腰に猫を巻けちゃう!? しっぽ付き「ウェアラブルヒーター」がモフッモフの可愛さですぞ♪

「女性は首・手首・足首の “3つの首” を冷やさないほうがいい」

とはよく聞きますが、2018年10月1日にマッサージ機器ブランドのルルドから発売された「ルルド ふわポカハグにゃん」は、まさしく “3つの首” をポカポカに温めてくれるアイテム。

こちらの商品を一言で説明するならば、ずばり “ウェアラブルなヒーター”

自由に曲げられるようワイヤーが入っていて、温めたい場所にピッタリフィット。温かいだけでなく猫をモチーフにした見た目も可愛くって、もふもふしているほか、なんとしっぽまで施されているのです~!

【一定時間で自動停止するから安心♪】

「ルルド ふわポカハグにゃん」は、首、肩、腰、手首、足首など、冷えてしまいがちな体の部位のどこにでも巻き付けて使えるヒーター

USB電源式で、モバイルバッテリーからも給電ができ、ヒーターの温度はじんわり温かな41度約30分で自動停止するため、火傷などの心配も少ないんです。

【見た目が120点満点!】

家でもオフィスでも外出先でも、思い立ったときに即使える優れた機能性は、もちろん魅力のひとつ。

しかしもっとも目を惹くのは、やはりその愛らしすぎる見た目です。表面にあしらわれた、毛足の長いふわふわのフェイクファー。裏側に施された、なめらかな肌触りのマイヤー素材。そして極めつけは、しゅるんと飛び出たキュートなしっぽ……。

360度方向どこから見ても “癒し系” で、カラーラインナップはピンク・ブラック・グレーの3色。遊び心を加えながらも、派手すぎずシンプルな印象なので、年齢問わず使いやすいのではないでしょうか。

【自分を労わっちゃいましょう】

カバーは取り外して洗濯できるので、いつでも清潔。この冬大活躍してくれそうな「ルルド ふわポカハグにゃん」のお値段は、税別4500円となっております。

比較的プチプラですし、日ごろ頑張っている自分へのご褒美にぜひ☆

参照元:プレスリリースアテックスダイレクト
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【11ヶ国語対応】タップするだけで録音&文字起こしまでしてくれる! ブローチやペンダントにして持ち歩けるアイテム「センストーン」が優秀すぎる

街を歩いているとき、ふと思いついたことや思い出したことがあったら、あなたはどうするでしょう。スマートフォンをポケットやカバンから取り出してメモを取る? でもそれって、ちょっと手間ですよね。

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場したウェアラブル録音装置「センストーン(Senstone)」は、タップするだけで音声を録音文字起こししてテキストとして記録してくれる優れものです。

直径約3cmとボトルのキャップほどの大きさしかないので、クリップ式にして襟もとに装着したり、ペンダントや腕時計として身に着けたりしておけば、思い立ったときにすぐにメモを取ることができちゃうの!

【メモりたいときは即タップ】

録音したいときはタップ、止めたいときはもう1度タップ。「センストーン」を使うための作業はおもに、たったこれだけ。口元から20cm以内の距離で、もっとも高いパフォーマンスを発揮するのだそうです。

録音した音声やテキストとなった情報はCloudに同期されるので、後でスマホから確認することも可能。そのままメールで送ることもできるので、「牛乳買ってきて」なーんて伝言も、忘れることなく相手に伝えることができちゃいます。

【食べ物ブロガーさんにもおススメ!?】

「センストーン」自体に音声を記録しておくことも可能で、オフラインの状態で最大2時間半記録をすることができるのだそう。オンラインにすれば自動的に同期されるので安心! 

ウェブサイトには「食べ物ブロガーにおススメ」といった旨の記述があるのですが、レストランで感じたことをいちいちメモに取るのは面倒ですから、「センストーン」のようなアイテムは最適かもしれませんね。

【夢の内容を記録しておくときも便利】

「センストーン」はまた、見た夢を記録しておきたいときにも役立つアイテム。タップする必要はなく、指をパチンと鳴らすだけで録音することができるので、寝ぼけた状態でも無事に記録しておくことができそうです。

【日本語にも対応しているみたい】

特筆すべきは、なんと11もの言語に対応しているという点。英語を筆頭に、日本語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、ロシア語などなど世界各国の言葉を網羅している「センストーン」は、優秀な専属秘書といえるかも!

目標支援額をはるかに上回る資金を集めた「センストーン」。このぶんだと市場に出回る日もそう遠くはないかもしれませんね♪

参照元:Kickstarter
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら