「ぐでたま」や「ポムポムプリン」などキャラ料理を生み出す台湾人女性がスゴイ! 作り方までインスタで公開しています

創造的な朝食や栄養たっぷりのランチレシピを日々生み出し続けているのは、台湾で活躍中の女性インスタグラマー、イリサ・リウ(ilisa liu)さん。料理本も出版しているらしく、その腕前はフェイスブックやインスタグラムを見れば一目瞭然!

モチーフになっているのは、アンパンマンやポケモンやポムポムプリンといった日本生まれの人気キャラクターたち

ピーナッツの仲間たちや、くまのプーさんなど海外生まれのキャラクターもフィーチャーされていて、どれもこれもクオリティーが高すぎるんですけども~!

【ちゃんと作り方も書かれてる…!】

お弁当やスイーツ、バーガーにトーストと、目移り必至のリウさんの “作品” たち。

投稿のひとつひとつを見ていくと、「どんな食材やメニューが使用されているのか」「どのような手順で作られているのか」といった詳細が丁寧に書かれているので、頑張ればなんとかマネできるかもしれません(とはいえ、めちゃめちゃハイレベルだけど……)。

【「ぐでたま餃子」がかわいすぎるんじゃああああ】

どれも甲乙つけがたいほどフォトジェニックですが、個人的に気になったのは、サンリオ界の異端児・ぐでたまをモチーフにした「餃子」

黒いフライパンの上にぐるっと円を描くように盛られた餃子は、ぐでたまとおんなじイエローカラー。黒ゴマや海苔などでぐでたまの顔を再現しているそうで、餃子のぐにゃぐにゃっとした輪郭が、なんだかとってもぐでたまっぽい~!

【皮の包み方が普通とちょっぴり異なります】

なお、イリサさんのインスタグラムでは、ぐでたま餃子の作り方も公開しています。まず、包み方は、餡を皮の真ん中に配置して、ふたつにパタンと折りたたむところまでは通常どおり。

Instagram Photo

しかし “ひだ” は作らず、ただ封をするよう抑えるだけにすることがポイントで、そのまま端と端を円を作るようにくっつければ、基本のかたちが完成するようなんです。

さらに包み終わった餃子を、ターメリックの粉を加えた水で茹でて、黄色く色付け。お皿の上に並べて目や口をつけたらできあがりというわけ。

【さあ、マネして作ってみよう♪】

餃子パーティーなどで出したら確実に大人気となりそうな、「ぐでたま餃子」。

レシピは中国語で書かれているものの、写真付きでわかりやすいので、さっそくトライしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:Instagram @ilisa_liuFacebook
画像=ilisa_liu , used with permission.
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【素朴な疑問】アンパンマンの顔の中身は「つぶあん」それとも「こしあん」? アンケート調査の結果、つぶあん派がやや多いけど実際は…

an2

そういえばどうなんだろう?とふとした瞬間に気になることってあるものです。イクラの軍艦にキュウリがのってるのはどうして?とか、パンの袋のアレの名前って何なの?とか、気になり出したらけっこう気になっちゃうんですよねぇ~。

さて、「勝手にランキング」は全国の男女約1万人を対象に「あんこに関するアンケート」を実施したそうです。あんこといえばのアンパンマンの顔の中身が「つぶあん」だと思うか、「こしあん」だと思うか尋ねたみたいなんだけど……そういえばどうなんだろう。

【アンパンマンの顔の中身は「つぶあん」なのか!?】

「勝手にランキング」のアンケート結果によると、アンパンマンの顔の中身は「つぶあん」だと答えた人は55.2%、「こしあん」だと答えた人は44.8%だったとのこと。

つぶあん派がやや多いということになりましたが……泣いているキッズもすぐさま笑顔になる、あの顔の中身は結局何なんだ!?

【ジャムおじさんが作った「つぶあん」のあんパン】

で、正解はというと「つぶあん」なんです。以前、Pouchでご紹介したとおり、アンパンマンはジャムおじさんによる「つぶあん」のあんパンなわけなんです。

1998年に刊行された、やなせたかしさん・鈴木一義さん編著の単行本『アンパンマン大研究』(フレーベル館)にそういった記載がありまして、「おそらく非常に栄養価の高い特別なあんこなのだと思います」(”やなせのひとこと” より)と書かれています。

なるほど! だから食べるとみんなすぐさま元気になるのか!

ちなみに、「あんこを食べる機会が多い季節」を尋ねてみたところ、1位は冬、2位は秋だったようです。これからの季節、あったかくて甘~いお汁粉なんかが恋しくなりますもんネ♪

参照元:プレスリリース勝手にランキング、『アンパンマン大研究』
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch / 画像=Pouch (c) Pouch

続きはこちら