スヤァしている巨大カービィが疲れた乙女心を抜群に癒しそうな予感! 後ろから抱きしめてあげて★

「独り暮らしだから仕方ないけど、誰も待っていない部屋に帰るのは寂しい……」と感じている人は、きっと少なくないと思うんです。

そんな寂しさと心の隙間を埋めてくれそうなのが、タカラトミーアーツ公式通販サイト「e組」で販売されている、「星のカービィ すやすやフレンド おっきいカービィとふわふわ雲まくらセット」

高さ50cm×幅70cm×奥行100cmの巨大なカービィと、これまた大きな雲形クッションがセットになったこちらの商品は、ただならぬ存在感

手触りも “ふわふわモチモチ” らしく、帰宅するたび「ただいまーーーっ!」とカービィを抱きしめたくなること必至なんです♡

【「おねむ」なお顔がかわえええ】

全長1mととにかくでっかいカービィぬいぐるみの表情は、すやすやと眠っているかのよう。眺めているとだんだん自分まで眠くなってきて、気がつけば添い寝しながらうとうとしてしまいそうです。

カービィぬいぐるみの毛足は短いため、ムギュッと抱きしめても、鼻がムズムズする心配はありません。 “抜け毛” の心配もなさそうなので、一緒に暮らすには最適かも~!

【絶対癒されるわコレ】

もともとぬいぐるみ好きというわけではなかったのですが、私もここ2年ほどはぬいぐるみのトリコに。ぬいぐるみの癒し効果は絶大で、手触りのよい体をギュッと抱きしめただけで、疲れた心がすうっとラクになっていくのがわかるんです。

これだけ大きく、しかも手触り抜群のカービィぬいぐるみならば、癒し効果は計り知れないはず。

セットになっている雲形クッションも、「KIRBY」のネームがさりげなく入っていたり、パステルカラーの星型刺繍があしらわれていたりと、単体で使えそうなところがたまりませんっ。

【ここまで大きいともはや「同居人」よね】

宅配便としては最大サイズの箱(通称160サイズ)で配送されるという巨大カービィセット。お値段は、税込み2万2000円で送料は無料とのこと。

カービィが心地よく過ごせるようお部屋にスペースを確保したうえで、 “同居人” として迎え入れてみてはいかがでしょうか。

参照元:タカラトミーアーツ公式通販サイト「e組」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

訳あり人間が登場する番組『ねほりんぱほりん』のキャラがトイカプセルになった!! 全部あつめて “ねぽはぽゴッコ” したくなります


MCを担当する山里亮太さんとYOUさんがモグラの人形に扮し、顔出しNGの訳ありゲストから “聞きにくいこと“ を根掘り葉掘り聞くという斬新なスタイルで人気。

NHK Eテレで放送中のトークバラエティー番組『ねほりんぱほりん』が、なんとなんと、フィギュアになっちゃいました!

この番組でもっとも注目すべきところは、出演者はすべて人形だという点。ゲストは全員ブタさんの人形で、言いにくい話や、深〜い話も、人形劇トークバラエティだからこそできるといえるでしょう。

その人形が、タカラトミーアーツの手によってカプセルトイサイズのフィギュアになったというのだから、わたしのような番組ファンにとっては辛抱たまらんニュースです~♡

【テンション上がる商品ラインナップです】

商品名はずばり、「ねほりんぱほりん ニンゲン丸裸コレクション」。

気になるラインナップはモグラの人形「ねほりん」「ぱほりん」、訳ありゲスト役のブタの人形2タイプ、AD役のカエルの人形、そしてシークレットの全6種類。カエルの人形に関しては、手に持っているカンペに2つのパターンがあるようです。

【一般の方がまさかの “フィギュア化” 】

ブタの人形としてセレクトされているのは、これまでにゲストとして登場した「占い師マリアさん(仮名)」「ナンパ教室に通う男タカノリさん(仮名)」でして、どちらの方も番組放送時には強烈なインパクトを残していったっけ……。

特にナンパ教室に通うタカノリさんは、36歳から現在の50歳になるまでナンパ教室に通い続けているというツワモノでして、恋愛の仕方がわからなくてナンパ教室に通い始めたという経歴の持ち主。

語られるエピソードがことごとく闇が深くて、山里さんに「番組史上1番ヤバいやつ来た」とまで言わしめたタカノリさんが、まさかフィギュアになるだなんて……。こんなこと、一体だれが想像できたでしょうか。

つーか、一般の方がフィギュア化されるとか(とはいえ見た目はブタですが)、前代未聞じゃありません!?

【ツイッターでも大反響】

まさかのフィギュア化のニュースに、ツイッターユーザーのみなさんもザワザワ。「めっちゃ欲しい」「出るんだ……」「攻めてるなぁ」といった具合に、反響は大きいようです。

いっそのこと全種類ゲットして、『ねほりんぱほりん』ごっこしたくなることは確実。1回300円なので、見かけたら即ゲットしてみるべし~☆

参照元:タカラトミーアーツTwitter @Play_GachaTwitter @toy_yamashiroyaTwitter検索 ねほりんぱほりん ニンゲン丸裸コレクション
参考リンク:NHK Eテレ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

落語業界公認のカプセルトイ「落語ガチャ」がレア感満載! 「目黒のさんま」や「ちりとんてん」にまつわるモチーフがストラップに

日本の伝統芸能のひとつである落語。最近ではヤングからの人気も高まっているようで、密かに落語ブームが巻き起こっているようです。

そんな中、タカラトミーアーツから落語業界公認のカプセルトイ「落語ガチャ」が登場! 11月中旬より、新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、国立演芸場の4カ所の寄席などで発売されるよ!

【落語ガール必見の「落語ガチャ」】

「落語ガチャ」は、落語芸術協会と落語協会、そして落語界の著名人の協力のもと完成した落語業界公認の商品。有名な古典落語の噺(はなし)に登場するモチーフを具現化したフィギュア根付けと、寄席でおなじみの亭号木札がカプセルトイになっています。

【根付けも亭号木札も本気すぎる!】

まず、フィギュア根付けのラインアップは「目黒のさんま」と「ちりとてちん」、「禁酒番屋」、「死神」の4種類。フィギュアのもとになったイラストは、落語絵の代表的イラストレーター・小森傑先生だそうで、コミカルなテイストに仕上がっています。

亭号木札は1種類。江戸時代からの古い歴史を持つ亭号木札が手の平サイズになったものです。古今亭、柳屋、三遊亭、春風亭の4枚の木札をスライドで入れ替えることができるこだわりの一品!

【春風亭昇々さんがナビゲーターに】

このほか、「落語ガチャ」のナビゲーターを春風亭昇々さんが務めていたりと、落語界をあげての本気仕様です。

商品に付属の「めくり型プレート」の裏面にQRコードがプリントされており、これを読み込むと、若手落語家の春風亭昇々さんのスペシャル動画を視聴できるオマケもあり。フィギュア根付けになっている4つの噺のさわりを約1分間で紹介しているのだとか。

価格は1回300円(税込)。東京の寄席4カ所のほか、全国の雑貨店や量販店のカプセル自販機コーナーにも順次設置されるもよう。落語ガールならにんまりしちゃうラインアップだし、コンプしなきゃですネ♪

参照元:プレスリリースタカラトミーアーツ
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

ふわっふわ食感の卵かけご飯を作るマシン「究極のTKG」が画期的! 卵を割るところから全部やってくれます

お寿司が観覧車に乗ってやってくる「寿司大観覧車」に、そうめんが走行途中でワープする「そうめんスライダー」などなど、ここ最近 “攻めた” クッキングトイをリリースしまくっているタカラトミーアーツ。

来る2017年10月26日には、雲のような極上ふわふわ食感の卵かけご飯を作れちゃうアイテム、その名も「究極のTKG」(希望小売価格3500円)を発売するようなんです。念のために言っておきますが、「TKG」とは「卵かけご飯」のことですよ~。

【ホントのホントにふわふわだ~!】

わたしたちがよく知っている卵かけご飯は、ご飯に生卵をのせて、しょうゆをかけたただけのシンプルなもの。ところが、しばらく前から白身をメレンゲ状に泡立てた「フワフワの卵かけご飯」が人気になっているのです。

ただ、このフワフワのメレンゲを作るのがけっこう手間なんですよね。今回発売される「究極のTKG」を使えば、これをすぐに作れるというのです。

タカラトミーアーツが公開しているTKG完成写真を見ると、真っ白な雲みたいなメレンゲ状の白身の上に黄身が乗っかっていて、見るからにふわっふわ……!

【卵を割ってくれるよ】

「究極のTKG」のすごいところは、生卵を割るところから行ってくれる点。マシンに卵をセットしチョップボタンをぽちっと押せば、卵を割り、黄身と白身を分けてくれます。

【白身の固さを変えることも◎】

続いてホイップボタンを押すと白身のみをかくはんしながら泡立ててくれるので、あなたはただ待っていればいいだけ。

できあがったらホカホカご飯に白身を乗せ、その上に分けておいた黄身を乗せたら完成で~す! 所要時間はわずか5分ほど。白身のかくはん時間によって “ふわふわ加減” を変えることができるという点も至れり尽くせり~♪

自分好みのトッピングを加えることでさらにオリジナリティーを出せるから、アイディア次第で世界で1つだけのTKGが作れちゃいます。朝ごはんの時間を “至福のひと時” へと変えてくれそうな「究極のTKG」、一家に一台いかがでしょうか。

参照元:プレスリリースタカラトミーアーツYouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

ドドンパに乗って寿司がやってくる! 富士急ハイランド監修のおもちゃ「天空パーティー 寿し大観覧車」が超楽しそう

「回転寿司」と「富士急ハイランド」が、奇跡のコラボを果たした。そう聞いてみなさんは、一体何を、どんなものを、想像したでしょうか?

コラボ商品を生み出したのは、「そうめんスライダー」でもおなじみのタカラトミーアーツ。富士急ハイランドのデザイン監修を受けて誕生したのは、寿司を空中で “縦” に回す回転寿司の新商品「天空パーティー 寿し大観覧車」(希望小売価格 税抜き9980円)です。

寿司を……縦に回す……ですと? なんというか、想像するに上手く皿を取れる気がしないんですけど! なんで、どうして、横じゃなくて “縦” なの~!?

【注:フツーの観覧車ではありません】

2017年7月20日より発売される「天空パーティー 寿し大観覧車」は、その名のとおり、観覧車がモチーフ。面白いのは、観覧車だけでなくコースターも付属している点です。

観覧車のゴンドラに乗って好きな寿司が回ってきたら、「ポイントレバー」をプッシュ。すると寿司が乗った皿が観覧車からコースターのレールへと移動。そのままレールを駆け抜けていき、終着点で受け取るという仕組みになっているようなんです。わお、エンターテインメント性抜群~!

【富士急ハイランドにある乗り物をイメージ】

なお観覧車は富士急ハイランドの「シャイニング・フラワー」を、コースター部分は日本最速コースター「ド・ドドンパ」をイメージしているそうですよ。

「ド・ドドンパ」といえば、驚異の加速を誇ることで有名だったような……。ということは、高速で疾走する寿司を見ることができるのかしら!?

【お寿司を作るためのグッズも可愛い♡】

商品には寿司を作るためのグッズも付属されているようで、こちらもエンターテインメント性たっぷり。

米を詰めるだけで形の良いシャリ玉を作ることができる「にぎりスポーン」と、「にぎりスポーン」の大きさに合わせて設計した米を詰めやすい「いかしゃもじ」の2つが付いてくるので、お寿司を作るところから楽しく作業できそうです♪

ホームパーティーの場にあったら絶対に盛り上がりそうな「天空パーティー 寿し大観覧車」。これを1度使ったら最後、楽しすぎて、もうフツーの回転寿司には戻れないかも~!!

参照元:プレスリリースタカラトミーアーツ
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

固すぎるアイスと噂の「あずきバー」専用かき氷器の開発秘話が泣ける / プレゼン中に機械が破損などプロジェクトX並の苦労が…


井村屋の人気商品「あずきバー」。国民的アイスキャンディーとして知られるとともに、一部では“世界一固いアイス”ではないかという噂もあるのだとか。

そう、たしかに「あずきバー」ってめちゃくちゃ固いんですよね。普通のアイスキャンディーと同じだと思ってかじろうとしたら、自分の歯が折れるんじゃないかというほどの衝撃を受けたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そんな「あずきバー」をふわふわに削ることができる「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」がタカラトミーアーツより登場するということで、ここ最近かなり話題になっています。

発売の裏にはあのカチカチのあずきバーをなんとかかき氷にしようという『プロジェクトX~挑戦者たち~』並みの苦闘があったようなのです……!!

【試作機を完成させたものの……】

おかしなかき氷 井村屋あずきバー」の商品開発が始まったのは2016年9月。数ヶ月の構想ののち試作1号機を完成させたものの、社内の検証でうまく削ることができず、再度構造から検討し直すことに。

その後、何度目かの試作機を作ったのち、井村屋に持ち込んだそう。ところがプレゼンテーションの場で「あずきバー」の固さに途中で試作機が壊れるというアクシデントが発生。このときのタカアトミーアーツの担当者の気まずさ、考えるだけで胃が痛くなりそうです……。

その後も何度か試作機を持って井村屋の担当者を訪れ、目の前で「あずきバー」を削ろうとしては失敗する、ということを繰り返し、第6号機目にしてやっときれいなかき氷を作ることに成功したのだとか。

【大のオトナたちによる試行錯誤】

第1号機の「強力バネタイプ」では、あずきバーをセットするに2人がかりの力が必要なうえ、半分までしか削ることができず。そして第2号機の「上ハンドルタイプ」はプレゼンの最中にハンドルが壊れ、第3号機「サイドハンドルタイプ」はあずきバーの固さでハンドルが重くなって回らず……などなど、それぞれエピソードがすごいです。

それぞれの試作機には名前がつけられてるあたり、まるで重厚なメカが開発されているかのよう。

大のオトナたちが「あずきバーを削れる機械を作る」という目的に向かって試行錯誤している……その光景を想像しただけでも面白すぎ……いえ、目頭が熱くなっちゃいますね。

【ついに商品として発売されるよ!】

そうしてついに完成した「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」は、誰でも簡単にかき氷が作れるようになっているのが特徴。

まずは「あずきバー」のスティック部分をスティック抜き取り専用パーツ「ぬけるんバー」に固定し、レバーを回してスティックを抜き取ります。その後スティックが抜けた「あずきバー」を本体にセットし、ハンドルを回すと「あずきバー」がするすると滑らかに削れ、ふわふわのかき氷になって出てくるそう。

フルーツと一緒に盛り付けたり、牛乳でシェイクにしたりなど、アレンジ次第でさまざまな食べ方も楽しめるんですって♪

あの固いあずきバーを削ってみたい……!! そんな欲望を叶えたい皆さんは、「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を手にいれてみては? 発売日は6月29日の予定で、価格は税抜2800円です。

参照元:タカラトミーアーツプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

【なにこれ】体は別の動物なのに顔だけ “ゴリラ” …タカラトミーアーツの新ガチャ「顔ゴリラ」が意味不明すぎる

他とはひと味ちがう、不思議なガチャをリリースする、タカラトミーアーツのガチャブランド「パンダの穴」。新作は、顔がゴリラな動物たちのフィギュア「顔ゴリラ」です。

一体何を言っているんだ?と思った、そこのあなた。気持ちはわかります。

しかし本当に、ラインナップされた6種類の動物たちの顔だけがゴリラなんですよ。体は別の動物なのに、顔だけゴリラなんです。

【ゴリラ顔がいやに目立つ…】

犬にウサギ、アルパカにシロクマ、さらにはフクロウ、アザラシ。ずらりと並んだ動物たちのボディーはなぜか、すべて真っ白です。

Instagram Photo

だからこそ余計にゴリラ顔が目立つ「顔ゴリラ」は、「目を覚ますと、顔がゴリラになっていました」というコピーも含め、圧倒的な存在感とインパクトを放っています。表情が柔らかく優しいところにも、ちょびっとジワジワきちゃう。

【紹介コメントもいちいちジワる】

2017年5月下旬に発売予定だという「顔ゴリラ」。「パンダの穴」公式ツイッターとインスタグラムではフィギュアが1体ずつ紹介されているのですが、添えられた文がいちいち面白いから目が離せないっ。

Instagram Photo

「このシロクマは子供のシロクマになります。首が傾いて口が半開きですが企画者が真顔で考えた演出になります」(シロクマ顔ゴリラ)
「こんなのが実物大で近くにいたらビビります」(アルパカ顔ゴリラ)
「見ての通り形容する言葉が見当たりません……」(ウサギ顔ゴリラ)

と、このように、コメントを見ているだけで俄然ゲットしたくなってくる「顔ゴリラ」は1つ200円とのことです。見つけたら絶対に、コンプリートしよ……!

参照元:タカラトミーアーツTwitter @panda_no_anaInstagram @panda_no_ana
執筆=田端あんじ(c)Pouch

続きはこちら

【箸で掴めるのか!?】東京サマーランド監修の「そうめんスライダー」がさらにパワーアップして登場! 麺が途中でワープするってヤバすぎいい!!


夏といえば流しそうめん。自宅で楽しめるウォータースライダー型流しそうめんマシンとして2016年6月に発売され、大きな話題を呼んだのが「ビッグストリーム そうめんスライダ ー」です。

走麺距離3.6メートルという見た目のインパクトと「東京サマーランドデザイン監修」の本格的な造形で、即完売するほどの反響があったそう!

2017年はそれがさらにスケールアップ!! 走麺距離全長5.0メートルを達成した進化版「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」となって登場しちゃいました!

【第2弾はさらにスケールアップ!】

昨年の「ビッグストリーム そうめんスライダ ー」よりもSNS映えやパーティー需要を意識して、さらに迫力ある大きさと見た目に……とこだわった結果、どうやら頑張りすぎてしまったみたい!? 幅120cm、高さ73cm、走麺距離全長5.0メートルという超巨大なマシンが完成しちゃったそう。

サイズだけでなく造りにもこだわりが。今回も「東京サマーランド」にデザイン監修を受けているのですが、人気アトラクション「DEKASLA」の左右に振られる動きを取り入れ、本体中央にある黒いパーツ「デカスラ」として搭載。分岐させた水路から麺をワープできるユニークな仕掛けがほどこされています。

【「世界流しそうめん協会」も認定】

こうした遊び心と機能性、実用性を兼ね備えていることが認められ、流しそうめんを世界に発信する活動を行っている「世界流しそうめん協会」からも認定を受けたというから、その素晴らしさはお墨付き!

「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」(税抜16,800円)のプレイ人数は4~10人。家族団らんに、友人たちを呼んでワイワイと、さまざまなシチュエーションで史上最大級の流しそうめんを楽しめそうです♪ ちなみに、コース全長が5.0メートルあるので、1人で流して1人でキャッチする“ソロそうめん”も可能だそう。

参照元:タカラトミーアーツ「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」PR TIMES
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

Eテレ『びじゅチューン!』のガチャ第2弾が登場! 縄文土器先生やごめユニコーンなどがフィギュアになっちゃった!!


Eテレで放送中の美術番組『びじゅチューン!』。ユニークな歌とアニメで世界の “びじゅつ” を表現するという5分番組ですが、そのガチャ第2弾がタカラトミーアーツより5月上旬に発売されることに!

番組に登場した縄文土器先生や見返り美人など、あの強烈なキャラクターたち5種がちっちゃなフィギュアになって登場。どれもこれも味があって可愛すぎるよー! これは全種類コンプリートしたくなっちゃいますっ!!

【ラインナップは全5種】

「びじゅチューン! せかいのびじゅつ品コレクション 2時間目」のラインナップは次のとおり。

・「縄文土器先生」より『縄文土器先生』
・「見返りすぎてほぼドリル」より『見返り美人』
・「貴婦人でごめユニコーン」より『一角獣とうさぎ』(シークレット有)
・「真珠の耳飾りのくノ一」より『真珠の耳飾りの少女』
・「噴火する背中」より『富士御神火文黒黄羅紗陣羽織』

どれもどこかで一度は見たことがある有名な美術作品なんだけど、アーティスト・井上涼さんの独特な感性によってデフォルメされたキャラクターたちはとっても新鮮でポップ! 難解そうな美術の世界をぐぐ~っと身近に感じられること間違いナシです。

【ガチャは1回200円!】

『びじゅチューン!』の世界観をそのまま手元に再現することができそうな「びじゅチューン! せかいのびじゅつ品コレクション 2時間目」。価格は税込200円です。

また5月3日にはキデイランド大阪梅田店にて、ガチャ発売を記念した“『びじゅチューン!』フェア”も開催予定とのこと。番組で作詞・作曲・アニメ・歌を手がける井上涼さんのサイン&撮影会もあるので、興味がある方は足を運んでみては?

参照元:タカラトミーアーツTwitter @Play_Gacha
参考リンク:びじゅチューン!
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

信号機を手でつかめちゃう!! 「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」がオフィシャルコラボならではの精巧さ!


私たちが毎日かならず目にしていると言ってもいい「信号機」。ふだんは手が届かない存在のものだけど、もしこれが手のひらサイズで手に入るとしたら……思う存分、触ったりつかんだりしてみたくない!?

そんな願望を実現させるのが「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」。車両用、歩行者用の信号機などがミニチュアサイズになったガチャ(カプセル玩具)なのですが、信号機を作る日本信号株式会社とコラボしているオフィシャルなものだけに、めちゃくちゃ精巧にできているんです!

【公共物シリーズ2作目】

誰もが知っている“街角公共物”を、タカラトミーが実在する会社とコラボレーションしてミニチュア化し、ガチャとして販売する「オフィシャル公共物シリーズ」。第1弾として2016年に郵便ポストなどが発売されましたが、このたび第2弾として登場するのが「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」なんです。

【老舗メーカーとのオフィシャルコラボ商品】

コラボしたのは、交通システム分野において日本国内大手の老舗メーカーである日本信号株式会社。そのため、全ての種類に「ON/OFF」スイッチがある、本物の信号機のように光る、どれも実際の最新型LED式の図面を参考に造形されているなど、オフィシャル商品だからこそのきめ細やかな再現性となっています。

【信号機の世界に触れてみて】

ラインナップは「車両用信号灯器」(赤・青)、「歩行者用信号灯器」(赤・青)、「歩行者用押ボタン箱」の全5種。1/24スケール~1/5スケールにミニチュア化されており、サイズは約2.8~5.3㎝となっています。

 

考えてみれば、信号機って身近にあるものなのにどんなふうなつくりになっているか詳しく知らない! このコレクションがあれば信号機の世界にじっくりと親しむことができますね。

ガチャは1回につき税込300円。3月下旬より全国の雑貨店、量販店などに設置されているカプセル自販機で購入可能です。

参照元:タカラトミーアーツ「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら