渡辺直美が「インスタ映え」について物申す!! 「写真の中の自分が本当に楽しんでないと意味がない」

インスタ界の女王としても名をはせるお笑い芸人の渡辺直美さんが、2017年12月7日に発売されたギャル系ファッション雑誌『S Cawaii!(エスカワイイ) 2018年1月号』(税込み620円)の表紙に初登場。

誌面には「ナオミの冬休み」と題した、6ページの巻頭特集も掲載されています。

「キラキラ輝くための冬の過ごし方」というインタビューで、直美さんは理想のクリスマスデートやお正月の過ごし方、さらには楽しい毎日を送るための極意などを話してくれているよう。

でも、中でも目に留まったのはインスタグラムに関する回答だったのです!

【女王が「インスタ映え」について物申す!?】

「みんなインスタ映え、インスタ映えって言うけどわたしははそういうの好きじゃない。もう、インスタ蝿に変えちゃわない!? ウルサイッ!みたいな意味で(笑)」と発言しているんです。

女王自らそんなふうに言い切ってしまうとは……なんだか直美さんらしくて清々しいですよねぇ。

【直美さん「写真の中の自分が本当に楽しんでないと意味がない」】

「どうしたらナオミちゃんみたいに楽しい毎日が送れますか?」という質問に対し、直美さんは次のように答えています。

「 楽しいこと起きないね、なんか楽しくないねって思うのは、自分がやろうと思っていないから。楽しいことに前向きになれば、絶対に何か起きるから」

「わたしが旅行やディズニーランドに行くのはインスタのためじゃない。楽しいことがしたいから! 思い出を切りとったのがインスタだと思うんです。だから写真の中の自分が本当に楽しんでないと意味がない!

【読者のニーズにぴたっと合ってる!】

直美さんをカバーガールに起用した編集長の影山和美さんいわく、「今、読者からは『インスタ映えだけじゃなく、本当に楽しいことしたい』という声が多く聞かれるようになっている」とのこと。

インスタに映える写真を撮影するために行動するのではなく、楽しく充実した思い出ができたからインスタグラムに載せる。直美さんのインタビュー内容は、そんな本来の発想へと立ち返らせてくれる “金言” なのかもしれません。

【ブレない姿勢がますます人を惹きつける】

自分が楽しんでなきゃ、楽しいわけないじゃない! そんな、当たり前のことだけど普段はなかなか気がつくことのできないことを、ふと気づかせてくれた直美さん。自分の軸をしっかり持っているからこそ、直美さんはいつだって、まぶしく輝いて見えるのでしょう。

読み応え抜群のインタビューのほかにも、「保存版!オトナのディズニー完全ガイド」や「穴場イルミネーションSpot」など、今回の『S Cawaii!』は1冊まるごとイベント特集となっています。 “ワクワクすること” を探しにいきたいあなたは、参考にしてみるといいかもしれませんよ☆

参照元:プレスリリースS Cawaii! オフィシャルサイト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【高畑充希 × 竹内涼真】『過保護のカホコ』の名コンビが復活!? あざとかわいい「袖カミ」ポーズで登場しているよ

2017年にヒットしたドラマを挙げるうえで忘れちゃならないのは、夏に日本テレビ系で毎週水曜22時から放送されていた『過保護のカホコ』ではないでしょうか。

高畑充希さんが演じる、超過保護に育てられた箱入り娘・カホコと、竹内涼真さんが演じる、人生をたったひとりでサヴァイヴしてきた麦野くん。全く正反対の環境のなかにいた2人がひょんなことから出会って恋に落ち、互いに人間として成長してゆく物語は、多くの人の心をつかんで離しませんでした。

また、このドラマによって竹内さんの人気がグングン上がっていったことも、特筆すべき点でしょう。

麦野くんというキャラクターはまさに “少女漫画に出てくる典型的な王子様” って感じで、そりゃあもう、かっこよかったですもんね♡

【インスタで再会してる!?】

カホコと麦野くんをテレビで観ることがなくなってから、約3カ月。インスタグラム上で「2人が再会している!」と話題になっているようなんです。

コトの発端は、高畑さんが1月号の表紙を務めた女性向けファッション誌『mina』のインスタグラム。なんでも3月号の撮影のために訪れていた竹内さんが、1月号の表紙を見て「俺もこのポーズしよ〜」と、高畑さんとまったく同じポーズを取っていたんですって。

【本家以上に「あざとい」んですけど(笑)】

そのポーズとは、洋服の袖口をハムハムっと噛む「袖カミ」ポーズ……!

高畑さんご本人も「あざとさMAXでお送りしております笑」と言ってしまうくらいのあざとかわいいポーズでして、これに “上目遣い” までプラスしてやってのけた竹内さんは、まさに “あざとさ鬼MAX” って感じ~!

Instagram Photo

【高畑さんが気づいてリポスト→間接的に共演を果たす】

12月11日の深夜に『mina』のインスタグラムに投下された竹内さんの写真は評判を呼び、あれよあれよという間に、8900を超える「いいね」をゲット。

そしてその翌日、投稿に気がついた高畑さんが、『mina』の投稿をリポスト。あざとかわいいポーズを完コピしている竹内さんに向けて「さすが、あざとい界の帝王!! 参りました……」とコメントを残していました。

Instagram Photo

【どうせならホントに再共演してほしいっ】

こうして、実際に出会うことなく再会を果たした2人。

高畑さんの投稿についた「いいね」は13万9000超(!)と大人気で、「あざとい界(笑)」「久し振りの2ショット」「もーー。反則」「「この2人付き合ったら最高なのに」「なんか 似てる……」という具合に、コメントも殺到しているみたいです。

願わくばそう遠くない未来に、あざとかわいい「袖カミ」ポーズを、ぜひツーショットで披露してほしいものですね♪

参照元:Instagram @mitsuki_takahataInstagram @mina.magazine
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

成宮寛貴さんがインスタグラムを更新! 現在はスウェーデン在住? 鍛えまくっているのかムキムキマッチョです

2016年12月、突然の芸能界引退を発表した成宮寛貴さん。記者会見をすることもなく、表舞台から姿を消してしまってからもうすぐ1年が経とうとしています。

そんな成宮さんが、2017年8月からインスタグラムを更新していたことが明らかに。

アカウント名は 「Hiroshige Narimiya(ひろしげ なりみや)」。フォロワー数は10月17日の時点で5万人を超えていて、かなりの注目を集めているようです。

【これはきっと「本物」】

インスタへの最初の投稿は2016年7月29日。コメントも特になく、鏡を通したセルフィーが1枚のみ、掲載されています。それからしばらく経った2017年8月5日。約1年ぶりに更新されたインスタグラムには「チルってる(Just chilling…..)」というメッセージとともに、生い茂る緑と足を撮影した写真をアップ。

そして9月28日には、「ついに日本へ帰ってきた(Finally I came back to Japan)」というコメントとともに、マスク姿のセルフィーを公開しています。
Instagram Photo

ほかにも、成宮さんのお誕生日(9月14日)をお祝いするケーキの写真や、普段の生活を思わせる写真も投稿されていて、目の表情や首元のほくろ、コメントなどから、成宮寛貴さんのアカウントと考えて間違いないのではないかと思います。

【日々鍛えているようで超ムキムキです】

海外の友人たちと一緒に撮影したスタイリッシュすぎる1枚といい、「落ち込んだときはジムに行く」といったコメントとともに公開されたムキムキボディーがまぶしい1枚といい、写真を見るかぎり、成宮さんは日々を穏やかに過ごしている様子。

Instagram Photo

そんな成宮さんに、ファンのみなさんからは「涙が止まらない」「復帰を待っています」など、たくさんのメッセージが届けられているようです。
Instagram Photo

【現在はスウェーデンに?】

また「女性自身」によると、成宮さんの友人からの話として「最近になってドイツを離れ、スウェーデンに移住した」という情報も。現在は主にヨーロッパにいることが伺えます。

成宮さんのアカウントでは、「毎日肌身離さず持っている」という実のお母さんの写真も公開しているなど、見どころが満載。

最近はひんぱんに更新しているようなので、ひょっとすると近い将来、日本で活動することも視野に入れているのかも? とにもかくにも、お元気そうでなによりです!

参照元:Instagram @hiroshige_narimiya女性自身
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

『人は見た目が100パーセント』3人娘が再集結写真を公開♪ 「ひさびさに研究しましょう!」

Pouch でもたびたびお伝えしてきたフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』

ドラマはすでに終了してしまいましたが、メインキャストの桐谷美玲さん、水川あさみさん、ブルゾンちえみさんの3人は、いまだに仲良しなようなんです。

3人のインスタグラムを見れば、その仲良しぶりは明らか。2017年9月7日と8日、プライベートで撮影したと思われるスリーショットが投稿されていて、桐谷さんのインスタグラムは、なんと18万8900超もの「いいね!」を集めていたんです!

【反響がものすごいことに】

久しぶりのスリーショットにネットは大いに盛り上がっていたよう。ブルゾンさんの投稿には13万7900超、水川さんの投稿には7万1000超の「いいね!」が集まっていました。

Instagram Photo

いやもうこの3人最高」「ひとぱーだー!」「ひとパートリオ、ホッとする」「3人ずっと仲良くいて欲しい!」「原作もドラマも大好きだったから、スペシャル観たいです!!」といった具合に、コメントもたくさん寄せられていたみたいです。

【wirh B っぽい構図もイイね☆】

3人が投稿した写真は、すべてブルゾンさんが真ん中にいるもので、頭の上には真っ白なツボが置かれています(なぜ)。

ツボはともかく、やはりブルゾンさんがいると自然とこういった構図になってしまうのでしょうかね? その、with B効果で。

【ひとパーに復活してほしい~】

投稿からは楽しげな様子が伝わってくるし、水川さんのコメント「ひさびさに研究しましょう!」で、ドラマをまた観たくなっちゃいました。インスタに集まったコメントにもあったけれど、連続でなくスペシャルドラマでもいいから、 “女子モドキ” たちに再集結してほしいよ~!

参照元:Instagram @mirei_kiritani_Instagram @buruzon333Instagram @mizukawa_asami
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【超極小折り鶴】パンくずに紛れるほど小さい折り鶴が本当に小さすぎる! 作り方動画で2度びっくりします…

食べ終わったパンくずが残る白いお皿、片側に寄せられたフォークとナイフ。ある日の朝ごはんを食べ終わったあと、なんでもない日常の風景を切り取ったかと思われるこの1枚の写真。

よーく目を凝らしてみると、パンくずではないものがまぎれていることがお分かりいただけますか?
なんとパンくずと見間違うほど小さな折り鶴がまぎれているんです。この写真を投稿したInstagramユーザー、デイビッド・カワイさんは、1センチにも満たない大きさの紙から極小の折り鶴を折ることができちゃうんだそうな!

【パンくずにまみれてしまう小ささ】

Instagram Photo
先ほどのパンの写真にはこのようなキャプションが。

「白い紙で折るのが一番難しいんだ。紙質が柔らかいし、すぐにパンくずにまぎれちゃうからね」

【レゴブロックの突起にのるほどちっちゃい!】

Instagram Photo
出来上がった折り鶴はレゴブロックの上についている突起にのってしまうほど小さいんです。あまりの小ささに紙が毛羽立って見えるのもまたかわゆいですね。

【爪をいじっているように見える作業風景】

さらに、実際にカワイさんが極小の折り紙を折っている動画も掲載されています。折り鶴が出来上がるまでのタイプラプス動画は遠目から見ると、まるで爪をいじっているだけのようにしか見えないんです。

Instagram Photo

でもカワイさんの爪先ではたしかに馴染みある折り鶴の形が徐々に出来上がっているのだ。

【作者巨人説も持ち上がるほど】

コメント欄ではこれほどの小さいものを作業するのにピンセットなどの道具を一切使わず、すべて指で折っていくことにも驚きを隠せないユーザーも多かったようです。

また「巨人ではないことを証明してみせてよ」などという意見もありました。ひょっとして折り紙が小さいのではなく、カワイさんが巨大なのかもしれませんね。

参照元: Instagram @teenytinyorigamiYouTube
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

【いい壁探訪】世界の建築で遊びながら旅行する2人のインスタ写真がめちゃくちゃオシャレ!

フォトジェニックなインスタ画像に必要なのは、ずばりセンスと「いい壁」。人気のあるインスタグラマーはいい壁がどこにあるかを熟知しているように思えます。

本日ご紹介したいのは、SNS映えに必須な「いい壁」を見つけるスペシャリストともいえる、スペイン出身のクリエイター、ダニエル・ルエダ(Daniel Rueda)さんと、アンナ・デビス(Anna Devis)さんのおふたりの作品。

おふたりが旅行しながら出会った「いい壁」の数々を背景に撮影した写真が、シンプルなのにめちゃくちゃオシャレなのです。

【丸が2つあったら、自分は鼻と口になればいい!】

たとえば、2つの丸い窓がある壁を見つけたら、丸の真ん中に立って赤いスカートを広げてみましょう。そうすると、あら不思議、これは誰がどう見ても顔にしか見えませんね。

Instagram Photo

【ちょっくら時計になってみっか】

また「いい壁」ではなく「いい地面」を見つけた場合、上から撮ってみると、いつもとは違う非日常感のあるオモシロイ写真が撮れます。

いい感じの石が敷き詰められた地面を見つけたら、あなたは長針、わたしは短針。黒づくめの服で地面に横になると……時計になってるぅ!!! この発想はなかなか思いつかないですよね?

Instagram Photo

【まるでスタジオのセットみたい】

このように、おふたりのインスタ写真はかわいくてポップなだけでなく、「いい壁」や「いい地面」に自分がぴったり入り込んでいるような構図が多いのです。

その一体感ときたら、はじめからそのために組んだスタジオのセットで撮ったかのようなしっくり感があります。

【世界は「いい壁」に溢れてる!】

ダニエルさんは、海外メディア「boredpanda」に「見方を変えれば、このようないい感じの壁はけっこういろんなところで見つかる」と語っていました。

おふたりのインスタには他にもいろいろ真似したくなっちゃう撮り方が満載。どの写真もめちゃくちゃ楽しそうな表情とポーズなところにもぜひご注目あれ。

参照元:Instagram @drcuerdaInstagram @annisetboredpanda
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

ほんわかムードな結婚式に♪ おめかししたもふもふアニマル「ラマ」が結婚式にかけつけてくれるサービスがアメリカではじまったんだって〜

夢膨らむ結婚式。1日だけお姫様になれる夢のような日に備えて、InstagramなどのSNSでフォトジェニックな写真を眺めてはイメージを膨らませたりしている花嫁も多いのでは。特に海外の結婚式はテーマがあったりしてフォトジェニックな雰囲気がいいんだよね。

近頃アメリカでは結婚式にラマを招待できるサービスが始まったんだそうです。

ラマといえば、アルパカとよく間違えられちゃうもふもふしている首の長い動物。あの子たちがおめかししてかけつけてくれるんだって。

【おめかしして来てくれます】

Instagram Photo
このサービスを提供しているのは、weddingllamasという会社です。式にかけつけてくれるのはセラピーアニマルとして働いているラマのロジョとスモーキー。

茶色いロジョは黒い蝶ネクタイで新郎風に、白いスモーキーは毛の色と同じく真っ白なベールや花輪でおめかしして結婚式に来てくれるんです。やぱり首が長いと正装もサマになりますね。

【キスする習慣のあるラマ】

Instagram Photo
実はラマには自分のパートナーにキスをする習慣があるんだそうで、とっても縁起がよくてラブラブな動物なんだって。

しかも、パートナーが自分以外にキスをしても怒ったりしないそうなので、機嫌がよければ会場にいる誰とでもキスしてくれるんだそうですよ。

【オレゴン州とバンクーバー近辺のみ】

Instagram Photo
残念ながら、対応可能なエリアはオレゴン州のポートランド、バーンクーバー近辺のみ。

こんな可愛い子たちが来てしまうとせっかくの主役の座が奪われることは確実ですが、みんなで写真を撮れば、なんともほんわかしたムードに。花嫁花婿だけでなく、参加した全員にとって忘れられない結婚式になるはず。

参照元:Instagram @weddinglamas
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら