平昌オリンピックを見て「私も挑戦したい!」と思ったスポーツランキングが発表! 第1位はカーリングでした★

2018年2月9日から17日間に渡って開催された平昌オリンピックも、ついに閉幕。3月9日からはパラリンピックが開催され、まだまだ日本選手団の熱い戦いが続きます。

さて、今回のオリンピックを観ているうちに、ウィンタースポーツに興味を持ったという人も少なくなかったことでしょう。

フィギュアスケートにスピードスケート、スキージャンプ、フリースタイル、スノーボード。さらには「そだねー」という流行語を生みだしたカーリング。もしも自分が挑戦するとするならば、あなたはどのスポーツを選ぶでしょうか?

【みんながやってみたいのは「カーリング」】

アンケートサイト「みんなの声」による調査「平昌五輪での日本人選手の活躍をみて、自分もやってみたいと思った競技は?」の総合ランキングで1位を獲得していたのは「カーリング」

総投票数10530票の約半数にあたる47%(4976人)の支持を得て、2位の「フィギュアスケート」17%(1774人)を大きく引き離すかたちでトップに立っています。

なお、3位以下の結果は次のとおりです。

3位 スピードスケート(パシュート含む) / 1032人
4位 スノーボード / 958人
5位 アイスホッケー / 341人
6位 スキージャンプ / 260人
7位 アルペンスキー / 226人
8位 ノルディック複合 / 177人
9位 フリースタイル(モーグルなど) / 174人
10位 スケルトン / 172人
11位 バイアスロン / 165人
12位 クロスカントリースキー / 151人
13位 フリースタイルスキー / 124人

上位を占めたのは、メダルを獲得した種目ばかり。連日メディアで取り上げられたこともあり、人気が集まったであろうことが推測できます。

【オリンピックを機に「カーリング体験会」が大人気に!】

注目したいのはやはり、ダントツで人気を集めた「カーリング」。念願の銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表、そして熱戦をみせてくれたカーリング男子日本代表の存在をきっかけに、その面白さや奥深さを知ったという人は多いはずです。

朝日新聞デジタルによると、平昌オリンピック以降、カーリングを体験してみたいという人が増加していて、一般向けの体験会が各地で人気を集めているのだそうですよ。

【ほとんどのスポーツが「死と隣合わせ」】

ちなみにわたしも、オリンピック競技の中からどれか1つに挑戦しなければいけないとなったら、迷わず「カーリング」を選びます。

それは単純に「興味を持った」という理由も大きいのですが……。「他のスポーツは素人が簡単に手を出したら命の危機にかかわるものばかりだけど、『カーリング』は唯一安全そうだから」というのが正直なキモチ。

もちろん簡単なスポーツではないことは重々承知ですが、高いジャンプをしたり回転したり、ハイスピードで氷の上を駆けぬけたりする必要がないから、挑戦へのハードルは比較的低めではないかと思ったんですよね。

できるものなら、スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手のような大ジャンプをキメてみたいとこだけど……そんなん夢のまた夢ですわ~!

参照元:みんなの声「平昌五輪での日本人選手の活躍をみて、自分もやってみたいと思った競技は?」朝日新聞デジタル
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

冬デートの定番スケートリンクにぼっちで参加しても楽しめるか本気調査 / 誰も助けてくれない! 寒い! 滑れない! で死にそうになったけど…


毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。Pouchでは担当ライターが体を張ってぼっちの限界に挑み、ぼっちの可能性を広げるべく、世の中のさまざまな場所でぼっちでも楽しく過ごせるかどうかを誠心誠意、検証しています!

いや〜、今年の冬、クソ寒いですね〜! 寒波だかなんだか知りませんが、あまりの寒さに部屋の中で凍死しそうです。冬はただでさえぼっちに厳しい季節なのに、今年はまた一段と厳しい。先週の関東の大雪、まだあちこち雪の塊が残っていて、わたしは凍結した地面で滑って転びました。

どうせならちゃんとした場所で滑りたい……。というわけで今回は、ひとりスケートリンクです。スケートは小学校の子供会で行った以来、20年ぶりです。果たして滑れるのか?

【都心に増えるミニスケートリンク】

ここ数年都心では、会社帰りにもフラッと立ち寄れるという、ミニスケートリンクが増えています。TBSがある赤坂サカスのリンクや、としまえんのリンクなんかが有名みたいですね。

20年ぶりのスケートで、いきなり滑れるわけがないので、今回はインストラクターによるミニ講座があるという、東京スカイツリーのスケートリンクにしました。ロケーションもばっちりや!

【平日のリンクは人もまばら】

小さなリンクは平日の昼だと、人も少なくて滑りやすそうです。

入り口でスケート靴を借りて、ミニ講座の申し込みをします。ぶっちゃけスケート靴を履いて、普通の地面を歩くのすら怖いんですけど……。

【レッスンで滑るところまでいけない】

インストラクターは、タレントのすみれ似の健康的な美女。3歳の頃からスケートをやっているそうです。美しすぎて、ま、まぶしい……。

まずは、リンクサイドで、スケート靴を履いて歩く練習。膝を曲げて、足首に体重をかける感じで……と言われますが、ぶっちゃけよくわからない。

ほんとにこれでいいのか? と思っているうちに、すぐにスケートリンクへ。手すりを持っていても、足が滑りそうで恐怖! 

今度は手すりをもったまま、カニのように横歩きする練習です。一歩、一歩と氷を踏みしめますが、氷がつるつる滑る!

まったく出来てる気がしないけど「上手上手!」と美女が声をかけてくれます。……嘘やろ?

次はカニ歩きではなく、まっすぐ歩く練習。重心を垂直に、お尻を常にスケートリンクに垂直にするイメージで……と言われますが、謎。なにそれ。ペンギンみたいに歩きますが、手すりを持ってないと足がつるつる滑って怖いです。

手すりがない部分に来たとき「手をつかずに歩いてみてください」と言われたけど、無理や!

転んでケガでもしたら仕事に障る……と思い、そこはパスしてひたすらリンクサイドで歩く練習。ミニ講座で、私は滑るところまではいけませんでした。トホホ。

この人、まったく滑れないのにスケートリンクにひとりで何しに来たんだろう……と思われてないか不安になります。

【転ぶのが怖い…!】

一人になったあとも、リンクサイドをへっぴり腰でただ歩く私。手すりを持ってるのに、滑って転びそうになり、そのたびに魂が抜けそうになります

みんな、リンクの真ん中をザシューッ! スイスイ〜! っと滑ってるけど嘘やろ……。中にはジャンプっぽい技を決める人も。転んだら転んだで、みんな楽しそうです。

上手な人の滑り方を見ているうちに、少しコツをつかんで滑れそうな気配があったけど、転ぶのが怖くてどうしてもリンクサイドから離れる勇気が出ません。

ひとりぼっちとはいえ、こんなに転ぶことを恐れるなんて。なんだか人生の象徴のようです。それにしても、手すりにつかまってヨチヨチ歩いているだけの私は邪魔そう。

さらに、手すりをたよりに妙な体勢で歩いているので、右側の腕から脇にかけて、開始20分ほどで筋肉痛に

少し慣れてきて楽しくなってきたけど、これ以上やると全身筋肉痛になりそうだったので、1時間もせずに退散しました。ぼっちスケート、寂しさとは別の次元で辛い。

【小さなリンクには幸せな光景が広がっていた】

まわりを見渡せば、カップルが転んでケタケタ笑っています。女子大生のグループも、たどたどしいながらもリンクを滑り、楽しそうな声をあげています。リンク脇では、お母さんが小さい子の手を取りながら「上手上手! 歩けたね!」と褒めていたりして、なんて幸せな光景なんでしょう。

なんだか泣きそうになってしまったのは、きっと白いリンクが眩しかったから……だけではない気がします。

ちっとも滑れなかったけど、なんとなく暖かな気持ちでリンクを後にしたのでした。

ぼっち度 ★★★★
幸せ度★★★★★★★★★
筋肉痛度 ★★★★★★★★★

※スケートリンク内での携帯やカメラの使用は禁止されています。リンク内で滑っている写真はすべて係の方に依頼して撮影してもらったものです

参考リンク=東京スカイツリー × ICE SKATING PARK 2018
撮影・執筆=御花畑マリコ (c)Pouch

続きはこちら