魔法の絨毯がお出迎え♪ ヒルトン大阪のデザートビュッフェのテーマはエキゾチックな「アラビアンナイト」です


全国さまざまなホテルで開催されているスイーツビュッフェ。チーズとハチミツのビュッフェメキシコの「死者の日」モチーフのものなど、食材やテーマなど趣向を凝らしています。

そして新たに、これまた乙女ゴコロをくすぐりまくりなビュッフェが登場! ヒルトン大阪で2018年9月14日から12月24日まで、アラビアンファンタジーの世界を旅する気分を味わえる「デザートビュッフェ ~魔法の絨毯にのって~」が開催されるんです。

昔読んだアラビアンナイトやディズニー映画『アラジン』を思わせるような、ちょっと不思議で奇妙な世界をオリジナリティあふれるスイーツとともに旅してみない?

【アラビアンナイトのような世界観をスイーツで表現】

ヒルトン大阪2Fのフォルクキッチンで開催される「デザートビュッフェ ~魔法の絨毯にのって~」では、盗賊たちが集い、魔人が現れるアラビアンナイトのような世界を再現。

ロールケーキにマロンクリームをたっぷり乗せて、カリカリのメレンゲで宮殿に見立てた「モンブラン風 砂漠の城」や「宮殿の中庭」をイメージしたチョコレートファウンテン、青りんごの食感と鮮やかな色彩がひときわ目を引くケーキ「千夜一夜の夢」などが提供されるそう!

スイーツというと甘くてファンシーなイメージですが、ターコイズブルーや情熱的な赤といった色が使われていて、新鮮味がありますね。

【ちょっぴり奇妙な食事メニューも】

また、スイーツ以外の料理もあり。ブラックライスに赤い血をイメージしたブラッドソースをかけていただく「盗賊カレー」や、漆黒のクルトンが添えられた「生贄パンプキンスープ」など、盗賊たちが集まる洞窟をイメージしたちょっぴり奇妙なセイボリーなメニューに注目☆

豆の味わいたっぷりのディップをつけて食べる「砂嵐 トルティーヤチップス 底無し沼フムス」なんてメニューもあるのだとか!

【ハロウィンに訪れても楽しそう】

さらに雰囲気を盛り上げるのが、店内の演出。今にも動き出しそうな空飛ぶ絨毯にお菓子がディスプレーされていたり、アリババが洞窟で見つけた黄金の宝ランプの魔人が飾られていたり。エキゾチックで、きらびやかで、細部までじっくり眺めたくなっちゃいそう。この世界観、これから訪れるハロウィンシーズンにもピッタリかもしれません。


「デザートビュッフェ ~魔法の絨毯にのって~」は午後3時~午後4時30分まで期間中毎日開催。月~金は一人3900円、子ども(4歳~11歳)1950円、土・日・祝は一人4200円、子ども(4歳~11歳)2100円です。※消費税・サービス料別途

今後も季節ごとに物語性のある様々なテーマを設定した“テーマ型デザートビュッフェ”を開催予定だという「フォルク キッチン」。次は何がテーマになるのかも楽しみですね♪

参照元:ヒルトン大阪プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら