【夜のプロント限定】「じゃがりこ」そっくりだけど食感ホクホクな「イモりこ」が激ウマすぎる! なぜ「イモりこ」なのか広報に聞いてみた

カフェタイムにランチタイム、そしてバータイムと、時間帯によってさまざまな楽しみ方ができるカフェ&バー「プロント(PRONTO)」

リーズナブルなのに美味しい。なおかつゆったりとくつろげる雰囲気なので、よく利用しているという方も少なくないことでしょう。

「プロント」には時間限定で販売されているメニューがいくつかあって、以前 Pouch でもカフェタイム限定販売の「キットカットクロワッサン」を紹介しました(現在は販売終了)。

そして今回紹介するのは、17時30分から23時まで(金曜日は24時まで)のバータイム限定で販売されている、「イモりこイモりこ」という商品です。

【ホクホク食感が病みつきに☆】

カルビーで販売されている大人気スナック「じゃがりこ サラダ味」そっくりのパッケージで提供されている「イモりこ」は、一見すると中身も、「じゃがりこ」そのもの。

しかし、ひと口パクっとほお張ると、アツアツでホックホク! 味はじゃがりこそのまんまなのですが、食感はフライドポテトとじゃがりこの中間という感じ。塩気がバッチリきいていて、ワインともビールともよく合うんですよコレが。

【カルビーの「じゃがりこ」と関係があるのか、プロントさんに聞いてみた】

このおつまみにはピッタリな「イモりこ」は、どうやらプロント限定の商品のようなんです。

しかし気になるのはどう見ても「じゃがりこ」なパッケージ。正式なコラボ商品なのか、はたまたソックリに作った商品なのか、プロントに問い合わせてみたところ……

Q. 「イモりこ」販売のきっかけは何だったのでしょう?

A. 「カルビー様から、面白いおつまみを一緒に考えたいという企画をお声がけいただいたことがきっかけです。商品カップもプロントのオリジナルで、描かれているキリンの名前は “ポッティ” といいます」

Q. 「イモりこ」を販売するようになったのは、いつごろからでしょうか?

A.「2008年9月から『ポテりこ』の名前で販売を開始しました。1度提供を中止したのですが、『なぜやめたのか』とお客様から熱いメッセージを寄せられ、それに応えるかたちで、2013年から『イモりこ』として販売を再開しました」

【めちゃめちゃ美味しいから食べてほしい】

ちなみに商品名を「イモりこ」にした理由も聞いてみたのですが、「じゃがりこの原料を使用しているので、単純にイモをかけました」という、非常にシンプルな答えが返ってまいりました。

そうですね……たしかにわかりやすいですし、これ以上ないくらいに “しっくりくる” 名前だと思いますっ! みなさんもプロントのバータイムを利用する際には、ぜひともお試しあ~れ。いやもうほんと、ガチで美味しいので。

参照元:プロントカルビー株式会社
画像=(c)Pouch
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら