【9日間限定】東京・有楽町に夢のような無料サロン登場!! リラックスサウンドのなかでハンドマッサージやネイルケアを施術…どうしてこれで無料なの!?


9月12日から21日まで、東京・有楽町にある交通会館2階の「スターフライヤー アンテナショップ」に設置される「スマートラグジュアリーサロン」(18日は店休日)。

ここではハンドマッサージやネイルケアのサービスを無料で受けることができるそう! しかもラグジュアリーなリラックス空間で施術してもらえるのだとか。

……えぇー、これが無料ってホントの本当なのーっ!?

【ハンドマッサージやマニキュアを無料で施術!】

誰でも参加可能だという「スマートラグジュアリーサロン」


A. ハンドマッサージ+甘皮処理(ささくれ処理、爪の形の整えなど)
B. マニキュア、ご希望の方へネイルアート体験(スターフライヤーロゴシールを爪に貼るなど)

のいずれか好きなほうを受けることができます。

無料と聞くと「研修生が練習としてやっているのでは?」なーんて思っちゃいますが、施術するのはJNA(日本ネイリスト協会)の資格をもつ専門ネイリスト! 時間も15分~20分かけておこなってくれるそうで、ネイルサロンに行く気分で安心してお願いできそうです。

【スターフライヤーが開発したサウンドを聴きながら……】

実はこちら、北九州空港に本拠を置く日本の航空会社「スターフライヤー」が、PRを兼ねて開催するイベント。店内の大型モニターにはリラックス空間を演出するために開発されたサウンド「Star Chorus」が流れ、デモシートに座りながら施術を受けられるといいます。


鼓動のように明るさが変化する星の脈動に合わせて音を加えたという「Star Chorus」。こんなの流されたらリラックスしすぎて寝ちゃう! ハンドマッサージの気持ちよさと相まってすやすや寝入っちゃいそうです……!!

【ショッピングの途中やお仕事帰りにも】

有楽町の駅や銀座のデパートに近い場所柄、ショッピングの途中やお仕事帰りに立ち寄るのもよさそう! また、指定のハッシュタグを付けてSNSで拡散し、スタッフに提示すると先着300名にオリジナルトートバッグなどがもらえる特典もあり。

気になる方は、実施時間やサービス内容など「スターフライヤー」公式ホームページ内のキャンペーンページにてご確認くださいね! 最後にもう一回言うけど、これが無料だなんて本っ当に驚きですっ!!

参照元:スターフライヤープレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【9日間限定】東京・有楽町に夢のような無料サロン登場!! リラックスサウンドのなかでハンドマッサージやネイルケアを施術…どうしてこれで無料なの!?


9月12日から21日まで、東京・有楽町にある交通会館2階の「スターフライヤー アンテナショップ」に設置される「スマートラグジュアリーサロン」(18日は店休日)。

ここではハンドマッサージやネイルケアのサービスを無料で受けることができるそう! しかもラグジュアリーなリラックス空間で施術してもらえるのだとか。

……えぇー、これが無料ってホントの本当なのーっ!?

【ハンドマッサージやマニキュアを無料で施術!】

誰でも参加可能だという「スマートラグジュアリーサロン」


A. ハンドマッサージ+甘皮処理(ささくれ処理、爪の形の整えなど)
B. マニキュア、ご希望の方へネイルアート体験(スターフライヤーロゴシールを爪に貼るなど)

のいずれか好きなほうを受けることができます。

無料と聞くと「研修生が練習としてやっているのでは?」なーんて思っちゃいますが、施術するのはJNA(日本ネイリスト協会)の資格をもつ専門ネイリスト! 時間も15分~20分かけておこなってくれるそうで、ネイルサロンに行く気分で安心してお願いできそうです。

【スターフライヤーが開発したサウンドを聴きながら……】

実はこちら、北九州空港に本拠を置く日本の航空会社「スターフライヤー」が、PRを兼ねて開催するイベント。店内の大型モニターにはリラックス空間を演出するために開発されたサウンド「Star Chorus」が流れ、デモシートに座りながら施術を受けられるといいます。


鼓動のように明るさが変化する星の脈動に合わせて音を加えたという「Star Chorus」。こんなの流されたらリラックスしすぎて寝ちゃう! ハンドマッサージの気持ちよさと相まってすやすや寝入っちゃいそうです……!!

【ショッピングの途中やお仕事帰りにも】

有楽町の駅や銀座のデパートに近い場所柄、ショッピングの途中やお仕事帰りに立ち寄るのもよさそう! また、指定のハッシュタグを付けてSNSで拡散し、スタッフに提示すると先着300名にオリジナルトートバッグなどがもらえる特典もあり。

気になる方は、実施時間やサービス内容など「スターフライヤー」公式ホームページ内のキャンペーンページにてご確認くださいね! 最後にもう一回言うけど、これが無料だなんて本っ当に驚きですっ!!

参照元:スターフライヤープレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

愛媛県&香川県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」の “鯛めし” が絶品だった! 小鉢の品数の多さにも大満足です #食べて応援

西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。なんとか少しでも支援をしたい、と考える方も多いのではないかと思います。

募金やボランティアなどの他に、日常生活の中で被災地域を支援のひとつとして広まりつつあるのが被災地域の特産品などを「買ってor食べて応援」する方法です。これなら、日々にそんなに余裕がなくても小さな支援ができる!

ということで、Pouchでは被害の大きかった地域のアンテナショップをピックアップ、全国的に知られてはいないけれど魅力的な商品や食べ物をご紹介することにします。

今回ご紹介するのは東京・新橋にある香川県と愛媛県のアンテナショップ「せとうち旬彩館」。2階にあるレストラン「かおりひめ」で、東京ではなかなかお目にかかれない瀬戸内の郷土料理を楽しむことができます。

【一風変わった宇和島の鯛めし】

「かおりひめ」店内に入ると、ちょうどランチタイムということもあり、すごい賑わい。どうやら新橋のサラリーマンやOLに人気のお店のようです。

取材中に「せとうち旬彩館」の館長にすすめられたのが「南予の鯛めし」。今回の豪雨の中でも大きな被害を受けた愛媛県の宇和島市など、県南に位置する南予地方の郷土料理です

鯛めしというと、鯛と炊き込んだご飯や、熱いお茶をかける鯛茶漬けのようなものを想像しますが、南予の鯛めしは鯛のさしみに醤油、みりん、生卵、出汁をかけて、熱いご飯といただくのだそう。

今回は鯛めしに加えて瀬戸内の名産品が並ぶ「鯛定食」(1240円)、そして愛媛で穫れるという「じゃばら」というすっぱい柑橘を使った「じゃばらソーダ」(400円)を注文することに。

【鯛定食の豪華さが半端じゃない】

注文してしばらくして、提供された「鯛定食」のおぼんを見ると……おかずの数が半端じゃない! なんだこの豪華さ! 鯛めしのほかに、鶏のから揚げ、ミニうどん、かまぼこ、冷奴に香の物までついてきます。うどんとご飯が一緒に出てくることに「関西でお好み焼きがご飯と一緒に出されるような感じなのかな」と思いつつ、いただきます!

まずは鯛めしからいただきましょう。……鯛なんかこのまま刺し身で食べてもいいくらい美味しそう。これを卵の入った出汁と一緒に食べるなんて……どう考えても美味しいでしょう。

思い切って鯛を全部ご飯にのっけて、出汁をかけて、パクっとひとくち! なんですかこれは……。甘めの出汁の味と、鯛のプリプリ感がたまりません!! めちゃくちゃ美味しい!! これなら食欲のない夏でもするすると食べられそう。

【小鉢類も絶品じゃああ】

鶏のから揚げも、かまぼこも、固めで豆の味がしっかり感じられる冷奴も全部美味しいです。出汁で炊かれたかまぼこの甘みがなんだかホッとします。

ミニうどんも、麺が太めでコシが強くて、出汁は薄味でツルツルっといけました。この、品数が多くてうどんまで出てくる感じ、田舎のおばあちゃん家に行ったら「たくさん食べなさいよ〜と次から次に料理が出てくるのを思い出しました。なんだかとってもノスタルジック。

【じゃばらソーダがすっぱくて美味しい】

そして一緒に注文した「じゃばらソーダ」が大正解。飲んだ瞬間、頬の内側がキュッとなるくらい酸っぱくて、ほのかに苦味があるんですけど、その酸味がくせになります。料理の合間にひとくち飲むと、口の中がいい感じにリセットされて、食が進みました。食欲がなくなりがちな夏にぴったりです。

取材中、とにかく印象的だったのは、次から次にひっきりなしにお客さんがやってくること。そして、近くの席の人たちが食べていたものがどれもこれも美味しそうで、会社の近くにあったら通ってしまいそう。

今まで、四国を訪れたとはなかったのですが、いつか旅行で行ってみたい……と思いました。個人でできることはささやかかもしれませんが、その土地のものを食べたり、購入したりすることが少しでも被災地域の力になりますように。1日も早く、元の生活に戻れることを願います。

【今回訪れたお店】
せとうち旬彩館 せとうち料理かおりひめ
住所:東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル2F
営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)
定休日:年中無休(年始を除く)

※2018年8月中旬から10月初旬までリニューアルのため休館予定。詳しくはHPなどをご確認ください

参照元=せとうち旬彩館
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

★コチラもどうぞ → 「Pouch食べて応援シリーズ

続きはこちら

岡山県&鳥取県が手がける「ももてなし家」の「岡山白桃パフェ」が超贅沢!上から下までぎっしり旬の桃がつまってます #食べて応援

西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。多数の犠牲者を出した災害の爪あとは大きく、未だ被害の全貌がつかめていない状態です。

募金やボランティアなどの他に、日常生活の中で被災地域を少しでも支援したいと考える人におすすめしたいのが、被災地域の特産品などを「食べて応援」すること。

とはいっても何をどう買えばいいのかわからない……そんなときに大いに役立つのが、自治体直営の「アンテナショップ」です。県が展開するアンテナショップには、その地域ならではの名産品や土地のものを使ったグルメがずらりと並んでいます。それまで知らなかった魅力あふれる各県の産物をいただく、それが支援になるのであれば素晴らしいことでしょう。みなさまもぜひ、アンテナショップに足を運んでみてください。

今回紹介するのは、岡山県と鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」。東京・新橋にあるこのお店の2階、カフェ・レストラン「ももてなし家」の「岡山白桃パフェ」が素晴らしい! 東京じゃなかなかお目にかかれないほどの、それは贅沢なパフェなのです!

【旬の桃を使ったパフェが1280円!】

岡山県の特産品である白桃は、いままさに旬の果物。「とっとり・おかやま新橋館」でも白桃フェアを大々的に展開していて、店内に入った瞬間、みずみずしい桃の香りがふわっと鼻腔をくすぐります。

2階にあるカフェ・レストラン「ももてなし家」でも、2018年7月4日から「白桃アイスクリーム」に「MOMOモヒート」など白桃を贅沢に使ったデザートやドリンクを期間限定で提供中。

中でも目を引くのが看板メニューの「岡山白桃パフェ」! 上から下まで桃づくしで、それはもうめちゃめちゃ豪華です。しかもお値段は1280円とリーズナブル。パフェ専門店でフルーツをふんだんに使ったものを注文すると2000円近くするのでかなり破格です。これぞ、アンテナショップ価格。

【岡山県の食がギュッとつまった桃のパフェ】

さっそく注文すると……とんでもなくお上品でかわいらしいパフェがキターーー! 本当に上から下まで桃だらけ!  白桃の淡いイエローと、淡いピンクのジュレ、白いソルベやヨーグルトの色合いがなんとも涼しげです。

一番上に載っているのが、ミントと桃のソルベ。しゃりっとした食感と、桃のほのかな甘さとミントの清涼感が夏にぴったりです。この日の気温は30度越え。ひとくち目から涼を感じられます。

そして薔薇の花びらのように幾重にも飾り付けられた白桃。じゅわっとジューシーで、上品な甘さがたまりません。食べても食べてもいっぱい出てくる……。ちなみに、桃の種類は日替わりだそうです。

【ヨーグルムースやアクセントに入ったお菓子も岡山県産品】

真ん中の層には、桃のジュレと、これまた岡山の「蒜山(ひるぜん)ヨーグルト」のムースが。このヨーグルトムースの濃厚さとほどよい酸味が桃とぴったりマッチしているのです!

さらに、中には岡山銘菓の「きびだんご」(桃味)や「シガーフライ」というビスケットが隠れています。桃味のきび団子はトロトロ感が白玉みたいでパフェによく合ってましたよー!

【最後のひとくちまで爽やかで美味しい】

そして、一番下には桃のジュレと一緒に桃のコンポートが。缶詰にありがちな強烈な甘さではなく、果実のジューシーさを残した味わいにうっとり……。最後のひとくちまで美味しく完食でした。

桃のみずみずしさってアイスや生クリームに合わせると負けてしまうこともありますが、このパフェはどこを食べても絶妙なバランスで桃の美味しさを最大に生かす逸品になっています。桃の美味しさを知り尽くした岡山ならではなのではないでしょうか! 夏にピッタリの桃のパフェ。何度も言いますけど、これで1280円はお得すぎます。 桃好きの方には全力でおすすめです。

同店の方いわく「桃が旬の間は全力で推していく」ということでしたので、お近くに行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

【今回訪れたお店】
とっとり・おかやま新橋館 ビストロカフェ ももてなし家
住所:東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス2階
営業時間:11:00-22:00 (LO21:00)
定休日:年中無休(年末年始を除く)

参考リンク=とっとり・おかやま新橋館
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

★コチラもどうぞ → 「Pouch食べて応援シリーズ

続きはこちら

岡山のモノを買って支援したい、でもどんなものがオススメ? 岡山県直営ショップに聞いてきました! 義援金募金情報、入荷情報なども #食べて応援

西日本の広い範囲を襲った「平成30年7月豪雨」。なんとか少しでも支援をしたい、と考える方も多いのではないかと思います。

募金やボランティアなどの他に、日常生活の中で被災地域を支援のひとつとして広まりつつあるのが被災地域の特産品などを「買ってor食べて応援」する方法です。これなら、日々にそんなに余裕がなくても小さな支援ができる!

ということで、Pouchでは被害の大きかった地域のアンテナショップをピックアップ、全国的に知られてはいないけれど魅力的な商品や食べ物をご紹介することにします。また、商品の入荷状況や、おすすめの名産品、募金箱の設置などについてもお伝えしていこうと思います。

まずご紹介するのは東京・新橋にある鳥取県と岡山県の合同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」です。

【アンテナショップは元気に営業中でした】

もしかして物流が完全にストップしてしまって、棚がガラガラなのでは……とお店に向かう前は思っていましたが、アンテナショップの店内を見た感じでは、棚はほとんど埋まっており、商品がないという印象は受けませんでした。

お店の方に今回の豪雨の影響による商品の入荷状況などを尋ねたところ、現状で影響を受けているのは、被害が大きかった地域から仕入れているマルシェコーナーの野菜など。また、2階のレストランでも、ランチタイムの野菜ブッフェは当面の間休止だそう(ランチタイムの営業自体はやっています)。それ以外については、遅れながらではあるけれど、商品は入荷しているけれど、今後については配送業社次第なのでなんとも言えない……とのことでした。

また、豪雨の報道があってから、岡山県の商品を買っていくお客さんが増えているそう。物流のストップなどもあるし、なくなると困るのではと思いきや「買って支援」という流れについては歓迎ですとのことでした。

【岡山の名産、おすすめはコレです!】

はりきって「買って支援」したいところですが、たくさん商品があってどれを買えばいいか迷ってしまいますよね。

というわけで、今回、岡山県の名産のほか、被害の大きかった地域の商品などを中心におすすめの商品を紹介していただき、購入しました。

・今が旬の白桃!

まず大きく売り出されていたのは今が旬の岡山県産の「白桃」。果物はもちろんのこと、ゼリーやコンポートなど桃を使ったスイーツも多数展開していました。桃なら、近くのスーパーやデパートでも買えますね。

・果物を使ったゼリー類

岡山の名産は果物ということで、白桃以外にも、ぶどうやいちじく、トマトなどのフルーツや野菜を使ったゼリー類はイチオシとのこと。

・きびだんご

定番ですが、桃太郎でおなじみきびだんご。白桃味も出てました。ピンクのパッケージがめずらしい。この桃味のきび団子、2Fのカフェで食べられる桃のパフェの中にも入ってましたが、甘酸っぱくておいしかったです。

・蒜山(ひるぜん)ジャージーヨーグルトシリーズ

こちらも人気商品。たまに成城石井や紀伊国屋などの高級スーパーでも見かけるので、アンテナショップが近くにない人も購入しやすいのではないでしょうか。クリーミーでありながら、酸味がしっかりあってバランスが絶妙でした!

・倉敷おからクッキー

浸水被害の大きな倉敷市の商品。おからでできたクッキーは甘さ控えめでおいしかったし腹持ちもいい! ダイエットにもよさげで、いろんな味が売ってました。

・たけのこの水煮

真備町の名産品はたけのこ、ということでたけのこの土佐煮などを買っていく人が多いということでした。

・岡山県の雑穀シリーズ

こちらは総社市で作られている雑穀シリーズ。ごはんに混ぜて炊くと雑穀ごはんになります。

・皮ごと食べられる瀬戸内バナナ

1本580円もするのですが、個人的に気になって買ってしまいました。農薬不使用で皮ごと食べれるのだとか。皮は食感だけ、実の部分はめっちゃ甘かったです。※遺伝子組み換えではないそう

【店内には募金箱も設置されています】

また、レジの横には義援金の募金箱も置かれています。こちらは岡山県の「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」募金運動推進本部でとりまとめ、被災地の各市町村に配分されるということでした。

私がショップを訪ねたのは平日の午前でしたが、買い物客が多く、またテレビの取材なども来ており、東日本大震災や熊本地震を経て「買って・食べて応援」が根付いていることを感じました。

アンテナショップだけでなく、スーパーやデパートの名産品コーナーで、被災地域の商品を購入することも支援につながると思います。1日も早く、被害を受けた地域に日常がもどりますように。

※店内写真などはすべてお店の許可を取って撮影しています

参考リンク=とっとり・おかやま新橋館
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

★コチラもどうぞ → 「Pouch食べて応援シリーズ

続きはこちら

【想定外】大阪で買った「呼吸チョコ」が激ウマ!! 変な名前と思いきや大阪に戻って買い占めたくなるレベルでした


これまで大阪みやげとしてHAPPY Turn’scororo、柿の種「タネビッツ」とご紹介してきましたが、どれも人気菓子の高級バージョンだけあってさすがの味わい。人気の大阪みやげとなるのも納得です。

……しかーし! 私が今回おみやげとして買った中で、ダントツで、そしてモーレツに激オシしたくなった品は予想外のところにありました。帰りの新幹線に乗る際、駅のホームで見つけた「呼吸チョコ」。この謎ネーミングのチョコレートこそが、食べた瞬間に衝撃を受けるほどのおいしさだったのです……!!

【大阪みやげの新定番】

お菓子の専門店「まるしげ」が20年以上前から販売しているという「呼吸チョコ」。この不思議なネーミングは「息づくほど新鮮なうちに味わってもらいたい」との思いからつけられたそう。……なーんだ、大阪なだけにてっきり「高級」と「呼吸」をかけた高度なダジャレか何かと思ってたよ!

それが最近では大阪みやげの新定番として大人気に! 外国人観光客にも好評なのだとか。たしかに大阪も東京同様、海外からの観光客が多くて驚きましたが、手軽なおみやげとして「呼吸チョコ」を爆買いしていく姿が想像できます。

【1番人気はティラミス風味の北新地味】

「呼吸チョコ」にはいくつか種類があるのですが、私が買ったのはいちばん人気だという「北新地(ココア)」味

1個ずつ個包装になっている包みを開けると、中からは茶色い楕円形のチョコが出てきました。これ、アーモンドをマスカルポーネチーズクリームで包み、ココアパウダーでコーティングしたティラミスチョコレートなのだそう。


食べてみると、香ばしいアーモンドにコクのあるマスカルポーネチーズ、そしてちょっとほろ苦いココアパウダーが絶妙な組合せとなって口の中で楽しめます。しつこくない上品な甘さで、ついつい次々に手が出てしまう……! 気づけば5個ぐらいあっという間に消えてました。

パッケージが庶民的なだけに、なおさら想定外のおいしさとして衝撃も大きいです。

【バナナや抹茶、きな粉味も美味しそう…!】

まるしげのホームページを見ると、神戸北野(コーヒー)、京都祇園(抹茶)、奈良吉野(きな粉)、贅沢バナナ、そして期間限定のいちごとバラエティ豊か! 名前の多くが関西の地名にちなんでるのがユニークですね。

Instagram Photo

もうね、私はホントに悔やみました。なぜ私はあのとき1袋しか買ってこなかったのか。なんなら「北新地(ココア)」はあと3か月ぐらい毎日食べ続けたいし、他のも全種類食べてみたい。大阪でしか買えないんだぞ、バカバカバカ……!!

……と思ったら、調べたところ東京では有楽町の交通会館1階にあるアンテナショップ「大阪百貨店」で買えるそう! 幸せって案外身近なところにあるんですね。近いうちにかならず買いにいくわ……!

とはいえ、やはり大阪以外での入手は困難。もし大阪に行くなら「呼吸チョコ」は何がなんでもゲットすべし! 購入はお菓子屋さんの「まるしげ」のショップ(いろんなところにあって、東京でよく見る「おかしのまちおか」に似ている感じでした)、もしくは通販サイトにてどうぞ。私は新大阪駅のホームにある売店で買ったので、新幹線ユーザーはそちらをチェックしてみてもよいかも!

参考:お菓子の専門店「まるしげ」大阪百貨店
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

全国の絶品アイスが東京・有楽町に集結☆ アイス好きにはたまらない「ご当地アイス対決!in有楽町」が初開催されるよ♪

全国各地のアンテナショップがそろう東京・有楽町の東京交通会館は、1日中楽しめちゃうお出かけスポット。アンテナショップ以外にもお店がたくさん入っているし屋上庭園もあるので、家族や友人と行くのはもちろん、デートにも最適ですよ~。

そんな東京交通会館で2017年8月3日から開催されるのが、「ご当地アイス対決!in 有楽町 交通会館」というイベント。

館内の各アンテナショップが、それぞれ特産品を生かしたご当地アイスやソフトクリームを提供。投票数を競うのだそうで、8月13日まで行われるみたいです。ふだんお目にかかれないご当地アイスを思うぞんぶん食べられるという、またとない機会! アイスが好きなら行かなくちゃ損ですよ損!

【大分代表は「かぼすソフト」】

今回が初の開催となるこちらのイベントは、参加する10のアンテナショップ同士の協力のもとに成り立っています。

発起人は大分県の「おおいたアンテナショップ温泉座」で、こちらからは特産品の “かぼす” がミックスされた「かぼすソフト」(500円 / 以下すべて税込み)がエントリー。優しい酸味と甘さのバランスが特徴で、冬でも月平均で約500個を売り上げる人気商品なんですって。

【れんこんのアイス、だと…!?】

福岡・博多からは、福岡産の苺 “あまおう” と阿蘇(熊本)のジャージー牛乳を使用した「あまおうソフトクリーム」(400円)。大阪からは「北極アイスキャンデー」(140円)、北海道・美瑛からは「ハスカップソフトクリーム」(462円)といった具合に、美味しそうなメニューが勢ぞろいしています。

個人的に気になったのは、徳島県の「れんこんジェラート」(500円)! れんこんは大好きだけど、アイスとなると、味がぜんっぜん想像できない……。期待半分怖さ半分だけど、ぜひ食べてみたい~!

【どのアイスに投票しようかな♪】

来場者は10メニューのなかから「おいしいで賞」「ユニークで賞」「フォトジェニックで賞」の3部門へ投票。各部門の合計票数で「総合ランキング」も決まるそうですよ。

記念すべき第1回大会の優勝者は果たしてどのショップなのでしょう? アイスに目がないという方は、ぜひとも出かけてみるべしっ!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら