【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【謎ベルト】デニムのウエストをちょん切ったみたいなベルト!! 確かにおしゃれだど…自分でも作れそうな気が…

Pouch でしつこくお届けし続けている、 “攻めすぎダメージデニム” シリーズ。

海外の攻め方は日本のそれとは比べものにならず、遠くから見るとふんどしにしか見えないお尻が完全に見えちゃってるなど、セクシー度数120%だから目のやり場に困ります。

そして今回紹介するのは、もはやセクシーはやり尽くしてしまったのか、「なぜ、そこだけ?」と首を傾げざるを得ないデニム。

【ずいぶん思い切ったデザインだな~~~?】

というか……デニム生地でできているのでデニムと呼んでみましたが、その形状というか種別?はパンツではなくベルト

「デニムのウエスト部分をハサミでちょん切ってつけてみました」的なデザインが斬新すぎて、2度見してしまうことウケアイなんです~~~っ!

【ってか、自分でつくれるよコレ】

イギリスのファッションブランド「ASOS(エイソス)」が約2600円で販売しているデニムベルトの商品名は、「Weekday Limited Collection Denim Waistband」。

先ほども言ったように、本当にデニムパンツのウエスト部分をちょん切ったようにしか見えないビジュアルをしているので、 “ウエストバンド” という響きがやたらとしっくりきます。そしてコレ、クローゼットに眠っているデニムをちょん切ればいいだけだって考えると、自分でも作れそうだなーとしか……。

【ベルト・オン・ベルトができます】

ウエストに装着するとはいえ、ベルトのようにパンツが落ちないよう固定できるわけではないというのも、この商品の大きな特徴(?)。

なにせデニムのウェスト部分をちょん切ったデザインなので(しつこい)、本物のデニム同様、ボタンで留めて固定するという仕組み。

どうしてもベルトがしたい場合は、こちらのアイテムにあらかじめ備え付けられたベルトを通すための “ベルトループ” に通せば身に着けることはできますが、ますます斬新なスタイリングになってしまうことは否めないでしょう。

【今回のアイテムもやっぱり「攻めて」ました】

「なぜ、そこだけ?」という思いと、「ってか、コレ必要?」というツッコミが心の中で交錯してしまう「ASOS」のデニムベルト。

ある意味攻めているので、デニムの新たな可能性を追求したいというファッショニスタのみなさんは、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:Asos
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【やりすぎ】ポニョ腹を強制スマート化するアメリカの超強力「補正下着」!? 脂肪がみるみる収納される光景は圧巻だけど心配になるレベル!!

夏は露出が増える季節。体の “ぽにょ” っとした部分が、どうしてもあらわになってしまうものです。

そんなときに便利なのが、補正下着! アメリカ・フロリダ州とコネチカット州に拠点を置くブランド「1shapers」は、相当な補正力を誇る下着を多数扱っているようで、効果のほどは公式インスタグラムを見るとわかりやすい……のですが。

下着の隙間から溢れ出んばかりの脂肪がみるみる収まっていって、最終的にはすっきりとしたウエストが完成する様子は必見です。だけど、そこまでしなくちゃいけないの? てかこんなに弾圧して大丈夫なの? などの疑問が渦巻いてしまうのでご注意を。

【ビフォーアフターの差がすんごい】

インスタグラムに投稿されている写真や動画を観るかぎりでは、ウエストのみを補正するコルセットタイプの下着の人気が高いよう。

通常のコルセット同様フックをかけていくだけなので、思ったより着脱はラクそうなのですが……たっぷりめのお肉を無理やりしまっているので見るからに窮屈そう! 生活するうえで苦しくならないのか、というか消化器官にほんとうに何の影響もないのか、ほんっとに不安です。でも、ビフォーアフターの差がすごい!! これ観ちゃうと俄然、着けてみたいという気持ちが湧いてきます。

Instagram Photo

【ボディスーツタイプだとプリケツもゲットできる!?】

一方で、ぷりっとしたお尻を演出するべくまあるいカップの付いた(!)ボディスーツタイプの下着の効果もすごいっ。

“プリケツ” だけでなく細いウエストまで演出してくれるボディスーツは、フックをかけたあとさらにジッパーでしめるため、安心感が強め。夢の “ボン・キュッ・ボン” ボディーが完成します。でもこちらもかなり強烈にしぼってます。失神したりしないのかなあ。大丈夫かなあ。

Instagram Photo

【値段は比較的リーズナブルです】

見てる側が心配になるくらいに窮屈そうな点はコルセットタイプもボディスーツタイプも大差ない印象。そんなスパルタすぎる「1shapers」の補正下着さえあれば、どんなにボディコンシャスなワンピースでも自信をもって着こなせそうっ。コルセットタイプは日本円で約7670円から、ボディスーツタイプは約9670円からと、価格も現実的なのがありがたいですねぇ。

【コルセットを使い続けるとくびれができるよ】

実はわたしは一時期コルセットを愛用していたのですが、サボることなく定期的に着用し続けていたところ、明らかにウエストがくびれました(個人の感想です)。慣れるまでは窮屈に感じましたが、ご飯がたくさん食べられないという利点(?)があるので、いろんな意味でダイエット効果は抜群です。

見たところ、今回ご紹介した補正下着もかぎりなくコルセットに近い商品のようです。ギリッギリに絞りきっていれば、いつかはくびれを生み出してくれるかも!? 食習慣を見直すなどせず、パパっと手っ取り早く美ボディーを手に入れたいなら、この超強力補正下着、アリかもしれないです。

参照元:1shapersInstagram @1shapers
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ダイエットにお金をかけたくない人必見!! 3カ月で6kg痩せたお金をかけないダイエット法を紹介しちゃうゾ


まだ4月だというのに東京は夏のような暑さになる日もあって、薄着待ったなし! ほぼ強制的にダイエットシーズンがやってきてしまいました。

株式会社マクロミルが全国の15~59歳の男女1000人を対象に行ったアンケート調査によると、現在ダイエットをしている人は27.4%、これから夏に向けてダイエットをする予定の人は20.4%で、合わせると47.4%が “ダイエッター&ダイエット予備軍”。およそ2人に1人がダイエットを意識しているようです。

そして理想の体重は、 男性が今より7.8kg減、女性が6.5kg減。引き締めたい部分は男女ともに「お腹・ウエスト」だということが明らかになったそうです。

【「ダイエットにお金をかけたくない!」という人多し】

また彼らに「ダイエットにかける予算」を聞いてみたところ、もっとも多かった答えが「お金はかけない」(57.8%)。次いで「5000円未満」(19.2%)、「5000~1万円未満」(11.1%)と、ダイエットにはなるべくお金をかけたくないと考える人が大多数だったみたい。

【一銭もかけずにやせることは可能!】

こんなご時勢ですし、脂肪を無くすためにわざわざお金を払いたくない!という気持ちは、よ~くわかります。なぜならわたしも、そう考えているから。

実はわたし、20代半ばの頃に女友達2人とダイエット対決をしたことがあるのですが、そのときは一銭もかけずに3カ月で6kgやせることができました。そもそも太っていたわけではなかったので、我ながらよくやったと思うの……結果はギリギリで2位だったけど。

【わたしがやった「一銭もかけないダイエット」法はこれ】

当時30代前半だった友人の1人は「ジムに通ってひたすらトレーニング」(この子が0.2kg差で1位でした)、当時30代後半だったもう1人は「金にモノを言わせてエステに通いまくる」(エステしてるから…とパクパク食べて2kgくらいしかやせられなかった)という方法をとった一方で、わたしは「一切お金をかけない」方法を選択。

やり方は、職場へ行くのも遊びに行くのも徒歩が原則絶対に乗り物を使わず歩きます。たとえそれが、大崎から原宿までだったとしても。基本的に運動が苦手なので、大きな運動といえば、たったこれだけです。

あとは食生活。朝はバナナとヨーグルトで軽めに食べ、昼はスパイスの効いた燃焼系スープをたっぷりと白米を少し、夜は鶏ささみとゆで卵と温野菜のサラダ。おやつは一切食べないけれど、ガマンのしすぎもよくないので、比較的糖質が少ないといわれる赤ワインかウィスキーで晩酌(ツマミはなし)。

さらに、帰宅したら晩酌の前にひたすら腹筋、スクワット、ストレッチ! プラス、半身浴をして汗をた~っぷりかくというのを毎日休まずひたすら行っていたら、するするっとやせることができました。みなさんも試しに、やってみたらいいと思いますよぉ!

【お腹とウエストをしぼりたいなら「良い姿勢」】

ちなみに……やせたい部分第1位に選ばれた「お腹・ウエスト」は、比較的しぼりやすい部分とされています。

わたしの経験上では、腹筋運動とひねりを加える運動を欠かさずやると、ウエストはどんどんくびれてきます。あとは背中を丸めてしまわないよう、日々美しい姿勢を保つことが大切。腹筋を常に意識した生活を心がけると、おのずとぺたんこお腹になってきますよ~。

【コルセットはびっくりするほどくびれるからおススメ】

ちなみに、お金に少し余裕がある人はコルセットを購入して身に着けるようにすると、なおのことGood! そのほか、便秘防止に食生活を見直すこと、ウォーキングなどの有酸素運動も適度に取り入れるようにすれば完璧ですっ。

ダイエットは「思い立ったが吉日」! 決心がついたという人は、今日、いまこの瞬間から、ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら