アラサーでもアラフォーでもない「ミドサー」って知ってる?

年齢を表す “アラサー” “アラフォー” “アラフィフ” といった言葉が使われるようになってから、一体どれくらいの時間が経つのでしょうか。

しかし “アラサー” と一口に言っても、この枠に収まる年齢は「25歳から34歳まで」と実に幅広いんです。これは “アラフォー” や “アラフィフ” にも同じことが言えるわけでして、35歳になると、突然 “サー” から “フォー” へ異例の昇進(!?)を果たしてしまうということ~!

たった1つ歳を取るだけで、 “サー” から “フォー” になってしまうというのは、どうしても受け入れがたいっ。そんな風に思う人たちはわたし含めきっと大勢いると思うのですが、調べてみたらどうやら、モヤモヤとした気持ちをどうにか収めてくれる魔法の言葉があるというんです。

【キミは「ミドサー」を知っているか】

その言葉とは、 “ミドサー”

「ミド」とは中央や中間という意味を表すミドル(middle)のことで、「サー」とはむろん30代のこと。35歳前後の人たちをこう呼ぶらしく、ツイッターを調べてみると、どうやらこのワードは2008年から2009年頃に姿を現し始めたようです。

試しにインスタグラムでハッシュタグ「#ミドサー」と検索してみると、麗しきミドサー女性たちの写真が出てくる出てくる! さらにミドサー向けのメイク法を紹介してくれているアカウントもあって、非常に参考になります。

【編集部で知っている人はなんと「ゼロ」】

このように、SNSだけ見ると “ミドサー” という表現はさほど新しいものではないようなのですが、わたし的には初耳でした。

そして Pouch 編集部の面々にも知っているかどうか尋ねてみましたが、誰1人として知らなかったんですよね。ってことは、知名度としては、あまり高くないのかも……?

【同じ枠で「10歳の違いがある」ってどうなんだ】

それはさておき、 “ミドサー” という表現についてどう思うか、今年35才でミドサーとなった御花畑マリコからは、次のような答えが返ってまいりました。

「35才になって突然アラフォーといわれるより、ミドサーといわれたほうがいいかも」

うんうん、わかるよわかる。

かくいうわたしは、4月11日に誕生日を迎えて37歳となりました。つまりは “アラフォー” ゾーンへと突入したわけなのですが、理論上ではさかのぼること2年前から、 “アラフォー” だったということになります。

しかしそんなことは、到底受け入れられなかったわたし。だってつい昨日まで “サー” だったのに突然 “フォー” って! てか今更だけど、「25歳から34歳」「35歳から44歳」「45歳から54歳」が同じ枠って、いくらなんでも広すぎやしませんかね~~~!?

【結論:便利な表現だし受け入れやすい!】

“ミドサー” という言葉は、まさにこの枠と枠の狭間にいる世代に向けられたもの。ってことはわたしはギリギリ “ミドサー” にあたるのでしょうか……教えてエライ人~!

「ミド」とつくだけですんなり納得がいくし、難なく受け入れられるという人は、きっとわたしだけではないと思うんです。これからは “ミドサー” だけでなく、 “ミドフォー” “ミドフィフ” という表現も積極的に使っていきたいものですねっ。

参照元:Instagram #ミドサーTwitter検索 ミドサー
画像=Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

昔『マイバースディ』読んでた女子たち~! TRAPSペンダントなど大人気だった「魔女っこグッズ」が今も買えるって知ってた?


アラフォーの皆さん、ティーンのころに流行した『My Birthday(マイバースデイ)』なる占い雑誌を覚えているでしょうか?

1979年4月創刊の『マイバースデイ』ですが、とくに80年代から90年代にかけての人気はすさまじく、読者会員向けに「魔女っこグッズ」と呼ばれるおなじないグッズが通販で販売されたり、「魔女っこハウス」なるリアル店舗までできたりも……。

雑誌自体は2006年に休刊してしまいましたが、あのころ人気だったペンダントなどのグッズ。実は今も買えるって知ってた?

【少女たちに大人気だった「TRAPS魔方陣ペンダント」】

『マイバースデイ』のおまじないグッズが買えるのは、おまじない&占いSHOP「ハピタマ!」という通販サイト。

たとえば、当時の女子たちに絶大な人気を誇ったアイテム「TRAPS魔方陣ペンダント」も「ハピタマ!」で購入可能です。

魔法陣やダビデの星が刻印されているシルバーのペンダントですが、約30年前に『マイバースデイ』で紹介され、「TRAPSを身につけてから嬉しいことが次々起きるようになった」「ピンチを救ってもらった」などのおたよりが相次ぐようになったそう。

今も昔も人気ナンバーワンの魔法グッズであるこちらのペンダント。お値段は税込1646円。あのころはお母さんに「ダメ!」って言われて買えなかったものも、大人になった今ならすぐにでも買えちゃうよぉーっ! ああ、大人になるって素敵。

【他にも懐かしのアイテムいろいろ】

ほかにも「ハピタマ!」では「~コボルトさんからの贈り物~幸せのお守りペンダント」「ユニコーンペンダント」「太陽のタリズマンキーホルダー&ネックレス」など、当時人気だったグッズを多数販売中。

眺めていると、タロット占いとか魔法陣とか“西洋の神秘”みたいなものに憧れた少女のころが思い出されて、なんともいえない懐かしい気持ちになれました。当時『マイ バースディ』ファンだた女子はぜひともチェックしてみて!

いま母親になっている方は娘さんに「お母さんが子供のころに流行ったペンダントなんだよー」とプレゼントしてあげるなんていうのもいいですね。

参照元:おまじない&占いSHOP「ハピタマ!」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【昭和世代】オザケン新曲に「カルピス」が出てきた! その意味をめぐってジェネレーションギャップが浮き彫りになった件

カルピス、みんなにとってどんな飲み物?
2017年2月22日、オザケンこと小沢健二さんの約19年ぶりのシングル『流動体について』が発売されました。あわせて約20年ぶりに「ミュージックステーション」に出演、生演奏を披露するというおまけつき。

90年代にサブカル方面で生きてた人間の多くをひっかけたこの曲。歌詞に、なぜか「カルピス」が出てくるんです。

その「カルピス」をめぐって、ちょっとした、いや、思いっきりジェネレーションギャップなんじゃねえかこれ!という事案が発生してるんです! ていうかもうね、オザケン関係なくていい。あなたにとって「カルピス」ってなんですか?

【カルピスの意味が世代によってぜんぜん違うっぽい】

オザケンの新曲『流動体について』の歌詞に、こんな一節が登場するのです。

「誓いは消えかけてはないか
深い愛を抱けているか
ほの甘いカルピスの味が現状を問いかける」

齢40を越えた身としては、「わかるわかる! あこがれだったカルピスを大人になって飲むことで、素直な心をもっていた子供時代の自分が呼び覚まされるってことよね!」と思ったんですが……これが、若い世代とぜんぜん話が通じないの! 

【カルピス=そのへんのジュースという世代】

ライター仲間とこの新曲の話をしていたところ、「カルピスなんていうどうでもいいドリンクを出してくるあたりさすがオザケン!」とか言うんです。いやいやいやお前、どうでもいいドリンクなわけねえだろ!

20代の彼女は続けます。

「ジュースがいろいろ売ってるなかで、わざわざ水で薄めて飲むカルピスは面倒くさいっていう感じですよ。あんまり飲まなかったですね」

なんてこと! なんてことだ! 意味がぜんぜん変わるじゃないか!

じゃあ横にいる20代編集ボーイ、君はどう?

「夏の風物詩ってイメージだけど、別にそんなに好きじゃなかったですね。他にも美味しいジュースたくさんあるし」

ウワーイ! そんなもんなのか!

物心ついたときにすでに、コンビニにステキなドリンクがたくさんあった世代の人たちにとって、カルピスはどうやらたいした魔力は持ち合わせていないようです。

【カルピス=冷蔵庫にある至宝という世代】

ひるがえって、純正昭和世代のわたくし。子供のころは市販のジュースなんて、たいしておいしくもない果汁ドリンク「Hi-C」とか、果実の味がぜんぜんしない「ファンタ」くらいしかなかったわけです。

そこに、お中元でやってくる箱入りの「カルピス」。うやうやしく水玉模様の紙に包まれた、茶色い瓶に入っています。キャップの下には王冠、これをわくわくしながら外して、やっと原液とご対面!

5倍濃縮だから、水道水で好きな濃度にうすめるのだけど、超貴重だから味を感じられる限界ギリギリまで薄くして飲む、それがカルピスの流儀!! でありました。

大事に飲む宝物だったから、平成も30年近く過ぎ大人になった今でも、懐かしく飲むことができる。それが私にとってのカルピスです。50歳近いオザケンも同じ想いのもと、「今の自分」と「遠い昔の自分」を対比させる意味で登場させたのだろう……。

と思ったら、20代のみなさまにはまるで通じてないわけですよ! 驚きすぎてカルピスがのどを通らないよ!

【歌詞の受け取り方は人それぞれ、カルピスも人それぞれ】

歌詞のほんとうの意味は、小沢健二さんご本人にしかわからないのかもしれない。聴き手によって解釈が分かれるのも、また面白いところ。

でもカルピスという飲み物の意味が世代によってこんなに違うなんて、まったく思いませんでした! ありがとうオザケン、またひとつ無駄に大人になれたよ!

みなさんにとって、「カルピス」ってどんな飲み物ですか? 昭和っ子のわたしにとっては、幼き時代の夢をまた見せてくれる、唯一無二の飲み物です。

撮影・執筆=纐纈タルコ (c) Pouch

続きはこちら