肌をスマホから守るスキンケアですと!? ファンケル「アンドミライ」は仕事女子の味方になってくれるかもしれません


朝起きたときから寝る直前まで、スマホが手放せない! そんな人も多いのではないでしょうか。毎日の生活に欠かせないスマホですが、集中しすぎると、お肌にも悪影響があるのだとか。

アラサー女子のお肌に透明感と潤いを取り戻すべく、無添加化粧品のファンケルが、スマホによる肌ダメージに着目。お肌のスマホ疲れに特化した、現代を生きるアラサー女性のためのスキンケアブランド「AND MIRAI(アンドミライ)」が登場しました。プロジェクトに携わったのは、ファンケルのアラサー女子たち……という徹底ぶり!

新商品の発表会へ行ってきたので、使用感などもあわせてお伝えしていきますよ。

【ブルーライトが肌老化の原因に!?】

睡眠の妨げや眼精疲労の原因として知られる、ブルーライト。スマホやパソコンなどのLEDディスプレイに含まれる光です。紫外線より肌奥まで届き、肌を乾燥させ、ハリの低下やくすみなど、肌にさまざまな影響を及ぼすという説があるそう。

ブルーライトが、肌にも影響するだなんて知りませんでした! また、ブルーライト以外でも下向きの姿勢による長時間のスマホいじりや、マスクの習慣化、噛まない食事なども肌力を低下させる要因とのこと。気をつけたいですね!

【ブルーライト対策ができる3つの新商品】

アラサー女性の肌力を高めるべく、ファンケルが注目したのが「桜発酵チャージ成分」。春の日差しやLEDの照明のもとでも美しく咲く八重桜由来の酵母を使用、ファンケルが独自ブレンドした美容成分です。これに肌弾力をサポートするキレイホルモンの一種「マイオカイン」を活性化させるダブルアプローチにより、肌の底上げを目指すのが新登場のアンドミライです。


スキンケア商品は、こんにゃくスクラブ入り温感ジェル洗顔「アンドミライ スキン アップウォッシュ」(税込1296円)、ブースター効果のあるしっとりローション「アンドミライ スキン アップローション I」(税込2484円)、ブルーライトをカットするイエローバリア成分入りの「アンドミライ スキン アップジェルクリーム」(税込3024円)の3種類。

いずれも桜発酵チャージ成分と、マイオカイン活性化の目覚まし処方により、お肌の弾力・うるおい・透明感のアップを目指します。

【お肌がぷるっぷるに】

新商品を発表会で試してみました。手の甲にジェル洗顔をのせて、指さきでくるくるマッサージ。次第に温かくなる感覚がとっても新鮮で、ジェルを拭き取ったあとの肌はすべすべに♪

続いてローションをなじませていきます。さらっとした使い心地ながら、塗った後はもっちり。ブースター効果があるかどうかはよく分からなかったけれど、肌がしっとりしたのは確かです。

最後はジェルクリームで仕上げます。ブルーライトをカットしてくれる黄色いクリームは乳液・美容液・パック・化粧下地の1品4役なので、朝の忙しい時間帯でもこれ1本でOKなのがうれしいですね。

私の手はどんなに保湿しても、すぐ乾燥してしまうのが悩みの種。アンドミライを使ってみて、いつも乾燥している私の手の甲がしっとりぷるるんとするのを感じることができました。うん、これならお肌の改善も期待できるかもしれない!


アンドミライは「東急ハンズ」や「ロフト」などのバラエティショップや、通販サイト「アマゾン・ジャパン」などで2018年4月1日より発売中です。

これからは紫外線対策だけでなく、ブルーライト対策も必須になりそう。使い心地が気に入ったので、私もブルーライト対策を頑張りたいと思います!

参照元:ファンケル アンドミライファンケル マイオカインプレスリリース
取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら

アラサー女子がモテテク「男子のソデをかわゆく引っ張る」をやってみたところ悲惨すぎる結果に

全国の独身アラサー女子のみなさぁーん、恋してますかぁー?

と、ほんわかとした雰囲気でスタートしてみましたが、これはかなり深刻な問題です。そう、独身アラサー女子にとって、「現在進行形で恋をしているかどうか」……これは今後の人生設計に大きく関わるインポータントなプロブレムなのです。

高校生のとき、あんなにうざかった進路指導の先生。あなたのありがたみが、今なら分かります。進路を指導してくれる人が皆無という状況で、今の私はまるで荒れ狂う大海原を漂流する小舟のよう。誰でもいいから、せめて恋愛の東西南北を教えて!

はぁ、とりあえず恋がしたい……片思いでもいいけど、両思いならさらにナイスです。そこで、これまでの恋愛経験で得た知識をフル稼動させ、巷で有名だったような気がするひとつの「モテるテクニック(モテテク)」を実践してみることにしました

【アラサー女子が男性の袖を引っ張ってみた】

試してみたのは、男性に背後から近づき、Tシャツや上着の袖を引っ張ってみるというモテテクです。袖をちょんっとつまんで引っ張り、「ねーねー♪」と話しかける。すると男性は「あれ、なんだか胸がトクン……としたな」みたいなことになる可能性があるかもしれない、そうです。

で、私は思ったんですけど。これって女子高生がやるとすっごいかわいいんじゃないかなって。でも、アラサー女子がやるとどうなのかなって。客観的に見てみたかったので、Pouch編集部の百村モモチャンにやってもらうことにしました。

 

【誰にやっても怒られる悲惨な結果に!】

まず、ロケットニュース編集部のあひるねこクンのTシャツの袖を引っ張ってもらったところ、

「服がーーッ伸びるんですけど! これすっごく高いTシャツなんですよ! 洗うときも超ーーッ気を使って洗ってるのに!!」

と真顔で怒られていました。

次に、同じくロケットニュース編集部のかわらのクンの上着の袖を引っ張ってもらったところ、

「歩いてるときに袖を引っ張られたら不快ですよ」

と真顔で注意されていました。

やっぱり、もうみんな大人なんだからいろいろこだわりとかあるんですよね、きっと。高校の制服の袖を引っ張るんじゃないんだから。引っ張る方も大人なら、引っ張られる方も大人なわけで、自分で働いたお金で自分の好きな服買って着てるんだから。

まあ、そんなこんなで今回は、アラサー女子が男性のTシャツや上着の袖を引っ張ったら怒られるという結果に終わりました。もし機会があれば、また違ったモテテクにもチャレンジし、せめて恋ができるように頑張りたい所存です。

執筆=夢野うさぎ / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら