日本版ハイジという可能性も…高畑勲監督『かぐや姫の物語』は改めて見直してほしい珠玉の名作です【GW映画】


【オススメ★シネマ批評】
映画ライター斎藤香が、DVDで見た映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

アニメ界の名匠・高畑勲監督が2018年4月5日に享年82歳で永眠されました。1985年、宮崎駿監督と共にスタジオ・ジブリの設立に参加。スタジオ・ジブリの作品が日本のアニメ界を牽引し、世界で人気を博すようになったのは、高畑監督の尽力も大きいのです。

高畑監督はテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』や、劇場アニメ『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』など、素晴らしいアニメ作品を世に送りだしてきました。その高畑監督の遺作となったのが、「竹取物語」を映画化した『かぐや姫の物語』です。

この作品は高畑監督の14年ぶりの新作として、2013年11月23日に公開。第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされました。アカデミー賞にノミネートといっても、ギラギラしたゴージャス映画ではありません。とても品よく美しく、しみじみと “日本”を感じる作風です。この作品を見ながら、高畑監督のアニメの魅力を探っていきたいと思います。

【物語】

竹取の翁(おきな:地井武男)は、竹林で光る竹から、小さな女の子を発見。翁と媼(おうな:宮本信子)は、大自然の中でノビノビと育てます。けれども翁は、竹から小判と着物がたくさん出てきたことから「これは、竹から生まれた女の子を立派な女性に育てなさいというお導きだ」と都に屋敷を建て、一家は山から引っ越します。

「かぐや姫」と命名された姫(朝倉あき)は美しく成長し、多くの殿方からのプロポーズを受けます。しかし、彼女は決して首を縦に振りません。やがて、かぐや姫の評判を聞いた御門(みかど:中村七之助)が宮中に招こうとするのですが……。

【かぐや姫の心の葛藤がすさまじい】

映画『かぐや姫の物語』は、新解釈ではなく、多くの人が知っている「竹取物語」から大きく逸脱はしていません。でも大人になって、映画化作品として改めて見ると、子供の頃には見えなかったものが見えてきます。

翁は小判や着物を手に入れたとき、「この宝物でこの子を幸せにするのだ」と考えます。けれども、その幸福は、高貴な殿方に見初められて嫁に行くことだと決めつけてしまいます。そういう時代だったのですが、かぐや姫の表情は徐々に曇っていきます。なぜなら、かぐや姫は、野山を走りまわる活発な少女だったからです。

【かぐや姫を苦悩させる “幸福” 】

かぐや姫は、幼い頃から成長が早かったので友達から「竹の子」と呼ばれ、仲間のひとり、捨丸(高良健吾)とは特に仲良し。捨丸とは、淡い初恋らしきものも芽生えます。彼女はそのとき、すでに幸福で、竹の子のままでいたかったのです。

かぐや姫は都に移り住み、高貴な殿方に次々と求婚されますが、まったくその気がないので、彼らに「結婚の条件」として無理難題を押し付けて結婚を回避しようとします。

そして彼女はどんどん引きこもり、暗くなり、悪夢を見るほどに。けれども、翁が姫の結婚に必死なのは、彼女の幸福を願っているだけ。かぐや姫もそれをわかっているので、余計辛いんですよね。

見ているこちらも苦しく、まさかヒロインに、こんなに葛藤がある物語だとは思いもしなかったです。

【最新技術で映し出される水墨画のようなアニメ】

高畑監督がとても時間をかけて構想&製作するタイプなのは有名。『かぐや姫の物語』には8年を費やしていますが、最高クオリティの作品に仕上げたのはさすが天才です。描線の筆書きのようなタッチや上品な淡い色彩は、水墨画のようにも見えて「こんなアニメがあるのか!」と驚きました。

高畑監督は背景とキャラクターが一体化して、一枚の絵が動くようなアニメーションを目指したそうですが、それを叶えるために新しいスタジオを作ったほど力を入れたそうです。もう、ハンパない完璧主義者ですね!

宮崎駿監督の作品は、そのメッセージ性がガツンと全面に押し出される傾向を感じますが、高畑監督の作品は「アニメーションはどこまで進化できるか」と、技術的に新たな地平を切り開くことに燃える監督のように、私は思えました。

【アルプスの少女ハイジに似ている?】

高畑監督の代表作として挙げられるものに『アルプスの少女ハイジ』がありますが、『かぐや姫の物語』には、ハイジっぽいと感じる箇所があります。というか、かぐや姫は、ハイジとクララをミックスさせたような存在かと。

山でノビノビ暮らしていたハイジが、都会での生活を余儀なくされる展開も似ていますし、かぐや姫のたたずまいは、山編ではハイジ、都編ではクララを思わせる感じです。特に、窮屈な生活にウンザリしている様子はクララかなと。そして、ロッテンマイヤーさんは教育係の相模(高畑淳子)、ピーターは捨丸でしょうか。そんな風に、この作品を見ていくのも楽しいです。

高畑監督と宮崎監督は「いつか日本を舞台にハイジを作りたい」と語り合っていたそうですが、それは『かぐや姫の物語』かもしれません。

高畑アニメの新作がもう見られないのは残念ですが、本作を見た後に、さかのぼって見ていくのも楽しいと思いますよ。

参照:かぐや姫の物語スタジオジブリ
執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『かぐや姫の物語』
原案・脚本・監督:高畑勲
声の出演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢
(c)2013 畑事務所 GNDHDDTK

続きはこちら

ピクサーの新作『カーズ/クロスロード』はレースシーンに興奮し、マックイーンの運命にジワリ感動する傑作です【最新シネマ批評】


【最新シネマ批評】

映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、ピクサーの最新作『カーズ/クロスロード』(2017年7月15日公開)です。『カーズ』シリーズの第三弾! ワタクシ3作品とも見ていますが、本作は映像のリアル感がグーンと増し、レースシーンは「ウォオオオ!」と手に汗握りましたよ。 では物語から行ってみましょう!

【物語】

天才レースカーのライトニング・マックイーン(声:オーウェン・ウィルソン)は、最新レースカーのジャクソン・ストーム(声:アーミー・ハマー)に敗れてしまう。同世代の車たちは引退していき、マックイーンはすでに超ベテラン。「まだまだ負けない!」と迎えた最終レースですが、マックイーンは大クラッシュ! 大けがを負い、気持ちはドン底のマックイーン。

しかし、ラジエーター・スプリングスの仲間に励まされ、マックイーンは最新トレーニング施設でトレーナー車のクルーズ・ラミレス(声:クリステラ・アロンゾ)の指導のもと、再起を目指すのですが……。

【マックイーンがガチなレースの世界に帰って来た~!】

第1作目の『カーズ』で初登場したマックイーン。そのときの彼はすでにレース界のスターで、けっこう天狗でした。しかし、田舎町ラジエーター・スプリングスに迷いこんでしまったことをきっかけに、町の素朴な車たちとの交流で変わります。自己中だったマックイーンが、大人の心を持ったレースカーになったのです。

『カーズ2』は、ワールド・グランプリ中にスパイ騒動に巻き込まれるというちょっと脱線したストーリーでしたが、本作では、再びガチなレースの世界に帰ってきてくれました! 本作は第1作目の流れを組む作品なのです。

【ベテラン車マックイーンの苦悩】

もはやベテランの域のマックイーンは、本作で新しい性能の車に勝てるのかという問題を突き付けられます。簡単に抜き去られて、焦ってムキになったら転倒。マックイーンは、心も車体も凹んでしまいます。

トップを走ってきたベテランが若くて勢いのある新人に後ろからつつかれ、限界を感じる場面はアスリートの人生でよく見かけます。今回のマックイーンはそれと同じ。最新式の新しい車になろうとしても、プログラムになじめない。「もう自分は古いのか」と悩みまくるマックイーンを見ていると、こっちも胸が痛くなる……。

【思いがけない展開に驚き!】

ところが、マックイーンにはラジエーター・スプリングスの仲間がいて、優秀なトレーナーのクルーズ・ラミレスとの出会いがあり、それがマックイーンの心を癒します。クルーズはレースカーになりたかったけど夢を諦めてトレーナーになったのですが、再起を目指すマックイーンと走ることで、スピードだけがレースじゃない、挑戦することが大切だと言うことに気付くのです。

マックイーンのベテランの悩みも、クルーズの夢を諦めて違う道を選んだ過去も、自分の人生に当てはめて考える人や今後の自分に起こり得ると考える人もいそう。挑戦するマックイーンとその背中を追いかけるクルーズの関係は、人生の先輩と後輩の熱い交流のようで、ジーンとしてしまいます。

そして後半のレースシーンの迫力に手に汗握り、思いがけない展開に「え~!」みたいな。本当に気持ちよく感動と興奮をいただきました! また前2作に比べるとヴィジュアルがすごい。車体の質感など本物さながらでビックリです。

老若男女誰が見てもおもしろい『カーズ/クロスロード』。スクリーンでマックイーン達と共に人生(車生?)とレースを追体験してください。

執筆=斎藤 香 (C) Pouch

『カーズ/クロスロード』
(2017年7月15日より、TOHOシネマズ六本木ほか全国ロードショー)
監督:ブライアン・フィー
声の出演:オーウェン・ウィルソン、クリステラ・アロンゾ、アーミー・ハマー、クリス・クーパーほか
日本語吹替え版:土田大、松岡茉優、藤森慎吾、戸田恵子、赤坂泰彦、福澤朗、山口智充ほか
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

続きはこちら