【新潟のお土産】名物「イタリアン」はパスタじゃない! 他県民が混乱するもぐいぐい引き込まれる美味しさです #地元民が本当にオススメするお土産選手権


本当に美味しい土産は、地元民が知っている!

旅行に行けば行くほど迷ってしまうもの……それはお土産! なんでこんなにお土産があるんだYO!! 雑誌のお土産ページが見開きで何ページもあるYO!!

そんな迷える子羊のためにあるのが、Pouchの「地元民が本当にオススメする土産シリーズ」なのだ★ 雑誌やテレビでもなく、手みやげの達人でもなく、地元民がガチで愛するお土産とは……?

今回ご紹介するのは新潟県の名物「イタリアン」です。

【推薦者:新潟人のソウルフード】


オススメ土産:イタリアン
推薦者:新潟県出身 錠さん
推薦文:蒸かし立ての笹団子とどっちにしようか悩みましたが、新潟育ちの人間ならみんな知っている、新潟人のソウルフード「イタリアン」で!
自家製の中華太麺とキャベツ・もやしをソースで炒めて、最後にかけるのは粉チーズ。イタリアンという名前なのにイタリアンっぽくない、かといって焼きそばのようで焼きそばでない。食わず嫌いはもったいない! 一度、食べてみてください。

イタリアンには新潟市の「みかづき」派と、長岡市が中心の「フレンド」派が存在するそうですが、今回は「みかづき」のイタリアンを購入してみました!

【パスタじゃない】

届いたイタリアンを説明書通りに作ってみて、なんとなく違和感が……! 太い麺と麺の間にいる「もやし」の存在、そしてソースのいい香り。

なんだか焼きそばそっくりだなと思って、食品表示を読んだら「やきそば」と書かれているではありませんか! パスタじゃないのぉおお!?

【混乱するも徐々にハマる】

イタリアンにはプラスチックのフォークが備え付けられていたので、焼きそばをパスタのごとく、くるくるとフォークに巻きつけてトマトソースを絡め、食べてみました。

甘辛いソースにからむ、甘めのトマトソース。トッピングされている刻み生姜がアクセントになり、味を引き締めています。

最初は、「パスタなの? 焼きそばなの?」と、白黒つけたい気持ちでいました。だけど、食べ進めているうちに、パスタと焼きそばのいいとこ取りをしているイタリアンの味にぐいぐいと引き込まれていくのです。初めてなのに、新しくも懐かしい味です。

毎日じゃないけど、ふと食べたい日がやってくる、そんな魅力がつまったイタリアン。気になる方はぜひ食べてみてくださいね!

参考リンク:みかづき
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

★コチラもどうぞ→シリーズ「地元民が本当にオススメするお土産選手権」

続きはこちら

ドトール系列の会社がハワイ × イタリアンが組み合わさった「ロコイタリアン」のレストランをオープンするよ♪

2017年9月29日、東京・溜池山王駅直結「赤坂インターシティAIR」1階にロコイタリアンの新業態「マウカキッチン」をオープンします。

「ロコ」はハワイ、「イタリアン」は読んでそのままイタリアン。それそれ別々だったら容易にイメージがわくけど、合わさるとなかなかイメージが湧きませんよねぇ。

【ハワイ×イタリアンのヘルシーでオシャレなフードが目白押し】

ハワイ料理にイタリアンのエッセンスをドッキングした料理で、満足感とヘルシーを両立しているのだとか。

「ハワイ島の緑豊かなマウンテンサイド(山側)を意味する “mauka(マウカ)” に佇む、ヨーロッパからの移住者の都会的なセンスとハワイの心地よさが共存するレストラン」をイメージしているとのこと。

【モーニングからディナーまでやってます】

気になるメニューは、ハワイの朝食の定番アサイーボウルなどが味わえるモーニングは500円から。タロイモのバーガーなどがメニューに並ぶランチは1000円から。そして前菜からグリル料理まで楽しめる「ディナータイム」は2000円ほどとなっていて、意外とお手頃。

また、ティータイムにはハワイで人気のリリコイシロップのパンケーキなどが楽しめるほか、話題のスーパーフードやグルテンフリーなどの食材を取り入れた食事も提供してくれるんですって!

すべてのフライ料理にココナッツオイルを使用するなど、こだわりは相当なもの。それなのに決して高くない値段設定はありがたいかぎりです。

【平日は朝8時から入れるよ~!】

窓から緑が見える広々とした店内には、DJブースなどの音響設備やプロジェクターを完備。個人の利用はもちろん、週末ならば貸し切りパーティーもできるのだそうです。

女子会にもピッタリな「マウカキッチン」は、平日は朝8時から夜23時まで(金曜のみ23時30分まで)。土日祝日は朝11時から夜22時まで(日・祝日は21時まで)の営業。家やオフィスがもし近所だったら、毎日のようにここで朝食を食べたかったわ……。

参照元:プレスリリース
参考リンク:赤坂インターシティAIR
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら