【これすごい】道にポイ捨てされたチューインガムをスニーカーへリサイクル!? 見た目もガムっぽくて超可愛いです♡

道端に捨てられているチューインガムを踏んづけた経験、きっと誰しも1度くらいはあると思うんです。あの瞬間の、なんともいえない不快感を思い出すだけで、うんざりしてきちゃう~!

オランダの首都アムステルダムでは、 毎年150万キログラムのガムが街に捨てられているといいます。ガムはタバコの吸いがらの次に多いゴミらしく、ガムの除去にかけているお金は数億円にものぼる(!)のだとか……。

この状況をなんとかしようと生まれたのが、捨てられたガムをスニーカーとしてリサイクルしようというアイディアです。街にとって “厄介者” でしかなかったガムがオシャレアイテムに生まれ変わるだなんて、一体誰が想像できたでしょうか。

【ガムが使用されているのは「ソール」部分】

ガムをリサイクルしたスニーカーの名前は、「ガムシュー(Gumshoe)」。ド直球なネーミングがわかりやすくて、好印象を持ってしまいますね。

商品開発のためタッグを組んだのは、アムステルダムのPR活動を行う団体「I amsterdam」、ファッションブランド「Explicit Wear」、ガムをリサイクルし廃棄物ゼロを目指す企業「Gumdrop」。ガムはスニーカー全体ではなく、ソールの部分にだけ使用されているようです。

Instagram Photo

【クールなブラックと華やかなピンク、どちらを選ぶ?】

デザインを手がけたのは、ガム製ソールを生み出した「Gumdrop」に勤務するデザイナー、アナ・ブルスさん。

ソール以外の部分はレザー製で、カラーはブラックとピンク。ブラックのほうはソールのみレッドカラーになっていて、クールな雰囲気。一方のピンクはソールもその他の部分もすべてピンク色に染まっていて、パッと花が咲いたかのように華やかです。

【ソール裏のデザインにもグッときます】

スニーカーのデザイン自体は至ってシンプル。

どんな洋服にもぴったりマッチしそうなのですが、ソールの裏をよ~く見ると、そこにはアムステルダムの市内地図が! こういう “見えないオシャレ” って、ホント心憎いですよねぇ。

【素朴な疑問:ガムの匂いはするのかな?】

「ガムシュー」は「Explicit Wear」のウェブサイトにて現在予約受付中で、2018年6月17日時点では、199.95ユーロ(約25000円)ディスカウント価格の49.95ユーロ(約6400円)で購入することが可能でした。この先、価格が変わる可能性もあるので、買う前にチェックしてみてください。

ちなみに……特にピンク色の「ガムシュー」は、色の鮮やかさが本物のガムを連想させて今にも甘~い匂いが漂ってきそうなのですが、実際には匂いはしないそうです。ちょっぴり残念に思ってしまったのは、わたしだけじゃあないよね!?

参照元:Gumshoe AmsterdamExplicit WearYouTubeInstagram @explicitwear
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

あえて“オモチャのような電動歯ブラシ”が誕生! 子供達が歯みがきに慣れ親しめるよう考え抜かれたデザインでした


子どもを育てるうえで、身につけさせなくてはならないマナーはいろいろあります。食事、着替え、トイレ……そして歯みがきもそのひとつ

子どもが自分からすすんで歯みがきに向かってくれれば親としてはしめたものですが、これがなかなかむずかしい! なにか遊び感覚で楽しみながらやってくれる方法はないものかと日々お悩みのパパやママも多いことでしょう。

今回ご紹介するのは、オランダのアムステルダムにある「Studio HNSDGR」というデザインスタジオが作った子ども用電動歯ブラシ。ポップなカラーにユニークな形状……見た目からしてすでにおもちゃみたい! これなら子どもも歯みがきが好きになっちゃうかも!?

【形がユニーク! 3種類の歯ブラシ】

歯ブラシはぜんぶで3種類。持ち手部分がまん丸になっていてブラシ部分がとっても小さな歯ブラシ、三脚のような形の歯ブラシ、そして一見ノーマルながら根本部分が受け皿のようになっている歯ブラシがありますが、どれも日本ではお目にかかったことのないようなデザインです。

【年齢に応じて段階的に使い分け】

対象年齢は0歳から8歳まで。まず最初は持ち手が丸い歯ブラシで、おもちゃ感覚で慣れ親しむのだそう。3歳以降になると三脚の歯ブラシになり、グリップ部分を両手で握って磨きます

こうして段階的に使い分けていくことで、やがては大人と同じ形状の歯ブラシで磨けるようになるのだとか。いろんな色や形の歯ブラシで楽しんで磨くとともに、子ども自身も「だんだん大人の歯ブラシになっていくんだ!」という誇らしい気持ちが芽生えていきそうです。

【機能も優秀】

グリップ部分は耐久性のあるやわらかなゴム製で持ちやすくデザインされています。これなら、小さな手から滑り落ちることもありません。電動歯ブラシとして音波で振動する機能があるほか、LEDライト付き! 子どもの口は小さくて奥まで見づらいものですが、これなら明るく照らしてくれて見えやすいですね。

子どものことをよーく考えて作られた電動歯ブラシ。これで子どもが歯みがきに慣れ親しんでくれるならありがたい限り! 我が家の子どもたちにも一度使わせてみたいものです。デザイン的にも素敵なので、洗面所に置いたままでもオシャレ感がありますね!

参照元:YouTubeStudio HNSDGRYANKO DESIGN
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【最&高】海外にはバーテンダー常駐のお酒博物館がある! オランダ「ハウス・オブ・ボルス」は酒好きを夢中にさせる仕掛けがいっぱいでした


オランダの首都・アムステルダムは、ミュージアムがとても多い都市。ゴッホやレンブラント、フェルメールなど、教科書に載っているような作家の名画が並ぶ美術館だけでなく、チューリップやチーズの博物館や、薬物や性風俗を扱うものまで、ありとあらゆるミュージアムが存在します。

なかでもユニークなのが、「ハウス・オブ・ボルス(House of Bols)」というスピリッツとリキュールの博物館。鑑賞後には、常駐するバーテンダーがカクテルを作ってくれるそうなのです!

【五感が刺激される、とっても楽しいミュージアム♪】

リキュールとスピリッツのブランドとして知られる1575年創業の「ボルス」。ハウス・オブ・ボルスは、このボルスが運営するミュージアムとして2007年にオープンしました。

このミュージアムでは、400年以上の歴史を誇るボルスのジュネヴァ(オランダ生まれの蒸留酒)について、さまざまな角度から学ぶことができます。

ジュネヴァは、ライ麦やトウモロコシなどが主原料のモルトワインに、ジュニパーベリーなどのハーブやスパイスを加えたお酒(スピリッツ)のこと。世界的に有名な「ジン」のモデルになったお酒ということで、ダッチ・ジンとも呼ばれています。

【ジュネヴァの歴史やアトラクションを楽しめる】

1820年にボルス・ジュネヴァの原型を作ったのが、創業者の孫のルーカス・ボルス氏です。このミュージアムでは、ボルス氏と親交が深かった画家のレンブラントが贈った絵画や、ボルス氏直筆のジュネヴァのレシピなどの歴史的なお宝や、スピリッツの製造方法を知る展示物を鑑賞できます。

さらに、バニラやストロベリーなどの匂いを楽しめるアトラクションや、揺れる密室で液体を試飲するゲームといった、観るだけでなく香りや味を楽しめるアトラクションも多数!

【かわいすぎる!! デルフト陶器のボトル・コレクション】

わたしの乙女ゴコロがときめいたのは、白地にブルーが映える「デルフト・ブルーハウス」のボトル・コレクションです。デルフト・ブルーはオランダ南西部の町・デルフトで16世紀から作られている陶器のこと。今も職人がひとつひとつ手作業で絵付けしています。

そして「デルフト・ブルーハウス」は、オランダの伝統的な家をかたどった陶器のボトル。中にはハウス・オブ・ボルスのジュネヴァが入っています。

これはKLMオランダ航空のワールドビジネスクラスに搭乗した人が、機内で1つだけもらえるプレミアムギフトで、お店では買えない非売品

デザインにはアンネ・フランクの家や、レンブラントの家などがあり、毎年新作のお家が登場するそう。コレクターの間ではとても人気があるんですって。

ちなみにミュージアムショップでは、ジュネヴァ入りのデルフト・ブルーの家(22.5ユーロ/約3,000円)が売っています。KLMのコレクションとは別物ですが、これなら私のような庶民にも手が届くお値段ですね。

【展示の後はバーでカクテルタイム!】

展示を見終わったあとは、壁と天井が鏡になっているシックで大人っぽい雰囲気のミラーバーでお待ちかねのカクテルタイム!

バーエリアにあるタッチパネル式のスクリーンで「フルーティー」「シトラス(柑橘系)」「クリーミー」などのカテゴリーから40種類のカクテルを選ぶことができます。

ちなみに人気が高いのは「オリジナル・コリンズ」という、レモンが爽やかに香るクラシックカクテルだそうですよ。

【バーテンダーが目の前でシェイク!】

今回は取材のため特別に、バーテンダーの女性がオリジナルのカクテルを作ってくれました!

「どんなお酒が好き?」「今はどんな気分?」との問いかけに「プロバンス産のロゼワインが好き。フルーティーで爽やかなものが飲みたい気分」と答えると、エレガントな香りの「ボルス・ジュネヴァ21」をベースに、ライチリキュールとクランベリージュースなどをミックスした華やかなカクテルをサーブ。

「何コレ? こんなおいしいカクテルは初めて!!」と、心の底からそのおいしさに感動しました。わたしがそのときに欲していたカクテルのイメージにピッタリ。ミュージアム常駐バーテンダーの実力はスゴかった!

【入館料にカクテル1杯分が含まれている】

入館料はカクテル1杯付きで16ユーロ(約2,150円)。2杯以降は5ユーロ(約670円)でオーダーできるところも、カクテル好きにはうれしいサービスです。

お酒に関するミュージアムでは、他にもオランダ生まれのハイネケンについて学べる、生ビール付きの「ハイネケン・エクスペリエンス」があり、こちらも有名です。けれども、個人的にはクラシカルな雰囲気の「ハウス・オブ・ボルス」も、ぜひチェックしてみてほしい場所のひとつです!

参考リンク:House of Bols
画像(博物館外観):(C) House of Bols
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら