【切実】共働きママがいちばん欲しいのは「自由な時間」家庭での家事分担率は「ママ9:パパ1」がもっとも多い調査結果に


出産しても仕事復帰する女性が多い現代。共働きということは家事や育児についても夫婦で分担することが当たり前になるかと思いますが、では実際には皆さん、どのぐらいの割合で分担しているんでしょうか?

それがうかがえる調査結果があったので、ご紹介します。株式会社ベネッセコーポレーション発酵の主婦向け生活情報誌『サンキュ!』とP&Gが共同でおこなった、共働き家庭がかかえる課題についての調査

この結果を見てみると、なかなか切実というか、日々時間に追われるなかで仕事に育児にと奮闘している母親たちの姿が浮かび上がってくるんです。

【共働きでも女性が家事をおこなう家庭が多い!?】

今回の調査は、0~10歳までの子どものいる20~40代のママ267名にインターネットを通じておこなったもの。

驚いたのは「家事分担についてあなたと夫(パートナー)のおおよその割合を教えてください」という質問。「妻9:夫1」と答えた人が全体の25.1%でいちばん多かったのです! 続いて「妻8:夫2」(22.4%)で、「妻10:夫0」という回答も全体の11%を占めています。

つまりは、共働きでも女性側がほとんどの家事をおこなっている家庭が半数以上という状況。これには結婚の理想と現実を知ってショックを受けた人も多いかもしれません。

【一概には言えない面もあるけれど】

ただし、これは妻側である女性だけに尋ねた質問ですので、ウソはついていないまでも、主観的な見方になってしまってる可能性もあります。同じように男性側に尋ねたら、またちがった結果が出るかもしれません(それはそれで男女差が見られておもしろいけど)。

また、妻より夫のほうが会社に拘束されている時間がずっと長いという場合もあるかと思うので、一概に「半々にすべき!」と言えないこともあります。

【世のママたちの現状が浮かび上がる……】

とはいえ、世の中の結婚して子どもがいる女性が日々、仕事と家事に追われていることが想像できる今回の調査結果。仕事と家事を効率化して、少しでも時間を作りたいと思っている女性も多いことでしょう。

「日々、仕事と家庭の効率化を行ってできた時間を何に使いたいですか?」という質問には、「自由な(追われない)時間」が1位に。続いて、2位「子どもとの時間」、3位「心をリセットする時間」となっています。

この結果を裏返してみれば、現状では「自由な時間がとれない」「心をリセットする時間がない」「子どもとふれあう時間が持てない」ということになるわけで、このあたりもリアルな本音が詰まっていますよね。

【キャパオーバーにならないために】

こうして見てみると、女性の負担が大きすぎて暗たんとした気持ちになってしまう? けれど、私の周りの共働き夫婦を見てみると、仕事も家事も育児もたがいに助け合ってタフに生き抜いている人たちが多い! たいへんなことも多いけれど、濃密な人生を送れているという考え方もできるのではないでしょうか。

だからといって、仕事をしながら家事や育児を抱え込むのはつらいもの。夫婦間で納得しあえていればよいですが、もしキャパオーバーならふたりで話し合って対策を考えましょう!

自由な時間を作るために家事の効率化をはかりたいなら、食器洗浄乾燥機や乾燥機付き洗濯機、ロボット掃除機など時短になる家電は迷わず取り入れるのもオススメ。また、家事は多少手抜きでも気にしないようにするのも精神衛生上よいかもしれません。

今回の調査結果にはほかにも「両立生活の中で、悩んでいる・困っていることについて教えてください」などさまざまなデータが集まっていますので、興味がある方はぜひ参照元からチェックしてみてくださいね。

参照元:プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

「お好み焼きはゴハンのおかずになるか問題」についに決着が…!? 全国で見ると過半数がおかずにして食べたことあるんだって!


たびたび熱い議論となる「お好み焼きやたこ焼きは主食かおかずか」問題。「小麦粉を使った料理だからご飯と一緒に食べたら主食がかぶる! よってナシ!!」派と、「いやいや、肉や野菜が入ったソース味だしおかずとして成り立つ! よってアリ!!」派とでまっぷたつとなるものですが……皆さんはどっち派?

