【チョコミン党】真っ白な「チョコミントラテ」をお家で作れちゃう♪ インスタントで牛乳を混ぜるだけで超簡単です

チョコミントブームがグイグイきている今、さまざまなスイーツ店やアイスクリームショップにチョコミントフレーバーが登場。全国のチョコミン党を大いに喜ばせています。

そんな中、お家でも楽しめるチョコミントアイテムが期間限定発売されるというのだから、聞き捨てならない~!

2018年6月9日にティーブティックから新登場するのは、牛乳に溶かして飲む「インスタントホワイトチョコミントラテ」(税抜き480円)。

なんとこちら、チョコミントの香りがするのに真っ白な色をしているらしく、「チョコミント味なのにパステルグリーンじゃないの?」と頭が混乱してしまいそう……!

【簡単すぎて3秒くらいで完成しそう】

ひとくち飲めば、爽やかなチョコミントフレーバーが鼻腔を突き抜け、ミルクのコクとハーモニーが舌にじんわり残るという、「インスタントホワイトチョコミントラテ」。

“インスタント” と銘打たれているだけあって、作り方は “牛乳と混ぜるだけ” と超簡単。

ティースプーン3杯分の「インスタントホワイトチョコミントラテ」をグラスに入れ、牛乳約100mlとよく混ぜ合わせれば、あっという間にできあがり。うん、これならズボラさんでも大丈夫そうですね~♪

【冷たい水でも美味しく飲めるよ】

商品自体は粉末状になっているので、冷たい牛乳にもサッと溶けてくれるほか、牛乳が無ければ冷たい水でも美味しくいただくことができるそう。気分にあわせて組み合わせを変えられるから、飽きずに楽しむことができそうです。

【パッケージも爽やかでかわえええ】

チョコミント味なのに、ラテの色は白い。摩訶不思議なビジュアルに心惹かれてしまいますが、目がいくのはラテだけにあらず。

初夏を思わせるミントグリーンを基調とするストライプを配したパッケージも、SNS映えしそうな爽やかさなんですよね。白とシルバーの配色がまた “ひんやり感” を醸し出していて、暑~いこの時期、ついつい手に取ってみたくなっちゃう~♡

1袋で約12杯分ということですが、粉末なので、濃さを自分で調整できるところもありがたいっ。チョコミン党のみなさんはこの夏、一家に一品、いかがでしょうか。

参照元:プレスリリース、ティーブティック
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

美味しい予感しかしないっ…エースコックから万能調味料「味覇」とコラボした中華風焼そばが新発売されるよ!!!

風味とコク、そしてうま味、三拍子揃った万能中華調味料といえば「味覇(ウェイパァー)」です。ひと振りすればたちまち本格中華料理の味になる、料理好きなら常備しておきたい魔法の調味料です。

7月17日、エースコックから「味覇」とコラボしたカップ焼そばが新登場するようです。いや待って、ちょっと待て。「味覇」を使ったカップ焼そばとかもう間違いなくおいしいでしょ!

【「味覇」コラボのカップ焼そばが気になる!】

赤地に黒文字でどど~んと「味覇」と書かれたパッケージもインパクトありすぎな「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」。1981年の発売以来、愛され続けている「味覇」を使った、オイスターソースが香る中華風焼そばです。希望小売価格は220円(税抜)。

適度な弾力と滑らかさを持つ麺はしっかりとした食感で、かやくとしてキャベツ、ニンジン、キクラゲ、ニラが入っています。そして、最大のポイントであるたれは、ポークをベースにしっかりと香辛料を効かせた醤油だれ。オイスターソースでアクセントをつけ、さらに「味覇」でメリハリのある味わいに仕上げているそうです。

オイスターソースと「味覇」を使った醤油だれって、もうその醤油だれだけ欲しくなるぐらいおいしい予感しかしないんですけど。全国のスーパーやコンビニで販売されるようなので、見かけたら買ってみるといいかもです。

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

【意外な日本みやげ】インスタントスープが喜ばれる予感 / 軽くて持っていくのも楽チンです♪


お湯を注ぐだけで、手軽に調理できるインスタントスープ。サクッと作れて、小腹を満たせる心強い存在です。

日本でインスタントスープというと、味の種類はもちろんのこと、粉末状のものやフリーズドライ、ペースト状になった生タイプなど、本当にいろいろなものがありますよね。

私が3年暮らしているフランスは、日本以上にスープを飲む習慣があります。そんなフランスの市販のスープは、ジュースのような紙パックに入った液体タイプと、インスタントスープは粉末タイプが一般的です。

インスタントスープは、どうも味や具のバリエーションに乏しい気がしています。量も日本とは違って、家族用の2〜4食分程度が1袋に入っているのが普通で、ひとり用のインスタントスープの選択肢が限られてるんですよね。トホホ……。

【日本のインスタントスープを味わってもらいたい】

先日、そんな私のもとに、日本の実家からフリーズドライのたまごスープが届きました。もちろんひとり用! 作ってみてビックリしました!

お湯を注いだ瞬間、タマゴがふわふわ〜っとかき玉状に広がり、ダシの優しい香りが漂ってきます。口にすると……鶏ガラとこんぶの繊細な味わいがあって美味しい〜っ。

この至福の時間を共有したくなった私。フランス人の私の友人にも、このスープを味わってもらいました。

【フランスのインスタントスープも用意】

「日本のインスタントスープはみそ汁以外初めて」という友人。食べ慣れてるインスタントスープとして、「プレ・バーミセル」も用意しました。

「プレ・バーミセル」は、たまごスープ的な立ち位置の商品で、フランス人に広く親しまれている、アジアンテイストのヌードル入りチキンスープなのです。

【たまごスープの感想は果たして……!?】

「プレ・バーミセルは学生時代にもカフェテリア(食堂)でよく食べたけど、やっぱりインスタントって感じの味がするなあ。

日本のたまごスープは、プレ・バーミセルよりもあっさりしていてフレッシュ。中華料理店の前菜で出てくるスープみたい! みそ汁もそうだけど、日本のインスタントスープっておいしいよね」

おおぉぉ〜〜、なんという好評価。私はお湯を入れただけなのだけど、とっても嬉しくなっちゃいました♪

【日本のお土産にいいかもしれない】

あまりにも好評だったので、海外でも日本のインスタントスープがいろんな人に喜んでもらえそうな予感がしています。

バリエーション豊富ですし、日持ちもして、軽いのもいいところ! ちょっとかさばるかもしれないけれど……。

今度、日本に帰ったら、色々選んでお土産に持って帰ろっと。みんな喜んでくれるといいなぁ〜。

お湯入れ・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら