で「半額だよ~、半額!」と呼び込みをしている鬼ちゃん。子だくさんなので副業を増やしたという鬼ちゃんのお店の前へ通りかかったのは、お参り帰りの桃ちゃん、浦ちゃん、かぐちゃんです。

鬼ちゃんが半額で販売していたのは「板Phone(いたふぉん)」なる商品。い、板Phone……? どう見ても、ただの板なんですけど……。

【愉快なやり取りにご注目】

そう思ったのは、わたしだけにあらず。桃ちゃんも浦ちゃんも板にしか見えなかったようで、「ただの板じゃん!」とツッコミます。

ところが、かぐちゃんだけは「え、すごーい! 半額なの!?」「最新の板Phone半額だよ!」と大喜び。

桃ちゃんは、板Phoneをすんなり受け入れた(というか、知っていた?)かぐちゃんに戸惑いながらも、「で、これどう使うの?」と核心をつく質問をします。

すると、鬼ちゃんは満面の笑みで、「使い方は自由っす!」とひとこと。

これに続くかたちで、かぐちゃんはわざと板Phoneを落として「壊れない! 」とアピール。まあ、それくらいじゃ壊れないでしょうね……だって、板なんだもの!

【撮影はアドリブに次ぐアドリブだった】

auによると、最後に板Phoneをほっぽり投げて丈夫さをアピールするシーンは、実はかぐちゃんのアドリブだったそう妹のおりちゃん同様、姉妹そろってアドリブ上手ですよねぇ。

さらにスゴイのは、桃ちゃん・浦ちゃん・鬼ちゃんのアドリブが奇跡的にマッチした点!

かぐちゃんが投げた板Phoneを拾ってから3人が言う「でも、ダイジョーブ!」というセリフも完全にアドリブだそうで、タイミングも内容も偶然一致したんですって。共演が長いだけあって、息ぴったり~☆

【ツッコミが追いつかない「板Phone紹介ムービー」も必見】

ちなみに……半額よりも板Phoneが気になってしまったという方には、同日公開されたウェブムービー「板Phone 登場」篇がおススメです。

「すべての機能をそぎ落とした」「(叩いたときの)音がいいし、水に強い」「基本料も通信料もゼロ」など板Phoneの魅力がスタイリッシュに紹介されていて、ジワジワ度高め。

特に「リバーシブル」「近くにいる人と話せる」という部分で、わたしは笑いをこらえきれなくなりました。本家をしのぐ(?)本格的な仕上がりとなっておりますので、こちらもぜひご覧になってみてくださ~い!

参照元:プレスリリース、YouTube [1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

「彼氏ヅラすんなよ」は織ちゃんの完全なアドリブ!! 「三太郎」新CMはラストシーンにじわじわきます

人気のauCM「三太郎」シリーズに新作「餅つき」篇が登場。2017年12月1日より全国でオンエアを開始しています。

庭でぺったんぺったん、息の合った餅つきをしていたのは金太郎(金ちゃん)と織姫(織ちゃん)。「ピタッとぉー!」という威勢のいい掛け声をあげながら、金ちゃんが餅をつき、織ちゃんがこねる。そのテンポのいいやり取りに、桃太郎(桃ちゃん)と浦島太郎(浦ちゃん)はすっかり圧倒されています。

【ヤンキーちっくな織ちゃんの返しがたまりません】

餅をつくごとに掛け声もどんどん変化。金ちゃんが「ピタッときてるー?」と尋ねれば、織ちゃんは「ピタッときてない!」とぴしゃり。金ちゃんが「照れてる~?」と茶化せば、今度は織ちゃんが「照れてねーし!」と叫ぶ。


コミカルな2人の会話にしばし笑っていた桃ちゃんと浦ちゃんでしたが、次に織ちゃんの口から発せられた一言に驚くことになるのです。

【それって、オッケーってこと?】

調子に乗ったのか、金太郎が「付き合っちゃう~?」と尋ねると、織姫はふと手を止め「別に……いいよ」と答えます。まさかの展開に動揺を隠せない金ちゃんと、ドギマギする桃ちゃんと浦ちゃん。

しかし織ちゃんだけはいたって平常心で、3人のあたふたぶりをよそに再び威勢良く餅をこね始めるのです。

【織ちゃんの厳しい一言にご注目】

予想外の「オッケー」をもらって調子に乗った金ちゃんは、織ちゃんに対し「今日泊まってけよ」と言い放ちます。ところが織ちゃんから返ってきたのは、「彼氏ヅラすんなよ」という手厳しい返事……。

浦ちゃんまで織ちゃんに同調して、「あ、そう思います!」なーんて言っちゃうし、完全に金ちゃんの “立つ瀬なし” です。どんまい!

【実は…「彼氏ヅラすんなよ」はアドリブなんです!】

驚くのは、「彼氏ヅラすんなよ」と「あ、そう思います!」というセリフが完全なアドリブだということ。とっさにアドリブを加えた織ちゃんもスゴイけれど、そのアドリブにすかさず対応した浦ちゃんの “反射神経” にも感服せざるを得ません。

このあたりのやり取りはテンポが早くて、それなのに不自然さが全くなくて、とてもアドリブとは思えない~! ぜひこの点に注目してみてくださいね。

参照元:プレスリリース、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

草彅剛さんが「1本満足バー」新CMで今まで以上のはっちゃけダンスを披露! なんとあのダンスはアドリブなんだって


「マンマン、満足! 1本満足~♪」のキャッチフレーズでおなじみの「1本満足バー」。その新CMに草彅剛さんが登場し、今まで以上のはっちゃけダンスを披露しています。

また、メイキング動画がYouTubeに公開されているのですが、そこでは「新しく生まれ変わった……僕と同じですね」というような草彅さんの発言も。今後の意気込みなどについても語っていて、見逃せない内容となっています。

【満足ダンスは草彅さんのアドリブだった!】


CM自体はこれまでの雰囲気を踏襲。サラリーマンに扮する草彅剛さんが、他のサラリーマンたちとはっちゃけたダンスを踊るというシンプルな内容になっています。


驚いたのが実はこのダンス、すべて草彅さんのアドリブなんだとか! それに対して他の人たちが即興で合わせていくというなんともライブ感あふれる作りになっているそう。また、1本満足バーをカリッとかじるのもワンテイクで決めるというこだわりがあるのだとか……。このことを知って見ると、さらに味わいが増しますね。

【草彅さんへのインタビューにも注目】


そして草彅さんへのインタビュー映像もYouTubeでは公開。新しくなった1本満足バーについて食レポを求められると、「新しく生まれ変わった……僕と同じですね」なんて自身と重ね合わせた、ちょっとドキッとするような発言も。

また、今後やってみたいことについては「歌やお芝居、舞台もそうですし、必要としてくれる人がいたら、どんどんと自分の気持ちをぶつけられる場所っていうのを見つけてお仕事がしたい」と語っています。

そして個人的に心動かされたのはこの言葉。「不安要素やネガティブなことは新しい世界に飛び込む時には誰でも感じることではあるけれど、それを楽しい方向に変換して頑張っていきたい」(要約)。草彅さんだけでなくすべての人に通じる言葉で、新しいことを始める人へのエールになるのではないでしょうか。

【CM、インタビューともにYouTubeで公開中】

1本満足バーのCMは現在すでに放映中のほか、YouTubeにて草彅さんへのインタビューとともに視聴可能です。今回CMを見ていて改めて思いましたが、この妙に中毒性のあるキレッキレのダンス……これはやっぱり草彅さん以外には考えられませんね!

参照元:YouTubeアサヒグループ「1本満足バー」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

『人は見た目が100パーセント』最終回でまさかの「國木田ロス」続出 / 鈴木浩介さん演じる國木田のギリギリ演技が周りの役者を震わせていた件

2017年6月15日に最終回を迎えたフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』。

主人公・純(桐谷美玲さん)とその研究員仲間たち、満子(水川あさみさん)と聖良(ブルゾンちえみさん)が失敗を重ねながらビューティー研究する姿。最終回直前に急展開を迎えた純と榊さん(成田凌さん)の恋模様。

このドラマの見どころは数あれど、やはり外せないのは、鈴木浩介さん演じる國木田さんこと國木田修の存在でした。見れば即座に元気をもらえる國木田さんに会えなくなるというだけで、もうすでに寂しいお……。

【画面に登場するだけで笑える】

研究センター長として純たちを指南、ビューティー研究に協力してきた國木田さんのシーンでは、毎回大爆笑。

Instagram Photo

ちょっぴりオネエの入った口調でビシバシ辛口コメントを吐く姿、“失敗パーマへア” や、“アンディ・ウォーホル風ヘア” といった奇抜な髪型などで、そりゃあもうたくさん笑わせていただきました。

Instagram Photo

【絶対アドリブぶっこんでるよね!?】

出演者たちの笑いをこらえたような表情を見るかぎりでは、國木田さんのシーンの大半はアドリブなのではないかと推測できます。

最終回でいえば、「髪型変だっていえばいいじゃん!」とこわばった顔で連呼するシーンに、変なポーズで「ゴゥゴゥゴゥ~~~!!!!!」と満子たちをけしかけるシーン。

さらにはパニックに陥った聖良が箱から取り出してしまったカレー粉を「中辛、中辛……!!」と言いながら食べようとするシーン。それから純たちに対して「もう 全部脱ぎなさい、丸裸になれぇ!!!」とハッパをかけるシーンなども、もしかしてぜ~んぶアドリブだったりして!?

【國木田ロスを訴える人々】

このように、毎度コミカルなやり取りで存在感を示してきた國木田さん。ドラマファンのみなさんはすでに “國木田ロス” に陥っているようで、『人は見た目が100パーセント』公式インスタグラムにはコメントがたくさん寄せられておりましたよ。

「だいすき!! 貴方が居てこそのドラマでした」
「國木田さんのシーンはいつも面白すぎました」
「水川さんと鈴木さんのタッグは毎週最高の仕上がりでした」
「最後の最後まで笑いのツメ跡を残してくれた國木田さ〜ん(笑)」
「寂しいなぁ」
「払いますから〜中辛〜!!!!! 病みつきです。そして國木田ロスです」

ツイッターもチェックしてみたところ、「カレー粉のくだりアドリブ入ってるし 素で笑ってるよな」「NG集が観たい。國木田さんのくだりはたぶんほとんどアドリブに違いないもの」「國木田さんのアドリブが一番印象に残ったドラマだったな」といった具合に、國木田さんのセリフをアドリブ認定している人がかなりいるようでした。

【やっぱり! アドリブ連発していたみたい】

ちなみに國木田さん……もとい、鈴木浩介さんのクランクアップ写真が掲載されたインスタグラムには、次のようなコメントが書かれております。

「自由にお芝居をやらせていただいて多大なるご迷惑を……」

自由にお芝居、ですと? それじゃあやっぱりみんなの予想どおり、現場でアドリブ炸裂させまくっていたんですね~! さすが実力派俳優~! そういうとこ、大好きだよ~~~!!

参照元:フジテレビInstagram @hitopa_fujiTwitter検索「國木田さん」
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら