面白い試みかも? 米ユタ大学の図書館に設置された「入って思うぞんぶん泣いていいクローゼット」

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティにあるユタ大学の図書館に設置されたのは、一風変わったクローゼット。

クローゼットというと、ふつうは洋服など “物を収納する場所” のはずですが、ユタ大学にあるクローゼットの名前は「cry closet(泣くクローゼット)」。つまりは、泣くための場所だというんです。

【アートインスタレーションだけど実用的】

不思議なクローゼットを作ったのは、ユタ大学に通う生徒でビジュアルアーティストのネモ・ミラー(Nemo Miller)さん。

大学のホームぺージによれば、ミラーさんは “学生がストレスを吐き出せる安全な場所” を作ろうと制作をスタート。アートインスタレーションとして、2018年4月22日から5月2日までの間展示されていたといいます。

Instagram Photo

ちなみにクライング・クローゼットという名前ではあるけれど、このクローゼットは泣くためだけのものではありません。使用目的は自由。ぼんやりしたり、考え事をしたりというのもアリです。ちなみに扉を開けると中にはぬいぐるみがたくさん置いてあり、よりリラックスできるようにしてありました。

【5つのお約束を守ってね】

使うときの約束事として、以下の5つの条件が提示されていました。

1. 入る前に必ずノックしてね
2. クローゼットに入れるのは1度に1人だけ
3. 利用時間は10分までです
4. 次に利用する人のため照明を消し、タイマーをオフにしてね
5. ソーシャルメディアに投稿するときはハッシュタグ#cryclosetuofuをつけてね

【会社に1台欲しいかも!?】

アートプロジェクトとはいえ、これってけっこう実用的かも。大人になったら、 “自分の機嫌は自分で取る” ことが大切。うまく気持ちの整理がつかないときは、こういった場所があるとひとまず心を落ち着けることができそうです。

会社の一角にポンと置いておいたら、一時的な避難所として、多くの人から重宝されたりして!?

参照元:The University of UtahInstagram@universityofutahInstagram@nemosanartistInstagramハッシュタグ #cryclosetuofu
執筆=田端あんじ (c)Pouch

風船で身体が浮くなんて楽しそう!と思ったけど9時間浮いたまま…「幸福に対する恐怖症」を表したアート作品でした

2017年9月3日、オーストラリア・シドニーにあるオペラハウスで、9時間に渡るアートインスタレーションが行われました。

イギリス・ロンドンを拠点に活動しているウィーン出身のアーティスト、ノエミ・ラクマイヤー(Noëmi Lakmaier)さんがアシスタントと共に用意したのは、2万個の風船。カラフルな風船にはヘリウムガスが詰め込まれていて、風船から伸びたひもの先にはラクマイヤーさんの体がくくりつけられています。

風船でふわりと宙に浮かぶ。そう聞くとファンタジックに感じられますが、インスタレーションの様子はちょっぴり異様です。

【風船で吊るされて、宙吊りに】

撮影された写真を見ると、ラクマイヤーさんは風船の糸でぎちぎちに拘束されていて、体の自由は効きそうにないし、そのまま長時間宙づりになるということ自体、想像を絶します。

少なくとも絶対に快適ではないと思うし、不安で心許ないような気持ちになってしまいそう。トイレはどうするのかな……と、要らぬ心配までしてしまいましたよ。

【「幸福に対する恐怖症」がタイトルに】

しかし、わたしが作品から感じた “不自由さ” や “心許なさ” は、あながち的外れではなかったよう。

作品のタイトルは『Cherophobia(ケロフォビア)』。幸福に対する恐怖症を意味するそうです。

ラクマイヤーさんはこの作品について、「幸せが達成されたら、なにか恐ろしいことが起こるかもしれないと思い込み、幸福や楽しみを得る機会を自ら回避してしまうことを指す」のだと、自身のサイトで説明しています。

ラクマイヤーさんは障害を抱えており、自分のことを「障害をもった、セクシュアル・マイノリティな移民者の女性」だと表現。この作品のことを、「人間であることの意味を視覚化し、パフォーマンスへ昇華させるという実験的な探索」だと語っています。

【ロンドンでは48時間に渡るパフォーマンスを決行】

『Cherophobia』は、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックの主要文化プログラムの一環として、障害や聴覚に困難を抱えるアーティストの創造活動を支援するために発足した芸術祭「Unlimited」から支援を受けて制作された作品です。

2016年9月に、ロンドンの聖レナード(St Leonard)教会で発表された際には、制作過程を含む48時間(!)にもおよぶパフォーマンスを行ったのだそう。

その様子は動画サイトVimeoで観ることができます。教会というロケーションもあるのか、アートというよりも、なにか神聖なものを観ているような気持ちになりました。みなさんもぜひ、ご覧になってみてくださいね。

参照元:Noëmi LakmaierMashableVimeoRed Bull
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら