ディズニー新アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」の制作現場が公開されたよ~!! リアルすぎるベルと野獣の動きにビックリです

東京オリンピック・パラリンピックが開催される、2020年。この年の春に、東京ディズニーランドの「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つのテーマランドにわたって、大規模な新施設がオープンします。

総開発面積約4万7000平方メートルという敷地内に作られるのは、大型アトラクション、全天候型エンターテインメントシアター、レストランなど。現在も建設が行われている最中なのですが……。

なんと本日2018年12月6日、このエリアにオープン予定の大型アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」のメイキング映像が公開されたんです!

【『美女と野獣』のアトラクションは世界初!】

「美女と野獣 “魔法のものがたり” 」はライドタイプのアトラクション。『美女と野獣』のアトラクションは世界初らしく、それだけで胸躍っちゃいますよねぇ!

【まるで生きているようなフィギュアの動きにびっくり!】

東京ディズニーリゾートのオフィシャルブログとYouTubeで公開されているメイキング映像には、ゲストが体験できる “魔法のようなひととき” の一部や、作成に奮闘する技術者たちの姿が映し出されています。

ベルや野獣は、ディズニーが生み出した “生きているような動き” を実現する技術「オーディオ・アニマトロニクス」のフィギュアで再現。

映画の中から飛び出してきたかのような仕草、動作には、ただただ驚かされるばかりです。

【映画『美女と野獣』の制作に関わったアニメーターも参加!】

様々な技術に特化したプロフェッショナルが関わるなか、もっとも注目したいのは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのアニメーターたちが関わっているということ。

その中には1991年に公開された映画『美女と野獣』の制作に携わった人もいるらしく、どれほどクオリティーの高いものが出来上がるのか、想像しただけで期待で胸がはちきれそうです……!

【乗り物やセットも音楽に合わせて動くんだって!】

チーム一丸となって命が吹き込まれたアトラクションには劇中で流れる音楽が使われるそう。

この音楽に合わせて、ゲストが乗る乗り物自体が、ダンスやアイススケートでもするかのように動くのだそう。乗り物の動きは、フィギュアやセットの動きと一体化させているらしく、物語への没入感を楽しめるようになっているといいます。

登場人物たちと一緒に、ボールルームで共にダンスをしている気分に浸れるだなんて、夢のよう。体験できるそのときが、今から待ち遠しいですね!

参照元:プレスリリース、東京ディズニーリゾート・ブログYouTube
画像=©Disney
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら

【ど迫力】ペプシCM『桃太郎』シリーズがついに「最終章」 / 最大のピンチを迎えた桃太郎を救ったのは野村周平率いる一般応募者たちだった


映画ばりの壮大なスケールで観る者のハートをガッチリつかむ、小栗旬さん主演のペプシCM『桃太郎』シリーズに、待望の新作が登場。2017年12月1日にウェブで先行公開、3日からは全国でテレビオンエアされています。

最新作「Episode. 5(鬼ヶ島)」は『桃太郎』シリーズ最終章となる物語で、スポットライトが当たっているのはサル

犬とキジ、鬼に関するエピソードはこれまでにあったものの、唯一サルのエピソードだけはなかったので、まさに多くの人が待ちわびていた作品といえるでしょう。

【サルと桃太郎の出会いと絆に注目】

注目なのはTVCM90秒篇と、240秒のロングバーション。

冒頭にサルと桃太郎の出会いのシーンがあり、かつては戦いに明け暮れ「我こそが最強」と自負していたサルが、桃太郎との一騎打ちに敗れ、仲間になるまでのストーリーが描かれているんです。

鬼ヶ島で、圧倒的な強さを持つ鬼に苦戦する桃太郎、そして犬とキジ。その様子を見ていたサルは、人間たちに力を貸してほしいと懇願し、共に戦うことを説得するため鬼ヶ島を去り、人間たちの元へ向かいます。

サルが命からがら鬼ヶ島を脱出し、全身びしょぬれになって人間たちが暮らす島に流れ着く様子は圧巻。

人間たちを説得したサルは、野村周平さん扮するリーダーと49人の仲間を率いて、桃太郎たちの元へと帰るのです。

【一般応募キャストの名演技にもご注目】

もうひとつの見どころは、一般応募キャスト49名が、出演者として参加している点です。

今回集められた49名は、7月に行われた「ペプシを飲んで、桃太郎を助けよう!」キャンペーンで見事、出演権を獲得したみなさん。キャンペーンCMに出演していた野村周平さんがリーダーとなり、仲間の49名を従えて、鬼に挑む桃太郎を助けに行くという内容となっています。

【みんなで桃太郎を助けるぞ~!】

一般応募なのにエキストラではなく出演者というのはレアな例ですが、CMの熱演ぶりを見るかぎり、全員が俳優に見えるんです。特に全員でたいまつを振りかざすシーンなんて、鳥肌モノなんですよね。

また49名のみなさんがまとっている衣装はそれぞれ異なっておりまして、すべてデザイナーが制作したオリジナルなんですって。

【メイキングも超必見】

YouTubeには、本編のみならずメイキングムービーも公開されているのですが、ひとめで悪天候だとわかるほど。ハードな撮影だったことがうかがえます。

強い雨と風のなか、激しい爆破シーンに挑むメインキャストのみなさんもすごければ、薄着で慣れない撮影に挑む49名のみなさんもすごい。

“すごい” の連続で語彙力ゼロになってしまうこと確実な最新作CM、そしてメイキングムービーを、ぜひご覧になってみてください。

参照元:プレスリリース、PEPSI × MOMOTARO、YouTube[1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

続きはこちら