【これ便利】ダイキンが酷暑を乗り切るためのエアコンの使い方を伝授しているよ! ポイントは「室外機」です

毎日毎日、暑い日が続いているので、エアコンが効いたお部屋に入るとホッとします。

エアコンの心臓ともいえるのが、屋外に設置されている “室外機” 。ダイキン工業株式会社によれば、夏場の冷房の「効き」を左右するのがこの室外機らしいんです。

エアコンは、室内機と室外機の2つでワンセット。「冷房の効きが弱いのでは?」と感じたら、室外機の周辺環境に注目してみるといいかもしれません。

【今すぐできる2つの室外機対策】

室外機は、お部屋の中から取り除かれた熱を、外へと放出する場所。熱を運ぶのは、室内機と室外機を結ぶパイプを通っている「冷媒」と呼ばれる物質です。

そのため室外機周辺の気温が高くなりすぎると、外気温と冷媒の温度差が小さくなって、冷却効率が低下してしまうことがあるのだそう。この事態を防ぐには、次の2つの方法があるといいます。

その1:室外機の日除け
日陰に設置するか、植木やすだれなどで直射日光を防ぎましょう。ただし板で囲ったりしないように注意すること。

その2:室外機の吹き出し口をふさがない
・吹き出し口付近やその周囲にものを置いたり、カバーで覆ってしまわないよう注意。ゴキブリ対策として吹き出し口をネットで覆う人もいるようですが、吹き出し口をふさぐと熱風を再び吸い込んでしまうため、冷却効率が下がってしまうそう。

【室内機のフィルターをこまめに掃除→電気代の節約に】

もちろん室外機だけでなく室内機(エアコン本体)に気を配ることも大切で、フィルターは2週間に1度のペースで定期的に掃除するのがベスト。

というのもゴミやほこりがついていると空気の通り道をふさいでしまうので、空気をしっかり吸い込むことができずに、部屋を涼しくするのに多くの電気を使うことになるからです。

【部屋に太陽光が入り込まない工夫も大切】

そのほか、部屋に直射日光が入らないよう窓に「よしず」や「すだれ」を設置したり、カーテンやブラインドをしめたりすること(遮光タイプだとより効果的!)も、お部屋が冷えやすくなるポイントだといいます。

ゴーヤや朝顔で作る “緑のカーテン” や窓ガラスに熱をカットするフィルムを貼るといった方法も推奨されているので、できることからさっそく始めてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【注意】犬や猫も熱中症になるよ! お留守番させるときもエアコンはマストです

夏本番を迎え、暑さも今年最大に。今でも十分暑いけど、8月はもっと気温が上がってもおかしくないし、熱中症にはくれぐれも注意したいところです。

人間が熱中症になるのと同じく、ペットの犬や猫も熱中症になることがあります。

Pouch編集部の百村の実家では犬と猫を飼っているらしいのですが、猫のサマーカットをお願いしたお店で「出かける時もかならず、エアコンをつけてくださいね!」と念を押されたのだそうです。

【ペットにやってあげるべきこと】

なお百村の実家は長野で、東京よりははるかに過ごしやすいはず。しかしそれでも、やっぱり夏は暑い! クーラーだけでなく「熱中症計を買ったり、扇風機をまわしたり、水を飲んでいるかチェックしたりする必要がある」と言われたらしく、気を引き締めたと語っておりました。

【犬や猫は汗で体温調整できない】

ウェブサイト「ペットショップのコジマ」によると、人間は全身で汗をかいて体温を下げることができますが、犬や猫はそれができないとのこと。呼吸による換気が唯一体温を下げる方法らしく、そのため環境を整えてあげることが大切なんですって。

急激な体温の上昇によって起きる熱中症。初期症状は「呼吸の速拍」「よだれ、脱水」なのだそうで、そのまま放置すると酸欠に陥り、ぐったりしたりけいれんを起こしたりします。最悪の場合死に至ることもあるので、甘くみないことが重要です。

熱中症にかかってしまったら体温を下げることが必須。冷水を飲ませる、冷水を体にかけるなどして、できるだけ早く病院へ連れていきましょう。

【熱中症予防の方法は?】

熱中症予防の方法としては、冒頭で百村が言われた「空調管理」がもっとも大切。
・留守番させるときには必ずエアコンをつける
車内には絶対にペットを残さない(車に同乗させるとき日中は避ける)
散歩の時間に気をつける
といった注意が「ペットショップのコジマ」には記載されておりました。

ちなみに犬には肉球にしか汗腺がないため、熱が体内にこもりやすく熱中症は天敵。一方の猫は、犬と比べて暑さに強いといわれていますが、もちろん限度があります。

クールマットやタオルなどの “ひんやりグッズ” も取り入れて、ワンちゃんやネコちゃんが健やかに夏を乗りきれるようにしてあげたいものですね。

参照元:コジマ動物病院(ペットショップのコジマ)
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

レトロだけどハイテクな「ヒーター内蔵はんてん」が誕生 / 着たまま外出もできちゃうアクティブ系の “着るコタツ” だよ!

111
人間をダメにしてしまいそうな「着る毛布」や「セルフこたつ」などが人気を呼んでいる今日このごろ。そんなの買ったら、ずっとおうちでゴロゴロしていたくなっちゃう!

しかし、こちらの「あったかはんてん」という新商品は、バッチリ防寒な上にちゃんと活動もできる予感。アクティブに動ける “着るコタツ” とか、マジでお母さんにプレゼントしたいわ。

【ヒーター内蔵のはんてんですか!?】

「あったかはんてん」は、ヒーター製品のメーカー・クマガイ電工が販売している防寒用品シリーズ「ぬくさに首ったけ」シリーズの新商品で、昔ながらのはんてんと最先端技術を組み合わせた「ヒーター内蔵はんてん」です。

はんてんの首の後ろから背筋にかけて、「マイクロカーボンファイバー」を利用したヒーターが配置されていて、胸元のスイッチを長押しすると電源が入ります。

【着たまま外出もできるよ!】

マイクロカーボンファイバーは軽くて柔らかい素材で出来ていて、着心地はよさそう。また、ヒーターの強さは強・中・弱から選択可能。バッテリーは充電式で、「弱」の場合の発熱時間は約7時間とのこと。左右のポケットのほか、右内側にも大型のポケットがあって便利です。バッテリーを取り外せば、手洗いOKだよ!

hanten2

着たまま家事をしたり、着たままお買い物に出かけたりなんてこともできちゃうし、その間も体を温めてくれるなんて、まさに “着るコタツ” だわ。これ着てコタツに入ったら、冬なのを忘れてしまいそうになるんじゃあないかしら?

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら