【検証】プロが自分に似合うメイクを教えてくれる資生堂の「アーティストキット」がリニューアル! 何が変わったのか注文してみた

以前Pouchで紹介した、資生堂のコスメサービス「アーティストキット」。

自撮り画像を送っただけで、メイクアップアーティストがオーダーメイクを考えてくれる、さらにはデパコスと同価格帯の試供品まで送ってくれる、という太っ腹すぎる大人気サービスです。

しかしこのアーティストキット、2017年11月に突然値上げ。2000円→4500円と価格が2倍以上になってしまいました。ひえ〜! でもそんなに変わるのなら、サービスもかなりパワーアップしたのかな?

ということで、4500円になったアーティストキット、何がどう変わったのかを検証してみました!

【値上がりの理由】

お値段が倍以上になった理由を調べてみると、なんでもこれまではテストサービスだったとのこと。そして満を持して2017年11月から正式にサービスを開始し、内容もグレードアップしたとのこと。

さっそく注文してみたところ……大きく変わったのは、以下2点でした。

【1.挑戦したいメイクがわかりやすくなった】

今までのアーティストキットは、挑戦したいメイクを注文するときに「エレガント」「モダン」「キュート」など文字だけの印象でスタイリストにオーダーする形でした。しかしリニューアル後は、メイク内容が全て写真でわかるようになり、おまけに種類も膨大に増えたのです。

人によって「エレガント」のとらえ方は様々だけど、写真でみれば一目瞭然。なので、挑戦したいメイクとプロの提供するメイクに大きなズレが生じにくいと感じました。

【2.メイク道具が増えた!】

送られてきた化粧品は資生堂公式ブランド「プレイリスト」の商品。オンラインショップと、東京・銀座にあるSHISEIDO THE GINZAでしか買えないデパコス価格のブランドです。

中身に変化があるのか全部出して並べてみると……道具が増えている!

前回無かったリップブラシが2本、パウダーファンデーション1つ、部分用フェイスカラーが2つ追加。さらに、リキッドファンデーションがも増えていました。

【やっぱり最高! メイクの可能性を広げてくれました】

今回の私のオーダーはかっこいい系のメイク!  普段「かっこいいメイク」に挑戦すると、なぜかヤンキーになるのが悩み。なので「ドラマティカルブラック」というくすみ系とモード系が合体したメイクをお願いしました。

担当してくれたのは資生堂ヘアメイクアップアーティストの伊藤礼子さんという方。前回もお伝したとおり、丁寧なメイク方法とプロならではなテクニックに感動しっぱなし。

茶色いリップを勧められた時は「絶対ビジュアル系になる!」ってひるんだものの、完成した顔をみたら理想としていたクールな女性が鏡に映っているではないか! やっぱりプロはしゅごい。メイクもしゅごい。

 

【まとめ:値段が2倍になってもやっぱり買い】

今回挑戦して率直に思ったのは、「またやりたい!」ということ。

前回同様、メイクの説明はとーっても丁寧。おまけに送られてくる試供品の多さはピカイチ。提供されるスキンケアやチークやリップは1回では使えきれないくらい多いので、挑戦したいメイクイメージの種類も増えて、その分新しい自分に出会えると思うとワックワク!

サービス内容を考えると4500円でもズバリお得だと感じました。売り切れ続出でなかなか注文しにくいけど、またスタイリストのみなさんに相談したいと思います!

参考リンク:アーティストキット
撮影・執筆=百村モモ

続きはこちら