【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら