セーラームーン×セーラー万年筆の「変装ペン万年筆」が登場 / オリジナルカラーのピンク色インク付きの激かわセットですっ!

「美少女戦士セーラームーン」のマジカルなアイテムのひとつ、変装ペン。これまでボールペンになったり、モイスチャールージュになったりしてきましたが、今度はラグジュアリーな雰囲気の万年筆が登場っ!

筆記具の老舗メーカー・セーラー万年筆とコラボしたもので、今回のためだけに特別に調合されたというセーラームーンをイメージしたピンク色インク付き。パッケージも豪華で、隅から隅までうれしい商品となっておりますゾ!

【セーラームーンの変装ペンが万年筆に!】

ただいま、プレミアムバンダイにて予約受付中の「変装ペン万年筆」。セーラームーンこと月野うさぎちゃんが使うアイテム、自分の思い通りの姿に変装ができる変装ペンをモチーフにした特別仕様の万年筆です。

優しい色合いのパール調ピンクや、赤いキュービックジルコニア石のきらめく装飾など、見た目がバッチリ変装ペンで超かわいい! それだけじゃなく、ペン先がステンレス製のIPゴールド仕上げだったり、女性にも使いやすい細字「F」を採用していたりと、万年筆としても優秀のようです。

コンバーター(インク吸入器)が本体にセットされた状態で届くため、すぐに使えるのも便利。オリジナルのピンク色インクもセットになっているし、ものすご~く筆記がはかどるかも!

【豪華なパッケージもステキです!】

パッケージは、箔押し加工が施された豪華なデザイン。セーラームーンらしいピンク色と変装ペンモチーフがかわいらしさを際立たせています。

自分用にはもちろん、プレゼントにもよさそうなのですが……お値段が2万4840円(税込)とかなり勇気のいることになっています。う~ん、文房具好きのアラサー世代にはたまらん一品なのは間違いないけれど……2万4840円か……。ちなみに発送予定は4月です。

【タキシード仮面の黒色インクも登場】

また、タキシード仮面をイメージしたデザインの黒色インク「タキシードブラックインク」も別売りで登場。普段使いしやすいし、セーラームーンのピンク色インクとお揃いで持っていたくなります。価格は税込2160円、発送予定は4月。

なお、「変装ペン万年筆」はセーラームーンのオフィシャルファンクラブ限定バージョンも発売されるみたいだよ! さらにスペシャルな感じっぽいので、ファンクラブ会員のオトメは要チェックです!

参照元:プレスリリースプレミアムバンダイ
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch
(c)武内直子・PNP・東映アニメーション
(c)Naoko Takeuchi

続きはこちら

【流行の最先端!?】グッチのコレクションで「指まで真っ黒に塗ったネイル」が披露される / まるで指を黒いインクに浸けたみたい…

2017年5月29日、イタリア・フィレンツェのピッティ宮殿のパラティーナ美術館でショーを行ったのは、グッチ(GUCCI)

この日発表されたのは2018年クルーズコレクションで、デザイナーのアレッサンドロ・ミケーレによるカラフルでド派手なラインが会場中を沸かせていたようです。

洋服や小物、モデルたちのヘアメイク。今回のコレクションで見どころはたくさんありましたが、観客の視線をもっとも集めたのは、おそらくネイル。だって爪どころか指先全部が真っ黒で、まるでインクに指を浸したみたいだったんだもの!

【ずいぶん思い切ったな~!!!】

ネイルを担当したのは、ネイルアーティストのジェニー・ロングワース(Jenny Longworth)さん。「The dipped ink nail look(インクに浸したネイル)」と名付けられた真っ黒ネイルのインパクトはそれはそれはすさまじく、惹きつけられずにはいられません。

Instagram Photo

【ド派手な服やジュエリーに負けないインパクト】

黒い指先を彩るのは、鬼や人の顔を模したゴツめのゴールドリングに、パールや星モチーフをこれでもかというほどに使用したハンドジュエリー。

Instagram Photo

アクセサリーのインパクトも超ド級なので、ネイルもこれくらい激しいのがちょうどいいっ。簡単に思いつきそうで誰も実践しそうにないことを行ったロングワースさんに、盛大な拍手を贈りたい気分です。

【マネしやすいっちゃしやすい、かも!?】

それにしても……この真っ黒ネイル、一体どうやって完成させたのでしょうね。指先をずーーーっと黒インクに浸けておいた、とか? もしそうだとしたら、フツーにネイルを塗るよりもはるかに手間がかからなそうですが、果たして真相やいかに。

プライベートでマネするにはちとハードルが高そうですが、我こそはというファッショニスタのみなさんは、さっそくトライしてみるといいかもよーっ♪

参照元:Instagram @jennynailsInstagram @gucciInstagram @robbietomkins
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【紙の上を旅するように書く】3月31日に引退した京阪電車「旧3000系」カラーの万年筆が数量限定で販売されるよ!

日常的に使う文房具には、ちょっぴりこだわりを持ちたいものです。筆記具ひとつとっても、見た目や書き心地、手に馴染むかどうかなどなど、どこを重視するかで選び方が変わるからおもしろいのです。

まあ、そのポイントってきっと人それぞれなワケだけれど、ストーリー性のある文房具が好きなアナタの心に刺さりそうな万年筆が登場しました!

それは、4月下旬より予約の受け付けがスタートする「京阪電車公式万年筆 旧3000系特急車両」。

京阪電車京都地下線開通30周年を記念して作られたオリジナル万年筆で、2013年3月31日に引退した京阪電車「旧3000系」のカラーリングが施されています。

【京阪電車「旧3000系」カラーの万年筆】

コンセプトは「紙の上で旅する万年筆」。紙の上をまるで旅するように書けるような万年筆を、との思いで制作されたらしく、それってすごくロマンチックです。素材にセルロイドを使っていて、どこか懐かしい気分にさせてくれる色合いも魅力的。

【はんなりとしたカラーのインクも同時発売】

同時に、開通当時から使用している各駅のステーションカラーのインクも販売。七条駅の「うすふじ」、清水五条駅の「せいじ」、衹園四条駅の「うこん」、三条駅の「うすあけ」の4色があります。

京都市下京区の文具店TAG本店と文具店TAG webショップで5月27日より販売され、万年筆は250本限定、インクは各色200本限定。希望小売価格は万年筆1万4000円(税抜)、インク各1500円(税抜)となっています。

5月27・28日、京阪電車三条駅の特設会場にて特別販売会も実施されるとのこと。京都へ旅するついでに、「紙の上で旅する万年筆」を買う……めっちゃええやん。

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら