「聴きたい音を選べる」ワイヤレスイヤホンが登場! 騒がしい場所でも相手の声を聴き取れるよう調整できるんだって

いまやすっかり世間に定着した、ワイヤレスイヤホン。

2018年6月29日にオーストラリアのオーディオブランド「Nuheara (ニューヒエラ)」からも、新たなワイヤレスイヤホンが発売されたのですが……。

なんとこのイヤホン、 “聴きたい音や聴きたい声を聴くため” に作られたものらしいんですよ。

【聴きたい音を選べます】

紹介するのは、「IQbuds」という名前のワイヤレスイヤホン。Bluetoothでユーザーのスマートフォンと接続して、 “聴こえ方” をサポートしてくれるといいます。

たとえば訪問したレストランやバーがものすご~く騒がしかったら、目の前の人と話をするのも困難ですよね? でも「IQbuds」さえあれば、騒音を減らして、相手の声を大きくことができちゃうらしいんです。

また移動中などは、音楽を聴きながら周囲の音を取り込めるよう調整できるから、アナウンスを聴き逃すこともないんですって。なにそれ超便利じゃん!

【使用状況にあわせて設定】

イヤホンには7種類の使用環境が設定されていて、エクササイズするとき周囲の音を意識しやすい「ワークアウト」

街の喧騒を低減する「ストリート」に、自宅で家族と会話しやすくなる「ホーム」。オフィスで同僚の声を聴き取りやすくしてくれる「オフィス」。レストランで騒音を抑え、相手の声を聴き取りやすくしてくれる「レストラン」

車や電車の車内で騒音を低減する「ドライビング」、そして航空機内での残響音やエンジン音を低減する「プレーン」といった具合に、幅広いラインナップとなっています。

【「遮音性の高いイヤホン」としても使えるよ】

“聴こえ方” の調整には、専用の無料アプリを使用(iOS、Android対応)。

「外の音を取り込む」「取り込んだ音や声を調整する」といったことを可能にするほか、すべての機能をオフにすれば「遮音性が高いイヤホン」として使用することもできるそうです。

【充電用チャージケースの機能が神】

「IQbuds」は1度の充電で最大4時間の連続再生が可能で、聴覚補助機能だけであれば連続8時間の使用ができます。また、電源がなくてもチャージケースに約1時間入れておけば充電が完了するという優れもの。

しかもチャージケースのバッテリーには本体を3回充電する容量があるらしく、これは「音楽再生最大16時間」「聴覚補助機能のみなら最大32時間」は使用できる量なんですって~!

これからの旅行シーズンに重宝すること間違いなしな「IQbuds」の価格は、税別3万9880円で、「eイヤホン」「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「蔦屋家電」などから購入できます。快適な “聴こえ” を追求したい人は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

いつでもエルフに変身できるっ!? 装着するだけでかわいい「エルフ耳」になれるナイスアイデアなイヤフォンが新発売です☆

ファンタジーの世界にはいろんなエルフ(妖精)が登場するけれど、特徴を1つあげるとするならば独特の形をした耳です。先っぽがピンッ!ととがっていて、あの耳を見ると「あぁ、エルフなんだな」って分かります。ってことは……エルフ耳をゲットすればエルフになれる……のか!?

2017年7月5日、エルフに憧れるオトメが狂喜乱舞するイヤフォンが発売されました。つけるだけでエルフ耳になれる……つまり、人間界にいながらエルフになりきることができる、待ちに待ったイヤフォンなのでありますッ!

【「エルフ耳イヤフォン」でエルフに変身!】

サンコーから発売された「エルフ耳イヤフォン」は、エルフの耳が付いたハイパーキュートなイヤフォン。スマホやオーディオプレーヤーなどのイヤフォンジャック端子に挿して、エルフ気分で音楽を楽しむことができます。

装着方法は、エルフの耳部分を自分の耳にかぶせるようにして装着してから、イヤフォンを耳の中に入れるだけ。耳元を髪の毛で隠すと……意外にもナチュラルにとがった耳がチラリと見えるらしく、周りから「あの人、エルフじゃない!?」って声が聞こえてきそう。

コードには操作ボタンが付いていて、音楽の再生や一時停止、スキップなどの操作が可能。また、通話用のマイクもあり、音声通話にも対応しています。お値段は1980円(税込)なり! サンコーレアモノショップやアマゾンなどで購入できるみたいなので、エルフになりたいアナタは入手すべし、ですネ!

参照元:サンコー
執筆=楠木サンダル (c)Pouch

続きはこちら