これ全部チョコレートって信じられる!? タコが船を持ち上げるチョコアートが彫刻さながらのクオリティ!

北欧の伝説的な海の怪物「クラーケン」。巨大なタコやイカの姿をしていることが多いそうですが、このクラーケンが船を軽々と持ち上げているアート作品がインスタグラムに公開され、注目を集めています。

とっても迫力ある彫刻物で、一見するとブロンズや木でできているかのように見えますが……実はこれ、チョコレート! 100%すべてチョコレートで作られたものなんです。

作成したのはパティシエのアモーリ(Amaury Guichon)さんとショコラティエのクリストフ(Christophe Morel)さん。ふたりのコラボにより、17時間を費やしてこの偉大な作品は作られたのだとか!

【船の作り方は模型の作成みたい!】

クリストフさんのインスタグラムに公開された動画では、その製作過程を見ることができます。
Instagram Photo
まず型紙の段ボールをカッターで切り取ります。そして薄く固めたチョコを型紙に合わせて切り、チョコのパーツを組み立てていきます。扱っているのはチョコだけど、模型を製作するときと同じような作り方なんですね。

そして船の外側は削るなどして模様をつけてリアリティを出したり、チョコをくにゅくにゅとウェーブさせて帆の部分を作ったり。そうして本物そっくりのチョコの船の完成です。

【粘土のように手で作り上げる巨大タコ】

続いて巨大タコ、ことクラーケン。チョコを粘土のように扱いながら、手で造形していきます。タコの形になったら、彫刻刀かナイフのようなもので削り、表面を滑らかに。

おっと、吸盤も忘れてはいけません! 5円玉のような丸いチョコをいくつもつけて、タコの吸盤に見立てていきます。最後はタコに似た赤い色のスプレーをかければ、航海をおびやかす恐ろしいクラーケンのできあがり!

【チョコの総量と製作時間がハンパない!】

こうして別々に作った船とクラーケンを結合! 巨大なタコが船を持ち上げているような作品の完成です!!
Instagram Photo

今にも動き出しそうな躍動感があって、映画の一場面か何かのよう。チョコレートだけを使ってこんな素晴らしいコラボ作品を作り上げちゃったんだから、たいしたものです。

この作品には合計で63.5キロものミルクチョコとダークチョコを使い、17時間かけて製作したといいます。恐れ多くてとても食べられそうにないですが……製作過程を見ているぶんにはとっても興味深い! ぜひ皆さんも世界的パティシエたちが織りなす匠の技をご覧あれ☆

参照元:Instagram @cmorelchocolatier
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

5歳児が値段を決める美術館が面白すぎる!「100億円の恐竜」に「50円の手裏剣」って…価格差ハンパないです

世の中にあるほとんどの美術品には、値段がついています。

ウェブサイト「5歳児が値段を決める美術館」にあるアート作品は、すべてある1人の子供が作ったもの。4歳から5歳にかけて制作してきたという作品にはそれぞれ値段がついているのですが、それらはすべて、作者本人が決めた額。だから子どもならではのおかしな値段もちらほらあるのですが、それはご愛敬です。

値段だけでなく、作品名コメントもすべて、作者本人によるもの。大人ではおおよそ考えもつかないような価格やコメントに驚いたり感心したりと、飽きることがないんですよね。

【ものすごい数字に驚くばかり!】

アート作品の種類はイラストや立体物など多岐に渡っていて、値段もさまざま。金額の幅があまりにも広すぎて、一体なぜその値段をつけたのか質問したくなってしまいます。

たとえば厚紙で作った作品ひとつとっても、「ステゴザウルス」の値段は9万円、「ナマズ」は一気に下がって4000円。そして「シロナガスクジラ」は、具体的な数詞としては最大となる不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)円だというのだからビックリ。

こうなってくるともはや、他作品についた値段の100億円無量大数円なんてまだいいほうです。そうそう、なおこういった誰も払えない値段の作品は実際に販売されておりませんのであしからず。現実的な値段のものはすべて、実際に購入することができます。

【作者の「値段の基準」に親近感】

YouTubeには、作者本人が値段を決めている様子が公開されているのですが、「これは作るの簡単だからすっごい安くていい。18円」「これは伝説だから100億1000万円」といった話の内容から、値段を決める基準のようなものが見えてきます。

そういえば不可説不可説転円という値がついた「シロナガスクジラ」のコメントには、「ほにゅうるいのなかでも、1ばんおおきいていうことで、すきないきもので」といった記載があるので、作者にとっての値段は「好き」「(自分の中で)レア」といった思いの表れなのかもしれませんねぇ。うん、わかる。

「子供が決めた値段でアートを売る」という試みから見えてくるものは、たくさんあるような気がします。ピュアな感性に触れることでハッとしますし、たくさんの刺激をもらえますよぉ~!

参照元:5歳児が値段を決める美術館YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら