日本版ハイジという可能性も…高畑勲監督『かぐや姫の物語』は改めて見直してほしい珠玉の名作です【GW映画】


【オススメ★シネマ批評】
映画ライター斎藤香が、DVDで見た映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

アニメ界の名匠・高畑勲監督が2018年4月5日に享年82歳で永眠されました。1985年、宮崎駿監督と共にスタジオ・ジブリの設立に参加。スタジオ・ジブリの作品が日本のアニメ界を牽引し、世界で人気を博すようになったのは、高畑監督の尽力も大きいのです。

高畑監督はテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』や、劇場アニメ『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』など、素晴らしいアニメ作品を世に送りだしてきました。その高畑監督の遺作となったのが、「竹取物語」を映画化した『かぐや姫の物語』です。

この作品は高畑監督の14年ぶりの新作として、2013年11月23日に公開。第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされました。アカデミー賞にノミネートといっても、ギラギラしたゴージャス映画ではありません。とても品よく美しく、しみじみと “日本”を感じる作風です。この作品を見ながら、高畑監督のアニメの魅力を探っていきたいと思います。

【物語】

竹取の翁(おきな:地井武男)は、竹林で光る竹から、小さな女の子を発見。翁と媼(おうな:宮本信子)は、大自然の中でノビノビと育てます。けれども翁は、竹から小判と着物がたくさん出てきたことから「これは、竹から生まれた女の子を立派な女性に育てなさいというお導きだ」と都に屋敷を建て、一家は山から引っ越します。

「かぐや姫」と命名された姫(朝倉あき)は美しく成長し、多くの殿方からのプロポーズを受けます。しかし、彼女は決して首を縦に振りません。やがて、かぐや姫の評判を聞いた御門(みかど:中村七之助)が宮中に招こうとするのですが……。

【かぐや姫の心の葛藤がすさまじい】

映画『かぐや姫の物語』は、新解釈ではなく、多くの人が知っている「竹取物語」から大きく逸脱はしていません。でも大人になって、映画化作品として改めて見ると、子供の頃には見えなかったものが見えてきます。

翁は小判や着物を手に入れたとき、「この宝物でこの子を幸せにするのだ」と考えます。けれども、その幸福は、高貴な殿方に見初められて嫁に行くことだと決めつけてしまいます。そういう時代だったのですが、かぐや姫の表情は徐々に曇っていきます。なぜなら、かぐや姫は、野山を走りまわる活発な少女だったからです。

【かぐや姫を苦悩させる “幸福” 】

かぐや姫は、幼い頃から成長が早かったので友達から「竹の子」と呼ばれ、仲間のひとり、捨丸(高良健吾)とは特に仲良し。捨丸とは、淡い初恋らしきものも芽生えます。彼女はそのとき、すでに幸福で、竹の子のままでいたかったのです。

かぐや姫は都に移り住み、高貴な殿方に次々と求婚されますが、まったくその気がないので、彼らに「結婚の条件」として無理難題を押し付けて結婚を回避しようとします。

そして彼女はどんどん引きこもり、暗くなり、悪夢を見るほどに。けれども、翁が姫の結婚に必死なのは、彼女の幸福を願っているだけ。かぐや姫もそれをわかっているので、余計辛いんですよね。

見ているこちらも苦しく、まさかヒロインに、こんなに葛藤がある物語だとは思いもしなかったです。

【最新技術で映し出される水墨画のようなアニメ】

高畑監督がとても時間をかけて構想&製作するタイプなのは有名。『かぐや姫の物語』には8年を費やしていますが、最高クオリティの作品に仕上げたのはさすが天才です。描線の筆書きのようなタッチや上品な淡い色彩は、水墨画のようにも見えて「こんなアニメがあるのか!」と驚きました。

高畑監督は背景とキャラクターが一体化して、一枚の絵が動くようなアニメーションを目指したそうですが、それを叶えるために新しいスタジオを作ったほど力を入れたそうです。もう、ハンパない完璧主義者ですね!

宮崎駿監督の作品は、そのメッセージ性がガツンと全面に押し出される傾向を感じますが、高畑監督の作品は「アニメーションはどこまで進化できるか」と、技術的に新たな地平を切り開くことに燃える監督のように、私は思えました。

【アルプスの少女ハイジに似ている?】

高畑監督の代表作として挙げられるものに『アルプスの少女ハイジ』がありますが、『かぐや姫の物語』には、ハイジっぽいと感じる箇所があります。というか、かぐや姫は、ハイジとクララをミックスさせたような存在かと。

山でノビノビ暮らしていたハイジが、都会での生活を余儀なくされる展開も似ていますし、かぐや姫のたたずまいは、山編ではハイジ、都編ではクララを思わせる感じです。特に、窮屈な生活にウンザリしている様子はクララかなと。そして、ロッテンマイヤーさんは教育係の相模(高畑淳子)、ピーターは捨丸でしょうか。そんな風に、この作品を見ていくのも楽しいです。

高畑監督と宮崎監督は「いつか日本を舞台にハイジを作りたい」と語り合っていたそうですが、それは『かぐや姫の物語』かもしれません。

高畑アニメの新作がもう見られないのは残念ですが、本作を見た後に、さかのぼって見ていくのも楽しいと思いますよ。

参照:かぐや姫の物語スタジオジブリ
執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『かぐや姫の物語』
原案・脚本・監督:高畑勲
声の出演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢
(c)2013 畑事務所 GNDHDDTK

続きはこちら

カップヌードル「HUNGRY DAYS 最終回予告 篇」解禁! 地球滅亡っぽい雰囲気もただよってるけど最終回はどうなっちゃうのー!?


「アオハルかよ。」というキャッチコピーでシリーズ化されてきた日清カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」

これまで『魔女の宅急便』のキキアルプスの少女ハイジサザエさんが女子高生になり、見たこともないような青春ドラマを繰り広げてくれました。

それがついに最終回をむかえるそう! その予告編動画が公開されていますが、エアロスミスの「I Don’t Want To Miss A Thing」をBGMに地球滅亡のようなアニメーションが流れ、何やらとてつもなく壮大なエンディングの予兆を感じさせられます。

【モノクロの鉛筆画が印象的】

今回の動画にもシリーズのキャラクターデザインを担当した窪之内英策さんのイラストが使われていますが、特徴的なのはモノクロの鉛筆画のようなイラスト

その動く様子がかえって臨場感を生み出していて、色はまったくついていないのに、観ていると色がついているようにすら見えてくる……そんな不思議な仕上がりになっています。

【地球滅亡のような場面も……】

そしてもうひとつ、林原めぐみさんが静かに語りかけるナレーションにもグッと来るものが。

キキの勇気、ハイジの葛藤、サザエの決意。次の主人公はあなたかもしれない。たとえ世界で何が起ころうとも誰も青春を奪うことはできない。そして、最終章へ――。ちゃんとの思いをちゃんとする。HUNGRY DAYS、カップヌードル」。

最初はキキ、ハイジ、サザエたちの姿が出てくるものの、動画は途中から隕石らしきものが降ってきたり、怪獣が現れたり建物が破壊されたりしているシーンに。

そこに流れる音楽は、エアロスミスの「I Don’t Want To Miss A Thing」。この曲といえば、映画『アルマゲドン』の主題歌としても有名です。そう考えると、まさに地球滅亡のような状況が最終回では降りかかるのかも……そんな予感を抱いてしまいます。

【最終回が気になる!】

最終回はいったいどうなることやら……。シリーズのこれまでのテイストとかなり違うシリアスな雰囲気なだけに、どんな展開になるのか、ことさら公開が待ち遠しいですね。カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 最終回予告 篇」の視聴はYouTubeからどうぞ!

それにしても、アオハルかぁ……。今年40歳になる私ですが、これは次の主人公は私かもしれないって思ってていいってことでしょうか。

参照元:YouTube日清カップヌードル
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

読モのクララにイケメンのペーター!? カップヌードルCM第2弾で「アルプスの少女ハイジ」が青春アニメ化!


「青春」をテーマとした日清カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」シリーズ第1弾の「魔女の宅急便篇」は大きな話題となり、CM動画の総再生回数750万回を超えるヒットとなりました。

2017年9月14日からオンエアがスタートしたのはその第2弾! 今回はなんと、あの国民的人気作品『アルプスの少女ハイジ』が青春アニメ化しちゃったよ!!

「もし、ハイジとクララが現代の日本の女子高生だったら?」というパラレルワールドのもと、胸がキュンキュンする青春物語が描かれているんですが……ペーター、めっちゃイケメンになってるし、クララは読者モデルになってるし、ハイジはもはや“アルプスの少女”じゃないっ!

【ハイジとクララが現代の女子高生に!】

「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ篇」 のストーリーはこんな感じ。高校生になったハイジは、クララと同じ女子校に通う16歳。

ショートカットであどけない表情のハイジにくらべ、品が良く後輩からも人気で読者モデルまでやっているクララ。雑誌で大きく特集まで組まれており、かなり人気の読モのようです。

クララという憧れの存在に対し、「どうして私はクララじゃないんだろう」とつぶやくハイジ。別の学校へ進学した幼馴染のペーターに「私なんか……」と悩みを打ち明けると、ペーターは「今のハイジが好きだ」と言うのです。

……キャーーーーッ、何ですかこの甘酸っぱい青春ストーリーはーーー!!

【衝撃のラストまでお見逃しなく】

今回のCM、声優陣は、E-girlsのメンバーとして活動しながら女優としても注目を集める石井杏奈さんがハイジ、雨宮天さんがクララ、神谷浩史さんがペーター役を務めており、CM曲は第1弾に引き続き「BUMP OF CHICKEN」が担当しています。

自我が芽生えた高校生のハイジ、読者モデルとして人気のクララ、悪ガキからめっちゃイケメンになってるペーター……まったく新しい『アルプスの少女ハイジ』を皆さんもぜひチェックしてみて。

そして動画を観る際は、衝撃のラストまでぜひお見逃しなく。山で羊を追っかけてたハイジとペーターがまさかこんなことになるだなんて……アルムおんじもビックリですよ。……おんじはCMには出てこないけど!

参照元:YouTube日清カップヌードル「HUNGRY DAYS」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【教えておじいさん】主役はハイジではなくパリピになった「おんじ」だと!? 誰にも止められない「PUTITTO ちゃらおんじ」爆誕

大人気シリーズ「コップのフチ子」を手掛けた奇譚クラブが、2017年5月2日に、新たなカプセルトイを発売します。

気になる商品名はズバリ「PUTITTO ちゃらおんじ」(全6種 / 各300円)。おんじがぱーりーぴーぽーチャラ男となって、コップにフチへ「ウェーーーイ☆」と降臨してくれるようです。

【「おんじ」ってこんなキャラだったっけ?】

フィーチャーされているのはアニメ『アルプスの少女ハイジ』で主人公ハイジの父方の祖父として登場する「アルムおんじ」。ですがアニメ版の寡黙なおんじとは打って変わって、その様相は完全にチャラ男

おんじがチャラくなった「ちゃらおんじ」は、まさかの『アルプスの少女ハイジ』版権元公認の公式キャラクター(!)らしく、これまで8タイトルのLINEスタンプをリリースし、いずれも上位にランクインしたという実績があるんですって。

【チャラいおんじが可愛すぎる♡】

ここ数年「家庭教師のトライ」CMでのハジケっぷりも印象的ですが、あのおんじがこんなふうなかたちで広く愛されるようになるだなんて、誰が予想できたでしょうか。

「PUTITTO ちゃらおんじ」のラインナップは6種類で、そのうち1種がシークレット、3種がおんじです。

女子高生流行語大賞1位にもなったアノ言葉をドヤ顔で使いこなす「それな」に、パリピと化した「アゲアゲおんじ」。ぽにょ腹を出しながら若者風ピースサインをキメる「自撮りおんじ」といった顔ぶれとなっています。

【ヨーゼフとクララもフチるみたいです】

そのほかに、ジブリ映画『紅の豚』ばりにハードボイルドなスタイルの「困りヨーゼフ」、 “クララにいいねして♡” と書かれた特製うちわを掲げ自分で自分を応援するクララ「クララの自分応援上映」の2種が加わった「PUTITTO ちゃらおんじ」は、いくらなんでもデザインがフリーダムすぎでは……と心配になっちゃうほど!

しかしひょっとすると、アニメ版を知らない若い世代にとっては、チャラいおんじと自分大好き腹黒クララこそが、王道のイメージなのかもしれませんね。うーむ、でも、それでいいのかな!?

【LINEスタンプと連動しているんだって~】

ちなみに今回のポージングは、すべて4月25日に発売された最新LINEスタンプ第9弾「動けアルプスの少女ハイジちゃらおんじ3」と連動しているのだそうです。

つまりはスタンプのシチュエーションをそのままフィギュア化しているということであり、併せて使えば楽しさも倍増っ☆ ってなわけでおんじファンのみなさんは、両方ともチェックしてみたらいいと思うよ~!

参照元:プレスリリース、KITAN CLUB
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら