『この世界の片隅に』制作陣によるウェブアニメをオタフクソースが公開! 主人公は1028歳のオオタフクコさんです

本日2018年10月10日は「お好み焼きの日」。お好み焼を焼く音が「ジュー(10)ジュー(10)」いうことから、オタフクソースが制定した記念日です。

この日オタフクソースが公開したのは、ウェブアニメ『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』 。全3話からなる物語で、現在は第1話を視聴することができます。

……さて、察しの良い方はタイトルを読んだ時点でピンときているかもしれませんが、実はこのアニメは、大ヒット映画『この世界の片隅に』の制作陣が手がけているのです!

【ガチでスタッフ勢ぞろいじゃないですか】

監督・脚本は片渕須直監督、キャラクター原案はこうの史代さん、音楽はコトリンゴさん。そして主人公・オオタフクコの声を演じているのは、『この世界の片隅に』で北條周作の姉・径子を演じた尾身美詞さんだというのだから、オールスター感が満載。

しかもアニメーションを手がけたのも『この世界の片隅に』を担当した制作会社「MAPPA」と、本当に豪華な面々です。

【主人公の年齢は「1028歳」】

『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』 の主人公・オオタフクコは、なんと(永遠の)1028歳。長い長い時を生き続けているわりには、いつまでも子どものように無邪気なままなんです。

【見知らぬ子供たちとお好み焼きを食べるシーンにほっこり】

フクコは平安時代、戦国時代、江戸時代と生き抜いて、ついには戦後の広島へとたどりつきます。

食料が不足しているこの街で出会ったのは、お好み焼きの原型となった鉄板料理「一銭洋食」。お腹をすかせた見知らぬ子供たちと共に鉄板を囲み、できたての熱々を一緒に食べることで、小さな幸せを感じるというストーリーとなっているんです。

【お話は12月まで続きます】

フクコは今後も、行く先々で誰かと一緒に鉄板を囲み、笑顔の輪を広げていく模様。

続篇となる「その2」は11月上旬より、「その3」は12月上旬より順次公開される予定とのことですので、年末に向けてお楽しみが増えますね♪

【猛烈にお好み焼きが食べたくなるよ】

アニメのタイトルにも含まれている「小さな幸せを、地球の幸せに。」は、オタフクソースにおける2018年度のコーポレートスローガン。フクコと人々のやり取りを観ているだけで、この言葉がじんわり体に沁み込んでくるような感覚を味わえます。

ほっこり癒されるので、老若男女問わず必見。そして自然とお好み焼きが食べたくなってくるので、夜中や、お腹がものすご~くすいているときは要注意かも!?

参照元:オタフクソースYouTube今日は何の日~毎日が記念日
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら