コップのフチからちょこんと見守ってくれる「コトリシュガー」罪深い可愛さ♡ お茶にドボンと入れるなんて勿体なくてできませぬ……

近年、ペットとしての人気がよりいっそう高まっている “鳥” 。

「鳥は好きだけど飼えない……」という人の “鳥欲” を満たしてくれそうなのが、カップのフチにちょこんととまってくれる、鳥さんのかたちをしたお砂糖「コトリシュガー」(税込み864円)です。

ヴィレッジヴァンガードの公式通販サイトで販売されているこの商品は、溶かしてしまうのがもったいないくらいにかわいい~♡ お顔はもちろん、コロンとした体のフォルムも愛らしくって、SNS映えもバッチリなんですよね。

【鳥たちが丸い(かわいい)】

先日、Pouchでは「パンダシュガー」を紹介しましたが、このたびお砂糖と化したのは、「ふくろう」「文鳥」「インコ」「うぐいす」といった、4種類の鳥たち。

前から見ても後ろから見てもまんまるで、思わず目尻が下がってしまいます。

【ついつい話しかけたくなっちゃう】

家やオフィスで、ホッと一息つきたいとき。シンドイことがあって、癒されたいとき。カップのフチに鳥たちをフチらせれば、乾いた心に少しずつ水が染みこんでいくような感覚を味わえそうっ。

つぶらな瞳でじーっとこちらを見つめてくれるから、つい「ねえねえ聞いて。今日こんなことがあってね……」といった具合に、話しかけたくなってしまうんです。

【ちょっとしたお持たせにしても◎】

溶かすことなく、ただ眺めるだけでも楽しめるというのも、「コトリシュガー」の大きな魅力。

お客さんが来たときにカップにフチらせたら、きっとみんな、ニッコリ笑顔になるに違いありません。プレゼントとして手渡しても喜んでもらえそうなので、ちょっとしたお持たせとしても重宝しそうです~♪

参照元:ヴィレッジヴァンガード公式通販サイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

猫と鳥が一緒に睡眠しようと思ったら… 猫の腕枕を拒否するインコとショックを受ける猫の様子をごらんください


オーストラリア・ブリスベンに暮らすインスタグラマー、kevinsbirdsさんは、色とりどりのインコを育てているティーンエイジャーの男の子。

淡い黄色にブルー、グリーンなど、ゆめかわいいカラーの羽を持った鳥さんの写真が毎日のように投稿されていて、インスタグラムを彩っているんです。

ところがある日、鳥さん写真に交じって猫と鳥が仲むつまじく戯れている映像が公開されていたからビックリ!

【猫が鳥に「腕枕」してるーっ!】

紹介するのは2018年1月21日の投稿。白黒カラーのハチワレ猫ちゃんに、4羽のインコたちがまとわりついています。

鳥さんたちは、ごろんと寝そべる猫ちゃんの腕の上にちょこんと乗ったり、モフモフのお腹に寄り添ったりしていて、ずいぶん仲良しのよう。お互いすっかりリラックスしており、猫ちゃんのほうは鳥さんをそっと抱きしめるように腕まで回しています。

【めちゃめちゃラブラブじゃないですか】

恋人同士が身を寄せ合って眠るように、イチャイチャラブラブする猫ちゃんと鳥さん軍団。わたしの勝手なイメージだと、そもそも猫と鳥ってあまり仲良くなさそうだけど……例外ってあるのね!

絵本から飛び出してきたかのようなドリーミーな動画は必見です。眺めているとこちらまでリラックスできちゃうので、お疲れ気味の方、癒されたい方におススメですよ♡

参照元:Instagram @kevinsbirds
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【一瞬焦る】オカメインコがiPhoneの着信音のマネをするんだが / 理由を知るとますます愛しくなっちゃいます

iPhoneユーザーにとっては聞き覚えがある、おなじみのあの着信音を、歌声で、ほぼ完ぺきに再現。芸達者すぎるオカメインコのラッキー(Lucky)の姿をとらえた映像が、動画サイトVimeoで公開されています。

動画をアップしたベン(Ben Pluimer)さんによると、ラッキーは友人が飼っているオカメインコなのだそう。いじらしいことに、飼い主さんが出かける素振りを見せると動揺してしまって、iPhoneの着信音を歌いだすというのです。

【飼い主さんを引き留めてるのかな】

靴ひもを結ぼうとすると、決まって歌を歌うというラッキー。音程も音のピッチも、申しぶんないほどiPhoneの着信音そっくり!

ひょっとしたら飼い主さんは以前、着信音にビックリして動きを止めてしまったことがあるのかもしれません。それを見ていたラッキーが、「アノ音が鳴れば飼い主さんは出かけるのを止めてくれるんだ!」と思い込んでしまったのかも。そう考えれば、行動にも合点がいきます。

【これはドキッとしちゃうわ】

可愛らしい反面、ちょっぴり切ない気持ちにもなってくる。ラッキーへの愛しさが溢れて止まらなくなる動画は、必見です。

それにしてもオカメインコの模倣術って、大したものですよねぇ。ラッキーの歌がもし電車の中で聴こえてきたら、間違いなくその場にいるiPhoneユーザー全員が、自分のiPhone見ちゃうはずだわ。

参照元:Vimeo
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

インコが「ん?」と首をかしげるスタンドケースがめちゃかわ♪ 90度まで倒せるけどかしげ過ぎはちょっと心配…

ちょこんと小さくモッフモフ、愛くるしい表情や仕草が魅力の「インコ」。なかでも「ん?」と首をかしげる姿は、とってもかわいらしいですよね。

そんなインコの首かしげを再現した「開けると首をかしげるインコのスタンドケース」がフェリシモのユーモア雑貨ブランド「YOU+MORE!(ユーモア)」から登場し、ことりラブな皆さんの心をギュッとつかんでいます!

【インコの首かしげをモチーフに】

この「インコのスタンドケース」は、リアルなインコの姿が描かれたスタンドタイプのケース。フタを閉めると、まるでインコが首をかしげているみたいに見えるという、めちゃかわなアイテムなんです。

前だけじゃなくて後ろ姿もしっかり描かれていて、後ろからの首かしげも楽しめます! フタはおよそ90度まで倒せるようになっていて、左右どちらにも傾けられるそう。

【ほんわかかわいい3種類のインコ】

デザインは、ピンクの生地にブルーが映える「セキセイインコブルー」、黄色いお顔とボディに赤いほっぺが愛らしい「オカメインコ」、ブルーの生地にグリーンのボディが鮮やかな「セキセイインコグリーン」の3種類。1個1800円(税別)で、毎月1回1種類ずつ届きます。全部そろえて並べてみたくなっちゃいますね。

【立てて使えるスタンドタイプ】

ケースの表面は起毛生地が使われていて、インコをなでてるような柔らかい触り心地だそう。自立するタイプなので、仕事中や勉強中、メイク中などに目の前に立てておけるのもポイント。文房具やコスメだけでなく、メガネを入れてもよさそうです。

ちなみに、インコの首かしげは何かをじーっと見たいときの仕草なんだとか。ということは、フタを倒してるときは「こっちを一生懸命見てるってこと?」なーんて想像するだけで心が和んじゃう~。首のかしげ過ぎだけはちょっと心配だけどね。

参照元:プレスリリース
執筆=シナモン (c)Pouch

続きはこちら

もっちり♡ 「ふっくら福服」シリーズに「インコ」が初登場! 体がゆらゆら動くよ

ここ数年、巷は鳥さんブームのよう。インコやオウムなどをペットに迎え入れる人が多いようなのですが、一方で「飼いたくても飼えない! ツライ!」と嘆いている人も少なくないはずです。

そんな方々におススメしたいのが、2017年6月9日にキタンクラブから発売されるカプセルトイ「ふっくら福福インコ」(1回税込み300円)。人気の「ふっくら福福」シリーズ、待望のインコバージョンです。

ラインナップされているのは、もっちりしたボディーラインが特徴のインコさんたち。まあるいフォルムとラブリーフェイスがかわいくって愛しくって、ついつい目尻が下がってしまうんですよね♪

【ちょんと突つくとユラユラ揺れるよ~】

首が動くようになった「あたまくるくる」の、まんまるフォルムで「からだがゆらゆら」。その姿は言うなれば、起き上がりこぼしのよう! 毛並みや尻尾、お顔の細部に至るまで徹底的にこだわって作ったらしいのですが、気合いの入りっぷりはフィギュアを見るとよくわかります。

本物のインコの特徴をしっかりとらえつつも、可愛らしくデフォルメ。リアルなのにどこかお餅にそっくりな姿をただ眺めているだけで、癒されてしまうこと必至なのであります。

【セキセイインコ&オカメインコが登場】

気になるラインナップは全7種類。人気の「セキセイインコ」がグリーン、ブルー、グレーウイング、ルチノー(黄色)の4種類。ピーンと逆立った毛が印象的な「オカメインコ」がノーマルグレー、ホワイトフェイス、ルチノー(黄色)の3種類となっています。

【フォトジェニックなのでSNSでも活躍してくれそう♪】

ぽっちゃりボディーの「ふっくら福福インコ」たちがお部屋やオフィスのデスクにいてくれるだけで、きっと明日も頑張れるはず♪ SNS映えもしてくれそうなので、そういった意味でも大活躍してくれるのではないでしょうか。

街中でこのインコたちに出会ってしまったら、きっとそれは運命です。そうしたら迷うことなく、ぜひお家へと迎え入れてみてくださいっ。

参照元:プレスリリース、KITAN CLUB
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

お兄ちゃん猫に鼻チュン♪ 茶トラ猫とセキセイインコの兄弟が仲良しこよしすぎる

狭いことで有名な猫の額に収まってしまうくらい小さなセキセイインコ。そして、パタパタ動くものを見ると狩猟本能のスイッチがはいる猫。

普通だったら食うか食われるかという関係にしかなれないはずの猫とインコが、兄弟同然に仲良く暮らしている家があります。

本日ご紹介するのはInstagramユーザーのイリナさん宅で飼われている10歳の茶トラ猫、ボニファッジと5歳のインコ、ヤシャのちょっぴり変わった兄弟のおはなし。

【はじめて会った日から仲良し】

見た目も大きさも種族もまったく違うこの2匹が出会ったのは5年前。イリナさんが生まれて間もないヤシャを引き取ると、ボニファッジはすぐに受け入れたんだそう。
Instagram Photo

【2匹の距離の近さにびっくり】

それ以来ボニファッジとヤシャはいつでも一緒。イリナさんのInstagramでは、小さなヤシャを背中にのせて家の中を歩き回るボニファッジや、ボニファッジの鼻にキスをするヤシャの姿も見ることができます。

Instagram Photo

つかずはなれず、というよりも鳥類なら身の危険を感じずにはいられないような距離の近さには、見ているこっちが少しハラハラしてしまうほど。

【兄の背中が弟の定位置】

Instagram Photo
しかし、ボニファッジにとってヤシャはおやつでも獲物でもなく、兄弟。もしかしたら逆に「俺たち兄弟なのに全然似てないよなあ」と不思議がっているのかも?

参照元:Instagram @
mulled_wine

執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

お兄ちゃん猫に鼻チュン♪ 茶トラ猫とセキセイインコの兄弟が仲良しこよしすぎる

狭いことで有名な猫の額に収まってしまうくらい小さなセキセイインコ。そして、パタパタ動くものを見ると狩猟本能のスイッチがはいる猫。

普通だったら食うか食われるかという関係にしかなれないはずの猫とインコが、兄弟同然に仲良く暮らしている家があります。

本日ご紹介するのはInstagramユーザーのイリナさん宅で飼われている10歳の茶トラ猫、ボニファッジと5歳のインコ、ヤシャのちょっぴり変わった兄弟のおはなし。

【はじめて会った日から仲良し】

見た目も大きさも種族もまったく違うこの2匹が出会ったのは5年前。イリナさんが生まれて間もないヤシャを引き取ると、ボニファッジはすぐに受け入れたんだそう。
Instagram Photo

【2匹の距離の近さにびっくり】

それ以来ボニファッジとヤシャはいつでも一緒。イリナさんのInstagramでは、小さなヤシャを背中にのせて家の中を歩き回るボニファッジや、ボニファッジの鼻にキスをするヤシャの姿も見ることができます。

Instagram Photo

つかずはなれず、というよりも鳥類なら身の危険を感じずにはいられないような距離の近さには、見ているこっちが少しハラハラしてしまうほど。

【兄の背中が弟の定位置】

Instagram Photo
しかし、ボニファッジにとってヤシャはおやつでも獲物でもなく、兄弟。もしかしたら逆に「俺たち兄弟なのに全然似てないよなあ」と不思議がっているのかも?

参照元:Instagram @
mulled_wine

執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

【さすがとり年】おや、もう3月か…って違う違うそうじゃない! カレンダーに過激なイタズラをしたインコがかわいすぎて怒れない

bird1

2017年になり、早くも1月半ばを過ぎました。月日が流れるのって、アッという間だなぁ~(白目)。もうすぐ、新調したばかりの月めくりカレンダーが2月になるなぁ~。

しかし、Twitterネーム・だるまんさんのお宅の月めくりカレンダーは、1月も2月も飛び越して3月になってしまったもよう。いやいや、それはちょっと、あわてんぼうのサンタクロースもビックリじゃないですか……って、えええええ(笑)。

【インコのイタズラが過激すぎた!】

だるまんさんの2017年の月めくりカレンダーが3月になってしまった原因は、愛鳥のインコさんのイタズラにあり。なんと、インコさんがそのくちばしで、ベリベリベリッ!とカレンダーを破ってしまったのです。

だるまんさんが気付いたときには1月と2月がほぼ全滅状態。3月以降も、端っこの方がビリビリになっていました。ど、どうなっているんだ……1月と2月を消滅させてしまうなんて……まさか、時をかけるインコ!?

Twitterユーザーからは、「未来を切り開いてくれたんですね……」や「時が流れるのが早いですねぇ……」「春が……待ち遠しいのかな(笑)」などの声があがっています。

だけど、カレンダーと向かい合う鮮やかな黄色の背中が美しく、とてもじゃないけど怒れない。インコさんだけに、これがとり年のパワーか……と思わざるを得ないハプニングですネ♪

参照元:Twitter @darumann230
Photo:だるまん, used with permission
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら