【数量限定】ジングルベルを奏でるオルゴール付き紅茶缶がとってもロマンティック♡クリスマスギフトにもぴったりです

まだまだ先……と思っていたら、あっという間にやってくるのがクリスマス。11月に入り、クリスマスコフレなどの情報もチラホラと目にするようになりました。

そんな中、2018年11月1日に英国紅茶ブランド「アーマッドティー」に登場したのは、クリスマス限定デザイン缶。これがめちゃくちゃ可愛い上に、なんとオルゴール付きのものまであるんです♪

【オルゴール付きの限定缶にそそられるーー!】

プレゼントにぴったりなアーマッドティー クリスマス限定デザイン缶は4種類。ヨーロッパのクリスマスを思わせる淡い色調のパールカラーが上品なデザインです。

なかでも「AHMAD TEAクリスマスオルゴール缶」(80g/税込2,000円)は、雪景色のロンドンの街並みが描かれたシャンパンピンクの缶を回すとオルゴールの音色を奏でるロマンティックな仕掛けが!

オルゴールの音色は“ジングルベル”で、限定缶の中にはベルガモットの香り豊かなアールグレイのリーフティーが入っています。オルゴールのやさしい音色を聞きながら紅茶を淹れる……なんて乙女チックなひと時に浸れそうですよね♡

【ツリーに飾れるオーナメント缶もかわいい♡】

また、ブルー、ピンク、イエローの3色展開の「AHMAD TEAオーナメント缶」(各30g/税込600円)は、ツリーにあしらうオーナメントそっくり見た目で、実際に飾れちゃうところがポイント!

アールグレイ、イングリッシュティーNo.1、イングリッシュブレックファーストと、色ごとに中身のフレーバーが異なるリーフティーが入っているオーナメント缶が、クリスマス気分を盛り上げます♪

【クリスマスツリー型のデザイン缶がおしゃれ】

そして、「AHMAD TEA クリスマスツリー缶」(60g/各税込1,000円)は、ブルー、ホワイトの2種類。

中に入っているのは、冬に飲みたくなるミルクティーにぴったりのイングリッシュブレックファーストという絶妙なセレクトです。

【3種類のリーフティーが楽しめるミニ缶セットも!】

「AHMAD TEAエレガントリーフティー」(30g×3缶セット/税込1,500円)は、淡いパールカラーに葉のモチーフが上品にあしらわれた、エレガントなミニ缶のセット。

クリスマスだけでなくウェディングや出産などのギフトにもおすすめです。

いずれも数量限定のため、無くなり次第販売終了とのこと。紅茶派の家族や友人へのプレゼントにいかがでしょうか? もちろん、これからやってくるクリスマスに備えて、自分のために買うのもいいですよね♪

参照元:プレスリリースアーマッドティー
執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

続きはこちら

【秋の夜長に】伝統的オーナメントを手作りするキットがフェリシモから登場 / 完成品はアロマオイルを垂らしてディフューザーにすることも♪


太古から続く冬ごもりの本能のせいなのか、普段ハンドメイドしないのに、秋になると何かしらを手づくりしてみたくなるのは私だけでしょうか。

もし、せっかくの秋の夜長に「なんか作ってみたいぜ!」とムズムズ創作意欲を感じている方がいたら、フェリシモのインテリア雑貨ブランド『SeeMONO(シーモノ)』から販売されている手芸キットはいかがでしょうか。

「北欧の伝統的オーナメント 経木で作るネーベルスロイドキット」「ドイツの伝統的オーナメント 経木で作るストロースターキット」は雰囲気もたっぷり。

【北欧の「ネーベルスロイド」】

ネーベルスロイドというのは、シラカバの木を経木(きょうぎ)と呼ばれるシート状にしたもので作られる伝統的な手工芸のこと。

こちらのオリジナルキットでは、より加工しやすいマツやヒノキの経木(きょうぎ)を使用しているので、はじめての方でも作りやすくなっているんだって。


これ、私たちのようなハンドメイド初心者にとってはなかなか重要なことだと思いますっ。

水でぬらすとやわらかくなり、乾くと固くなる経木の性質を利用して、編みこんだ経木の先を接着していくだけでモチーフが完成します。製作に必要な時間は約45分で、1回のお届けで1~5個のモチーフが作れちゃうよ。

【ドイツの「ストロースター」】

ストロースターというのは、古くからクリスマス飾りとしても親しまれているドイツ発祥の麦わら細工のこと。本来は割いた麦わらで作りますが、こちらのオリジナルキットでは、はじめての方でも手軽に作れるように、より加工がしやすい経木を用いています。

ちなみに、コルクとピンを使うのはシーモノオリジナルの作り方なんだそうで、この方法だとより多彩なデザインが作れるんだそう。

ひとつのモチーフを完成させるのに必要な製作時間は約45分で、1回のお届けでデザインの異なる3つのモチーフが作れます。仕事終わりや、家事の合間、子どもたちを寝かしつけた後などのちょっとしたすきま時間に作れちゃうのも魅力的!

【作ると飾る、2つの楽しみ】

「ネーベルスロイド」と「ストロースター」は、さまざまなデザインが楽しい一方で、素材の統一感もあり、ナチュラルだけどお部屋のほどよいアクセントになります。

さらにアロマオイルなどを垂らして吊るせば、ディフューザーとして香りも楽しめちゃうのです!


月1セットのお届けで「ネーベルスロイドキット」は1728円(税込)、「ストロースターキット」は1836円(税込)

秋の夜長に何か作りたい人、新しいことに挑戦してみたい人など、気になった方は商品の詳細とお申し込みはシーモノのホームページをチェックしてみて!

参照元:プレスリリース Instagram @_seemono_
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

【秋の夜長に】伝統的オーナメントを手作りするキットがフェリシモから登場 / 完成品はアロマオイルを垂らしてディフューザーにすることも♪


太古から続く冬ごもりの本能のせいなのか、普段ハンドメイドしないのに、秋になると何かしらを手づくりしてみたくなるのは私だけでしょうか。

もし、せっかくの秋の夜長に「なんか作ってみたいぜ!」とムズムズ創作意欲を感じている方がいたら、フェリシモのインテリア雑貨ブランド『SeeMONO(シーモノ)』から販売されている手芸キットはいかがでしょうか。

「北欧の伝統的オーナメント 経木で作るネーベルスロイドキット」「ドイツの伝統的オーナメント 経木で作るストロースターキット」は雰囲気もたっぷり。

【北欧の「ネーベルスロイド」】

ネーベルスロイドというのは、シラカバの木を経木(きょうぎ)と呼ばれるシート状にしたもので作られる伝統的な手工芸のこと。

こちらのオリジナルキットでは、より加工しやすいマツやヒノキの経木(きょうぎ)を使用しているので、はじめての方でも作りやすくなっているんだって。


これ、私たちのようなハンドメイド初心者にとってはなかなか重要なことだと思いますっ。

水でぬらすとやわらかくなり、乾くと固くなる経木の性質を利用して、編みこんだ経木の先を接着していくだけでモチーフが完成します。製作に必要な時間は約45分で、1回のお届けで1~5個のモチーフが作れちゃうよ。

【ドイツの「ストロースター」】

ストロースターというのは、古くからクリスマス飾りとしても親しまれているドイツ発祥の麦わら細工のこと。本来は割いた麦わらで作りますが、こちらのオリジナルキットでは、はじめての方でも手軽に作れるように、より加工がしやすい経木を用いています。

ちなみに、コルクとピンを使うのはシーモノオリジナルの作り方なんだそうで、この方法だとより多彩なデザインが作れるんだそう。

ひとつのモチーフを完成させるのに必要な製作時間は約45分で、1回のお届けでデザインの異なる3つのモチーフが作れます。仕事終わりや、家事の合間、子どもたちを寝かしつけた後などのちょっとしたすきま時間に作れちゃうのも魅力的!

【作ると飾る、2つの楽しみ】

「ネーベルスロイド」と「ストロースター」は、さまざまなデザインが楽しい一方で、素材の統一感もあり、ナチュラルだけどお部屋のほどよいアクセントになります。

さらにアロマオイルなどを垂らして吊るせば、ディフューザーとして香りも楽しめちゃうのです!


月1セットのお届けで「ネーベルスロイドキット」は1728円(税込)、「ストロースターキット」は1836円(税込)

秋の夜長に何か作りたい人、新しいことに挑戦してみたい人など、気になった方は商品の詳細とお申し込みはシーモノのホームページをチェックしてみて!

参照元:プレスリリース Instagram @_seemono_
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら

【’80sレトロ】「カセットデッキ」や「レコードプレーヤー」をかたどった可愛い手作りウッドオブジェ♪ クリスマス用のオーナメントもあるよ

デジタル化がどんどん進む昨今、音楽業界にじわじわ浸透しているのが「アナログブーム」

渋谷や新宿などにアナログレコードの専門店ができたり、人気アーティストがカセットで音源をリリースしたりと、「古臭さ、めんどくささが、逆に新しい!」と若い世代にも支持されているようなんです。

バブリーダンスがメディアを賑わせたりと1980年代の文化が人気のいま、お部屋に飾って楽しみたくなる「’80sオブジェ」を制作・販売しているショップを見つけちゃいました。

【なにこれめちゃめちゃかわいい】

海外ショッピングサイト「Etsy」内ショップ「1980who」にずらりと並んでいるのは、木材で作られたカセットデッキレコードプレーヤー

アメリカ・カリフォルニア州在住のショップオーナー、イーサン(Ethan)さんが手がけたこれらのオブジェは、音楽プレーヤーとして使用できるわけではありません。しかしそのビジュアル、80年代に出回っていたアイテムそのまんまで、かわいらしくも懐かしい! 特に長~いアンテナがついたカセットデッキなんか、もう懐かしすぎて涙が出そうっ。


レコードプレーヤーに至ってはそのままレコードをかけたくなってしまうほどリアルでして、回転数セレクトボタンからアーム後方のバランスウェイト(おもり)など細部に至るまできっちり再現していくこだわりようが見てとれます。

【かなり小さめなようです】

そのサイズは、カセットデッキが高さ約4.8cm、幅約9.5cm。レコードプレーヤーが幅10cmと、もとになった各種機器の実サイズから考えればミニチュアサイズです。

【レトロデザインのよさを再発見】

ほかにも、カセットテープやラジカセをかたどったオーナメントとして飾れるオブジェもあるようです。クリスマスツリーに飾るのにもぴったり、ですね。

価格はオブジェが6250円、オーナメントが1705円から2273円(いずれも税込み)となっています。若者から80年代をリアルタイムで知っている世代まで、幅広~い人たちの心にヒットすること確実ですよぉ!

参照元:1980who(Etsy)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【衝撃】祖母にツリーのオーナメントを頼んだ結果 → 紫色の「紐パン」を買ってきてくれました★

皆さんはおじいちゃんやおばあちゃんに「〇〇買ってきてー」って頼んだら、ぜんぜん違うモノを買ってこられちゃった……なーんて経験はない?

そんな間違いは海外でも起こりうること。アイルランドのコークに住むアレックス・バーミンガムさんがおばあちゃんにクリスマスのオーナメントをお願いしたところ、彼女が買ってきたのは……なんと紐パン! いったい何がどうなってこうなったぁぁーーーっ!?

【おばあちゃんにオーナメントを頼んだら……】

アレックスさんがツイッターに投稿したツイートによると、事の顛末はこんな感じ。

「74歳になる私のおばあちゃんがダンズストア(アイルランドの大衆スーパー)でクリスマスのオーナメントを買って来たの。よくわからないままツリーをデコレーションすることになったんだけど、それ、ラベンダー色の紐パンだったんだよね」

一緒にアップされた画像を見ると、透明の丸い容器の中に何やら紫色のものが入っています。それを開けてみると……たしかに紫の紐パンが出てきたーーー!! しかもラメ入りできらびやか! しかしこの丸い容器、見ようによってはツリーのオーナメントに見えるので、おばあちゃんの勘違いも致し方なし……?

【おばあちゃんのうっかりが大きな話題に】

クリスマスグッズの売場に紐パンが置かれていたのか、商品に「紐パン」という表示はなかったのか、本当にオーナメントだと信じ込んで買ってしまったのか……詳細はわかりませんが、おばあちゃんの可愛らしい間違いによって、クリスマスツリーに飾られることとなった紐パン

結果、アレックスさんのツイートは2万件以上のリツイート、7万件以上の「いいね」がされ、世界中で話題に。アレックスさんとおばあちゃんにとっては、これはクリスマスの予想外なサプライズプレゼントとなったにちがいありません。

参照元:Twitter @Alex_BerminghamMashable
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【ちょw】ツリーのてっぺんを飾るのは星じゃなくてセレブ☆ ビヨンセやヒラリーにそっくりな人形を作る組織が熱い

クリスマスが近づいていますし、「家にクリスマスツリーが飾られている」という人も少なくないことでしょう。クリスマスツリーのてっぺんといえば、キラキラ輝く星型のモチーフ “トップスター” が、ちょこんと置かれているのでは?

でも今回紹介するのは、一風変わったツリートップのモチーフなんです。

ツリートップといっても星型ではなく、ヒラリー・クリントンさんや、プロテニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズさん、ビヨンセさんをモチーフにしたフィギュア。しかも背中にはエンジェルの白い羽がついていて、見事に本物そっくりなんです〜!

【女性の社会的地位向上を目指すブランドが制作】

この女性セレブたちのツリートップは「エンジェルクリスマスツリートッパー」という名前で、3Dプリンタで作られたもの。素材には石膏(せっこう)が使われているんですって。
人形たちを制作販売しているのは、イギリスのブランド「Women To Look Up To」。世界的に有名な女性や、女性の社会的地位の向上のために働く女性など、現代の女性ロールモデルに光を当てる活動をしている非営利団体です。

1体の価格は約1万2000円で、この利益は「女性の平等を促進するためのプロジェクト」に寄付されるのだそうです。

【ビヨンセさんモチーフの神々しさよ…】

世界的に見ても活躍が目覚ましい3人ですので、たとえ彫刻であろうとも、放たれるオーラは並みではありません

特に存在そのものが神々しく感じられるビヨンセさんの “ツリートップ” は、飾るだけでパワーをもらえるし、なんなら御利益まで期待できそうな気がする……!

【4人目の “ツリートップ” になるのは誰?】

現在「Women To Look Up To」の公式サイトでは、4人目の “ツリートップ” になる女性を決める一般投票が実施されているんです。

オバマ前アメリカ大統領夫人のミシェル・オバマさん、人権運動家のマララ・ユスフザイさん、さらにはレディー・ガガさんなど、そうそうたるメンバーが候補として挙げられているので、投票してみるといいかもしれません。

また、自分がいいと思った人物の名前を自由に書き込むこともできるので、胸に決めた人がいればメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

参照元:Women To Look Up To
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら