【ほっこり】ニャンコがふわぁ~っとあくびしてる「猫向けベッド」はいかが? 大きくお口を開いた表情に癒やされる…


寒さが増してきた今日このごろ。あったかな寝床が心地よく感じるのは人間だって猫さんだって同じですよね。

というわけで、今回は寝るほうも見ているほうもほっこりしちゃう猫向けベッドをご紹介します。ユニークなハンドメイドアイテムがそろう海外オンラインマーケット「Etsy」で見つけたのは、猫ちゃんがふわぁ~っとあくびしているデザインのとってもキュートな品々。

こんなベッドがあれば、猫ちゃんもおうちで過ごすのがさらに好きになっちゃいそう♡

【大きく開いた口が寝床の入り口に!】

Etsyのショップ「IndreNaujokiene」で取り扱っているのはフェルトで作ったハンドメイドグッズの数々。何種類かある猫用ベッドの中でもいちばんオススメしたいのが、眠そうな顔をした猫のベッド

猫ちゃんが口を大きく開けてあくびをしているデザインになっていて、ぽっかりと開いた口の中に猫ちゃんが入れる仕組みになっています。


あくびをする猫の表情やフェルトならではの質感がなんとも温かみがあって、見ているほうも癒される~! お部屋の片隅に置いてあってもインテリアとしても楽しめそうです。

【SNS映えする写真も撮れそう!】

ほかにも、もう少し表情がリアルな猫ちゃんデザインのベッドに、日本の禅の心を思わせるような石のデザインのベッドなども。ここにおうちの猫ちゃんが来れば写真映えもしそう。思いがけずSNSウケしそうなショットが撮れるかもしれません。

これらのアイテムは価格は1万2000円前後で、海外発送もOK。日本までの送料は多少かかりますが、他に持ってる人がほとんどいないという点では買う価値はじゅうぶんアリな気がします! 「IndreNaujokiene」の猫用ベッド、おうちの猫ちゃんにおひとついかがでしょうか?

参照元:Etsy
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

続きはこちら

あなたの愛するペットが超リアルなフェルトアートになる!? 動物を写真から超リアルに再現するスゴ腕アーティストがウクライナにいました

ウクライナ・キエフを拠点に活動するフェルトアーティスト、ハンナ・ツカノヴァ(Hanna Tsukanova)さんは、本物そっくりの犬や猫をフェルトで再現する凄腕の方。

あまりにも精巧で息を飲みそうになる作品を生み出し続けているハンナさんですが、芸術系の学校に行った経験がないのはもちろん、絵も彫刻も学んだことはないというんです。

だから、どうやったらこんなフェルトアートができるのか、と聞かれても、自分でもよくわからないのだそう。しいて言えば愛と神のご加護のおかげ、だそうで、こんなことを言えるあたりほんとに “芸術家” っぽい~!

そんなハンナさん、本業はウクライナで活躍するジャーナリストであり、大学教授。根底に眠っていた芸術家魂が、ハンナさんを突き動かしたのかもしれませんねぇ。

【ハンナさんの作品は買うことができます】

ハンナさんが手がけるフェルトアートの動物たちはあまりにも生き生きしていて、体温を感じられそうなほどにリアル。ショッピングサイト「Etsy」内ショップ「RunoArtPets」で実物を購入することも可能。

【ペットの写真からフェルトアートを作ってくれる!】

けれど、ペット好きからすると本当にありがたいのは、ハンナさんはペットの写真からフェルトアートを作り出してくれる、ということ!

愛するペットの写真をそえて注文すれば、そのペットを作品を仕上げてくれるんです。これだけの腕をもつハンナさんがペットをフェルトアートにしてくれるとあっては、できあがった作品は一生モノになること間違いありません!

【作る手順も公開してます】

ところでハンナさん、自身のインスタグラムで作品づくりの手順を公開しているのですが、作業はいつも、紙に絵を描くところからスタートしている模様。

紙に描いた犬や猫の絵を輪郭に沿って切り抜き、フェルトにちくちく針を刺して投影。目を装飾すると一気に作品がイキイキしてくるのだそうで、言われてみればたしかに、ハンナさんのフェルト作品には目力がある気がする……!

Instagram Photo

【生粋のアーティストが手がけるペットのフェルトアート】

手首や目、背中など、体中が痛いと悲鳴を上げても、1日に10~12時間作業できるほどフェルト作品を心から愛しているというハンナさん。作っている時間は瞑想しているようなものらしく、作り手にとって癒しの時間であることが伝わってきます。

そんな彼女に、大好きなペットそっくりのフェルトアートを作ってもらえる。こんなこと、他ではきっとありえません。商品のオーダーは約18,000円から受け付けており、日本への発送もOKということなので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Instagram @runo_artEtsy
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

じょうろや楽器、カメラまで! 持ってるだけで楽しくなりそうなハンドメイドバッグがヴィレバンオンラインに登場♪

以前、Pouchでは、ロシア・モスクワ発「KRUKRUSTUDIO」のハンドメイドバッグについての話題をお伝えしました。『星の王子さま』や『ハリー・ポッター』など、世界中で愛されている名著の表紙をモチーフにした “ブック・バッグ” でした。

本をバッグにしちゃうなんてスゴイ!って感じなんですが、それだけじゃなかった……なんとじょうろや楽器、カメラまでバッグになってしまったようなんです!

【「KRUKRUSTUDIO」のバッグがやっぱりスゴイ】

「KRUKRUSTUDIO」は、モスクワで出会った二人のクリエイター、MaxとLyubaが2011年に立ち上げたブランド。ハンドメイドバッグを中心に展開していて、これまでに100種類以上のオリジナルバッグを制作してきたそうです。

“ブック・バッグ” もそのラインアップの中のひとつなんだけど、ほかにもいろいろとユニークなアイテムがズラリ。じょうろ、消火器、ガソリンタンク、ギター、バイオリン、ピアノ、時計……などなど、日常生活で目にするいろんなものがバッグになっているのです。

【2度見、3度見必至のユニークさです】

フェルトやレザーなどを使ってひとつずつ丁寧に作られており、もちろんいずれもバッグとしてちゃんと使うことができます。どのアイテムもなんだか妙にリアルに再現されていて、街中でこんなバッグを持っている人がいたら2度見いや3度見必至。持っている本人も楽しい気分になれそう!

「KRUKRUSTUDIO」のバッグはEtsyで購入できるほか、ヴィレヴァン通販での取り扱いもスタート。現在、18種類の予約を受け付けており、販売価格帯は1万8360円~2万3760円(税込)とのことです。おニューなバッグを探しているオトメはチェックしてみるといいかもです。

参照元:プレスリリースEtsy
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

続きはこちら

石じゃなくて、フェルト! 川底を泳ぐお魚の気分になれちゃう石を敷き詰めたようなラグ


川辺などでよく見かける角の取れたまあるい石を敷き詰めたようなラグが現在ハンドメイド通販「Esty」で販売されています。

ごつごつした見た目は、肌に触れるとひんやりしそうですが、実はこのラグは羊毛やヤギの毛、アルパカの毛などのフェルト素材でできているため、足で踏むとふっかふかなんだそうです。

【敷いただけで自然たっぷりな雰囲気に】


このフェルトストーンラグを手がけているのは、Estyにショップを構えるflussdesign。

小ぶりなバスマットから、ベッドサイド用、リビング用のラグなど様々なサイズを取り扱っていて、どこに敷いてもその場が川辺のような自然たっぷりな雰囲気に早変わり。

カラフルなものもありますが、ホワイト、グレー、ブラックなどのマーブルでナチュラルな色合いのもののほうが石っぽさが際立ちます。

【洗いやすさと埃が心配】


見た目のインパクトとかっこよさは絶大です。

繊細な素材のため、気軽にガシガシ洗うことは難しそうな点と、周りに埃がくっついて取れなくなりそうなのが、ちょっとだけ気になります。どうしても埃が心配な人にはクッションタイプがおすすめ。ぎゅーっと抱きしめればふかふかな抱き心地を楽しめそうですよ。

【水底の魚の気分に浸れちゃうかも】

値段は12,00円〜110,000円。やはりひとつひとつ手作りのハンドメイド作品なのでそれなりにします。

でも、このラグの上でお魚のコスプレなんかしてごろんごろん寝っ転がっていれば、嫌なことなんかぜーんぶ吹っ飛んでしまいそうですよねっ。

参照元:Esty
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

続きはこちら