この問題に一定の決着がつくかのようなデータをオタフクソース株式会社が発表しています。「お好み焼きやたこ焼きをおかずにご飯を食べたことがありますか?」というアンケートに対し、全国的に見ても半数以上の人が「おかずとして食べたことがある」と回答したそう。……えっ、マジで?

【やっぱり!? 関東と関西で地域差が】

オタフクソースが発表したのは20代・30代・40代の男女500名を対象に実施した「地域別・コナモンの日 直前アンケート調査」。

そもそもお好み焼きやたこ焼きをご飯のおかずにするのは、コナモン文化が発達した関西の人に多いイメージ。お店には「お好み焼き定食」なんてメニューもあるし、食卓でもコナモンがご飯と一緒に並ぶのはよく見る光景。

アンケートでもその傾向は顕著で、「お好み焼きやたこ焼きをおかずにご飯を食べたことがありますか?」という質問も関東と関西では大きな違いが

関東では「何度もある」と回答した人は22.2%だったのに対し、関西は39.7%と倍近い差が見られます。また、「一度もない」と回答した人については、関東は49.2%、関西は28.6%と20%以上の開きがありました。

とはいえ、関東でも半数近くがお好み焼きをおかずとしてご飯を食べたことがある人がいて、全国的に見ても「何度もある」「ある」と答えた人は57.8%と半数以上。意外とみんなおかずとして食べてる……! 「お好み焼きはおかずとしてアリ」派が優勢であることがわかります。

【一緒にお好み焼きを作りたいタレントは?】

このほかにも興味深いアンケートがいろいろ。たとえば「自宅でつくるコナモンランキング」全国版ではお好み焼きやたこ焼きをおさえて焼きそばが堂々1位に!

「お好み焼き、好きな具材ランキング」全国版の1位は豚肉、2位はキャベツ、3位はイカという結果に。

また、ユニークなものでは「お好み焼きを一緒に作りたいタレントランキング」なんてものも。女性タレントの1位は新垣結衣さん、男性タレントの1位はタモリさんでした。わかる~! ガッキーはニコニコ笑顔でおいしそうに食べてくれそうだし、タモリさんはおいしい作り方などレクチャーしてもらいながら一緒に作りたい!

【他のアンケート結果もチェック!】


お好み焼きやたこ焼きといったコナモン文化は日本ならでは。それだけに地域や人によっていろんなこだわりや思い入れがありますよね。そんなそれぞれの違いを知ることも楽しいもの。さらに詳しく知りたい方は参照元の「地域別・コナモンの日 直前アンケート調査」をチェックしてみてくださいね!

参照元:プレスリリースオタフク
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

落とし物にまつわるアンケートで「約9割が30歳になるまでに財布を落とす」ことが判明! 1万円以下なら警察に届けない人も一定数いるみたい


なくして初めて、大切なものに気づいたの……なんてよく言いますが、財布を落としたときのダメージって、他にはない破壊力があります。カバンに入れたはずの財布が、無い。あれ? ウソでしょ? ウソであってくれ! 背筋が一気に寒くなるあの感じは、失恋と並んで、2度と味わいたくないもののひとつですよね。

ソフトバンク コマース&サービス株式会社が、20代・30代・40代の男女500名を対象に行なった「落とし物に関する調査」によると、「過去に落としてしまったことがあるもの」という質問で、いちばん多かったもの1位は財布(48.2%)、2位は傘(42.8%)、3位が鍵(28.4%)という結果に。

そして財布を落としたことがある30代・40代を対象に、これまでの財布を落とした経験について質問したところ、30代を向かえるまでに、約9割が “ロスト財布” を経験しているようなんです!

【92.1%が30歳になるまでに財布を落とす】

今回の調査結果を見ると、「30歳までに財布を落とした回数」という質問では、いちばん多かった回答は1回(54.8%)。続いて2回(22.6%)3回(6.8%)が続き、5回以上と回答した人も5.6%いたようです。

財布を落としたことの心理的なダメージが大きく「つい、うっかり」が減るのか、2回目以降はぐっと少なくなるみたい。

そして、30歳になるまでに財布を落としたことがなかった人は7.9%。つまり、30 歳になるまでに92.1%の人が1度は財布を落としていることがわかります。

【1万円未満だったら届けない?】

財布を落とすのもショックですが、逆に落ちている財布を自分が見つけたときの胸のざわめきったらないですよね。すぐに交番に届けなきゃという気持ちと、ちょっとだけ中身を確かめたい気持ち。誰しも胸に覚えがあると思います。

つづいて「現金を拾ったとき、交番に届けない金額を教えてください」という質問では、「金額に関わらず、拾った場合は交番には届ける」という回答がいちばん多く、40.0%という結果で、ホッとひと安心。

ところが「1万円未満であれば交番には届けない」という人が合計50.6%もいるという、驚きの結果も判明。

さらに100万円以上になると、届けない人が急に増える(3.8%)のも、なんだか意味深なものを感じてしまいます。

【拾った財布は届けましょう〜】

ちなみに、私が財布を落としたのは大学1年生の時。あれは忘れもしない、入学祝いでもらったブランドものの財布を、たったの1週間で落としてしまったんです。すぐに交番に届けたものの、私の財布は出てきませんでした。この時の所持金は520円で、このアンケート結果ともピタリ一致しています。

けれども財布って、私のようにプレゼントでもらったり、ちょっと奮発して買うものがほとんど。中に入ってる現金は諦められても、思い出の品を無くすってツライんですよね。

なので、もし財布を拾ったら、交番に届けましょう。読んでくださっているのは、きっと良い子のみなさんだと信じていますので〜!

参照元:プレスリリース
執筆=はちやまみどり / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら

【超朗報】マスクをして受け取るとピザ全品41%オフ!! ドミノ・ピザで実施中の「マスク割」にはやさしい心遣いが隠れていた!


まだまだインフルエンザに感染するおそれがあるうえに、そろそろ花粉症が始まる今の時期。手放せないものといえば……そう、マスク! 「マスクがないと外に出られない~!」という皆さんも多い中、ユニークなサービスをおこなっているのがデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザです。

3月11日までの間、マスクをして受け取るだけで、ピザが全品41%オフになるという「マスク割」を実施中ですよ~っ! マスク最強、マスク最高、マスクつけててよかったよぉぉーーーっ!!

【なぜ41%オフに!?】

それにしても、なぜこのようなサービスを!? それにはドミノ・ピザジャパンの社内でおこなわれた、ある調査が関係しているみたい。

2月中旬、マスクをしている本部勤務社員約100人に「マスクをしている理由」をアンケート調査したところ、ダントツで1位に輝いたのが「花粉症」という回答。まだ2月だというのに……こんなに早い時期からだなんてつらいですね!

さらに社員100名に、「花粉症になると食べたくなるもの」を調査した結果、「ピザ」がこれまた圧倒的トップに。……マジで!? ドミノ・ピザの社員は花粉症になったらピザ食べたくなるの? 会社愛あふれる回答に思わず笑ってしまいます。

この2つの調査結果をふまえて、「外に出られなくてもピザ食べたい!」という、花粉症や予防でマスクが手放せない人たちの気持ちを察し、「マスク割」を始めたのだそう。

……正直、ちょっとこじつけな気がしなくもないですが、なんにせよピザをお安く提供してもらえるのは素直にうれしいっ! しかも41%オフって、かなりの値引き率だものね♪

【ネット注文時にクーポン番号を入力!】

サービスを受けるには、ネット注文時にクーポン番号「QMK41」を入力すればOK。またネット注文のみで、デリバリーを利用する時だけ有効とのこと。その他のクーポンや、割引・特典との併用はできないそうです。

そして、受取りの際は絶対にマスクを着用して受け取ってくださいね!

ちなみに社員におこなった「マスクをしている理由」というアンケート、2位にはまさかの「試食用ピザのトッピングをつまみ食い」がランクイン。1位「花粉症」の41%にせまる、39%を獲得しています。ドミノ・ピザの社員はつまみ食い隠しのためにマスクをつけている人も多いことが判明。

それだけ自社のピザがおいしいってことの表れなのかも……というわけで、ますますピザが食べたくなってきちゃった! 今日の夕飯はピザのデリバリーで決定ですっ!!

参照元:プレスリリースドミノ・ピザ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

フルタイムの共働き夫婦の家事分担率、夫は平均で30%!? 実際はどうなのか周りの共働き夫婦にも聞いてみた!


女性の社会進出が進む昨今。昔は専業主婦が当たり前の時代もありましたが、現在では家庭における夫婦の役割分担もずいぶんと変化してきたことと思います。

このたび公表されたのは、2017年の夫婦の家事分担状況を調べたアンケート結果。それによると、共働きの夫婦で「妻がほとんどの家事を担っている」家庭は30%なのだとか!

「ちょっと男子~、もっと家事に協力してよ~!」なーんて思っちゃいますが、実際のところはどうなんでしょうか? Pouch 編集部周りにいる共働き夫婦にも聞いてみました。

【66%の家庭が「妻メインで家事」】

今回公表されたのは、株式会社マクロミルがおこなった「2017年、共働き夫婦の家事分担に関する調査」

夫婦ともにフルタイムで働く20~40代の男女1000名を対象に実施したものです。

それによると、夫婦間の家事分担割合については「妻がほとんどの家事を担っている」割合は29.7%、「妻が主に家事を担っているが、夫も少し分担している」が36.3%で、あわせて66%の家庭では妻がメインで家事を担っていることが示されたそう。

妻の負担が大きく思えますが、2016年に実施した同じ調査では「妻がほとんどの家事を担っている」は42.1%だったため、昨年に比べると夫が家事に参加する家庭が増えている様子がうかがえます。

【周りの共働き夫婦はどんな感じ?】

ここでPouch編集部周りの夫婦にも家事の負担割合について、生の声を尋ねてみることに。

・Pさん(夫婦ともに正社員)
夫婦での家事分担は基本的に50%ずつ。でも、子供が生まれてからは離乳食とかを作る分、嫁の方が増えたかな? 家事の分担割合は半々であるべきだと思うけど、得手不得手があるから苦手分野は相手が担当するようにしてる。掃除は完全に半分で、洗濯は俺で干す係は嫁、トイレ・洗面掃除は俺など。

・Sさん(妻は育休中で4月から正社員復帰予定)
妻が99%くらいで、夫が1%くらいかもしれません。平日夜に洗濯、ゴミ捨て、週末は掃除や洗濯など頑張っているつもりですが……ほとんど妻になっているかと。できるだけこれからもっと夫がやっていければと思っています……。頑張ります。すいません……。

・Tさん(夫婦ともに個人事業主)
妻が100%に近い。夫がゴミ捨て、たまに洗濯、換気扇や照明など、高いところのメンテナンス、家電のメンテナンス。割合よりも、何をどんな頻度でするか。妻が面倒だったり、できないことを中心にやろうという話をしている。平日は深夜まで家にいないことが多く、とてもありがたいです。

・Nさん(夫が正社員、妻が個人事業主)
妻が9割。夫は風呂&トイレ掃除、ゴミ捨て担当。希望を言えば夫にもう少し家事を手伝ってほしいけれど、夫のほうが仕事がたいへんで毎晩帰宅時間が遅いので、仕方がないかなとも思っています。

【話し合うって大事!】

やはりこうして見ると、周りの夫婦も妻の家事負担のほうが大きいよう。ただし、お互いフルタイムといっても、仕事量や帰宅時間など異なる場合もあるので、いちがいに「家事は平等に」というのも難しい話なのかもしれません。

ただ、大事なのは、話し合ってお互いが納得することではないでしょうか。どちらかが不満を抱えたままだといずれ爆発してしまうので、今の家事の内容でたいへんじゃないか、お互いに気づかい合えるといいですよね。

これを機に、共働きの皆さんは夫婦で家事負担の割合について話してみるのもよいかもしれません。

参照元:HoNoteプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch / 画像=Pouch (c)Pouch

続きはこちら