【ナニコレ】KFCが「電波圏外テント」なるものを販売! テントの中に入ると電波が届かなくなるらしいよ

今の時代、スマートフォンやタブレット端末を手放せないという人は少なくないはず。KFCから、そんなネット社会に一石を投じるグッズが登場したようです。その名も「インターネット・エスケープ・ポッド(Internet Escape Pod)」

このテントの中に入ると携帯電話やWi-Fiとの接続を遮断するという画期的なアイテムです。これによって家族と質の高い時間を楽しむことができるそう。なるほど、たしかにそうかもね!? だけど、なんでKFCがこんなものを作ったの……。

【今なら安く手に入ります】

少し前には不穏すぎる「VR脱出ゲーム」を公開したり、隕石でできた200万円のメタリックバーガーを発売したりと、一貫して “攻めの姿勢” を一切崩さないKFC。

この奇妙なテント「インターネット・エスケープ・ポッド」は「サイバーマンデー」と呼ばれるホリデーシーズンのオンラインショップのセール開始日にあわせて、現在5000ドル(約55万円)で売り出されています。実際の価格は1000万円超(!)だというのだから、随分お値打ちな価格なのかも……。

【SNS断ちしたい人にはいいかも…】

KFCいわく「わたしたちの専門は鶏肉で、インターネットをブロックするテントは専門外。だがベストを尽くして作った」とのことでして、気合いだけはよく伝わってきます。

電波をシャットアウトしてしまったら最後、使いたくても使えなくなるわけだから、SNSに依存気味の人にも役立つかも? 日頃インターネットに割いている時間を別のことに使いたい人、あるいは外との接触をしばらく断ちたい人にとっても、最適なアイテムかもしれません。

【デザイン考えた人、天才か】

カーネルおじさんが身を挺して電波から守ってくれているかのようなデザインだったり、よく見りゃドアノブがフライドチキンだったりと、いちいち芸が細かい点にもぜひ注目してほしいところ。

海外ケンタッキーはどの試みも謎すぎるけれど、なにやら楽しそうな会社だということだけは、間違いないような気がします。

参照元:KFC Limited E-Store
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

KFCが従業員トレーニングのために作った「VR脱出ゲーム」がめちゃめちゃ不気味です!

KFCが、新感覚のVR脱出ゲームを作ったらしい。そんなウワサを耳にして、YouTubeにあげられたトライアル動画をチェックしてみました。

まずチェックしたのは、2017年8月24日に公開されたトレイラー映像。

カーネル・おじさんやニワトリの肖像画が飾られている謎の空間には奇妙なロボットアームが吊り下げられていて、BGMも不穏な雰囲気。これは完全にホラー映画かサスペンス映画です。

その後、なぜか鶏肉を切ったり、フライヤーの中にチキンを入れる映像が流れてくるではありませんか。

【従業員のトレーニングのために作られたゲームでした】

実はこの不思議なゲーム、KFCの従業員のトレーニングツールとして作られたもの。不気味な屋敷を脱出するための条件は、チキンを上手に作ること

なんでも、この脱出ゲームを通して、検査、洗浄からチキンの味付けにフライ……とケンタッキーフライドチキンを作る調理プロセスを仮想体験できるようになっているのだとか。なるほど、ゲーム感覚なら楽しく仕事を覚えられそう〜!

【アームを使ってチキンを上手に揚げよう】

YouTubeに30秒ほどの短い動画がいくつかあがっているのですが、それを見ると、たしかにロボットアームが懇切丁寧にチキンの作り方を教えてくれる描写がありました。

動画を観るかぎりでは、ユーザーの体の一部として “手” だけが動くように設定されている模様。天井から降ってくる “謎の声” の指示に従って、無事にフライドチキンを作り終えることができたら、空間から脱出することができる……という流れみたいです。

Instagram Photo

【それにしても…なぜこんなに不穏なのか】

ちなみに、実際の教育プログラムでは、調理の全行程に25分かかるそうなのですが、VR映像ならば10分に短縮できる、そして廃棄が少なくなるという利点があるのだとか。

非常にユニークかつ現代的な試みといえますが……ゲーム映像自体がかなり奇妙なので、頭の中に「?」がとめどなく湧いてくることはたしか。

冒頭で「ホラー」だの「サスペンス」だの言ってしまいましたが、「悪夢」ともいえますね。どうしてこういう世界観にしたのか、その点だけが、ただただ謎ですっ。フライドチキンを揚げている途中にロボットアームが激しく手拍子してくれるなど、全編通してなかなか狂っているので必見ですよぉ~!

参照元:YouTube[1][2][3]Instagram @kfcEater
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【正気!?】ケンタッキーが隕石でできたメタリックバーガーを発売 / お値段200万円なのに売り切れちゃってるよー!!


これまでもフライドチキンの香りがする日焼け止めクリームを発売したり、カーネル・サンダースによるロマンス小説をリリースしたりとわりとおかしな方向へ行きがちなケンタッキーフライドチキンでしたが、またもや! またもやとっても珍妙なアイテムが発売されちゃいました。

ケンタッキーフライドチキンのグッズがそろう公式通販サイト「KFC Limited」で売られているのは、チキンバーガーの形をした隕石! 宇宙から落下してきた本物の隕石が使われているそうで、お値段は日本円で約200万円! いったい誰が買うんだ……!!

【本物の隕石を削って製作】

「Zinger Meteorite(驚愕の隕石)」と名付けられたこのグッズ。商品紹介ページには「これは広大な宇宙に存在する本物の隕石を3人のアーティストが削って彫刻した」と書かれています。

鉄と宇宙の物質からできていて、もちろん人が食べることはできません。サイズは直径5.75インチ(約14.6cm)、高さが3.75インチ(約9.5cm)となかなかリアルなハンバーガーサイズになっています。

【いったい誰が買ったんだろ……】

重厚なメタリック感のあるチキンバーガーは、オフィスやお部屋に飾るユニークなオブジェとしても楽しめそう。ただし、二の足を踏んでしまうのが20万ドル(約200万円)というお値段。いったい誰が買うんだよ……と思いきや、商品ページには「sold out」の文字が!! 購入した人が現れたということでしょうか……驚きですね。

というわけでこちらの隕石チキンバーガーは買えませんが、ケンタッキーフライドチキンの公式通販サイト「KFC Limited」では他にもユニークすぎるグッズがズラリ。

カーネルおじさんと一緒に寝ている気分を味わえる枕キャッチコピーが入ったTシャツなど、こちらはどれも手頃な値段で購入できますよー!

参照元:KFC LimitedMashable Asia
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら