「ラストフライトは娘の操縦で」38年間CAとして勤務した女性の最高の夢がかなう! 幸せそうな笑顔に世界が感動

「ある大事なフライトでパイロットを務められたこと、ほんとに幸せで、誇りに思ってる」

そう自身のツイッターでつぶやいたのは、航空会社「エア・インディア」で副操縦士として働くアシュリータ(Ashrrita)さん(@caramelwings)。

彼女がこの日乗務したのは、同じく「エア・インディア」で客室乗務員として38年間働き続けてきた、実のお母さんのラストフライト。退職する日に娘が操縦する飛行機で勤務することが、お母さんにとって長年の夢だったというんです。

【お母さんのラストフライトをみんなが祝福】

念願かなって、娘が操縦する飛行機で客室乗務員を務めることができたお母さん。ツイッターにはお母さんをぐるりと囲んだ集合写真、そして乗客に拍手で見送られるお母さんを映した動画が公開されていました。

涙ぐみながらハグしあう動画を観るに、お母さんが周囲の人たちに愛されてきたことがよくわかります。インスタグラムにも写真が公開されていて、親子2人のこぼれんばかりの笑顔を見ているだけで思わずこっちもほっこり。

Instagram Photo

【「感動した!」という声が殺到】

心温まる投稿に寄せられた「いいね」は1万5000超にもおよんで、コメントも殺到。

「読んでいて自然と笑顔になれた」
「今日見たなかでいちばんのツイート」
「素晴らしすぎて泣いた」
「感動で胸がいっぱい」

といった具合に、みなさん感動しきりだったようです。また「エア・インディア」公式アカウントも母と娘の絆を祝福するツイートをしておりまして、(母の乗務員としてのおもてなしの心は操縦する娘に受け継がれるということで)「伝統はそして生き続けていくのです」とコメント。はなむけの言葉を贈っていました。

【最後に素敵な思いでができてよかった~!】

母と娘で勤務先が一緒という話はたまに聞くけれど、航空会社というケースは珍しいのではないでしょうか。しかも娘のアシュリータさんはパイロットだというのだから、お母さんもそのことを誇りに思っているに違いありません。

お母さんもこれからはきっとゆっくり過ごすのでしょうが、今度はお客さんとしてアシュリータさんが操縦する飛行機に乗りに行ったりするのかも。それもまた、リタイア後の楽しみのひとつかもしれませんね♪

参照元:Twitter @caramelwingsInstagram @caramelwings
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【異次元級のイケメン】インド映画俳優Vidyut Jammwalさんが話題に / 女性を守る運動にも参加したりと中身もイケメンです

インド映画と聞くと、真っ先に「登場人物が突然踊り出す」イメージが頭に湧いてきてしまうという方は少なくないことでしょう。

しかし、インド映画は「踊り」だけにあらず。日本では2013年に公開された『きっと、うまくいく』や、ただいま話題沸騰中の映画『バーフ・バリ』など、見ごたえある名作がたくさんあるのです。

世界中にファンがいるインド映画界において、抜群の美貌と色気を兼ね備えた超絶イケメンがいることを、あなたはご存知だったでしょうか。

【実際に目の前にしたら気絶しそう】

インド映画俳優のVidyut Jammwalさんは、1980年12月10日生まれの37歳。

甘~いマスクとムッキムキに鍛え抜かれたボディーは、360度方向どこから見てもパーフェクト。この世に存在していることが信じられないほどに見目麗しいっ。身長180cmという恵まれた体で、自らアクションもこなします。

【武道をたしなみ、女性を守る運動にも参加】

フェイスブックによると、Vidyut Jammwalさんはインドの武術「カラリパヤット」の専門的な訓練を受けた武道家で、3歳の頃から長い棒を用いた「コルタリ(kolthari)」や、金属の武器を使用した「アンガサリ(angathari)」を習得。

映画の世界では、日々磨いた武道スキルをスタントやアクションシーンに活かしているそうです。

また一方で、Jammwalさんは女性の権利と安全を守るための運動にも積極的に参加しています。ゆくゆくは主要都市に女性のための自衛部隊を設けたり、自衛のための技を教えにいくことも視野に入れているんですって。

見た目がカッコいいだけでなく、心もイケメン。そのうえむちゃくちゃ強いだなんて、神様は一体この方に何物を与えたんですか……!

【ツイッターもザワザワしまくり!】

なにもかもがまぶしすぎるJammwalさんは、言うなればインドが生んだ至宝

その存在を知った人たちからは、「え?これ私と同じ三次元に存在するの? マジで???」「理想的過ぎてもうクラクラ」「イケメンすぎる」「たまんねぇなオイ」「CGにしか見えない(笑)」といった具合に称賛コメントが続々。

ええ、みなさんのお気持ち、よ~くわかります。わたしもこの方を見た瞬間、気を失いかけましたもの。

あまりの輝きに神々しさすら感じられるJammwalさんのお姿は、ご本人のSNSで見ることができます。いつまででも眺めていられますので、イケメンを見て心の洗濯をしたいというみなさんは、ぜひチェックを♡

参照元:Instagram @mevidyutjammwalFacebookTwitter @VidyutJammwal
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

これが世界の親父ギャグなのか!! インド人男性の「セレブモノマネ」のクオリティーが低すぎて逆に大人気に

突然ですが……わたし、あんまり似ていないモノマネが大好きなんですよね。見た目も似てなければ、声も似ていない。「それ、ただ名前言ってるだけじゃん!」とツッコまずにはいられないくらい低~~~いクオリティーが、たまらなくツボに入ってしまうんです。

こんな前置きで紹介するのもアレなのですが、インドのおじさんインスタグラマー、ジャスト・スル(Just Sul)さんは、海外セレブのモノマネ自作のオモシロ動画で一躍ネットの有名人となった人物。

特にわたしの心に刺さったのはモノマネのほうで、これがもうビックリするほど似ていないんですよ。

【フォロワー数がエグい】

インスタグラムのフォロワー数は、一般人にもかかわらず233万6000超。さらにYouTubeに至っては、なんと2万6000人もの登録ユーザーがいるスルさん。

ちなみに、スルさんのYouTubeチャンネル、開設はしているもののまだ動画は1本もアップロードされておりません。それなのにこの数、スゴくないっすか!?

【見た目は「フツーのおじさん」です】

現在44歳だというスルさんの本業は、エンジニア。夜な夜なインスタグラムに有名人のモノマネを公開しては、ウン十万の「いいね!」をもらい続けているんです。

一体なぜそこまで、人の心を惹きつけるのか。まさか44歳にして、とんでもなく麗しい容姿の持ち主なのか。

頭をひねりながらスルさんのインスタグラムをのぞくと、そこにいたのは口ひげをたくわえた、ごくごく普通のインド人おじさんがいました。うん、美味しいカレー作ってくれそう!

Instagram Photo

【歯を「画用紙に描いた絵」で表現(笑)】

そこらへんにいそうなおじさんが、腹筋バキバキのジャスティン・ビーバーさんに扮したり(自分はメタボ腹なのに)、色気たっぷりのカイリー・ジェンナーさんに扮したり(ヒゲ生えてるのに)するのだから、面白くないわけがないんですっ。

Instagram Photo

わたしが特に好きなのは、ビーズを編み込んだ真っ赤な三つ編みヘアがトレードマークの若きラッパー、リル・ヨッティさんのモノマネ。

ヨッティさんは虹色に染めた歯もトレードマークなのですが、スルさんはこの歯を紙に描いた絵で表現しているんです。そういう力業、嫌いじゃないよ。むしろ大好物だよ~!

Instagram Photo

見れば見るほど、その低いクオリティーにハマってしまうスルさんのモノマネは必見です。みんながついついフォローしちゃう気持ち、ものすご~くよくわかるわ~!!!

参照元:Instagram @justsul
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

インド美女が「ディズニープリンセス」に変身! 伝統的衣装を生かした華やかヘアメイクで見惚れちゃいます

これはわたしの個人的な見解ですが、インドって、美人が多い気がするんです。東洋と西洋のイイトコどりといいましょうか、目鼻立ちはハッキリしているけれどやや童顔寄り、という印象。日本人にとって親しみが湧きやすい美女が、たくさんいると思うんですよね。

今回紹介するインド美女、ハメル・パテル(Hamel Patel)さんもそのひとり。

モデルでありメイクアップアーティストでもあるというパテルさんのインスタグラムのフォロワー数は、3万6000超。とにかく美しいので、公開されているどの写真も眼福でしかないのですが……。ひときわ目を惹くのが “インド風ディズニープリンセス” に変身しているショット!

【8名の “インド風ディズニープリンセス” 】

白雪姫に、シンデレラ。『美女と野獣』のベル、『リトルマーメイド』のアリエル、そして『アラジン』のジャスミン……。

Instagram Photo

“インド風ディズニープリンセス” はシリーズ化されており、パテルさん自ら、合計8名のプリンセスになりきっています。

Instagram Photo

【インドならではの衣装とメイクにご注目】

ユニークなのは、どのプリンセスもインドの伝統的な衣装を身にまとっている点。そしてくっきりハッキリとしたアイメイクや額のビンディーなど、メイクもインド風にしている点です。

しかし衣装の色やヘアスタイル、手に持っている小道具などでどのプリンセスか分かるから、わかりやすいっ♪ ひとりひとりに個性があって、デイズニー作品とプリンセスたちへの愛が感じられるんですよね。

【数カ月前から計画していたらしい】

自分自身のルーツに関係するディズニープリンセスがいたらいいのに。そう思ったことをきっかけに、 “インド風ディズニープリンセス” を考案し、数カ月前から準備していたと、パテルさんはインスタグラムでコメントしています。

見目麗しくゴージャス、圧倒的な目力のせいか “意志の強さ” をも感じられる “インド風ディズニープリンセス” 。インドだけではなく、世界各国の衣装とヘアメイクでアレンジしたプリンセスたちをずらりと並べてみるのも、すっごく楽しそうですね♪

参照元:Instagram @hamelpatel_
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

イケアから「インドの女性たちを支援する」限定コレクションが登場! 伝統技巧や刺しゅうを施した夏らしいデザインです

自分が気に入って商品には、作り手が必ずいます。

自らお金を支払ったことが、やがてインドの女性たちの支援へとつながってゆく。それを実現してくれるのが、2017年6月1日より全国のイケアで発売される、「HEMGJORD / ヘミョルド 限定コレクション」です。

【購入することが支援につながる】

「HEMGJORD / ヘミョルド 限定コレクション」は、インドの農村地域に暮らす女性たちを応援するために、イケアとインドの社会起業家が共同プロデュースして生まれた商品。

インドの農村地区で暮らす女性達の手で作られた、刺繍入りのクッションやテーブルウェア、カゴ製品がそろいます。

手仕事で作ったものを売って、自分の尊厳を手に入れる。家族のために、よりよい未来を生み出す。このように、女性たちが安定して生活していけるよう、支援できる仕組みを作っているのだそうです。

【夏にピッタリなカラーとデザインです】

ラインナップされているのは、手刺しゅうを施して縫い上げたクッションカバー、テーブルランナー、エプロン、ナプキンなど。

さらに、インドの伝統的な手編みの技術で作られたバスケットやトレーもあります。これらは、再生可能なバナナ繊維を素材として使っているのも特長です。

日々の暮らしを彩ってくれるアイテムはどれも、天然素材だからか、シンプルで素朴な雰囲気。白に深い緑など、自然を感じられる色やデザインが、これからの暑~い季節にぴったりです♪

【模様替えを考えてるならクッションカバーがおススメ!】

おススメはお部屋の雰囲気を気軽に変えられるクッションカバーで、お値段は税込み1499円からとリーズナブルです。夏に大活躍してくれそうなかごバッグも、税込み3499円とプチプラ!

手軽にインテリアやスタイリングの雰囲気を夏らしくチェンジできるので、これからの季節にぴったりではないでしょうか。

参照元:プレスリリースIKEA
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【ハマる】マレーシアの激うまスナック菓子「ムルク・イカン」! 味ありすぎのレトロパッケージも魅力だよ


ポテチ、柿の種、歌舞伎揚げ……みなさん、自分にとっては絶対コレ外せない、というお気に入りのスナック菓子ってありません? 

私にとってのそれは、マレーシア生まれの「ムルク・イカン(Muruku Ikan)」です。以前、シンガポールで働いていたときにマレーシア人の同僚から紹介されて以来、大ファンに! 

【赤ちゃん用のお菓子じゃないよ!】


パッケージに描かれた髪フサフサの赤ちゃんが印象的な「ムルク・イカン」。赤ちゃん用ではなく、普通のスナック菓子です。

この赤ちゃんをかわいいと思うか、キモいと思うかはたぶん人それぞれ。私が初めて目にしたときは「なにこの怪しげなイラストはーッ!!」と衝撃を受けた記憶があります。


袋の裏に描かれたイラストを見るに、「テレビを見ながら」「ピクニックやハイキングなどの行楽」「スポーツのお供」などに最適なお菓子だ、と言っているようです。

【どんな味なの?】


ムルクはインドのタミル語で「スナック」、イカンはマレー語で「魚」。つまり、魚味のスナック菓子、という名前です。

そこまで魚っぽいようには思わないけれど、日本のスナックにはない、不思議な深いコクがあるのです。原材料に「フィッシュソース」(魚醤)とあるので、そのおかげかな。そこに豆の甘さが、ほんのり。思わず手がとまらなくなるのです……!

また小麦粉でもじゃがいもでもなく、レンズ豆の粉をベースにしているので、ポテチやおせんべいとは全く異なる独特の歯ざわり。カリカリ、ポリポリ、そしてスーッと口の中で溶けていく感じ。次から次へと食べたくなるこの楽しい食感もまた、大きな魅力のひとつです。


ビールによく合うほどよい塩加減と親しみやすい優しい味は、食べだしたら止まらなくなるおいしさなのであります。初めて見たときは「キモい」と思った赤ちゃんも、気に入った途端、ちょっとお茶目に見えてくるから不思議。

このムルク・イカン、現地では40年以上前から愛され続けているロングセラー商品です。現地ではスーパーやコンビニなどたいていのお店で購入可能。個包装タイプのものもあるので、こちらはお土産にも最適です。マレーシアを訪れる機会があれば、探してみてくださいね!

参照元:Thien Cheong.com、FB公式ページ/Popo Muruku Ikan & beans
撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

続きはこちら