福岡市・福岡城跡でチームラボ「城跡の光の祭」が開催されるよ / 輝いて響いて広がる光のデジタルアート空間にうっとりしそう!


東京・上野公園京都・下鴨神社など、全国各地で開催されているチームラボのデジタルアートイベント。12月1日~2018年1月28日、福岡県福岡市にある舞鶴公園の福岡城跡でも行われるようで、11月7日より前売券の販売がスタートしています。

こちらのイベントでは、美しい石垣のある福岡城跡の中心部、約2万平米が光のデジタルアート空間に変わるのだとか。冬の夜、幻想的でインタラクティブな展示を眺めれば、もれなくうっとりとした気分になれるかも!

【福岡城跡がデジタルアート空間に】

城跡の光の祭」では、チームラボによるさまざまな作品が展示されるもよう。

まず、全長60m、高さ約8.5mの大天守台跡の石垣には、「大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達」として、色とりどりの花を咲かせた動物たちが出現。人々が動物に触れると花が散り、そのすべてが散ってしまうと動物も消えてしまうそうです。

【光と音色が呼応していく!】

また、「呼応する、たちつづけるものたちと木々」として、広大な城跡にカラフルな “立ち続ける物体” が登場。

ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりするこの物体は、人々に押されて倒れかけると色を変化させて、色特有の音色を響かせるみたい。そして、光は近隣の “立ち続ける物体” や木々に伝播していき、音色を響かせながら広がっていくんだって!

【石垣や石段も輝くよ】

ほか、空間に書く書・空書を立体的に再構築した「石垣の空書」や、石垣や石段が光り輝く「呼吸し呼応する石垣」と「忘却の石段」も展示されるとのこと。

開催時間は18~22時(入場は~21時30分)で、入場料は大人1000円(前売券は800円)。12月1日~12月14日に入場できる場合は、11月30日までセブンイレブン限定で販売されているお得なペアチケット(2枚1組1000円)が利用できます。

恋人と一緒にお出掛けして、ロマンチックな気分に浸るのもありですネ♪

参照元:プレスリリースチームラボ
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

お店の中でミッキーが話しかけてくる!? 名古屋にオープンする日本初の“新体験型ディズニーストア”がスゴそう☆


8月1日、愛知県名古屋市にオープンする「ディズニーストア名古屋ゲートタワーモール店」。こちらの店舗の最大の特長は、日本初の“新体験型ディズニーストア”となっている点。

「新体験型っていったいどういうこと?」「何が日本初なの?」と気になった人も多いはず。実はこのお店では、お店のいろんなところからミッキーが話しかけてきたりと日本オリジナルの4つの新しいディズニー体験ができちゃうんだって!

【日本初! 4つの新たなディズニー体験】


具体的には、

1、ディズニーストアビッグスクリーン
ミッキーマウス&ミニーマウスが登場するスペシャルな映像を観ることができる。

2、ディズニーマジカルセルフィー
顔認識システムで、ゲストがモニターに映るとディズニースタンプやティンカーベルの魔法の粉が現れる。

3、マジカルウフフィ
光ったり、音が出たり、ふわふわのウフフィとインタラクティブな体験が楽しめる仕掛け。

4、ミッキーマジカルボイスグリーティング
ゲストのショッピング中に、店内の意外な所からミッキーマウスが話しかけてくる。

という4つのディズニー体験ができるんです。

ディズニーストアではよく、大きなモニターで映像や音楽を流すなどファンタジー感あふれる演出がされていますが、来店者の動きに応じたインタラクティブな試みが今回新たに導入されているみたい。特に、ミッキーが話しかけてくるなんて面白いですよね。これには子どもだけでなく大人もワクワクしちゃいそう!

【店舗・エリア限定商品も続々登場!】


また、名古屋エリア限定のぬいぐるみ「Disney ufufy(ウフフィ)」が販売されるほか、名古屋ゲートタワーモール店限定のウフフィの缶に入ったバームクーヘン(マンゴー味)も登場。店舗オープンを記念したさまざまな限定商品が用意される予定です。

また、グランドオープンの記念として、税込3000円以上買うと先着で、名古屋ゲートタワーモール店の限定ピンバッチ(非売品)のプレゼントも。モノトーンのレトロなミッキーデザインがかわいい♪

【名古屋駅そば、ゲートモールタワー1階】

日本初の新体験型ディズニーストアとあって、ディズニーファンならずとも行ってみたくなる「ディズニーストア名古屋ゲートタワーモール店」。名古屋ゲートモールタワーはJR名古屋駅と直結なので、機会があればぜひとも立ち寄ってみて!

参照元:Disney STOREプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

チームラボによる「ラプンツェルの体験型アート」がディズニー・アート展に登場するよ♪


現在、東京・お台場の日本科学未来館で開催されてい「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」。

2017年4月にスタートして以来、はやくも来場者が20万人を達成! これを記念して、8月1日からチームラボによる『塔の上のラプンツェル』の名場面をイメージした作品が期間限定で展示されるそう。

作品に登場するランタンを象徴的に使ったインタラクティブなインスタレーション作品となっていて、ここでしか味わえない特別な体験を楽しめそうです。

【どんな特別展示なの?】

『塔の上のラプンツェル』の中の幻想的な名場面を、無数のランタンで埋め尽くされた空間で表現したのが「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」。

ランタンの前に来場者が立ち止まると、ランタンが強く輝き、周囲のランタンに伝播していくというしかけとなっています。

【開発はあのチームラボ】

このインスタレーションの技術を開発したのはチームラボ。プログラマ、ロボットエンジニア、数学者、ウェブデザイナー、CGアニメーターなどから構成されるウルトラテクノロジスト集団です。

これまでにも「東京スカイツリーの壁画」や第62回NHK紅白歌合戦での「嵐」のパフォーマンス演出など先鋭的なモノづくりで評価を高めてきたチームラボ。それだけに、今回のインスタレーション作品にも期待が高まります。

【開催は9月24日まで】

ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーのキュレーターが厳選した約 500 点の原画、スケッチ、コンセプト・アートなどが出展されているディズニーアート展。

ここにさらに「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」が加わることで、単なる鑑賞に終わらない体験ができます。

開催は9月24日まで。一度訪れたという人も、このインスタレーション作品を体感するために再訪する価値はありそうですよ!

参照元:ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

続きはこちら

長崎県の大村公園が幻想的なデジタルアート空間に / チームラボによる光の球体が浮かぶライトアップイベントが開催されるよ!

これまでに京都・下鴨神社東京・上野公園で展示された、チームラボのデジタルアート作品。ふわふわ浮かぶ光の球体が色を変えたり、音色を響かせたり……と、とっても幻想的な雰囲気でした。

2017年6月3日~7月2日、お次は長崎県大村市の大村公園で「大村の神社に浮遊する球体、呼応する城跡と森」が開催されます。これまた、とってもステキに幻想的なイベントのようですゾ!

【大村神社の境内に光の球体が!】

まず、大村公園内の玖島城跡(くしましろあと)に鎮座する大村神社には「浮遊する、呼応する球体」が展示されます。ふわふわと浮かぶ光の球体は、まるでゆっくりと呼吸しているかのように輝いたり、消えたりするそうです。

また、叩くなど衝撃を与えると光の色を変化させて、それぞれの色特有の音色を響かせるのだとか。さらに、その近くの球体もそれに呼応するように、同じ光の色に変化して音色を響かせるようです。

【木々と城跡の石垣が光り輝く!】

自然林の森・玖島崎樹叢(くしまざきじゅそう)では、森の木々と玖島城跡の石垣がゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりするそうです。人が近くを通ると、光の色が変化して音色が響き、それが隣の木々や石垣に広がって行くとのこと。

大村神社の境内では浮遊する球体が、玖島崎樹叢では森の木々と石垣が、光って消えて音を響かせて……そこにはきっと素晴らしく美しいデジタルアート空間が完成しているはず。う~ん、間近で見てみたい!

開催時間は19~22時(最終入場21時30分)、料金は800円(大村市内在住の場合500円)とのことです。こちらの公園では6月中旬まで、171種類約30万本の花菖蒲も楽しめるらしいので、そちらと合わせて観賞すれば1度で2度楽しめますネ♪

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら