映画「バーフバリ」的女性の愛し方がサイコーすぎるぅ! 「母親ではなく嫁の味方」「何があっても守る」「一途」など惚れてまうやろ〜!

これまで2回に渡ってお送りしてきたインド映画『バーフバリ』の布教活動ですが……さて、みなさんはもうご覧になりましたでしょうか?

今回お届けするのは、ダメ押しの3回目! 「バーフバリ的女性の愛し方」について考えてみたいと思います。

「2度あることは3度ある」または「3度目の正直」という言葉があることを踏まえて、どうか温かい目で読んでいただければこれ幸いです☆

【こんなん惚れてまうやろおおお】

『バーフバリ 伝説誕生』と『バーフバリ 王の凱旋』の2作で完結するこの壮大な物語の主人公は、バーフバリの血を引く2人の男、父のアマレンドラ・バーフバリと、その息子のマヘンドラ・バーフバリ。彼らは親子そろってとにかく一途、1人の女性を全力で守り抜き、愛し通すんです。

その愛し方は、「ここまでされたら誰だって惚れてまうやろ~!」と叫びたくなるほど。劇中に出てきた印象的なシーンを、これから思い出せるかぎり挙げてみようと思います。

【バーフバリ的女性の愛し方】

父 アマレンドラ・バーフバリ / 愛する女性:デーヴァセーナ(のちに妻となる)

2人が結ばれるまで:
王位に就く前、母シヴァガミの勧めで諸国漫遊の旅へと出たアマレンドラは、旅の途中に勇敢で美しい女性デーヴァセーナに一目惚れ。実はデーヴァセーナはクンタラ王国の王女で、なんとかして “お近づき” になるべく、愚かで弱い男のフリをして(ホントはめっちゃ強いし賢い)、使用人として王国へと入り込むんです。

クンタラ王国が危機に直面した際に、本来の実力を発揮して、国ごと全力で守り切ったアマレンドラ。その姿にドキュンと胸を射抜かれてしまったデーヴァセーナはアマレンドラとの結婚を決意する……といった流れとなっています。

アマレンドラ・バーフバリの愛し方:
・デーヴァセーナにメロメロ
・近づくためならバカのフリだってする
・でもデーヴァセーナがピンチになったら、フルパワーで守る
・デーヴァセーナを辱めるやつの首は切り落とす
・王の座よりも、迷わずデーヴァセーナとの愛のほうを選ぶ
・デーヴァセーナと母親が対立した時は、もちろんデーヴァセーナの味方
・でも息を引き取る時、最期に口にした言葉は「母を頼むぞ」……実は母親想いってところも最高にいいオトコ!

息子 マヘンドラ・バーフバリ(シブドゥ) / 愛する女性:アヴァンティカ(恋人)

2人が結ばれるまで:
争いの後に祖母にあたるシヴァガミによって命を守られたマヘンドラは、追っ手の兵士から逃げてたどり着いた村で、村長の家の子供・シブドゥとして育てられます。

大きくなったシブドゥは滝の下で美しい仮面を拾い、その持ち主に恋をするように。仮面の持ち主は、反政府軍の美しき女戦士・アヴァンティカ。マヒシュマティ王国で長年幽閉状態にある王妃・デーヴァセーナの奪還のため、男性のような格好で日夜戦いの腕を磨いていました。

滝を登り切ったことで、ついに出会ったシブドゥとアヴァンティカ。最初こそ心を開かなかったアヴァンティカでしたが、交流する中で惹かれ合い、やがて恋仲になる……といった流れとなっています。

マヘンドラ・バーフバリの愛し方:
・相手の顔も知らないのに、仮面を見ただけでフォーリンラブ
・会いたいという思いだけで、超険しい滝を登り切る
・好きすぎて、幻覚まで見る
・女性らしい格好をしていないことに一抹の寂しさを感じていたアヴァンティカの心を読み、アヴァンティカの手や腕に、可愛らしいタトゥーをこっそり入れる
・アヴァンティカと戦いながらも、魔法のように相手に化粧を施し、女性らしい姿へと着替えさせる。(木の実の汁を飛ばして口紅を塗ったり、囲み目メイクまで施す!)
・アヴァンティカのピンチにはスグに駆けつけ、全力で守りきる
・アヴァンティカの代わりに任務を遂行するべく、たった1人で敵が待つ王宮へと向かう

【ちょっぴり強引なところもあるけれど…】

2人のバーフバリに共通しているのは、「一目惚れ体質で一途」、そして「恋に落ちた相手は命がけで守る」という2点です。あともうひとつ、やや強引でストーカー気質なところも親子揃って全くおんなじ~!

一途な想いというのはときに、人を常軌を逸した行動へと走らせるものです。

デーヴァセーナもアヴァンティカも好きになってくれたからいいようなものの、1歩間違えると犯罪ギリギリともいえる2人の愛し方。ですがとんでもない強さを目の前で見せられたあげく、あの笑顔で「なにがあってもキミを守る」とささやかれた日にゃあ、胸に飛び込まざるを得ないと思うんですよ。

【いいオトコに愛される女性は「いいオンナ」】

そしてバーフバリに愛された2人の美女も、強くて気高くて優しい、めっぽう魅力的な女性なんです。強くて優しい男性に愛されるにはやはり、自分自身も強くて優しくなければいけないな~と、しみじみ思ってしまったのでした。

バーフバリみたいな男性(実際にこの世にいるのかは不明)を探す前に、まずは自分が、デーヴァセーナやアヴァンティカみたいにならなきゃいけないのか……。これもこれで、ハードル高すぎぃ~~~!!!

参照元:映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト映画『バーフバリ 王の凱旋』公式サイトYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【切り落とすのは指ではない…首だ!!!】もしもこの世がバーフバリ的世界だったら / 「男も女もめちゃくちゃ強い」「痴漢行為への制裁がアレ」など

ただいま日本で大ヒット中のインド映画といえば、なんといっても『バーフバリ』シリーズ! 

ひとたび観たら最後、しばらく「バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!」しか言えなくなるほど、語彙力を喪失することで知られるこのシリーズ。

1作目『バーフバリ 伝説誕生』と2作目『バーフバリ 王の凱旋』が持つ唯一無二の魅力を、わたしはまだ、みなさんに伝えきれていない。より多くの人に偉大なる王の存在と教えを布教……じゃなかった、お伝えしたい~っ!

【もしもこの世が「バーフバリ的世界」だったら】

というわけで本日は『バーフバリ』コラム第2弾、「もしもこの世がバーフバリ的世界だったら」をお送りしたいと思います。前回同様ネタバレを含みますので、「内容を知りたくない!」という人はお気をつけて☆

1. とにかく女性が強い(心身ともに)。
2. なので意見してくる男性に対して、「文句があるものは殺す!」とか言ってしまう(実際に殺す勢い)。
3. 女性が国を統治すると「国母」と呼ばれる。
4. 国母は立ったまま息絶える。
5. もしも男性から女性に対する痴漢行為があった場合、女性はその男の指を切り落とす
6. そしてその女性の夫は、妻に対し「君は間違っているぞ……男が女性を辱めたとき切り落とすのは指ではない……首だ!!!」と言い放って、痴漢男の首をぶった切る
7. もちろん男性も強い。
8. いいオトコは大体ガチムチ。
9. そして大概、立派なヒゲをたくわえている。
10. でも、20代なのにおっさんに見えるという不思議。
11. 軽々と岩を持ちあげたり、激しい流れの滝を登ったり、跳躍力がCGレベルでも、みんなさほど驚かない
12. 「あれ、死ぬな」という高さから滑落しようとも、「アハハハ、失敗してやがる!」程度のリアクション。
13. 王は圧倒的に強く、また誰よりも優しくなければ、国民に支持されない。
14. 国民を第一に考えるのが王たるもの
15. 100人を殺す者を戦士と呼ぶ、しかし1人を救う者を神と呼ぶ

【こんな王がいる国に住みたい!】

『バーフバリ』の世界観が表すように、男も女もめっぽう強く、痴漢行為に対しての処罰もあれくらい思い切っていたら、おそらくこの世から痴漢はなくなることでしょう。(首はねるのはさすがにやりすぎですが)

そして国を引っ張っていく王が、誰よりも支持されるべき人柄であり、また実際に支持され慕われていることも、マヒシュマティ王国が繁栄した大きな理由となっているに違いありません。

「民は心配せずとも、ただついてくればいい。俺がみんなを幸せにするし、引っ張っていくからな!」といった気概を感じられるリーダーが、国の代表である。これほど頼もしく、また安心感を感じられることがあるでしょうか……いや、ないっ!

人格者である王を称えずにはいられなくなって、民は王の名をただひたすら呼び続けることになるのです。さあみなさんもご一緒に、バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!

参照元:映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト映画『バーフバリ 王の凱旋』公式サイトYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【王を称えよ】映画ファンを中心に人気沸騰中! インド映画『バーフバリ』あるある45選

2017年の年末あたりから、ツイッターを中心にじわじわ話題に。一部の層に絶大なる人気を博している映画、それがインド映画『バーフバリ』シリーズです。

バーフバリという男を主人公にした3代にわたる王家の物語の舞台は、古代インドの大国・マヒシュマティ王国。『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』の2作で完結する作品となっておりまして、ふたつあわせた上映時間は約5時間~!

「『バーフバリ』は『マッドマックス』と『アベンジャーズ』と『ラ・ラ・ランド』をあわせたような作品」といった感想をネットで見かけて以来、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』沼にハマりまくった身としては、いつか観に行かねばとずーっと気になっていたんです。

【「観ると体調がよくなる映画」らしい】

これに追い打ちをかけてきたのが、「『バーフバリ』を見たら体調がいい」「肌の調子がいい」「アンチエイジング効果がある気がする」といった声(どういうことなの……)。

すっかり心が決まったわたしは、王に導かれるかのように、2作両方が上映されている東京・大森にある映画館「キネカ大森」まで足を運んだのです。

あっけにとられたまま5時間という時を過ごしたわたしの身に起きたことは……これからお送りする「『バーフバリ』あるある45選」にすべてブッ込んどきました☆ ネタバレを含みますので、まだ観ていないというみなさんはご注意を。

【『バーフバリ』を観た人あるある45選】

1. スタート直後からいきなり全力。まばたきを忘れる。
2. 画力ありすぎて口を閉じるのを忘れる。
3. バーフバリのビジュアルを観てから年齢を知ると愕然とする。
4. 秒で恋に落ちるバーフバリ、かわいいかよ。
5. バーフバリ親子、2代にわたって強い女性大好きかよ。
6. 「滝に素手で登る」バーフバリが愛おしい。
7. バーフバリの身体能力とパワーがけた違いすぎて、自分まで無敵になった気がする。
8. 目に映るものすべてがデカくて、悩みなんてどうでもよくなる。
9. 突然歌い踊り始めることにも抵抗がなくなってくる。
10. ついさっきまで水上を走っていた船が突然空を飛ぼうとも、不思議だと思わなくなる。
11. バーフバリの育ての母・シヴァガミが亡くなったシーン(おもに最期の姿勢)に驚愕。そして敬服。
12. リンクの上に膝ついてシャーーー! って滑る羽生結弦選手が、最強剣士・カッタッパにしか見えなくなる。
13. 隣国の蛮族カーラケーヤとの戦闘シーンで、何度も漫画『キングダム』を思い出してしまう。
14. バーフバリと敵対する義兄・バラーラデーヴァの戦車をみると、『子連れ狼』の乳母車を思い出してしまう。
15. 蛮族カーラケーヤ『マッドマックス』に出てるよね?
16. 出てくる女性たちがみんな、強くて気高くて最高にイイ女。見習いたい。
17. でも強くて気高いがゆえに、嫁と姑の衝突も激しい。
18. 最強剣士カッタッパの境遇に涙。
19.暴君 バラーラデーヴァは超やな奴!→でも不遇で国民にまったく支持されてなくて、少し同情してしまう。
20. バーフバリの彼女・アヴァンティカみたいなタトゥー入れたい。
21. というか、自分もバーフバリにタトゥーを描いてほしい。
22. 一途なバーフバリに、1度でいいから愛されてみたいと願う。
23. 滝を登る途中で即席の弓矢を作ったり、デカい岩(?)を即席のソリにしたりする、バーフバリのDIY術よ……
24. 矢って、3本同時に放てるんだ~。そしてそのとき使う指は4本なんだね~。(感心モードへ突入)
25. 予告動画で観た「空前絶後」「常識破壊」「映画の面白さここに極まる」といった表現が、全く “盛っていない” という事実に愕然。
26. 『バーフバリ 伝説誕生』のラストシーンで、「えええええ!?」と声が出た。
27. 『バーフバリ 王の凱旋』冒頭で流れる「これまでのあらすじ」パートが超親切。昭和のドラマっぽくてほっこり。
28. もしもゾウに乗る機会があったら、バーフバリのようにお鼻から乗ってみたい。あと、ゾウの敬礼かわいい。
29. ヤシの木って、飛ぶための道具だったんかい!(そして盾の使い方よ)
30. 会議でなにか1つ決定するたびに「この宣誓を法と心得よ!」と叫びたくなる。
31. 登場人物の名前を、1回観ただけで大方覚えてしまうという不思議。
32. マシュマヒティ王国の歌が頭から離れない。なんなら口ずさんでしまう。
33. 歌詞を書いてくれている親切な人がいないか、ツイッターで探してしまう。
34. 観終わった後は「バーフバリ! バーフバリ!」しか言えない。語彙力の著しい低下。
35.バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ! バーフバリ!
36. エンドロールが秒で終わるので呆然とする。
37. なのでしばらく立ち上がれない。
38.そして腰が抜けていることに気がつく。
39. 劇場を出た後、なぜか背筋が伸びる(バーフバリの姿勢がいいから?)。
40. 運動したあとみたいな心地よい疲労感。
41. 明るい気分になって足取りも軽い→栄養ドリンクのような効果を感じる。
42. 好きな男の条件に「もりもりとした筋肉」「バカみたいに強い」が加わる。
43. 気がつけば、出演していた俳優さん情報をググってしまう。
44. 1日に1度は王を称えずにはいられない。
45. 絶対「おかわり」しようと誓う。

【「映画のいいとこ全部乗せ!」って感じ】

観終わってみれば、冒頭で触れた「『バーフバリ』は『マッドマックス』と『アベンジャーズ』と『ラ・ラ・ランド』をあわせたような作品」という表現がよくわかりました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でみられる“奪還” そして “家に帰る” という要素、『アベンジャーズ』でみられるオールスター感と激しいバトル、そして『ラ・ラ・ランド』でみられる歌とダンス……。牛丼の「すき屋」でいう “トッピング全部乗せ” みたいな映画でしたよホント。

まるでジェットコースターに乗ったかのようなワクワクとドキドキと爽快感を味わえるのが、『バーフバリ』シリーズ。世界観にドハマりした結果マヒシュマティ王国の民と化したファンたちは、あの感覚にまた浸りたくて何度でも劇場へ足を運んでしまうのでしょう。

『バーフバリ 伝説誕生』のほうはすでにDVDとブルーレイが発売されているけれど、やっぱりこの作品は、劇場で観るからこそ、よりいっそう輝くと思うので……!

【日本公開版とは別にフルバージョンにがあるらしい】

ちなみに、今回紹介したどちらの作品も日本公開版。本国で上映されたものから幾つかシーンをカットしたバージョンらしく、フルバージョンも観てみたいものです。

さあ、今からでも遅くありません。あなたも一緒に王を称えましょう。バーフバリ! バーフバリ!  バーフバリ! バーフバリ!  バーフバリ!

参照元:映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト映画『バーフバリ 王の凱旋』公式サイトYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら