みんな違ってみんな素敵! アフロヘアの黒人少女たちの写真シリーズ「アフロアート」に込められた思いとは?

人間は一人ひとりちがうもの。だからこそ素晴らしいはずですが、逆にそのために「人とはちがう自分」に自信を持てない人がいることも事実。

そんな子どもが一人でも減るようにとの願いから活動している写真家カップルがいます。夫のRegis(レジス)と妻Kahran(カーラン)のふたりは黒人少女たちのヘアスタイルをテーマにした「アフロアート」と呼ばれる写真シリーズを撮影しているんです。

【生まれ持った自分の髪に自信が持てるように】

Instagram Photo
黒人に多い生まれつきの縮れ毛。アフロヘアはオシャレなヘアスタイルとして私たち日本人の間でも真似する人が多くいます。しかし、メディアによっては“ある一定の美の基準”が存在することも否定できません。海外サイト「deMilked」によると、レジスとカーランのふたりは

「有色人種の子どもたちも白人と同じように、メディアではポジティブなイメージでとらえられることがとても大事だと感じる」
「世界中の女の子たちが自身の個性と美しさを愛せるようなインスピレーションを感じ取ってほしい」

と話しているそう。

【アフロヘアの魅力が伝わる写真たち】

レジスとカーランのインスタグラムには、そうした思いから撮影された画像がズラリ。黒くてフワフワした縮れ毛を最高に魅力的に見せるヘアアレンジや、カラフルな洋服とのコーデが映えるヘアスタイルなどが満載で、見ているとこちらも明るくポップな気持ちになります。

Instagram Photo

私たち日本人は日本人で生まれ持った黒髪を美しいと称えられることもありますが、なかなか自分では自分の美しさには気づけないものなのかもしれません。

レジスとカーランの写真に写ったアフロヘアの少女たちがとても美しいのと同様、私たちの黒髪だって美しいし、光り輝くブロンドヘアだって美しい。生まれ持った自分の姿に誇りを持ち、自分とちがう人たちの美しさも受け入れることができる。それが本当の意味での多様性といえるのかも。

Instagram Photo

【まずは気軽に眺めてみて】

Instagram Photo
レジスとカーランの写真からはそうしたことが伝わってくるよう。でも、まずは難しいことは考えず、ファッション誌を見る気分で写真を眺めてみて。少女たちの素敵なアフロヘア&スタイルの数々に皆さんもポジティブなインスピレーションをもらえるはず!

参照元:Instagram @creativesoulphotodeMilked
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【いつかライフハック】頭がアフロだと「卒業式の角帽」はかぶりにくい → 画期的な解決法あります

海外の卒業式で見られる、角帽。卒業生全員で天高く放り投げるアレを美しく被るためのライフハックをインスタグラムとYouTubeチャンネルで披露していたのは、アメリカNYに住むヘア&ビューティーブロガー、Chizi Duruさんです。

見事なアフロヘアが美しい彼女が教えてくれたのは、アフロヘアの人が角帽を被るためのライフハック

ボリューミーなヘアスタイルの持ち主にとって、あの見るからに “ぺったんこ” な帽子を被るのは至難の業。しかしほんのちょっとの工夫で、そんな問題を即座に解決することができちゃうみたいなんです。

【カチューシャがあれば即解決☆】

頭にしっかりと装着するため、角帽の内部は柔らかな筒状になっています。Chizi Duruさんが考案したのは、この中心部にプラスチックのカチューシャを貼り付けるという方法。カチューシャをつけると、角帽をヘアアクセのように使うことができます。

ボリュームのある髪がヘアバンドをうまく隠してくれて、これならカッコよく身につけることができますね♪
Instagram Photo

【卒業を機にアイデアを思いついたみたい】

超簡単なので、誰でもトライすることができるところがポイント。

インスタグラムによると、生物学の理学士を取得、卒業式で角帽を被らなければいけなくなったことがアイデアが生まれるきっかけだったよう。改めてChizi Duruさん、卒業おめでとうございます~。

【接着剤を使ってしっかり留めましょう】

この動画では、撮影のためにテープで簡単に固定していますが、実際に使うときはより強度を増すために接着剤かダクトテープを使うのがおススメとのことです。もしあなたのヘアがボリューミーで、なおかつ角帽を被る機会があったら、ぜひとも試してみてくださいっ。

参照元:YouTubeInstagram @chiziduru
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら